09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】17.宮城石巻・釣石神社~大震災でも落ちなかった巨石と南三陸の震災語り部ツアー~ 

釣石2
たった1枚の写真で物語を語る巨石があるとすれば、まさにこの石ではないでしょうか。
もうこれだけで十分、何かを語りかけていますよね。
よくあることですが、この下に立ってみると、写真よりも実物は遥かに迫力があります。
「え? 本当に落ちてこないの?」

確かにこれまでご紹介してきた多くの巨石たち、あるいはまだこれからご紹介する巨石たちの中には、いったいどうしてそのバランスで止まっているの?というような石が沢山あります。有名なのは遠野の続石ですね。
続石
絶妙のバランスで止まっている、そう思える石たち。
でも、この釣石神社の巨石は少し違います。
その答えは、なんてことはないのですけれど、後に置くとして、まずはこの迫力をお楽しみください。
釣石1
見たままの脳内イメージを写真にすると、まさにこういう感じでしょうか。まるで釣り上げられたような巨石ですから、そのまま「釣り石」と呼ばれています。
で、これはどういう場所にあるかというと。
釣石4
このような姿なのです。これはつまり、陰陽の形をとっています。中腹に付き出ている落ちそうな石は男石(陽石)、その下に横たわっているのは女石(陰石)ですね。なので、この神社の御利益は縁結び・夫婦円満・子孫繁栄。祭神は天児屋根命で智慧の神様です。
昭和35年の宮城沖地震の際にも落ちなかったというので、「落ちそうで落ちない石」として合格祈願に訪れる人もたくさん。さらに、釣の字から大漁祈願、あるいは釣石が亀の頭に似ていることから萬年長寿の祈願にも多くの人が参拝しているそうです。
写真右端の階段、途中で少し色が変わっていると思いますが、その白い部分が途切れた少し上の辺りに小さな立札が見えます。
釣石神社4
この階段はものすごく急です。
釣石神社階段
階段を登って行くと、写真の一番上あたりに左手に道があります。
釣石神社からの眺め
北上川が近くに流れていて、葦原が見渡せます。川を渡ってくる風の音を聴くための場所でもあります(日本の音風景百景選にも選ばれている)。茅の輪ならぬ、葦の輪を作って、健康祈願もされているそうす。
階段を写真よりさらに上に登って行くと、小さなお社があります。
釣石神社
階段の上、向かって右手に入っていくと、もうひとつ鳥居と祠があります。古峰神社と書かれています。
釣石神社2
さて、戻っていって、もう一度石を堪能いたしましょう。
釣石!
釣石6
どうみても、確かに「落ちそうで落ちない」……
釣石5
陰石の方は、合格祈願の絵馬が沢山。

さて、落ちない理由ですが、横から見ると分かると思います。前から見ると確かに付き出ていてものすごく危ないバランスに見えるのですが、実は根はしっかりしている、というのか、さらに奥の深い、ものすごく大きな石の一部を見ている、ということのようです。
落ちないには落ちない理由がちゃんとあるのですね。
御利益ももちろんあると思いますが、しっかり勉強して「落ちない理由」をちゃんと作らなければならない、ということです(*^_^*)
釣石側面
上から見たらこんな感じ。はい、さすがに「巨石に登りたい」大海も、もちろん今回は見上げるのみです。イワクラですからね。
釣石7
境内ですが……今はほとんど何もありません。
おそらく、社務所も流されたりしたのでしょう。仮の社務所があり、広場になっていました。
釣石神社社務所
釣石上から
広場の向こうに広がる野っぱら。
実はこの神社から、南三陸の宿泊地まで、ずっとこんな景色でした。
もともとどのくらいの集落があったのかは分かりませんが、家の基礎が明らかに残っている場所もあります。あまりにも綺麗になりすぎていて、本当に切ない景色でした。
でも、今はこの石の力強さをしっかりと心に刻みつけておきたいと思います。
釣石3
次回は、山形県の山寺の隣にある垂水遺跡にご案内いたします。

さて、今回この石巻を通って、宿泊地・南三陸を選んだのは、震災を記憶に留めるというツアーに参加するためでした。南三陸の海、青くて素晴らしい景色でしたが、やはり爪痕は今も残っています。
南三陸
花は、それでも美しく咲いていました。
続きに、南三陸にあるホテル観洋さん主催の「語り部ツアー」で訪れた景色を載せています。
よろしければご覧いただいて、記憶に留めていただければと思います。
そして、この美しい三陸の海、いつかぜひ、実際に目で見て、そしてこの海の幸を味わっていただきたいと思うのです。
南三陸の海

ホテル観洋
宿泊したホテル観洋さん。
実は、松島の観光船で乗り合わせた親子さん(神奈川の人)が、前日ここに泊まっておられて、私たちはこれから泊まりに行くところ、という偶然もありました。「行ってみて良かった」と言っておられました。
バスツアー
「あの日の海は、津波の来る前から真っ黒だった」
語り部さんが、あの日のことを語ってくださいます。約1時間。
どんな景色なのか……実はもう、今は悲しいくらいに原っぱなのです。
南三陸7
奥に見えているのが、防災対策庁舎の建物です。
防災対策庁舎
ここで避難を呼びかけていた多くの職員の方々も犠牲になりました。献花台があり、今ではこの辺りでは、ここが唯一の祈りを捧げる場所だそうです。
南三陸6
残された建造物は、このガソリンスタンドと防災対策庁舎、そしてホテル観洋さんが管理する高野会館。倒壊の危険もあり、撤去することも考えられているそうですが、そうなるともう津波の恐ろしさを語るものはなくなってしまうというので、何とか残せないかと検討されているそうです。
高野会館
あの日、この建物の「高野会館」という看板の上まで登らなければならなかったそうです。
隣には、ニュースで何度も取り上げられた志津川病院が建っていました。高野会館の屋上に逃げた人たちは、ベッドのまま流されていく患者さんを見ているしかなかったと言います。
今は盛土となって、草が覆っています。
南三陸8
元の風景の写真を見せていただきました。ここには立派な町があったのです。今はもう、本当に悲しいくらいに原っぱです。
南三陸5
人口の4分の1が亡くなられた……でも、その元の人口は何千人です。そのうちの4分の1の人がいなくなれば、町として存続することも難しい、ぎりぎりの集落が沢山あったのです。復興しても、高台移転をしても、人々が帰ってくる見込みがあるのかどうか。
南三陸9
阪神淡路大震災のように、大都会で起こった地震・災害とはまるで意味が違うと思いました。町や村がなくなる可能性があるのですから。
家に帰らずに逃げていたら助かった人もいる。でも、老いて動けない両親が家にいる。津波てんでんこ(津波が来たら、取る物も取り敢えず、肉親にも構わずに、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ)というけれど、自分を育ててくれた親を置いてどうしても逃げれない、もしも逃げて助かっても、きっとその人は罪の意識に苦しみ続けなければならない……語り部さんがそう話してくださいました。
南三陸セブンイレブン
町に人がいなくなり、セブンイレブンも、もう営業を停止するそうです。
もうあれから1年半以上が過ぎているのですね。でも、あの場所にいる人にとって、何も変わらない、何も進まない1年半だったのではないでしょうか。阪神淡路の時は、こんなに時が過ぎても仮設住宅が残っていることはなかったのですから。

今回、福島と宮城の県境の丸森町にも行ってきました。巨石を見るためですが、本当に美しい景色で、その美しさゆえに残酷で辛いことだと思えてなりませんでした。
写真を改めて見て、記事を書きながら、やっぱり泣いてしまいました。改めて亡くなられた方々の冥福を祈り、残された方々の心の平安を願わずにはいられません。何かができるわけではなくて、もどかしい思いしかなく、言葉にもできませんが、感じることはできる、少なくともいつも心に留めておきたいと思いました。
そして、きっとまたこの海にを見に来よう、と思ったのでした。

海は残酷だけれど、また豊かな恵みももたらしてくれる……
ホテル観洋窓からの眺め
ホテル観洋さんの部屋からの眺め。見えているのは、牡蠣の養殖だそうです。
ウミネコ並ぶ
窓をちょっと開けたら、ウミネコが飛んでくる。知らんぷりをしているようで、じっとこっちを覗っているのです。
こっちをじっとみるウミネコこっちをじっと見るウミネコ
でもエサをあげちゃだめですよ。
観洋さん夕食
観洋さん夕食2
観洋さん夕食3
シンプルだけれど、美味いもの尽くし。ぜひ、食べに来てください!!!
(あれ? 「食べに行ってください」でしたね)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 8   

コメント


うわっ

最初の写真を見た瞬間に、「落ちるよっ」と思いましたが……
落ちないんですね、あの石。角度を変えてみれば、たしかに落ちないんだろうなとは思いますが、なんかもう、すごいとしか言いようがない。

三陸地方は、もともと、斜陽の町が多かったですよね。シャッター通りとか、けっこうありましたし。そこにもってきてあの大災害ですから、もう復興する力もないのかなと思ってしまいます。そろそろ、ほんとうに国家を思う政治家の大英断を期待したいですね。
海の幸、やはり美味しそうです。アワビは残酷焼ですね。ウニもとろっとしていそう。ああ、お腹すいた。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2014/11/15 19:52 [edit]


TOMFさん、ありがとうございます(^^)

> 最初の写真を見た瞬間に、「落ちるよっ」と思いましたが……
この石、やっぱり一見で「おぉ~~」となりますよね。本当に雄弁な石です。 
> 落ちないんですね、あの石。角度を変えてみれば、たしかに落ちないんだろうなとは思いますが、なんかもう、すごいとしか言いようがない。
そうですね。多分、落ちないんですね。奇跡じゃなくて、ちゃんと理由がある。いまの時代って、こういう「ちゃんとした根拠」が必要ですよね。根っこが必要。でもこんなふうに見かけが派手やかってのもいいなぁと思います。それに、見えている部分でちゃんと「大事なこと」を語って、見えない部分でもちゃんと「もう一つの大事なこと」を語っている、そんなふうに思います。

> 三陸地方は、もともと、斜陽の町が多かったですよね。シャッター通りとか、けっこうありましたし。そこにもってきてあの大災害ですから、もう復興する力もないのかなと思ってしまいます。そろそろ、ほんとうに国家を思う政治家の大英断を期待したいですね。
本当に。阪神淡路みたいに、若い人じゃなくて歳をとった人が多くて、復興に新しいエネルギーを注ぐこともできませんもの。特に福島の件は、リーダーシップが問われますよね。でも、物事はのそんなに単純じゃないから、こうして解決できないままになっているんでしょうか。せめて、忘れないように、ときどき訪れて記憶を新たにしていきたいと思います。
> 海の幸、やはり美味しそうです。アワビは残酷焼ですね。ウニもとろっとしていそう。ああ、お腹すいた。
はい! 掛け値なしに食べ物は美味しかったです! お刺身は、どれも溶けそうで。そして、朝食がまた……バイキングなのですが、こんな豪勢なバイキングでいいの?って感じで。仙台から少し遠いのですけれど、時間さえ許せばぜひ皆さんに行って欲しい場所です。
コメントありがとうございました!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2014/11/15 23:08 [edit]


こんばんは

「落ちそうで落ちない」かぁ。「どうやっても落ちない」の方がいいと思うけれど、受験生には(笑)

それはともかく、自然の驚異にはいつも驚かされますよね。何千万年も代わらずに存在する巨石を考えると、たかだか100年何かを維持するのすら難しい人工物とは大きく違うなと思います。それに自然災害ではいつも人間というのはとても弱いものなのだと、普段どれほど思い上がっているのかを感じさせられます。予測も万端の準備もできはしないし、それは誰かの罪でもないのですね。(原発事故は別だと思いますが)

神戸があまりにもあっという間に再興したので、東日本大震災のことも数年経てば元通りは無理だとしても、亡くなった方のご冥福を祈りつつ新しい生活ができるようになっていると勝手に予想していました。でも、そんな簡単なことではなくて、人びとは今でも道すらみつけられないのですね。

彩洋さんが参加したツアーのように、行って参加することで、記憶の風化を遅らせるだけでなく、地元の人たちが稼ぐことができるのは、とてもいいことだと思います。

そして、ご飯がおいしいのですね。幸せな思いをして、地元の復興に役立つなら何より!
私は、見るだけかあ……いいなあ。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/11/16 01:19 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

> 「落ちそうで落ちない」かぁ。「どうやっても落ちない」の方がいいと思うけれど、受験生には(笑)
あはは。私もそう思ったのですけれど、「落ちそうで」の部分にちょっとユーモアを感じたのでした。もしかして、やっぱり「落ちそうな」際どい人向きなのかも、と(^^)

> それはともかく、自然の驚異にはいつも驚かされますよね。何千万年も代わらずに存在する巨石を考えると、たかだか100年何かを維持するのすら難しい人工物とは大きく違うなと思います。それに自然災害ではいつも人間というのはとても弱いものなのだと、普段どれほど思い上がっているのかを感じさせられます。予測も万端の準備もできはしないし、それは誰かの罪でもないのですね。(原発事故は別だと思いますが)
本当にそうですね。
巨石を見ていると、どの時代にどういう意味付け(たとえば御神体になったとか、天体観測に使われたとか)がされたとしても、石自体はその遥か昔からそこにあって、多分さらに古い時代の人も、注連縄も鳥居もなかったかもしれないけれど、何となく神を感じて手を合わせていたり、あるいは、この石とこの石の隙間から太陽が昇る日は雨期の始まりだ、とかちゃんと分かっていたりしたんだろうな、と。その営みからは、人の力なんて本当に小さなものだと思えますね。
最近、自然が牙をむいていると言いますが、報道の影響は大きくて、日本災害史などを真面目に読むと、最近多いわけじゃなくて、昔から多かったんだと思います。日本の歴史を教えるときは、そういうことを小学生のころから教えるべきなんじゃないかと思ったりするのです。たとえば、自分の住んでいる身近な場所の災害史とか。地名の由来とか。
……原発事故は……本当に、気の毒で、これはもう日本全体でサポートしなければならないことと思うのだけれど……政治家の英断はこういう時に使うものじゃないかと思うけれど……。浪江町の町長さんでしたっけ? ずっとそういうことを訴えておられましたよね。一方で、チェルノブイリの危険区域にも今も住んでいる老人がいて、その人は「分かっているけれど、ここで死にたい」と自ら決断した人で、そういうのはもう個人の判断も許容してあげなければならないのかも(でも、不自由だろうけれど)。

> 神戸があまりにもあっという間に再興したので、東日本大震災のことも数年経てば元通りは無理だとしても、亡くなった方のご冥福を祈りつつ新しい生活ができるようになっていると勝手に予想していました。でも、そんな簡単なことではなくて、人びとは今でも道すらみつけられないのですね。
本当に、車で走ってみて分かるのは……遠い。仙台市など大きな都市からかなり離れていますし、移動だけで大変です。人が減ったら仕事もなくなって、若い人が出て行かざるを得なくなる。
阪神淡路の時は、隣にほとんど無傷の大都市・大阪がありましたものね。しかも住民は、歳をとった人もいるけれど、全体的に年齢層が若い。復興住宅も1年とか3年とか期限を切って、それでみんなそこを出て行ける算段ができたと思うのですけれど、東北の場合、復興住宅を出て行けるような若い人が少なくて、金銭的にも健康上も体力のないお年寄りが中心。住宅にはカビも生えてきているというし(寒いから暖房しますものね)、何だかなぁです。……きっと地元の行政の人は一生懸命と思うのですけれど。

> 彩洋さんが参加したツアーのように、行って参加することで、記憶の風化を遅らせるだけでなく、地元の人たちが稼ぐことができるのは、とてもいいことだと思います。
はい。私もそう思って、宿泊地のひとつを地元にしました。でも、何よりも、景色良し、お湯良し、料理良し。もっとみんな来たらいいのに~と思いましたよ!
それに……夕さん、東北はお酒も美味しいのです(#^.^#)
コメント、ありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/11/16 10:19 [edit]


ウーーム・・・・。
何となく彩洋さんが巨石に興味を持たれる理由が解るような気が致します。
なかなか奥が深いですね。
この落ちそうで落ちない巨石は、ハチマキ?させられているような感じで、それが
また「頑張らにゃ!」っていう表情に見えて来ますね(笑)。
それに、陰陽の形を取っていると言われてみれば。。。なるほど・・と思います。
それがまた、調和とか協調を意味しているような感じもしてきますね。
協調も頑張らなければ出来ないって事ありますものね。

あーー穏やかな海です。
良いですね♪
うみねこさん可愛いです♪
あーー、餌あげちゃダメなんだー★
なんでだろう??

ペチュニア #- | URL | 2014/11/16 23:05 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

> 何となく彩洋さんが巨石に興味を持たれる理由が解るような気が致します。
わお、ありがとうございます! こうして石の写真ばかり載せて、別に綺麗でも何でもないし、興味のない人には実にしょうもない記事だろうな、とか思いつつも、なんとか石の魅力をお伝えできないかと奮闘しております。そう言っていただけると、とてもうれしいです!!

> この落ちそうで落ちない巨石は、ハチマキ?させられているような感じで、それが
> また「頑張らにゃ!」っていう表情に見えて来ますね(笑)。
おぉ、それは気がつきませんでした。確かに、必勝はちまきをしているようにも見えますね。
それもご利益なのかも!
やっぱり、この石は魅力的なんですね~何かを語っています。

> それに、陰陽の形を取っていると言われてみれば。。。なるほど・・と思います。
> それがまた、調和とか協調を意味しているような感じもしてきますね。
はい。石は結構こういう組み合わせも多いように思います。
そうそう、東北の石をあといくつかご紹介したら、九州の究極の陰陽石をご紹介する予定です。
実は、石紀行初の18/禁なのです^^;

> あーー穏やかな海です。
> 良いですね♪
はい。綺麗な青い海でした! ホテルの人も言っていました。本当はいつもこんな海なんだって。あの日だけは違っていたけれど、と。でもこのきれいな海、もっとたくさんの人に見に行ってほしいです。

> うみねこさん可愛いです♪
> あーー、餌あげちゃダメなんだー★
ウミネコってでかいんですよ。で、かなり攻撃的? きっと誰かが餌を上げたりしたら、人を見たら襲ってくるようになったり、ホテルにとっては糞害があったり、大変なのでしょうね。
ウミネコには自然界に生きるものとして、しっかり野生で餌をゲットしていただきましょう!
コメント有難うございました!

彩洋→ペチュニアさん #nLQskDKw | URL | 2014/11/18 00:06 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/11/20 19:15 [edit]


鍵コメH様、ありがとうございます(^^)

石紀行、いつも読んでくださってありがとうございます(^^)
そうですね……今回、この石のことを書く時に、震災のことは避けて通れないと思ったので、あえて書くことにしました。この石はこの地域にとって、津波や地震の記憶と大きく繋がっていると思うのです。それに、私にできることはほとんどないけれど、見てきた風景を自分の中にも残しておきたかったし、このブログを訪れてくださる皆さんにも見ていただきたいと思ったのでした。
でも……人のいない原っぱの風景は写真に撮ってお見せできるけれど、今も残っていて人が住んでいる仮設住宅などは直視することもできませんでした。ツアーでは少しだけ通りかかるのですけれど……さすがに通りかかるだけで。その時、阪神淡路の時とは違う、と思ったのでした。
もうすぐ復興を願って始まったルミナリエの季節。あの煌びやかなイルミネーションを見ると、きっとあの東北の風景を思い出してしまうんだろうな、と。
でも。何よりも、それでも美しい海と、本当においしい食べ物、そして逞しい石。
これをいつか見に来て、食べに来て、という気持ちで記事を書きました。そして、これからの三陸地方の復興を見守りたいと思ったのでした。

そうでしたね。Hさんの思い出の地でもありましたね。三味線をするようになってから、私も東北の歴史に結構嵌りこんで(阿弖流為の時代から)、東北の風土のファンになっていました。その場所に思い出を持つ人がいるというのは、とても嬉しいです。
そうそう、体調回復されて良かったです(^^)
でも、まだまだ寒くなりますから、お身体、ご自愛くださいね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→鍵コメH様 #nLQskDKw | URL | 2014/11/21 01:54 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/532-8a51270a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)