04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2014/9/13 栗の渋皮煮を作りました:追記あり 

渋皮煮1
先日、兵庫県篠山市に行ってきたのですが、訪問したお宅で栗をいただきました。
で、重曹を買ってきました。もちろん、栗の渋皮煮を作るためです!
とは言え、最後に作ったのはもう何年も前(5年以上?)。
では早速。
渋皮煮2
熱湯を少し冷まして、しばらくつけておきます。
皮が軟らかくなったら、外側の鬼皮をむきます。
渋皮煮3
この時に、渋皮を一緒に削っちゃうと、煮た時に皮がめくれちゃうのですね。
(でも、どうしてもいくらか削ってしまうので、半分は結構ボロボロに……)
乾燥すると割れやすいので、いつも水(湯)に浸かっている状態で作業をしていきます。
で、これを重曹を入れて煮る!→20分ほど煮たら、栗を洗う(黒い筋を取ったりして表面を掃除)→また重曹を入れて煮る→洗う→3回目からは重曹は入れないで煮る→(以下同文)
煮汁が薄く澄んでくるまで繰り返したら(3~4回?)、こんな感じに。
渋皮煮5
やっぱりいくらか崩れちゃう(~_~;)
そして、これに砂糖を加えて1時間、ことことことこと、蛍火で煮ます。
栗1kgに対して300~700gの砂糖を使います(この砂糖の量にビビってはいけないけれど、長く持たせるのなら必要かな)。甘いほうが渋皮煮っぽいけれど、甘みは好みで。
まずは予定の半量の砂糖で煮て、いったん冷まします。
この冷ますのが大事。冷ますことで味が沁み込む。でも冷蔵庫はNG。
渋皮煮6
あはは~~~(*^_^*) 酷い崩れ方^^;
そうなんです、最初の段階で皮を破いちゃうと、傷が広がっていってこんなことに。
でもね、下の方は結構形をキープしています。
それに、ボロボロでも美味しいのです。この手間暇が最上のソース。
ちなみに、こんなに栗がお汁から顔を出しちゃダメ! いつも浸かっている状態に保つのです。
(ちょっと写真用に汁を減らしたところを撮っております)

そして、明日の朝(って、もう今日だけど)、残りの砂糖を加えてもう一度煮ます。また1時間。
最後にブランデーを入れて出来上がる、予定。
半分は実家に持って帰ります。

でもですね、今回いろんなレシピを見たら、お醤油とかみりんとかを使っているのもあるんですね。
隠し味、って感じなのかな。みりんはなんかいいような気がするので、入れてみます(^^)
( お醤油を入れたら、甘みが引き立つんですって! 今度するときは入れてみよう。何年後かな?)
コニャックは今ないから、アルマニャックで……パンチがありすぎるかなぁ?
(竹流のマンションに行けば、いつでもあるのに(@_@))

<追記>
さて、食べるよ。
お皿は有田焼の季節揃い皿。秋なので柿です。
有田焼1
でも、このお皿の素敵なところは裏。
有田焼2
現在の作家さんの作品ですが、素敵ですね。
で、渋皮煮を載せます。柿に栗。組み合わせも好いようで。
渋皮煮7
なのになぜ? お皿が逆だった^^; さっき気が付いたけれど、もう写真を撮った後だった。
でも、ムードだけは……^^;
関連記事
スポンサーサイト

Category: NEWS

tb 1 : cm 19   

コメント


渋皮煮。おいしそう~。
食べてしまうのはすぐなのに、こんなに手間暇かかるのですね。
面倒くさがりの私はきっとたぶん手を出せない・・・><でも栗は大好き。
田舎にいたころ、栗ごはん用に栗を剥く手伝いをしたんですが、固い皮に苦労しました。そうか、こんな風に熱湯に浸せば剥きやすくなるのですね。(気づかなかった)切ったり剥いたりする手作業は得意だったのですが、握力が無くて。そうか~。

秋になると、小さなころ、栗山に栗拾いに行ったのを思い出します。でもなぜか、はだしで走り回ってとげだらけになった記憶が・・・。小さなころの私は馬鹿だったのかな??

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/09/13 03:56 [edit]


わっ☆
めっちゃウマそー♪♪
そうそう・・栗の季節ですよね。
昨日、スーパーで買おうか・・買うまいか・・って悩んでいました。
やっぱり買おうと思いました。
この記事見て・・・。
彩洋さん、お忙しいのに女子しておられますねえ〜♪
それに・・とてもお上手ですよ〜♡
美味しく無い訳が無い❗

ペチュニア #- | URL | 2014/09/13 05:55 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

はい、これ、実はかなり手間なんです。(だから滅多にしない^^;)
栗の渋皮のアクを抜くのに大概面倒くさいし、皮の表面をきれいにすると手がぼろぼろに。
お菓子屋さんとか、大変だろうなぁ~

今回は量も多くなかったので、全部まとめて渋皮煮にしてしまったけれど、栗ご飯もいいですよね(^^)
そうそう、栗を剥くのって結構大変なんですよね。熱湯をちょっと冷まして(60度くらいと書いてある本もあるけど、そんなの分かんないから適当)、で、手を突っ込んでも触れるくらいの温度になるまで放置するだけで皮が軟らかくなります。それから、栗のお尻の硬いところから包丁を入れていくと簡単にめくれます。
って、田舎にいる時代のlimeさんに教えに行ってあげたいわ。(時をかける少女~v-198←少女って、ずうずうしい^^;)

> 秋になると、小さなころ、栗山に栗拾いに行ったのを思い出します。でもなぜか、はだしで走り回ってとげだらけになった記憶が・・・。小さなころの私は馬鹿だったのかな??
あらら~。栗のイガイガってほんと痛いですよね。
しかも料理をするときは、イガイガの次にまだ固い鬼皮と闘わねばならなくて、面倒くさい。
こういうのって作ってみたら大変さが分かって、値段も納得することがあります^^;
今、最後の煮込み中(*^_^*)
コメントありがとうございました!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/09/13 09:04 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

はい、甘さ加減を確認するのにちょっとつまんでみましたが、かなり美味いです(*^_^*)
ほとんど、作った者の贔屓目ですけれど、考えてみたら不味くなるものは何も入っていないので(あく抜きができて、渋皮がうまくいいところを残して取れていたら)、美味しくないわけがないのでした!
が……結構面倒くさい!
火の番をしていなければならないだけなんですけれど、数時間は手を取られるし。
できれば、誰か渋皮煮になった状態でください!って気持ちです^^;

そう、スーパーなんかで見ると迷いますよね、こういう系統の生もの^^;
面倒くさいような、でも季節ものだから何か作りたいような。
きっと私もいただかなければしなかったような……
あぁ、やっぱり、だれか、出来上がった状態のを下さい!(笑)
ただ今、最後の煮込みが終了したところです。
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→ペチュニアさん #nLQskDKw | URL | 2014/09/13 09:13 [edit]


拍手コメM様、ありがとうございます(^^)

いえいえ。これ、実は作ること自体には何の技も必要はないのです。単に面倒くさくて、時間がかかって、とてもやる気にはなれない、しかも売っているものみたいに綺麗な形にはならない、ってだけで。
でも、たまにこういうことをすると、市場で売られているものの価格があの値段であることが分かりますね。高い!って思うけれど、自分で作ったら、この手間なんだから、仕方ないよな~って。庭で採れたアーモンドを炒った時も思いました。

夏は何だか雨に降られ続けて終わっていった感じですね。過ぎゆくものは仕方ないので、これからやってくる秋の味覚、楽しみましょう!
拍手とコメント、ありがとうございました!!

彩洋→拍手コメM様 #nLQskDKw | URL | 2014/09/14 09:37 [edit]


栗かぁ。秋の味覚ですね~。
しかし渋皮煮なんて、手間がかかるのでまず作ろうとは思いませんね(ものぐさなヤツ)
でも、出来上がった写真を拝見すると、すごく美味しそう。この「手間をかける」ってところが、ミソなんですよね、きっと。
なんだか無性に、天津甘栗が食べたくなってきました。やっぱり、ただの食いしん坊だ(笑)

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2014/09/14 22:31 [edit]


こんばんは!

丹波の栗ですかぁ。大きくて甘くて美味しいんですよね。
一生懸命剥いたら虫さんが少し食べていたりすることもあるんですけど。(たくさん食べていると水に浸けた時に浮いてくるので排除できるんですが)まぁ、健康な栗だと言うことで我慢しましょう。
この美味しい栗で渋皮煮ですか?美味しいに決まっていますよ。
手間暇かける甲斐はあると思います。

あ、お皿も素敵です。柿の色がいいですね。
逆さまなのはご愛敬です。
脳内補正をかけて正位に戻しておきます。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2014/09/14 22:54 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

いやぁ、私も貰わなければ作ろうとは思わなかったと思うのですけれど、何年か前にも栗を貰って作ったら、家族に大受けだったので、ちょっと再度頑張ってみました。
しかし、今回も受けは良かったのですけれど、何時間もかけて作っても、食べるのって一瞬^^;
栗って小さいし、ひと口ですものね。
はい、手間の分だけ美味しい、それが渋皮煮です。でも、一瞬です(笑)
だから、ブログに載せないと、何だか勿体なくって^^;
天津甘栗も、思えば結構高いですよね。サービスエリアではこの季節、焼き栗がおいしい。
天津甘栗よりも素朴で甘くて、お気に入りです。
コメント、ありがとうございました!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2014/09/14 23:20 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

丹波篠山、いいところですね。米も黒豆も美味しいし、栗も、確かに大きくて甘かったです。
今回は虫さんには会いませんでした(^^)
確かに茹でている時に浮いていると、ちょっとびっくりしますが、思えば美味しいからなんですよね。
渋皮煮は、何年か前にも栗を貰ったので、気が向いて作ったら家族に受けたので、またやってみました。
しかし、ほんと、何時間もかかったのに食べるのは一瞬ですね。特に栗は大きさも小さいから余計に一瞬。
でも、渋皮の部分がなぜか本当に美味しい。味わう時間も短くて、あっという間に胃の中だけれど、努力を裏切らないうまさですよね(*^_^*)
お皿は、以前、有田に行った時に気に入って買ってきたものです。季節の絵が描かれていて、何よりお皿の裏が素敵だなぁと。 有田に行くまでは断然陶器派だったのですが、磁器の美しさ、絵付けの素晴らしさにすっかりやられちゃいました。やっぱり食べ物が映えますね。
> 逆さまなのはご愛敬です。
> 脳内補正をかけて正位に戻しておきます。
ありがとうございます!! ちゃんとお皿の写真は上下正しいのに、なんでだろ?
コメントありがとうございました!(*^_^*) 

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2014/09/14 23:53 [edit]


おお

これは手間がかかって大変そうです。
ええ、せめてブログの記事のネタになってもらわねば! って、想い、すごくよくわかります。

大量にいただくと、捨てられないし、腐っちゃうともったいないし、やるっきゃないですよね。そして、へとへとになるけれど、美味しくて嬉しいのですよね。(夏のさくらんぼの悪夢が甦ってまいりました……)

ああ、でも、いよいよ日本も秋ですね。丹波の栗か。美味しいんだろうなあ。お皿も素敵です。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/09/15 03:23 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

お帰りなさい~(って、そちらでもご挨拶済みでした)。
この渋皮煮、やっていることは大したことがないのですが(皮剥いて、何回も煮直して、余計なものをこすり落として、を繰り返しているだけ……)、時間だけが妙にかかる……
しかも、食べるのって「タメ」がなくて、そのままひと口……あぁ、美味しいけれど一瞬(@_@)
> ええ、せめてブログの記事のネタになってもらわねば! って、想い、すごくよくわかります。
ほんとに。時間がかかることに気が付いた時、思わずブログ用の写真を撮っていました^^;
栗ご飯とか、焼き栗とかあれこれ考えたけれど、もう一気にやらなければ逆に面倒くさい、と。
時間さえあれば、それなりに楽しいのですけれど、取りかかるのに気合が要りますよね。
そうそう、夕さんのサクランボも、確かに気合が入っていそうでしたね!
日本はもうすっかり秋風が吹いております。朝夕はとても涼しい。秋の花も咲き始めています。雨が多くて、異常気象丸出しの夏でしたが、秋はどうなるのか。それよりも、夏の日照時間が短かったので、野菜の値段が心配。
丹波篠山は神戸から1時間半くらい? 町から比較的近い農作物の宝庫。栗も、コメも、黒豆も、有名で美味しいです。でも観光で来るところじゃない、ですね^^;
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/09/15 08:09 [edit]


このお皿良いですねえ〜♪
いかにも有田焼ですね。
裏にも絵付けされていて素晴らしいです。
昔のマイセンのカップの中の絵を見ているみたいな感じです。
大昔は、伊万里の模倣だったんで絵の雰囲気も似ていますね。
逆さまで良いとお思いますよ〜♪
言わなっきゃ誰も気づかないですねー☆

ペチュニア #- | URL | 2014/09/15 08:44 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

はい。とってもきれいなお皿で、気に入っているのでよそ行きです(*^_^*)
私、ずっと陶器派だったのです。焼き物といえば陶器、地味な色合いや形を楽しんでわびさび、なんて気取っていました。でもある時、有田に行って、うわ~、磁器って楽しい! 綺麗! ってな感じになって、すっかり虜になりました。絵付けの明るさとか、描かれた絵の面白さ・美しさ。なるほど、世の中の人が愛でるわけだ、と思いました。だからペチュニアさんのマイセン記事も楽しみなのです(*^_^*)
お茶をやっている時に、いいお茶碗は飲み干した後、裏まで見なさいと先生が言っていたので、買う時も裏を確かめたのですが(でも、何が良し悪しかは分からない^^;)、このお皿は裏返して「即買い」を決めました。
伊万里……新しいものでも普段使うものだと思うと、ちょっと手が届かないお値段のものが多いので、有田は手頃でいいですよね。何よりも陶器村やら陶器市場が楽しすぎる~~~~
あぁ、また行きたいけれど、行ったら買ってしまう。もう食器棚には入らない^^;
コメントありがとうございました!!

彩洋→ペチュニアさん #nLQskDKw | URL | 2014/09/15 09:27 [edit]


お忙しいのに

大海さん、マメですね。クリでマメ。シャレみたい(^o^)
私もかなり前に友達の家に遊びにいって、クリをたくさんもらいました。
あのときに茹でたような記憶がありますが、それ以来、天津甘栗くらいしか食べてないですね。
あとはマロンクレープとか、他人の茹でたクリしか食べていません。

秋ですねぇ。しみじみ。

こんなところに書かせてもらってすみませんが。
ポチポチマコマコの続き、アップしました。

http://quianred.blog99.fc2.com/blog-entry-1250.html

ご確認いただけると嬉しいです。

あかね #- | URL | 2014/09/15 11:03 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

いえいえ、全然マメでもないのですけれど、栗貰っちゃったし……そうそう、本音は調理済みの方を下さい^^;
でもやり始めたら凝ってしまいますね。
栗って私の頭の中では選択肢があまりないので(栗ごはん、焼く、程度?)、必然的にこうなってしまった、というだけのことで。
最近は天津甘栗よりも焼き栗が好み。でも、このシーズンにサービスエリアを通りかからないと出会えないです。
何はともあれ、美味しく食べることができました。

> こんなところに書かせてもらってすみませんが。
> ポチポチマコマコの続き、アップしました。
お、待っていました。ありがとうございます(*^_^*)
後程、ご訪問いたしますね!!

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2014/09/15 17:24 [edit]


うわああああ!!すごい!!!

すご~~い!!!
渋皮煮だーーーーー!!!
1度作ってみたいんだけど
まだ実行に移したことが無く・・・・・
って云うか、今日
普通に茹で栗を晩ご飯に出しましたよ(^0^;)\
(笑)
この秋中に作れるかなあ~~~i-201
素晴らしいわ!!!大海さん!!!
柿のお皿も素敵!!!
そういう見えないところまで行き届いたオシャレが好きだわ~!!

かじぺた #- | URL | 2014/09/16 00:16 [edit]


かじぺたさん、ありがとうございます(^^)

なにをおっしゃいますやら~~
かじぺたさんのいつものお料理に比べたら、こんなのなんてこともありません。
そう、ただ時間がかかるというだけ……
茹で栗ご飯も考えたのですが、皮まで食べたい!と思い……(嘘です)
かじぺたなら、きっとこんな崩れまくったものじゃなくて、綺麗な形をキープできるのでは……
でも、今日は崩れた部分を食べましたが、皮だけになっていてもそれなりに美味しかったです(^^)
ぜひ、この秋中にかじぺたさんも(^^)
お皿は……ブログ写真のために久しぶりに登場しました。いや、絶対に普段使いにはできません!
でも、やっぱり季節感あふれるお皿はいいですね(*^_^*)
コメントありがとうございました!!

彩洋→かじぺたさん #nLQskDKw | URL | 2014/09/16 01:13 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/09/16 15:51 [edit]


鍵コメH様、ありがとうございます(^^)

はい。時間だけはたっぷりかかるごちそうですね。
でも、料理って、やっぱり時間をかけた分は裏切りませんよね。
惜しむらくは、食べるのは一瞬、ということなのですけれど^^;
お皿は、食事が引き立つように、あまり派手すぎず、かと言って白一色でもつまらないですよね。
このくらいがちょうどいいのかもしれません。
お皿の向き……柿が逆さまってことに気が付かなければ……ダメかしら^^;
次にチャレンジするのはまた何年後かしら……
コメントありがとうございました!

彩洋→鍵コメH様 #nLQskDKw | URL | 2014/09/16 18:51 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/504-dd15ab7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/13 09:43)

篠山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2014/09/13 09:43