FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2015/3/18 少しばかり迷走…… 

未来科学館1
先日、まだ若いころにお世話になった方の退官記念パーティに関東地方に行って参りましたが、少し時間があったのでお台場の日本未来科学館に寄ってみました。
プラネタリウム、と思って予約を取ったのですが、いかにも星空解説というようなものではなくて、映像を楽しむシアターになっていて、ちょっとイメージとは違っていました。やっぱり昔ながらのプラネタリウムの方がいいなぁ。
上の写真はホールになっている場所なのですけれど、面白いのはこの床部分。人がいっぱいいてカメラを向けにくかったので、ちらっとしか写っていませんが、床の所々にラグみたいなのが敷いてあって、寝転べる状態なのです。一応ほとんどフラットな椅子もあるのですが、数が少ないので、結構な数の人がラグの上に寝転んでいました。
いや、これはお子ちゃまを連れてきて疲れたお父様には有難い空間に違いありません。
未来科学館2
カミオカンデの模型があったり、しんかい(潜水艇)の模型があったり、宇宙ステーションの模型もあったり、なかなか楽しめる空間でした。日曜日だったので、すごい人で結構疲れちゃったけれど。
「で、カミオカンデって何?」
「えっとね、ニュートリノがね……つまり、宇宙の謎を解き明かすのよ!」
(聞いた方も、聞かれた方もよく分かっていない、カミオカンデ^^;)
2015-3-17プレゼント
そして昨日は、実はお誕生日。最近はもう誕生日と言っても普通の1日に成り下がっていたのですが、夜結構遅い時間にピンポ~ン。
近所に住む、仕事がらみの知り合いの方がやって来られて「お誕生日でしたよね~」
うわ、びっくり。
おばあちゃまが作られたイカナゴのくぎ煮をもってきてくださいました! さっそくビールで乾杯していただきました。美味でした(*^_^*) いっぱいあるので、しばらくは食卓が潤います。
シーズンですよね。そう言えばジムのインストラクターの方がおっしゃるに、「さすが兵庫県」と思うことのひとつが、この季節になるとプライベートレッスンのキャンセルの理由。「すみません~、今日イカナゴ貰ったので、焚かないといけないから行けませ~ん」
……一緒に、薔薇のシロップを頂きました。有難いことです m(__)m


BGMは大好きなドヴォルザーク。いわゆる国民楽派、後期ロマン派。思えば中学生の時、音楽の時間にスメタナの『わが祖国』の『モルダウ』を聴いて、なんじゃこれは、と思ったのがクラシックってそんなに難しいものじゃないんだなと感じた初めてのことでした。それまでの私ときたら、音楽と言えば民謡と演歌しか知らないぞ、という状態で^^; 
今でも『モルダウ』を聴くとわくわくしたり、泣きそうになったりします(パブロフの犬?)。
ドヴォルザークのこの8番と9番(『新世界より』)はやっぱり名曲ですね。

そう言えば、ピアニスト慎一シリーズの相川慎一は、正確には人生の前半しかピアニストじゃないのですね。プロとしてピアノをやっていけなくなって挫折した彼を迎え入れたのはチェコの庶民歌劇団(舞踊団?)。そこの歌姫と、彼女の夫で片腕を事故で失くしたヴァイオリニストが、慎一をもう一度音楽の世界に戻すきっかけになるのですが、そのエピソードのキーになるのはチェコの国民楽派の音楽なのです。
もともとオペラには親しんできた彼(ピアノの息抜きがオペラのスコアを読むこと=舞台を妄想すること、という子でした)は、新たに指揮者・音楽監督としての道を歩むことになりますが、そうなってからは逆にまたピアノが彼の支えになっていく。
オヤジ(初代の真)は民謡しかやってなかったのに……^^;

というわけで、今日もまたお仕事に勤しみます。
今週末にはいくつか小説もアップする予定です(*^_^*)
拝読した皆様のお話のコメントも書きに行く予定(*^_^*)

今日のお庭の花たちは、これが開き始めたら春という寒緋桜と、去年根切りが上手くいっていないかと心配しながら地に降ろした梅。ちょっとしか咲いていないけれど、いい匂いです。よく見ると、カマキリの赤ちゃんがいる。
寒緋桜
梅2015
今日も良い1日でありますように!
関連記事
スポンサーサイト



Category: NEWS

tb 0 : cm 14   

コメント


空を見上げりゃ☆の海

の筈なんですが、夜になっても霞が掛かってなーんにも見えません。昨今は星を見るにもプラネタリウムに行くしかないんですなぁ。閑古鳥のゴルフ練習場、私の夜空を返せ!!。あ゛、二十四時間スーパーも敵だ。外灯、人もおらんのに煌々と明かりをつけるな。似非天守閣、ライトアップはイベントの時だけにしてくれ。夜空の値段は今いったい幾らなんだろう。

miss.key #eRuZ.D2c | URL | 2015/03/18 07:35 [edit]


おはようございます

遠くまでお疲れ様でした。
科学博物館も、なかなか楽しそうですね。子供のころは遊園地よりも好きな場所でした。
ああでも夜空を見上げられるプラネタリウムじゃなかったのが残念でしたね。
そう言えば月曜の夜は、普段星が見えない大阪でもきれいな星空が見えて、自転車でずっと夜空を見上げながら帰りました。

あ、そしてお誕生日おめでとうございます。
いかなごのくぎ煮で一杯^^これもいいですね。
そういえば関西に来てはじめて、いかなごのくぎ煮を知りました。近所の友人が大量に作ったからと、分けてくれました。
いかなごって、何かの稚魚なのかなあ・・・。
とにかく、今週も忙しそうですね。どこかで体を休めて、頑張ってください^^

lime #GCA3nAmE | URL | 2015/03/18 08:10 [edit]


お誕生日、おめでとうございます!

17日は真と同じ日。何か意味があるのかなあ^^
知り合いで、ちょうど半年違いの同じ誕生日というご夫婦がいらして、それはそれは仲が良くて。なので。
ご近所からのピンポ~ン♪、嬉しいですよね。良いお話だあ^^

大海さん、Ausの田舎に来なきゃ。
プラネタリウムに行かなくても、毎晩見られますよ^^ 
けど、居心地の良い椅子と、解説が欲しいかな(^^;)

私もお仕事に勤しんでおります。
やはり寝不足になるとガッツが続きません。
それを反省しているところです。
まだもう少し(><) 何とか乗り切りたいです~。

今週末はお休みできるのかな。
Have a nice dayぃ~^^

けい #- | URL | 2015/03/18 18:35 [edit]


「そうだなぁ。あの機械式のプラネタリウムもおつなもんだぞ」
と“先”も申しております。
あ、お誕生日おめでとうございます。
サキと同じ季節のお生まれなのですね。
そして“くぎ煮”!兵庫県では年中行事のようなものですね。スーパーでも生のイカナゴの販売に行列ができますし、タッパウェアーのコーナーなどもできて、たくさん売ってますからね。みんなか作るんですよね。家庭家庭で秘伝の味付けがあったりして、サキは最初は美味しく食べるんですけど、たくさんいただくと飽きてしまって冷蔵庫に眠っていたりします。
この時期出てくる“かなぎちりめん”も好きですし、ボイルしたものも美味しいです。
寒緋桜と梅が咲きましたか。もう少しの辛抱です。
四季それぞれに素敵なところがあって、冬も好きなのですけど・・・。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2015/03/18 20:40 [edit]


こんばんは~(^0^*)ノ

わーー!!光電子増倍管だーーー!!!
神岡の道の駅にも模型と本物がありましたよ~!!
H市は光電子増倍管作ってる会社のおひざ元なので(^0^*)\
へへへ

おお!!お誕生日だったんですね!!!
おめでとうございます\(≧∀≦)/v-238
手作りのクギ煮、おいしそう!!!

かじぺた #- | URL | 2015/03/19 02:55 [edit]


Happy Birthday!

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。

健康で、ゆっくりできて、幸せなことのたくさんある一年となりますように!

で。記事もコメントも「?」の嵐なんですけれど。
イカナゴのくぎ煮? かなぎちりめん?
それは何かな。
でも、きっとご飯が進む何か(何かって、おさかな……)なのでしょうね。 神戸だとみんなが煮るんだ。へえ〜。
サプライズのお誕生日プレゼントって嬉しいですよね。

そして、お台場にそういう施設があるのですね。
プラネタリウム、そういえばこちらでは行ったことがない。というか、どこかにあるのかしら? 星は、けいさんと一緒で、「新月の夜に空を見上げよう。いっぱいあるよ」ですね。でも、やっぱり解説は欲しいなあ……。

慎一の復活のキーワードがチェコの国民楽派なのですね。
父が、戦後初の国費留学生として学んだのがプラハだったので、遠かったヨーロッパの中でチェコは我が家では特別な国でした。数年前に母を連れて初めてプラハに行ったのですが、ドレスデンから電車で向かう途中はじめてヴルタヴァ河を見て「おお。これかあ」としみじみ思いました。ライン同様に普通の川でしたが(笑)

というわけで「死と乙女」も楽しみにしています。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2015/03/19 04:39 [edit]


お誕生日、おめでとうございます

そういえば、私も誕生日が「普通」の日になってから、もう久しいですね。
子どもの頃は、楽しかったんだけどなぁ。今じゃ、微妙です(遠い目)

プラネタリウムは、最新式の「メガスター」とかは凄く綺麗な星空を映すので、それはそれでいいのですが、某所に鎮座している骨董品は、ホントに味のある星空を映してくれます。あのプラネタリウム、解説も手作り感があって、好きですね。

おお、播州の春の風物詩「いかなごのくぎ煮」ですな。
ウチでも炊きましたよ。でも今年は不漁でなかなか手に入らなかったし、サイズがでかいので、いまいち不評でしたが。

モルダウ、いいですよね。そしてドヴォルザークは、交響曲9番もいいけど、チェロ協奏曲が最高にいかしています。聴くと、ホントにわくわくしますよ。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2015/03/19 20:50 [edit]


miss.keyさん、ありがとうございます(^^)

あぁ、そうですよね~。最近うちの周りもすっかり電燈が増えて、夜の空は霞がかっています。でも少し前まで隣は農園で結構暗くて、夜は怖かったんですけれど、宅地開発になって明るくなりました。
おかげで身の危険を感じることは少なくなりましたが……星はだんだん数が減っていく。バーチャル星空で我慢すするしかないのかなぁ。天然のプラネタリウムが傍にある人たちが羨ましいです。でも最近の日本は、あらぬところで犯罪に巻き込まれるし、うちらの周辺でも有名な殺人事件が2つほどおこっているし。
あ、でもゴルフ練習場は確かに明るすぎるかも。コンビニは時々夜中過ぎに仕事から帰宅する私には有難い時もあるけれど、ないならないで何とかしますしね。
< 夜空の値段は今いったい幾らなんだろう。
お高そうですね……(゜゜)
コメントありがとうございました!!

彩洋→miss.keyさん #nLQskDKw | URL | 2015/03/21 13:54 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

おぉ、limeさんも科学博物館好きでいらっしゃいますか。私も科学と学習時代の申し子? でその頃から付録の石とかを大事にしていました。上野の科学博物館が超お気に入りで、東京に行くたびに寄っていたことも。今でも地方に行くと、まず土地の氏神さんにご挨拶→自然史博物館系のものがあれば行く、という感じです。
未来科学館、なかなか面白いラインナップでしたよ。宇宙船のエンジン、カミオカンデ、宇宙船の内部、しんかい、などの模型があったり、展示もなかなか工夫されていました。アンドロイドもいたし。日曜日だったからか、TDLかUSJなみの賑わいでした(言い過ぎ?)。子どもたちが科学を体験できるようにあれこれ工夫されていたんですよ。プラネタリウム、というよりもシアターも、あれこれ工夫はされていたと思います。世界各国の夜空を見せたり、宇宙の誕生の3Dシアターがあったり。でもやっぱり無骨な器械のプラネタリウムと、リアルタイム解説がいいなぁ……

> あ、そしてお誕生日おめでとうございます。
> いかなごのくぎ煮で一杯^^これもいいですね。
ありがとうございます~。っても、もうあんまり目出度がる歳でもないのですけれど、祝ってもらうと嬉しいものですね。特にイカナゴは嬉しいサプライズでした。そうそう、イカナゴと言えば「お裾分け」ですよね。
神戸のスーパーにはこの季節になったら、そのコーナーに行けば、後はイカナゴさえ手に入れたら作れるという場所があって、みりん、しょうゆ、砂糖などなど調味料だけではなく、保存用タッパーまで置いてあるんですよね。兵庫県に来てちょっとびっくりしたことのひとつでした。タッパー??
イカナゴって、スズキ目 ワニギス亜目イカナゴ科なんですって。料理にされているのは「イカナゴ」の稚魚みたいですね(1年経つと10㎝になるらしい。その前に!ってことかぁ。)
しばらくはビールとご飯が進みそうです(^^)
季節の変わり目、limeさんもお体に気をつけて下さいね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2015/03/21 14:09 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

> お誕生日、おめでとうございます!
ありがとうございます! あぁそうなんですよ。真の誕生日、彼は絶対蠍座の男で血液型はABだ!ってのは思っていたのですが、日を考えるのが面倒で?というよりも、この際一緒にしちゃえ!と言う感じで17日になりました(^^) あまり深い意味はないんですよ……
真と私が仲良しかどうかは……ナイショ。
ご近所さん、というのか、仕事がらみなのですが、そこのお子さんが赤ちゃんの時からの深い御縁でして。最近はお子さんが一人で活動もされるようになって、成長を見守るのも嬉しいですね。そして、イカナゴのくぎ煮! もちろん、私は自分では作りませんけれど、もらうのはとっても嬉しい(^^)

> 大海さん、Ausの田舎に来なきゃ。
> プラネタリウムに行かなくても、毎晩見られますよ^^
あぁ、本当に羨ましいです~。実はそれが羨ましくて、北海道移住計画と熊本移住計画を立てたことも……でも北海道は寒すぎるし、熊本は阿蘇が噴火して……最近は真面目に京都に帰ることも考えているのです。でも星は……どうかなぁ。日本はやっぱり明るすぎますよね。でも、昨今の不穏な情勢、暗いは暗いでちょっと不安だったりするのです。 
けいさんもお忙しそうですね! 無理をなさらず、お互い乗り切っていきましょうね!
今週末は本当は自主出張(勉強会出席)のつもりでしたが、もうこれ以上出かけたら持たない、と思ってやめました。でも明日姫路の先まで梅を見に行こうかなぁなんて……
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2015/03/21 14:41 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

> 「そうだなぁ。あの機械式のプラネタリウムもおつなもんだぞ」
> と“先”も申しております。
そうなんですよね。メガスターみたいなたくさんたくさん星が投影できるデジタルなのもいいけれど、あの無骨な器械から投影される星空と、もう職人技としか思えない解説のマッチが素晴らしいんですよね。何だろうなぁ、子どものころに初めて天体望遠鏡を買ってもらって、家の裏の暗いところで月の観察をしたときのことを思いだします。

> あ、お誕生日おめでとうございます。
> サキと同じ季節のお生まれなのですね。
そして、ありがとうございます! そうそう、サキさんと同じ3月だったなぁと、昨年もそんなことを話していたような気がします。サキさんもおめでとうございます、ですね。
昔は3月生まれって損した気分になることもあったけれど(いや、あんまりなかったような気もするけれど)、最近は同級生から羨ましがられます。ま、五十歩百歩って感じですけれど^^;

> そして“くぎ煮”!兵庫県では年中行事のようなものですね。スーパーでも生のイカナゴの販売に行列ができますし、タッパウェアーのコーナーなどもできて、たくさん売ってますからね。
あ、そうそう、そうなんですよ。タッパーまで一緒に売っているのにびっくりしますよね。もうイカナゴのためのタッパー^_^;
しかもイカナゴもちょっと気を許すとすぐに大きくなっちゃって、何だか大味のイマイチなのになっちゃうし。
確かに皆さん一気にたくさん下さるので、食べきれないことがありますよね。半分は小分けにして冷凍して、ってことになる時もあります。やたらと食べちゃうときもありますけれど。
夕さん「?」のかなぎちりめん、要するにイカナゴのちりめんじゃこ? つまり、ようするに兵庫県人はイカナゴが好きなんですね。大阪のうちの家は、お正月にモロコ(fromびわ湖)かなぁ? あまり子どものころにイカナゴのくぎ煮を食した記憶がありません。

> 寒緋桜と梅が咲きましたか。もう少しの辛抱です。
> 四季それぞれに素敵なところがあって、冬も好きなのですけど・・・。
そうですね。花は季節をいつも教えてくれます。今日はもうアーモンドも開いていました。木瓜も土佐水木も山茱萸も満開です。
素敵な季節、楽しみたいですね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2015/03/21 17:17 [edit]


かじぺたさん、ありがとうございます(^^)

あ、そうかぁ、かじぺたさんは近場ですね! いやはや、説明を聞いた瞬間は「あ、そうそう」って思うけれど、しばらくしたら忘れてしまって自分じゃ説明できません((+_+))
これって、うちのお客さん(?)たちにもよく言われるわぁ。まぁ、自分の日常にどれくらい関わっているかってことなんでしょうね。いえいえ、深いところでは関わっていても、まぁ日常にそんなことを気にして生活してないし、ってわけで。
でも、なんとも味わいのある響きですよね、カミオカンデ(^^♪
小柴さんが子供たちに向けて書いた文章を読みましたが、この方は本当にユニークな方ですよね。

> おお!!お誕生日だったんですね!!!
> おめでとうございます\(≧∀≦)/v-238
ありがとうございます!!
いや、もうあんまり目出度い歳でもなく、かじぺた家みたいにみんなでプレゼント交換何て羨ましいことは一切ないのですけれど……釘煮は有難かったです(*^_^*) うん、もう本当に実用的なものを求めちゃうなんて……
季節も良くなってきましたし、また花を大いに楽しめる時期ですね。
かじぺたさんの記事も毎回楽しみです(*^_^*)
コメントありがとうございました!!

彩洋→かじぺたさん #nLQskDKw | URL | 2015/03/21 17:24 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

> 遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
ありがとうございます!! いや~、もう本当に100%の力で働くことが難しくなってきました。楽しいこともあるけれど、不安と、これからどうなっていくかなぁというのと、何を成し遂げたらいいのかなぁということと、あれこれ紆余曲折の毎日です。一番は健康ですね。最近神社に行くとまず健康守りを買う私^^;

> で。記事もコメントも「?」の嵐なんですけれど。
> イカナゴのくぎ煮? かなぎちりめん?
はい、まさしく「ご飯が進む何か」なのですよ。っても、私は大阪生まれの子で長く京都でも暮らしておりましたが、イカナゴの釘煮、というものを認識したのは兵庫県に来てからです。要は、イカナゴ(おさかな)のちっこいのを(大きくなったらあんまり美味しくない)、みりんと砂糖と醤油と生姜と、後は不明だけれど、で炊いてある。家庭の味がそれぞれあるらしく、私は生姜しっかり目が好みだけれど、自分では作りません^^;
かなぎちりめんは、いかなごのちりめんじゃこ、かしら?
> サプライズのお誕生日プレゼントって嬉しいですよね。
はい、本当に嬉しいですよね(^^) 特に食べ物はいつでもうれしい(^^♪

お台場体験は初めてだったのですが、何だかだだっ広くて何もない感じ。未来科学館に着くまでは人気はあんまりなかったのですが(唯一、駅の近くの等身大ガンダムだけ人だかりが)、目的地にはものすごい人が……
そうか、プラネタリウムなんて、スイスやオーストラリアでは必要ありませんよね。
日本の都会では星の数はとても少ないので、プラネタリウムは重宝するかなぁ。こちら、そう遠くはないところに、例の子午線上にある明石天文台があるので、こちらの年季の入った重厚感あふれるプラネタリウムの方が好きです。
そして、ベテラン解説者さんの味わいあるトークも素敵なんですよ。

> 慎一の復活のキーワードがチェコの国民楽派なのですね。
> 父が、戦後初の国費留学生として学んだのがプラハだったので、遠かったヨーロッパの中でチェコは我が家では特別な国でした。数年前に母を連れて初めてプラハに行ったのですが、ドレスデンから電車で向かう途中はじめてヴルタヴァ河を見て「おお。これかあ」としみじみ思いました。ライン同様に普通の川でしたが(笑)

夕さんのお父様は音楽の歴史の上を歩んでおられたのですね。そうかぁ、プラハ、行ったことはないのですが、写真で見るととても美しい町で、ちょっとウィーンに似ているのかなぁと思いました。
ヴルタヴァ、そうそう、学校ではモルダウって習ったので、そのままそう呼んでいますが、ヴルタヴァというとすごく風情を感じます。でも普通の川なんですね^^;
ドレスデンも私には特別な思い入れのある町です。行ったことはないんですが。若杉弘さんがドレスデン国立歌劇場の首席指揮者をなさっていたので……
私にとっては鴨川は特別な川だけれど、それも確かに普通に川と言えば川かも……

> というわけで「死と乙女」も楽しみにしています。
あぁ、ほんとすみません。さらりと書いたらなんてこともない話なのに、やたら音楽描写に拘ったら、余裕のある時にしか書けない作品になっちゃいました。でも、最近、またやたらとクラシックを聴いているのですよ。慎一サイクルが巡ってきているようです。
あ、その前に、松江に拉致されちゃってます^^;
コメントありがとうございました!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2015/03/21 17:57 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

> そういえば、私も誕生日が「普通」の日になってから、もう久しいですね。
> 子どもの頃は、楽しかったんだけどなぁ。今じゃ、微妙です(遠い目)
そうですよね(^^) ま、どちらでもいいって感じで。でも、自分が祝われるというよりも、親に感謝する日なのかもしれません。今年は自分でプレゼント買っちゃいました^^; kananaのリュック。

> プラネタリウムは、最新式の「メガスター」とかは凄く綺麗な星空を映すので、それはそれでいいのですが、某所に鎮座している骨董品は、ホントに味のある星空を映してくれます。あのプラネタリウム、解説も手作り感があって、好きですね。
そうなんですよ。ベテラン解説員の痒いところに手が届く感じの……語りに引き込まれるんですよね。そして、ちょっと座る位置によっては邪魔っ気に見えるあの無骨な器械が、やっぱり雰囲気があって良いです。「メガスター」はすごいけれど、う~む、やっぱりアナログを好む昔人間にとっては微妙な面がありますね。

> おお、播州の春の風物詩「いかなごのくぎ煮」ですな。
> ウチでも炊きましたよ。でも今年は不漁でなかなか手に入らなかったし、サイズがでかいので、いまいち不評でしたが。
お、TOM-F家は自作イカナゴを楽しむ家庭なのですね。やはり根っから兵庫県人? うちは大阪人(ちょっと京都人)が兵庫県に住んでいるって感じなので、自分ちで炊くなんて素敵なことをしないのですが(家庭の味はないし)、他人様から頂戴することは多くて、毎年楽しませていただきます。某商店街にお気に入りのイカナゴ釘煮を置いている店もあるし。
そうそう、そして大きいと大味でイマイチなんですよね~
今年は不漁だったのですね。そうかぁ、そう言えばあんまり生イカナゴ見てないなぁ、今年は。

> モルダウ、いいですよね。そしてドヴォルザークは、交響曲9番もいいけど、チェロ協奏曲が最高にいかしています。聴くと、ホントにわくわくしますよ。
おぉ、チェロ協奏曲ですね。以前、ミッシャ・マイスキーの生を聴いたことがあります。でも、ヨーヨーマのようがちょっと好き。この間、フミヤさんのコンサートで大友さんとフミヤさんがクラシックについて話すコーナーがあって、大友さんがチェロ協奏曲を勧めていましたよ。
ドヴォルザークは、何だか民謡に通じるものがあって……ベースにスラブの民族音楽があるからなのですね。モルダウは、マーラーの5番と並んで、私の中では結構特別な曲です(^^)
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2015/03/21 18:22 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/575-e35eca13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)