05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・あれこれ】そう言えば最近野望を抱いたことがなかった…… 

山添町
今週は本当に忙しかった……椅子にほっと座っている時間はあまりなくて……
そんな中、短い時間、自分の椅子に座ったら隣の席の同僚が突然、「私、○○大学の教授選に出ようと思ってたのにな~」
え??????

いえ、別に絶対不可能よ!って言うつもりはないけれど、ここからその道あり? しかも、そんなことを考えている、または努力をしている気配もなかったよ? いや、私が知らないところで準備してたんかな……
それはまさに「野望」ってやつ? 
「野望」というのは、「分不相応な望み。また、身の程を知らない大それた野心」。つまり「世界征服の野望」って感じで使う言葉だから、せめて「大望」と言うべきなのかな?

「野望」というのはどちらかと言うとマイナスイメージの言葉のようですが、でも、もともとは文字通り「野原を見渡す」ってイメージの言葉だから、決して悪い意味ではないような気がするけれど。

いや、それが実現可能な望みかどうかは分からないけれど、ちょっと同僚の言葉に感動したわけですね。私ったら、最近そんな「大それた望みを抱いたことがなかったわ……」
歳をとると、平穏に行きたいと思いがちなのかも。
平穏に行こうとすると、がむしゃらではなくなっていくのかも。

そう言えば、どこかで話題になったような気がしますが(八少女夕さんのとこだったかな?)、「いつも見ていた景色がその人を作る」というのか。
子どものころに見ていた景色が、「野望」を生み、何かに繋がっていくのかも。
子どものころ、あるいは若いころは「野望」だったかもしれないけれど、いつかは「指が届く望み」になるのかも。

歴史上非常に興味深い人物として、坂本龍馬と織田信長がいるのですが(私って、マイナー嗜好なのに、こんなところだけかなりメジャー。ちなみに、インタビューしたい歴史上の人物を選べと言われたら、まずは勝海舟^^;)、この二人の見ていた(かもしれない)景色を見ると、あぁなるほどって思うのです。

坂本龍馬は桂浜から見た太平洋。
若いときにあの景色を見ていたら思いますよね。「いつかこの海の向こうの国と対等に貿易したい」……そのためには鎖国はいかんぜよ、ってことで、討幕に至ったのは結果論。さっさと開国して外国に出て行きたかったんですよね。

織田信長はあの岐阜城からの景色、そして見たかもしれない伊吹山からの琵琶湖の景色。
何というのか…・・「天下が取れるかも!」って思う景色です(って、私だけ?)。どこらへんが?と聞かれると分からないのですけれど、見たらそう思っちゃう……と思う^^; 何だかね、景色が「手に入りそう」なんですよ。

さて、彼らが抱いたのは「野望」だったのかどうか……
結果的に二人とも夢半ばで倒れましたが、もしかすると「野望」に指が届いていたのかも。
関係ないけれど、実は私、龍馬研究会の幽霊部員……脱藩の道も何回か行っておりまして。そして、織田信長は、今後書きたいと思っている時代小説の主人公が慕っている「お館様」(物語自体は信長の死後なのですが)。

さて、私のちいさな野望……
それは、喜望峰で海に向かって江差追分を唄うこと?
これは実現不可能かつ分不相応と言う意味ではまさに「野望」かな?
でも、子どもの頃、私の見ていた景色と言えば……
向かいの小高い丘に続く田んぼと畑。雉が歩いてて、春は蓮華畑、夏はカブトムシとクワガタをとりに行って、秋は稲穂、冬は雪ウサギを作ってもらって(うさぎさん、寒いからって温室に入れてあげたら、いなくなってた!と泣いてたり)……
その景色はもうすっかりなくなっちゃったなぁ……
どうやら、野望を抱くには小さすぎる景色を見て育ったようです^^;

「野望」……「大志」よりもちょっと厳つくて、ちょっと無謀で、ちょっとワルな感じで、でも案外大海原を見渡して抱くでっかい夢にはぴったりの言葉なのかも。
そして、信じていたら、信じることによって高みを目指し努力をするのなら、その「野望」に手が届くのかも。
とりあえず、同僚の野望を応援するかな。


冒頭の写真は、明日行こうと思っている奈良県山添村の「天の川」??
山添村観光協会さんのHPからお借りしました)
日帰りでちょっと石たちと遊んでまいります(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト

Category: つぶやき

tb 0 : cm 8   

コメント


ああ、そうですね

こんばんは。

語ったのって、これでしたっけね。
http://yaotomeyu.blog.fc2.com/blog-entry-901.html

言われてみると、最近、野望みたいなものとは無縁だわ〜。
仕事でも、「給料をもらえて、こなしていければこのままでいいや。偉くなりたくないし」みたいな、こじんまりとした感じで。

野望でも、大望でも、大志でもいいのですけれど、そういうのを持っていない人間は大成しないというのはありますよね。でも、まあ、人類全員がアレクサンダー大王なわけでなし、織田信長でも困るし。

もっとも、野望のない人間が書く小説は、やはりこじんまりとしていて、私の小説は小人物ばかりだ(笑)

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2015/02/21 06:22 [edit]


おはようございます

その同僚の野望を聞いたときの大海さんの表情を想像して、なんか笑ってしまいました。
そんな雰囲気の無かった人なのでしょうね。
そういえば、そんな野望を人と語り合うなんてこと、あまり無いですよね。
野望はきっとみんな、自分の中に密かに抱いているもので。

夢よりきっともっと無謀で分不相応な事なのですよね。
私は、まるっきりないです>< 
本当にこじんまりと日々、生きて来たなあ。
育っていた環境がこじんまりしたところだったせいもきっとある。

でも、もっと生きのいい魂を持っていたとしたら、やってみたい事は結構あります。生まれ変わったら・・・とかね^^
そんな、どうしようもない事を想うのも、人間の哀しいところですよね。
この人生は、そんなにたいしたことにはならないから妄想の世界を遊ぼうと、今こんな執筆などしているのかもしれません。

いや、でもいいのです。こういう庶民がいてこその世の中です。
みんな、織田信長クラスに野望でぎらぎらしていたら、きっと世の中大変な事になるから(笑)

あ、今日は奈良の方へ行かれるんですね。楽しい時間を過ごしてください^^

lime #GCA3nAmE | URL | 2015/02/21 09:37 [edit]


うん、野望はなんかギラギラしている感じがありますね。
あなたとわたしは違うのよ、みたいな。
そういうところから私みたいなゆるく大雑把な者を見るとイラつくんだろうなあと思います。
ちょっと自分とは違う世界ですが、その中で成功している方も多いので、非常に尊敬すべきであります。

「いつも見ていた景色がその人を作る」という点に関して。
環境って影響あるし、大事だなあって思います。
見るもの聞くもの触れるもの、全てに意味があるわけなのですが、それに気付くのがずっと後になってからだったりして。
時間の流れるのが早くて、多くを見逃しています~(><)

夢と野望の違いは何かなあと考えると、また妄想が・・・(^^;)

けい #- | URL | 2015/02/21 12:42 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

おぉ、やっぱり夕さんちで語っていたのでしたね。
そうそう、歴史上の人物はもうこの世にいないわけですが、彼らが見たかもしれない景色を見ることって、創作の上ではすごく参考になりますね。あるいは、そこから創作のイメージが湧いて来たり。もちろん全部想像でもいいんですけれど^^;
龍馬の生涯には興味深いところがいっぱいあって(アスペルガーと思うけれど)、脱藩の道を歩いた時も、こんな真っ暗で道のような道でないような場所をこっそり抜け出して、どこへ向かおうとしてたんだろと思ったのですが、桂浜から太平洋を見て、あ、そうか!と。あれを見ていたから、このくらい道を走れたんだ!と。

> 仕事でも、「給料をもらえて、こなしていければこのままでいいや。偉くなりたくないし」みたいな、こじんまりとした感じで。
本当に……自分的には日常の業務だけで結構目一杯で、すごいキャリアアップを目指すだけの余裕なんて、まじめに日々の仕事をやればやるほどないわぁというのが現状で。偉くなりたいわけでは全然ないし。でも、大成するには野望が必要なんでしょうね。それは全体を俯瞰する能力ってのか、人生を見渡せる力、なのでしょうか。
> でも、まあ、人類全員がアレクサンダー大王なわけでなし、織田信長でも困るし。
そうそう(#^.^#) そういうことですよ! うん。地味な一般人として生きていこうっと!

> もっとも、野望のない人間が書く小説は、やはりこじんまりとしていて、私の小説は小人物ばかりだ(笑)
う。そ、そう言えば……うちのキャラたちもあんまり野望はなさそう。何故か生まれのいい人はいるけれど、むしろ一般人になろうと(地味になろうと?)している人ばかりで……というのか、昔生み出したキャラは結構でかい人物がいるけれど、最近出てきたキャラはみんな地味^^;
そうかぁ、最近、地味な景色しか見ていないのかも……(>_<)
でも、地味な景色の中で光る何かを見つめていきたいですね(負け惜しみ^^;)。
コメントありがとうございました!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2015/02/22 11:11 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

> その同僚の野望を聞いたときの大海さんの表情を想像して、なんか笑ってしまいました。
はい(^^) 今週疲れ果てて、もうぐてっと椅子に座った時に、となりで呟かれたので、「え? えぇ~~~~???」って感じで。いや、一気に目が覚めました(^^)
普段から割と自分の意見をがっしり言う感じの人ではありますが、いや、でもまさかそんな高みを??って感じで……中学時代からの同級生(職場が一緒になったのは偶然ですが)なので、ますます「えぇ~~~?」って感じでした。
そうなんですよね。野望ってあんまり話し合わないですよね。でも、もしかすると、人に公言することで実行に移しやすくなるのかもしれませんね。公言するってことは、望みが明確になるってことでもありますし。もしかすると、大成する人は「心密かな望み」を人前で明言できる、あるいはその「望み」が全身から漲っているのかも。あ、あの人、そこを目指しているのか、って周りにそこはかとなく知らせることで道が開かれることもあるし。う~、でも私には無縁だなぁ。むしろいつの間にかてっぺんにいたのを人に譲る性質^^;
> 育っていた環境がこじんまりしたところだったせいもきっとある。
一緒です(*^_^*)

イキのいい魂はキャラたちに任せましょう(*^_^*)
でも、なんかうちのキャラ、もともと高みにいても何とかそこから抜け出そうとしたりする、中身が実に地味な連中ばかり……もう少し気合の入ったキャラを生み出していきたいものです。
世界征服を企んでいる奴、とか…・・・・??

> いや、でもいいのです。こういう庶民がいてこその世の中です。
> みんな、織田信長クラスに野望でぎらぎらしていたら、きっと世の中大変な事になるから(笑)
そうそう。織田信長がいっぱいいたら、もう困っちゃいますよね。私が信長を書こうと思ったきっかけになったのは、昔の同僚で、ちょっとイメージの一端がかする感じだったのですよ。あ、そうか、信長ってこんな感じの面があったのかも!って、彼のおかげで信長を理解できたような気がしたのです(いや、彼の全体像は全然「信長」じゃなかったですけれど。)
あ、私、別に信長が特に好きってわけではないのです。興味深いわぁと思っていて。書きたいと思っている時代小説の主人公の女性は「恋している」ようですが……

> あ、今日は奈良の方へ行かれるんですね。楽しい時間を過ごしてください^^
はい。石紀行またお楽しみに!って、石紀行は思い切り自己満足なんですけれど……
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2015/02/22 11:40 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

野望のぎらぎら感……そうそう、その毒々しい感じが野望の野望たるイメージですよね。
ちょいとワルい感じがいいんですよね。悪になり切れない小物の私には、あんまり縁がないのですけれど、ちょっと憧れます。
> そういうところから私みたいなゆるく大雑把な者を見るとイラつくんだろうなあと思います。
そうそう。それ、ありますよね。私もユルい人間なので、きっと常に高みを目指して、その体力もある人からしたらいらっとするんだろうなぁと。特に、ある程度年をとってからは体力が追いつかなくて……
分相応と思いながら生きています。

> 「いつも見ていた景色がその人を作る」という点に関して。
> 環境って影響あるし、大事だなあって思います。
うん。やっぱり「持って生まれたもの」はあるにしても、「何を経験してきたか」の方が大きいですよね、きっと。そして見る景色ってやっぱり大きい。この間も記事に書きましたが、鹿児島の人の「いつも噴火しているのよ~。風向きは問題だけれどね~」ってのには、いや、人間の経験ってすごいものがある!と思わせられます。
> 見るもの聞くもの触れるもの、全てに意味があるわけなのですが、それに気付くのがずっと後になってからだったりして。
そうですよね。あとからそうか!って思うことも沢山。世の中で起こっていること、時間の流れの中で埋もれていくことも多いですけれど、その中で残っていることには何か意味があるんでしょうね。
野望を抱けるほどでかい人間じゃないけれど、地味に希望は持って生きたいものですね。
「夢叶」みたいな?
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2015/02/22 11:54 [edit]


そういえば・・・
「野望」って無いですよね。
今日何が食べたいとか、明日はお給料だ♡ レベルで生きて居りまする。
コレからしたい事・・・の前に両親の事とか、いろいろ現実問題が有って・・・。
で、結局それを受け入れて向き合う事からしないとイケナイので、ウーム・・
想像の世界だけでもスケールのデカい事を考えた方が精神的にも良いのでしょう
けどね。
まー、さし当って綺麗なマイセン買うとか、それに相応しいマンションに引っ越す
とか(もちろん「妄想」のレベルですね・笑〕・・。
イヤ・・その前に死なないように健康チェックしておかないと・・・。

あ・・私、子供の頃に見た風景は、特に印象に残っていないのですよ。
なんだろーね★
子供の頃の夢が「専業主婦」だったからかな???
いずれにしても「スケール小さい・・」↓

ペチュニア #- | URL | 2015/02/22 13:39 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

あぁ、私もそうなんですよ。そうそう、多分かなり身近な「欲望」で生きている……^^;
仕事では毎日のことに忙殺されて、なかなか何かを組み立てていくってことができないでおります。
それにうちも同じで、実家のあれこれとか、結構今頃の年齢になると降りかかってくるのですね。そして、日本の国は農民に優しくないとか、つまり土地を持っている人間からは全て相続税とか言って取り上げる気なのね、とか社会の仕組みに今更ながら気が付いたりとか。
目先のことに振り回されるのは本当にやむを得ないような気がします。

> 想像の世界だけでもスケールのデカい事を考えた方が精神的にも良いのでしょうけどね。
うん! 確かに、そうかもしれません。いや、妄想でも楽しいことを考えるのはいいことですよね。身の程知らずなでっかい妄想は抱けませんが、身の丈にあった妄想で……(^^)
> イヤ・・その前に死なないように健康チェックしておかないと・・・。
あ、これ分かります。私も、そんなことより、病気と怪我の方が問題よ!とか思っています。

> あ・・私、子供の頃に見た風景は、特に印象に残っていないのですよ。
おぉ、そうなんですね。あまり風景が変わっていないとか、あるいは逆に変わりすぎて分からない感じになったとか。うちの周辺は微妙な変わり方をしていて、うちが最後の砦的な景色だったのですが、今年で宅地化の波に飲み込まれました。うん、でも、私もかなりスケールの小さい景色です^^;
山とか海とかとは無縁で…・・・・田んぼと川と畑……以上!って感じ。
スケールが小さいなりに、地味に、でも希望をもって頑張っていきましょう!
コメントありがとうございました!!

彩洋→ペチュニアさん #nLQskDKw | URL | 2015/02/22 20:00 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/569-5be901e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)