08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【真シリーズ・つぶやき】このお話はピタゴラスイッチ 

久しぶりに【海に落ちる雨】を更新したので、ちょっと呟いてみたくなりました。
っても、140字じゃつぶやけませんけれど……

【海に落ちる雨】は私が色んな思いを詰め込んでいる小説なので、作りが一見とても複雑です。
とっつきが悪いことと言ったらこの上ないのですが、ひとつひとつのエピソードはかなり気合が入っていたりします。
そして、そのエピソードはそれぞれ独立しているようで、細い糸で繋がっている。
いえ、繋がっているというよりも、一瞬触れて、次の玉を転がすのです。

そう、まるでこんな装置みたいに。
ピタゴラピタゴラ神戸
昔、よくボストンに行きました(ちょっと事情があって)。一人で街をうろつくことも多くて、その時の私のお気に入りの場所は、ボストン科学博物館とハーバード大学の博物館でした。
科学博物館では、いつもこの装置(写真左)を長い時間眺めていたのを思い出します。
ちなみに、博物館、大好きなんです。今でも地方に行けば、まず博物館と名のつくところに行きます。その地方の古代からの発掘物とかが並んでいて、ついでに鉱物や植物が並んでいるから。
(あ、嘘だった。まず行くのは土地の神社。「お邪魔いたします」のご挨拶に)

そして、この装置のそっくりさんが神戸のハーバーランドにあります(写真右)。少し小ぶりのような気もするし、全く同じかどうかはよく分からないのですが。
私は「巨大なピタゴラスイッチ」と呼んでいるのですけれど、これ、本当はなんていう名前なんでしょう。

実は【海に落ちる雨】を書いていた時、いつもこの装置が頭の中にありました。
登場人物は皆、ある部分で係っているけれど、大きく係っているわけではない。
彼らは皆、彼ら自身の事情と欲望と、時には愛とか思いやりとかで動いていて、時に誰かを恨み傷つけ、一方で励まし助けたりしている。まさに「袖擦り合うも他生の縁」の世界です。

でも、どんなに小さな「接触・関係」であっても、事態は常に小さく、そして大きく動いていて、放り込まれた球も翻弄されながら彷徨う(実際には球の方も、最初から最後までひとつの球ってわけでもないのだけれど)。
全てを俯瞰できている者は誰もいない。
まさに、自然(じねん)という神のみ。

そんな話なのです。でもあれこれ詰め込みすぎて、ちょっと欲張っちゃったかなぁ。
さて、最初に転がった球は、実はあの○○○○ューだったのですよ。
それとも、日露戦争の時にロシアからやってきた姫君だったのかも。
いや、そもそもどこがスタートなんて確認できない、いつの間にか「最初に戻る」のかも。

源氏物語・御法
そうそう、このシリーズが大河ドラマになった理由って、実は『源氏物語』なのですよ。
あの壮大なる物語、ただ女を漁っているだけの物語ではなくて、あの時代背景の中でままならぬ人生を生きた女たち、そして人生を謳歌したような光源氏が最後は年端もゆかぬ妻に裏切られて、因果応報を知って、紫の上にまで見捨てられて(出家したいっていわれちゃあね)、そして宇治十帖。
あの物語がすごいのは、宇治十帖があるからだと思うんです。

で、それがどう反映しているか?
え~っと、形の上では「落ちぶれてからの光源氏」の話が中心にあって、そこで活躍しているのは実は真の息子の慎一。でも、主人公はやっぱり真。
例のごとく(大好きな)多重構造で、自分でもよく分からなくなっちゃった。

え? いえいえ、真は絶対に光源氏じゃありません。
オンナ癖の悪いのは、あの人ですものね。この屈託のない、ある意味確信犯の甘え上手、第4節で全開です。
なんてったって、『彼』の『嫁』が出てきますので。

山崎
Scribo ergo sumの八少女夕さんが、このシリーズを「50年もののウィスキー」と言って下さったのは、とても嬉しかったです。
でも、それは実は「簡単には手を出せない」ってことかぁ……ですよね。
『山崎』の50年物、実は2011年の限定発売。
(150本限定、100万円!!! マコトがびっくりする)
普通に売っているのはmaxで25年。
あらら。「何も足さない、何も引かない」ですね。

で、マコトは「清涼飲料水」。なるほど! 言いえて妙です。
みなさん、とりあえず清涼飲料水をお楽しみください。
でもあの清涼飲料水も、時には南アルプスとか奥大山とか、出かけて行って汲んでいるのですよ(^^)
あかきり2
そして、「焼酎」のような『奇跡を売る店』シリーズもよろしく!
こちらは、彼らを現代に持ってきたお話ですが、設定などはもうまるきり違っています。
登場人物もさらにぶっ飛んでいますし。
でも、後味すっきり、翌日に残らないお話です(!?)(それもどうよ)

また時々、真シリーズ、呟こうかな。
あ、ツイッター、はじめました。
関連記事
スポンサーサイト

Category: ☆真シリーズ・つぶやき

tb 0 : cm 14   

コメント


 こんばんは。
僕は地元の小さな博物館なのですが フーコーの振り子があるのですよ。
子供の頃 あれが好きで ぼっーーと眺めていました。

僕にとっては 大海さんの小説は スコットランド ハイランド シングルモルトのイメージですね。
日本酒とも思ったのですが じっくりと寝かせるイメージでこちらかな。
源氏物語かぁ あの雲隠 題名だけで本文がなく 全てを悟れと言った感じが凄いです。

ウゾ #- | URL | 2014/07/28 19:11 [edit]


うんうん。気合入っています。
読むほうも、気合入れてますよ~^^
ころころと装置の中を転がりながら、きょろきょろと周りを見ています。

50年物のウイスキーかあ。夕さん、上手いこと言いますね。確かに。
サウス・オーストラリア州にある歴史あるワイナリーを訪れたとき、100年物のワインというものの香りだけかがせていただいたことがあります。
100年の香りに感動したのを覚えています。
飲ませてはくれなかった(もちろん><) 
販売していたけど、手は出せず。
ワイナリー巡りは試飲が嬉しくてねえ。ってトピックずれました(-_-;)

なかなか更新についていけませんが、また突然「海」に来るときはよろしくお願いします^^ 

けい #- | URL | 2014/07/28 23:25 [edit]


ずっと大海さんは、あのお話を「ピタゴゴラスイッチ」だとおっしゃってましたもんね。
最近やっと実感できてきました。(さいきん?)
私など、すぐに目に見えた結論を持って次のページに進みたいタイプなんだけど(←単純明快)、大海さんの作り方は、本当に天空から物語を追って見ているような感じなんでしょうね。地上にいたら、それがどうつながってるのかわかりにくいけど、確かにつながってる。
じっくりじっくり、玉を転がしていって、熟成させて。
本当に50年物のウィスキーだ。

恥ずかしながら私は『源氏物語』を読んだことが無くて。
つくづく、恋愛物には手を出さないんだなあと、自分を振り返り……(笑)
でもいいのだ。私には光源氏よりも真の方が魅力的だから♪
話題にのれなくったって><

マコトは清涼飲料水。うん、ほんとうに。
昔なつかしいラムネみたいな。
栓を抜くのが楽しくて勢いよく抜いたら、しゅわ~~って吹き出して、ほぼ残らなかったような、残念な、でも笑える感じが・・・。
あ、マコト、怒った??

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/07/29 00:07 [edit]


ピタゴラスイッチ……確かに!

こんばんは。

ああ、そういうことか〜。と思いました。
一つひとつは核心じゃないけれど、でも、全く関係ないわけじゃない、そういうことなのですね。「袖触れあうも他生の縁」。とても現実の世界に近い小説だなあと、最初の頃に思った感想がやっぱり違っていなかったなとちょっと嬉しいですね。

そういえば「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」のチャプター1はピタゴラスイッチにもなっていなくて伏線読みのみなさんを大混乱に陥らせたような……。

そして、「源氏物語」わかりますね。現実に光源氏がいたら、というか、自分の姉妹や友人が巻き込まれていたら「もののあはれ、じゃないだろう!」と怒りまくりたくなることをしているんですが、当事者がなぜか許してしまう、読者もなぜか源氏やら浮舟を許してしまう。なんか不思議な存在です。「あの方」も似たような妙な魅力があります。自分なら許してしまいそう。でも、たとえば姪っ子が関わっていたら、引っぱがそうとするだろうなあ。

あ、山崎50年! うんうん。最高傑作、らしいですね。もちろん飲んだことないし、きっと飲むこともないんでしょうけれど。私の壮大な野望は、いつか山崎18年を飲むことです。「奇跡」が焼酎なのは、なんかわかる! かなりアルコール度数高そうです。ほら、あの店主のお方が度数を上げている(笑)

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/07/29 04:55 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

> 僕は地元の小さな博物館なのですが フーコーの振り子があるのですよ。
> 子供の頃 あれが好きで ぼっーーと眺めていました。
お、やっぱりウゾさんは博物館好きに違いないと思っていましたが、フーコーの振り子を展示しているなんて、なかなか渋い博物館ですね。
私も科学博物館が一番好きなのですが、ボストン科学博物館は本当に面白かったです。
あちこちで体験・実験を体感できるので、子どもたちももちろん、大人でも大興奮しちゃいます。
上野の科学博物館もリニューアルしてからだいぶ気合が入りましたから、ちょっと近づいたかな。
でも、地方にある地味な「ご当地博物館」、かなり好きなんです。何しろ地元の博物館のいいところは、妙に入場料が安い……(^^)

> 僕にとっては 大海さんの小説は スコットランド ハイランド シングルモルトのイメージですね。
> 日本酒とも思ったのですが じっくりと寝かせるイメージでこちらかな。
ありがとうございます!
あぁでも、私、実はウィスキーが飲めなくて^^;
いえ、昔は飲めたのですが、昔、酒飲みだったころ、安いウィスキーで急性アル中になって死に掛けたことが2度ほど^^; それ以来、ウィスキーの匂いだけでくらくらするのでした。
でも、日本酒は飲める(*^_^*)
あぁ、でもウィスキーと言われるのは嬉しい……

> 源氏物語かぁ あの雲隠 題名だけで本文がなく 全てを悟れと言った感じが凄いです。
そうそう。初めてページをめくった時は、何事かと思いました。
思えばすごい技ですよね。それを1000年も前にやらかしちゃった人がいると思うと、ますますすごい。
読み継がれる名作には何か理由があるのですね~
いつも思うのですけれど、あれはどっちだったんだろう?
もう光源氏には興味が無くなった(書く気が無くなった)のか、思い入れが強すぎて書けなかったのか。
何となく、前者のような気がするのは私だけ??

コメントありがとうございました!

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2014/07/29 21:50 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

> うんうん。気合入っています。
> 読むほうも、気合入れてますよ~^^
> ころころと装置の中を転がりながら、きょろきょろと周りを見ています。
ありがとうございます!
そうそう、きっとこれって外から見る視点と、その中で転がっている視点では、まるきり世界が違って見えるんでしょうね。真はもうひたすら転がっているようでいて、結構どこか冷めた目で見ている部分もあるかもしれない。この人って、本当に何十年書き続けても謎だなぁ……だから書き続けるのかも。
気合入れて読んでくださって、ありがとうございます!

100年物のワインですか! 
樽の匂いと葡萄の匂いが相まって、なんとも言えない芳醇な香りだったことでしょう!
そうそう、そのくらいになると、そのワイナリーの歴史の匂いがしますよね。
でも飲んでみたらかび臭かったりして……あ、匂いが大丈夫なら大丈夫か……(^^)
私もイタリアをうろつきまわっていた頃、ワイン蔵を巡っては飲んだくれてました。
というのか、あの頃、水がものすごく高くて、ワインの方が安かったのですよね。
樽から出してもらったばかりのワイン、水のようでした(あ、いや、ちゃんと酒ですけれど^^;)。

> なかなか更新についていけませんが、また突然「海」に来るときはよろしくお願いします^^ 
いえ、もう本当に、お暇なときに……
こちらこそよろしくお願いいたします m(__)m

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2014/07/29 22:01 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

> ずっと大海さんは、あのお話を「ピタゴゴラスイッチ」だとおっしゃってましたもんね。
> 最近やっと実感できてきました。(さいきん?)
わ。実感していただき、ありがとうございます(*^_^*)
要するに、混乱させちゃっているんですよね。す、すみません^^;
それが狙いでもあるのですけれど、小説としてはいけてませんね。
すっきりと、忘れられないうちに物語を進めるという尺の中で書くべきだろうとは思うのですけれど、実際の世界はこんな風に入り乱れているんだろうなと思って書いていたのです。
でも、一部(のエピソード)を切り取っても見ごたえ(読みごたえ)があるような話になっていたらいいなぁ。
あ、一応、最後には全部解けるはずです!(多分)

> 私など、すぐに目に見えた結論を持って次のページに進みたいタイプなんだけど(←単純明快)、大海さんの作り方は、本当に天空から物語を追って見ているような感じなんでしょうね。地上にいたら、それがどうつながってるのかわかりにくいけど、確かにつながってる。
> じっくりじっくり、玉を転がしていって、熟成させて。
> 本当に50年物のウィスキーだ。
物語の作り方って、正解はないと思うけれど、きっと正統なのはlimeさんみたいな作り方なんだと思うのです。しかも、この王道の作り方、きちんとできる人って少ないと思います。そういう意味を全部含めてlimeさんはすごいですよ~
うんうん、早く答えを教えろよって読んでいると思いますよね^^;
でも、こういう伏線張りまくり癖、きっと高校生の時には出来上がっていたような気がします^^;
熟成させるのは得意。でも時々本当に腐っちゃうことも(@_@)
ウィスキーになればいいんだけれど。

> 恥ずかしながら私は『源氏物語』を読んだことが無くて。
> つくづく、恋愛物には手を出さないんだなあと、自分を振り返り……(笑)
> でもいいのだ。私には光源氏よりも真の方が魅力的だから♪
わ~、ありがとうございます! そうそう、もしかして、竹流を見ていたら大体イメージがつかめるかも??
なんて言ったら、紫式部さんにおこられそうですね。でも、実は真剣にモデルなので。
『源氏物語』は恋愛ものとして読むよりも、後半の光源氏の嫉妬心やら落ちぶれ感がもうたまりません。
それに、宇治十帖の中に書かれた男尊女卑というのか身分制度への紫式部のちょっとした抵抗みたいなもの。女の生きにくい時代に精一杯やったのかしら。
あれこれ思うと面白いのでした。

> マコトは清涼飲料水。うん、ほんとうに。
> 昔なつかしいラムネみたいな。
> 栓を抜くのが楽しくて勢いよく抜いたら、しゅわ~~って吹き出して、ほぼ残らなかったような、残念な、でも笑える感じが・・・。
> あ、マコト、怒った??
あはは~~~~。本当だ、まさに何も残らない!!!!
あ、でも、ガラスのビー玉が残る! マコトが喜びそうです。
そうそう、実は次回のお話はそんな感じで、マコトがトモダチの忘れ物を隠し持っている話です(って全然違うか)。

こんちにわ、limeしゃん!
(いや、マコト、二重に間違ってるよ。そもそも「こんにちは」だし、時間的には「こんばんは」)
あれ? え~っと、ぼく怒ってないよ!
ラムネ、キラキラ、きれいだね~ でもぼく、飲まないからいいの!
(あ、そういうことね)
limeしゃん、またね!
(マコトは今日はベランダでプチバーベキューなので忙しそうです^^; それではまた! コメントありがとうございました!)

あ、ちなみに!
limeさん、記念すべき3000件目のコメントでした! ありがとうございます!!! 何も出ないけれど……^^;

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/07/30 01:27 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

> ああ、そういうことか〜。と思いました。
> 一つひとつは核心じゃないけれど、でも、全く関係ないわけじゃない、そういうことなのですね。「袖触れあうも他生の縁」。とても現実の世界に近い小説だなあと、最初の頃に思った感想がやっぱり違っていなかったなとちょっと嬉しいですね。
わぁ、そんな風に思っていただけて、とても嬉しいです。
時々あやかしとかへんちくりんなことを書いていますが、現実から遠すぎないように、でも物語としては面白く書きたいと思っているので、ぎりぎりのあたりを狙っています。
例えば刑事もののドラマで、刑事が聞きこむところをいちいち忠実に描かれていたら、実際には見ているほうは退屈しますよね~。でもあまりに安直に犯人に行きついたら(「刑事の勘」で)、それはあまりにも嘘っぽい。
この辺のさじ加減、書いている時はちょっと意識します。
長い話なので、あちこち自分の自己満足も入っているのですけれど。

> そういえば「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」のチャプター1はピタゴラスイッチにもなっていなくて伏線読みのみなさんを大混乱に陥らせたような……。
あ、そうなのですね。実は大事にとっています。まとめ読みしようと思っていて(^^)
でも、これは実際、いつごろ終わるのでしょう? あまりにも先なら、読み始めようかな。

> そして、「源氏物語」わかりますね。現実に光源氏がいたら、というか、自分の姉妹や友人が巻き込まれていたら「もののあはれ、じゃないだろう!」と怒りまくりたくなることをしているんですが、当事者がなぜか許してしまう、読者もなぜか源氏やら浮舟を許してしまう。なんか不思議な存在です。「あの方」も似たような妙な魅力があります。自分なら許してしまいそう。でも、たとえば姪っ子が関わっていたら、引っぱがそうとするだろうなあ。
いや、確かにそうですよね。光源氏がどうかは分かりませんが、あの人は甘え上手なんですね。もう、珠恵との会話なんか、ちょっとどうよ、って感じがすると思います。呆れないでくださいね^^;
当事者が赦してしまうのは単に「恋は盲目」かもしれないのですけれど、光源氏にしても、契ったら結構残念な相手でもちゃんと通ったりしてあげてましたものね(いや、そのうち飽きるにしても)。
騙されてもいいかって思えるような魅力的な人はなかなかいませんが。
確かに、姪が関わったら引っ剥がす!

> あ、山崎50年! うんうん。最高傑作、らしいですね。もちろん飲んだことないし、きっと飲むこともないんでしょうけれど。私の壮大な野望は、いつか山崎18年を飲むことです。
うんうん。私は、実はウィスキーが飲めないのですけれど(急性アルコール中毒になったトラウマで^^;)、このごろあることに気が付きました。高いウィスキーなら飲める! あれは安物をたくさん飲んだからあんなことになったんだ! 私のちいさな野望はいつか夕さんと美味しい日本酒を飲みたいなぁ、なんて。
それにしても、山崎50年の写真を見たら、色だけ見ててもすごいですよね。
こんな色になるんだ……年月の重みですね。

>「奇跡」が焼酎なのは、なんかわかる! かなりアルコール度数高そうです。ほら、あの店主のお方が度数を上げている(笑)
あはは~。確かにアルコール度数を上げている婆さんがいる~~
それに登場人物がみんな現実よりもいささかエキセントリック。
真シリーズはそれを思うとかなりまとも路線かも。

コメント、そして素敵な言葉を頂き、ありがとうございました!!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/07/30 01:50 [edit]


どうでもいい再登場

あ、ツイッター、始められたんですねって話題に前回食いつきそびれました。
実はアカウントを持っていないのでフォローできない……。しくしく。
作ってもいいんですけれど、つぶやきたいことがあまりないのでどうしようかなと。
実名のfacebookだったらあるんだけれどなあ。

さて、お訊ねの「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」ですが、たぶん完結は来年以降かも。八月の二週頃にチャプター1が終わります。まとめてのおつもりでしたら、その辺はいかがでしょう(笑)確かにまとめて読む方が、俯瞰できて混乱が少ないかもしれません。

二回も登場、失礼しました!

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/07/30 03:25 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/07/31 17:58 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

> あ、ツイッター、始められたんですねって話題に前回食いつきそびれました。
> 実はアカウントを持っていないのでフォローできない……。しくしく。
> 作ってもいいんですけれど、つぶやきたいことがあまりないのでどうしようかなと。
そうなんですよね! 私もあんまりつぶやきたいことはないということに、始めてから気が付きました^^;
いや、始める前は結構つぶやきたいことがあるような気がしていましたが、よく考えたら、ひとりごとのほとんどは仕事の愚痴愚痴だった……^^;(仕事の愚痴はつぶやいていませんが)
でも、始めるのは簡単ですよ~っても、今はまだ興味津々でつい見ちゃうので、時間をとられてしまうのでちょっと微妙。それよりもブログ更新しなくちゃ。
比較的早くに飽きるかもしれません。
でも、かわいい画像が沢山見れるのは嬉しい。ねこさんとか、他の動物さんとか。

> さて、お訊ねの「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」ですが、たぶん完結は来年以降かも。八月の二週頃にチャプター1が終わります。まとめてのおつもりでしたら、その辺はいかがでしょう(笑)確かにまとめて読む方が、俯瞰できて混乱が少ないかもしれません。
わ。情報ありがとうございます!
ぜひ、その辺でまとめ読みします!
頭が悪くて、覚えてられないので、まとめ読みがいいのです(^^)

> 二回も登場、失礼しました!
とんでもありません! 何度でも来てください!!!
コメントありがとうございました。

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/08/01 01:28 [edit]


鍵コメH様、ありがとうございます(^^)

こちらこそ、いつも気にかけて下さり、ありがとうございます。
ツイッター、はじめてみたんですけれど、始めてみたら、あんまりつぶやきたいこともなかったような気がしてきました。でも、可愛い記事とか写真とかを見つけやすくなったかな。
癒されます(^^)
指は、はい、すっかり良くなったようです。
三味線も弾けるようになりました。
なかなか楽しんでいただけるようなお話も記事も書けておりませんが、また遊びにいらしてください(^^)

彩洋→鍵コメH様 #nLQskDKw | URL | 2014/08/01 04:10 [edit]


なにを書いてもショートショートになってしまうわたしとしては、大河小説を書ける人がうらやましくてなりません……。

ポール・ブリッツ #0MyT0dLg | URL | 2014/08/01 20:49 [edit]


ポール・ブリッツさん、ありがとうございます(^^)

ポールさんのショートショート、というよりも575まで含めて、超短い中に表現したいことをはめ込む能力の方が羨ましいです。あれってアイディア勝負ですよね。ユニークさ、爆弾のようなパワーが必要ですもの。
大河小説になりすぎて、私の場合筆が追いつきません^^;
あぁ、時間が欲しい……
コメントありがとうございました!

彩洋→ポール・ブリッツさん #nLQskDKw | URL | 2014/08/02 13:34 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/486-09a188fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)