08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2014/10/22 悲しいお知らせ 

ほととぎす
ほととぎす 今を盛りに 競い咲き……
朝は特に光を浴びて美しいです。
お茶を習っている時に床の間に活けるお花(茶花)を庭に多く植えたので、今でもその名残があります。
花器には軸となるお花と足元のお花、せいぜい数輪が普通ですが(利休の朝顔は一輪でしたが)、秋は小さくて地味な花が多いので、この時だけは先生が多めのお花を活けてくださいました。
秋の小さくて控えめな花が、それでも目一杯咲き競う様は、風情がありますよね。

さて、タイトルで察してくださった方もいらっしゃると思うのですが……
そうなんです。キジバトさん。
やられてしまいました。
犯人は分かりません。
朝のキジバト
朝、木の陰からそっと望遠で写真を撮らせていただいて、「行ってきます」と出かけました。
雨の夜の卵
その日の夜、雨が降って。何となく鳩さんの気配がなかったので失礼して写真を撮らせていただきました。
たまごはちゃんと2つ、綺麗に並んでいたので……夜は温めないのかしら?と疑問に感じつつ……
たまご…
朝起きてみたら。たまご、ひとつは完全に姿を消し、もうひとつはこんな姿に。
巣の中に白い羽がひとつ落ちていました。キジバトさんが残したものかもしれません。
ねこさんでしょうか。
あるいはカラスも多いので、そっちかも。巣があまり破壊されていなかったので、鳥系の可能性が高そう。

……もう誰もいません。
自然界って厳しい。
うちの庭だけれど、ここはやっぱり野生のジャングル、なのね。

親鳥さんはずっと巣にいるわけじゃないんだね。
それとも、私がちらちら見ていたのが悪かったのかなぁ。
う~ん。お仕事してても、何だかもの悲しい秋の日なのです。

九州お菓子
気分転換に、九州のお土産お菓子。限定商品に弱いなぁ、私。
さつまあげ
さつま揚げは、フライパンで温めて、お饂飩に入れていただきました。

一昨日は半徹夜で仕事のプレゼン用の原稿をひとつ仕上げ、昨日からまたもうひとつの原稿と闘っています。
あす朝までに上げなければならないので、また半徹夜かしら。
寄る年波に勝てないので、朝方、眩暈がしたりくらくらするけれど、あともう少し、頑張らねば。
でも、明日・明後日と日常業務が終わってから夜も仕事の会があり、土曜日から東京入りして日曜日はまたお仕事。
今週、乗り切れるかしら。
悲しんでいる時間もない、悲しい秋の夜なのでした。

夜は寒いくらいですね。皆様、お身体、お気を付け下さいませ。
関連記事
スポンサーサイト

Category: NEWS

tb 0 : cm 22   

コメント


あぁ・・・悲しい。きびしい。自然なのね。
生きるって大変。ええ、大変ですよ。ね。

九州産のうまいもんで英気を養って、いろいろ頑張ってください。
それにしても、お仕事ハードですね。
お体にお気をつけて。

東京入りって、私と入れ違い(?)でしたね。はは。

けい #- | URL | 2014/10/22 21:50 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/10/23 01:00 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

はい。本当に悲しいというのか、なんかさびしい、というのか。
誰もいなくなった巣を毎日見ちゃいます。
でも、これもまた自然の摂理なんですね。
ちょっとの間だったけれど、家に帰るのが楽しかったなぁ。
うちの庭にいてくれてありがとう、と思っています。

九州には本当に美味しいものがありますよね。しばらくの間は冷蔵庫と冷凍庫の明太子を消費する毎日です。
仕事は仕方ないですよね~。頑張るしかないです。
東京はもう今月2回目です。まとまって用事があったらいいのに。
東京と福岡は今や日帰りの範疇です。
また鳥さんが来てくれることを待ちつつ……コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2014/10/23 01:43 [edit]


鍵コメH様、ありがとうございます(^^)

はい……本当に悲しい、というのか、何だか寂しいという気がしています。
巣だけが残っているので、それが切ないです。誰もいないけれど、毎日見ちゃう。
これが自然、というものですよね。あえこれ考えれば、逆に襲った方のねこさん、またはカラスさんにも事情ってものがあるんですよね。
またこれに懲りずに次もこの巣を使ってくれるといいなぁと思います。
でもまた見守るしかできないけれど。
少しの時間でしたけれど、家に帰るのが楽しくて、何だかちょっと幸せを運んできてくれたような気がします。

今、まだ仕事を頑張っています(^^)
気分転換にコメントのお返事を書きに来ちゃいました。
少し寝てからまた頑張ろうかなぁ。
歳をとると集中力が長続きしません^^;
秋の夜長、ですが、やっぱり夜は寒い……でも暖房には早い……
お互い体調管理、しっかりしたいですね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→鍵コメH様 #nLQskDKw | URL | 2014/10/23 02:08 [edit]


おお

そっか~、やられちゃいましたか。
ずっと気に掛けていらっしゃった大海さんには、悲しい出来事ですね><
でもこれが自然の摂理ですもんね。仕方ないです。
(ハトさん、やっぱりもっとひっそりと巣を作らなきゃ、とダメ出ししてみる)

まだまだ、忙しい日々が続くようですね。
寝不足は、翌日に響く・・・のは分かっているけど、やっぱり睡眠を削るしかないんですよね><
どこかでぐっすり寝てくださいね。
風邪などひかれませんように。

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/10/23 03:16 [edit]


あら……

こんばんは。

彩洋さんの記事から、「目立ちすぎるけど大丈夫か」とは思っていましたが……。残念なことに。親バトたちは悲しいだろうなあ。次を頑張ってもらいたいですね。犯人は猫でしょうか。その辺りだとイタチはいない?

などと言っている間に、目は既にほかの者を追っている私でした。さつま揚げ、美味しそうだなあ。食べたいなあ。

お忙しそうですが、どうぞお体を大切に!

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/10/23 04:41 [edit]


 こんばんは。
あっ… いなくなってしまったのですね… 何かポッカリと穴があいてしまったような寂しさです。
自然は残虐ですが…この犠牲によって 何かが生きているのですから そーゆー事もあるのでいよね…

さつま揚げ おいしそうです。
僕は さつま揚げは 魚を焼く網で焦げ目をつけて 生姜と醤油で食べるのが好き。

ウゾ #- | URL | 2014/10/23 20:04 [edit]


キジバトさんが……ほんとに哀しいお知らせです。
私もハトの……あれはなんだったのか、と悩んでいる出来事がありました。

えー、ところで、マコトくんの肉球の色……大海さん、設定しておられました?
しておられたとしたらちがっているのかもしれなくて、ちょっと心配なのですが、例のものの続編をアップしました。

http://quianred.blog99.fc2.com/blog-entry-1278.html

よろしかったらご確認下さいね。

あかね #- | URL | 2014/10/24 00:11 [edit]


うわああああん(´Д⊂。・゜・。

そっかあ~~・・・・(;m;)
ごめんなさいね・・・・・・・・
読んではいたんですけど
何か落ち着かなくてコメントが遅れちゃってた間に
悲しいことに・・・・・・・
キジバトさんがすくすく育つ様子が見たかったな~・・・・・
自然は温かくて、そして非情ですよね・・・
キジバト母さん、めげずに
また卵産んで欲しいですね・・・・・・・
たまごさん達、また生まれておいで!!!
待ってるよ!!!

かじぺた #- | URL | 2014/10/24 00:41 [edit]


お早う御座います。
わー、私よりも九州の食べ物を堪能して居られると思いまする。
こういうの売ってるな・・とは思っていましたが・・・。

それに・・キジバトさん可哀想です。
なかなかヒナがかえるって難しいのですね。
自然界って厳しいです。
ましてや都会化した所の生き物は、カモフラージュも難しいでしょうからね。
お疲れさまでした★

ペチュニア #- | URL | 2014/10/24 07:23 [edit]


あらら~、キジバトさん残念でしたね。
もっとも、私たちの目には触れていないだけで、こんなことはあちこちでしょっちゅう起きているんでしょうけど。感情移入しちゃうと、辛いですよね。

といいつつ、なにやら食欲を刺激するものたちが(笑)
ん、「栗ひよこ」だとっ。ひよこに栗とは、なんという魅力的な組み合わせ。食べてみたいなぁ。これ、博多でしか手に入りませんかね?

お仕事、大変そうですね。ご無理なさいませんように。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2014/10/24 10:08 [edit]


巣が留守だったのでしたら、受精していなくて抱卵を放棄したのかもしれないですね。そのようなことを聞いたことがあるような気がします。ちょっとあやふやですけど。
動物は無駄なことはしませんからね。
放棄された卵はどなたかが美味しくいただいた……のでしょうか。
無駄が無いです。


限定のお菓子も素敵ですが、薩摩揚げが美味しそうです。

忙しそうなご様子。体調にお気をつけてお過ごしくださいネ。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2014/10/24 23:27 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

そうですよね! 私が知っているということは猫もカラスも知っているということ。
そして、サキさんもコメントに書いててくださいましたが、実はlimeさんの記事にあったような仲良しカップルの片割れがどこにもいなかったんですよね。だからもしかすると、無精卵だったのかもしれない、とちょっと思っていたのです。
でも、まぁ、美味しいごちそうにありつけた誰かさんにも、生きるための試練がいっぱいあるのですものね。
でも少しの間、わくわくを運んできてくれた彼らに感謝です。

今日は三味線のお稽古に行って、すぐに東京です。
あす朝から東京でお仕事をして、帰ってきたらまた仕事の事務仕事(?)と格闘して……
でも今日明日が終われば……多分……あぁ、NAGIの北海道、コメント書きに行きますね!
私は叫びました。limeさんの問いかけ「知名度は?」→「私の中では200%よ~~~~!!!」
って、そういう話じゃないか。
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/10/25 08:08 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

やっぱり、「目立ちすぎる」と思われましたか。
そうなんですよ。この巣、かなり低い位置にあって、本当にここでいいの?って思うような場所なんです。
ねこは登り放題、空からは見えないかもしれないけれど(家の壁が死角で)、気が付いてさえしまえば攻撃は簡単な場所。
ハトは帰巣本能が強いので、またここで卵を温めてくれるかもしれませんが、やっぱりやられますよね……
巣箱というわけにもいかないだろうし。自然に任せるしかないのかしら。
イタチ、こちらではまだ見たことはないのですが、近くに農園も畑もあるし、いてもおかしくはないと思います。猫はときどき見かけるし(多くはないけれど)。

さつま揚げ、このお店の「お持ちかえり」バージョンです。
冷凍や冷蔵じゃなくて、揚げたてなので、お持ち帰りのみで翌日までに食べなければならないのですが、これがちょっとモダンなチーズ味に始まり、生姜味やら野菜入りやら、あれこれでとても美味しい。バリエーションが素敵なんですよ。
うちのご飯、数日間、さつま揚げと明太子でした^^; 高カロリーだなぁ^^;
リクエスト、進んでいますね。真の故郷北海道物語。またコメント書きに参りますね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/10/25 08:19 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

そうなんですよ。
何よりもワクワク感が強かったので、寂しいですよね。おうちに帰るのが毎日楽しみだったというのか。
でも仕方がないですよね。自然です。そしてウゾさんの仰る通り、これが自然のサイクルの中の一環、なのですよね。
また来てほしいなぁ。ハトは帰巣本能が強いので、また同じところで卵を産むと聞いていますが、ちょっと心配なのは、この場所でいいのか?ってことなんです。かなり低いし、ねこさんも鳥さんも、誰でもアプローチ可能!って感じで。成り行きを見守るしかないですよね。

おお、生姜と醤油もいいですね。
このさつま揚げ、かなり美味しいのです。温めるだけで色んな味が楽しめてワクワクです。
でもウゾさんの仰る通り、ポイントは「焦げ目」ですよね!
九州、美味しいものが多いのですけれど、問題はカロリー??
でもやっぱりいいところです(^^)
コメントありがとうございました!! 

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2014/10/25 08:28 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

自然の世界ってまだまだ不思議がいっぱいですね。何かわからないことって確かにあるのです。
わが愛する『ダーウィンが来た』でも、ヒゲじい(キャラ)がいつも「なんでそうするんだ?」って疑問を投げかけてくるんですよ。私も、あ、そこが聞きたかったよと思うようなことがいっぱい。ほんと、不思議だらけです。でも、だから心ワクワク、なのですね。

で。え? 肉球の色? えっと~肉球の色までは設定したことはありませんでした。
肉球でリモコンにはタッチできるようですが(^^)
> 例のものの続編をアップしました。
わ、そうですか! ぜひ読ませていただきますね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2014/10/25 08:40 [edit]


かじぺたさん、ありがとうございます(^^)

いえいえいえ。コメント、ほんとありがとうです m(__)m
でも、考えてみたら、私が手の届くところで、私が知っているということは、ねこさんもカラスさんも知っていて、手が届くってことですものね。本当に、私もこんな近くで様子が見れるなんてって、感動していましたが。
ハトさんの帰巣本能によると、毎回同じところで卵を産む、とか何とか。
嬉しいような、心配なような。でもうちの庭を選んでくれてありがとうって気持ちです。
でも猫除け、カラス除けが必要かも……
でも本当に、身近にこんなドラマがあるって、いいことだなぁと思いした。
結果はともかく、自然を感じて、そして毎日おうちに帰るのがワクワクするような気持ちになったのは久しぶりでした(^^)
また来てほしいですね(^^)
コメントありがとうございました!!

彩洋→かじぺたさん #nLQskDKw | URL | 2014/10/25 08:49 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

そうそう。お土産って地の人は買いませんものね^^;
あ、でも、大阪の人間はたこ焼きもお好み焼きも食べるかぁ。
あ、でも、京都の場合は、結構旅行者が食べるものと地の人間が食べるものはずれがあるような気がします。
神戸はどうかなぁ? 神戸牛(本物)は食べたことないし(高すぎて)。
でも、九州、美味しいものが沢山ありますよね!
今年もまた、熊本~高千穂に行きたいのだけれど。休みが取れたら……。

キジバトさん、残念でしたが、可愛そうなのですけれど、なんというのか、自然かなぁとも思ったり。ただ、寂しいですね。毎日、ちょっとの間、おうちに帰るのが楽しかったので…・・
色んなことがあって、自然って素晴らしいのですね。
最近、鳥とか動物が人間と近い位置で暮らすことが多くなっていますよね。人間が彼らの住処へ侵入しすぎているのかもしれません。でも、スズメバチはご遠慮いただきたい……
コメントありがとうございました!!

彩洋→ペチュニアさん #nLQskDKw | URL | 2014/10/25 08:57 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

はい。キジバトさん、そういう結果になってしまいました。
しばらくの間、わくわく感があって、毎日おうちに帰るのが楽しみだったので、かなり寂しい感が溢れています。おうちに帰るのが楽しみだったんですよね。
夏休みが終わった感じ? 友だちが帰った後みたいな感じ?
でも本当に「私たちの目には触れていないだけで、こんなことはあちこちでしょっちゅう起きている」んですよね。その一部を観れただけで、本当にラッキーだったのかも。

お、そして、細かいところに目をつけて下さいました!
「栗ひよこ」……季節限定! 私ってほんと、季節限定、地域限定に弱いんですよね。
でもひよこってちょっとぱさぱさでもこもこで食べにくいんですよね……
実は、TOM-Fさんがお好きそうなひよこ限定品がもう一つありました。
今回買わなかったのですけれど、4つ入って「ひよこ家族」……ご想像通りです、多分(^^)
こちらは博多駅限定と書いてありました。栗はどうかしら?
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2014/10/25 09:11 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

おぉ、そうなんですよ。私もハトの卵の温め方がどんなふうだか、知識がないので確信はないのですが、ハトさんが巣を留守にしていた時、もしかしたらそうなのかなぁと思ってたりもしていました。
ただ、ツバメもずっと温めている感じじゃないので、季節とか関係あるのかなぁと思ったり。
実は、いないなぁと思ったら、その後帰ってきて、ずっと長い間温めていたりもしたので、そういうものなのかも、とも思ったり。まだまだハトの子育てについては勉強しなくちゃ。
そう、そして、また誰かのエサになって自然は巡っているのですね。
私はちょっとさびしいけれど、それもまた摂理なのだろうと思います。

さつま揚げ、そうなんですよ。去年もここで買ったのですけれど、結構モダンなパターンもあって、味のバリエーションを楽しみました。やっぱり九州のものは美味しいですね(^^)
でも……ハイカロリーっぽんですよね^^;
忙しさが過ぎたらまたゆっくり拝読に伺います! 
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2014/10/25 11:04 [edit]


救われました。

同じような体験を今したばかりなんです。

心の救いを求めてさまよったところ、こちらに。
昨年のことだったのですね。

悲しくて、でも呆然と涙もでなかったのですが、皆さんのやり取りの中に
優しさと明るさをみつけることができ、本当に救われました。

今はやっと涙がこぼれます。
こうして泣いたらきっとまた明るい気持ちになれると信じています。

ほんとにありがとう。

mm #- | URL | 2015/07/24 11:05 [edit]


mmさん、ありがとうございます(^^)

> 同じような体験を今したばかりなんです。
わぁ、そうだったんですね。実は時々、キジバトの卵……って検索で引っ掛けてくださる人がいて、あれ? 他所様でも結構こういうことがあるんだなぁと私も初めて知ったのです。
うちのこの巣は2回目というのか、最初に見つけた時は無人の巣だったのです。で、1年後くらいに卵発見して喜んでいたのですが……
大好きな番組・NHKの『ダーウィンが来た』を見ていると、鳥って、どうしてそんな不安な場所に巣をつくるんだろう、と思うのですけれど、それも彼らなりの危機管理の結果なんですね。そして、他の方のコメントにもありましたが、まだ有精卵を産めないメスの練習だったのかもしれないなぁ、と、今になって思います。
うん、きっと、うちに来たキジバトも、今年はどこかで立派に卵をかえしているに違いありません!
あ、今年はうちの巣、木を大々的に剪定した時に、植木屋さんが捨てちゃったみたいで……巣箱でもつくろうかなぁ。またそのうち、誰か帰って来てくれるかなぁ、と今は気持ちいいくらいにすっきりしたジャカランタの木を見上げております(^^)

mmさんはお優しい方なんですね。うん、今回は残念だったけれど、そして見守ってきた方としては、しばらく悲しくて辛いぁと思うけれど、彼らは野生。きっと逞しく自分たちの人生(いや、キジバト生?)を生き抜いていることだと思います。
私たちもしっかりニンゲン生を生き抜きたいですね。
でも、mmさんのお優しさは、そのままで……!
コメントありがとうございました。とっても嬉しかったです。

彩洋→mmさん #nLQskDKw | URL | 2015/07/25 08:26 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/522-81e5dda6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)