09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【迷探偵マコトの事件簿】番外編・桜の夢 

2015桜6
【迷探偵マコトの事件簿】、今回のゲスト主人公は、マコトではなく真のようです。
春の陽気に誘われて、何やら夢の世界に遊んでいるようです。これぞまさに「逍遥遊」の世界?

<登場人物>
真(俺):新宿で調査事務所を営む(多分)名探偵。
同居人(大和竹流):真を居候させている、もと家庭教師。
マコト(ぼく):茶トラのツンデレ仔猫。大きくなったらヒョウになるつもりだけど、タケルとお話もしたい。
タケル:ちょっぴりSだけど優しいマコトの飼い主。


【迷探偵マコトの事件簿】番外編・桜の夢

あれ?
明け方、何となく手で顔をこすって、その感触の違和感に一気に目が覚めた。

眠り始めはベッドの端っこにいるのだが、眠っている間にいつの間にか、温いところを探して、反対側の端っこで寝ている同居人にくっついていることがある。同居人はにやにやしながら、絶対に俺のことを愛してるだろ、というが、まさかそんなわけがない。これは動物の眠りの習性みたいなものなのだ。
で、そのくっついている状況が、かなり妙な感じだった。
同居人が俺をぎゅ~っと無理矢理抱き締めている。
しかも、にゃんとなく、……じゃなくて、なんとなく、俺、ちっさくないか?

くっきり目が覚めた俺は、自分の手を見た。

……

気を取り直して、もう一度じっくり手を見る。
指四本と、掌、それからその下にももうひとつ……って、これ、どう見ても人間の手じゃない。
つまり、にくきゅうって奴じゃないのか?
俺はとにかくベッドから抜け出そうともがいた……つもりだったが、同居人の手がますますぎゅーっと俺を捕まえていて、動けない。

「にゃ、にゃう~(おい、放せって)」

……にゃ?
……じゃなくて、え~っと。

多分ゆゆしき事態が起こっている、と思う。俺はもう一度じっと手を見つめた。それから足の方を見たら、しましまだった。正確には、茶色のしましまの毛むくじゃらだった。ついでに、しっぽもついている。
……茶色のしましまの。

俺は試しにしっぽを振ってみた。……動く。それから手で頭を撫でてみた。耳は頭の上の方に付いている。鼻の横からは髭が伸びていた。

そうこうしているうちに、同居人が目を覚ました。
「おはよう」
彼は俺に無理矢理キスをして、それからベッドから出て伸びをすると、そのまま洗面所に行ってしまった。

それだけ?
……あの、俺、どう見ても猫になってるんだけど、もうちょっと驚くとか、ないのか?

とは言え、騒いでも仕方がないので、俺はとりあえずベッドを飛び降りた。
ドアの隙間をすり抜けて、廊下からダイニングの方へ向かう。
多分、腹が減って糖分が足りないからシナプスの結合がおかしくなっているのだ。
あるいは、夕べちょっとだけ飲んだ酒がまわっているのか。
でも、腹が減っても、酒を飲んでも、DNAまでは変わらないよな……とは言え、ヒトとネコのゲノムは99%ほど同一に違いないから、ちょっとしたことですり替わるのかもしれない。

やがて同居人が、何やらキャッチ―で気持ちの昂る曲調の歌を鼻歌にしながら、朝食の用意を始めた。
まさかとは思うが……思った通り、俺の前に「ねこまんま」が差し出された。
冗談じゃない。
本日の焼き魚、海の香りのするわかめ入り味噌汁、鰹節をまぶしたお浸し、それにほかほかのご飯、そういうものを食わせろよ。

……
俺はちらっとねこまんまを見た。まぁ、だいたい「そういうもの」が入っているか。
胃の中に入ってしまえばみな同じ。だから、別にこれでもいいか。
俺は諦めてねこまんまを食った。
うまい。
……俺の同居人はねこまんまでも手を抜かないんだな、と妙なことを感心しながら有難く頂戴し、それからどうしようもないので、猫用トイレで用を足すと、ソファの上で丸まった。猫ともなると、やたらと眠いものらしい。

「半にゃライダー、見ないのか?」
そう言いながら同居人がテレビのスイッチを入れ、俺の頭を撫でた。
なんだ? 半にゃらいだーって?

さっき同居人が鼻歌で歌っていたのはこのテーマ曲らしい。
半人前の猫とその相棒が、世界征服を企む悪の組織と闘うヒーロー番組のようだ。
『次週、ついに半にゃライダー4がスタート。神社で飼われるヒデと禰宜の大国主水が強大な悪と戦う! お楽しみに!』

……結構、面白い。でも俺は何だか眠くなってきた。
「いい天気だな。約束通り、花見に行くか」
同居人はそう言って、車にバーベキューの道具と俺を乗せた。
俺たちは確かに夕べ、花見に行く約束をした。もちろん、人間の俺と同居人が、だ。
同居人は俺が猫になってることにちっとも動揺している様子はないし、何よりも気が付いていないのではないかという気もしてきた。
……ま、いいか。

奥多摩にある大和邸の近くに、あまり有名ではない公園があり、そこそこの数の桜が植えられている。執事の高瀬さんが一等席の場所取りをしておいてくれているはずだった。
同居人が知り合いから貰ったという、桜の花びらや葉っぱが漬けられた焼酎・桜酒もお供をする。
今日は絶好の花見日和だ。満開の桜と青い空、それに気持ちのいい風。
俺のために猫用のベッドも用意されている。

俺はくんくんと空の匂いをかぐ。桜って、匂いがあったっけ?
どうやら、バーベキューの匂いの方が魅力的だ。
俺は料理が出来上がるまで、猫用ベッドで眠って待つことにした。

……魚、焼けたら起こせよ……


わ~。あしたはお花見なんだって~。おはなみ、おはなみ~
で、お花見ってどんなおさかな? ……ちがうの? 
「サクラ、見に行くんだよ」
見るだけ? 食べないの?
サクラってどんなおさかな?

何だかよく分かんないけど、タケルといっしょにお出かけ、うれしいな。
でもね、ぼくがニンゲンだったら、タケルはもっと楽しいだろうなぁ。
いっしょにおさけ飲んだりもできるし、お話したり、それからキャッチボールもできるし(?)。
ぼくはねる前にお空を見た。あ、流れ星!
ニンゲンになれますように、ニンゲンになれますように、ニンゲンになれますように!
……間にあったかなぁ?

翌朝、起き上がったぼくはびっくりした!
わぁ、ニンゲンの手になってる~!!!
何より、ぼく、おっきくなってる!!!!
「おはよう。いい天気だ。約束通り、花見に行くか」
ほんとに、ほんとに? じゃあ、いっしょにお酒が飲めるね! お話もできるね! ぼく、バーベキューの用意のおてつだいもできるね!

ぼくは声を出してみた。
「おはよう(にゃん)」


これぞ、まさしく胡蝶の夢。果たして、真がマコトなのか、マコトが真なのか。この世はすべて、夢なのか……桜が見せた妖しい幻なのか。
何はともあれ、満開の桜に酔いしれる春のひと時、暫し世俗を去り、幽玄に遊ぶべし。




【参考文献】 『胡蝶の夢』

昔者荘周夢に胡蝶と為る。栩栩然として胡蝶なり。自ら喩しみて志に適えるかな。周たるを知らざるなり。 俄然として覚むれば、則ち蘧々然として周なり。知らず、周の夢に胡蝶と為れるか、胡蝶の夢に周と為れるかを。周と胡蝶とは、則ち必ず分有らん。此を之れ物化と謂う。

(以前のこと、わたし荘周は夢の中で胡蝶となった。喜々として胡蝶になりきっていた。自分でも楽しくて心ゆくばかりにひらひらと舞っていた。荘周であることは全く念頭になかった。はっと目が覚めると、これはしたり、荘周ではないか。ところで、荘周である私が夢の中で胡蝶となったのか、自分は実は胡蝶であって、いま夢を見て荘周となっているのか、いずれが本当か私にはわからない。荘周と胡蝶とには確かに、形の上では区別があるはずだ。しかし主体としての自分には変わりは無く、これが物の変化というものである。)

でも、もちろん、DNAが変化するわけではありませんよ、真?(゜-゜)
*『半にゃライダー4』予告の猫の名前をイザナギからヒデに変えちゃいました。主水に皆様が反応してくださったので……(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 迷探偵マコトの事件簿(猫)

tb 0 : cm 9   

コメント


ええっ

なんだなんだ大国主水って。
かなり強い嫁と、姑にコテンパンにされている禰宜?

って、一番最初に反応するのはそこかと突っ込まれそうですが、こんばんは。

真がマコトになっちゃった?
ねこまんまに満足している場合じゃないでしょう。そんな簡単に受け入れてどうする。
でも、真になっちゃったマコトの方が、かなり問題ありそうだな。
花見はいいとして(よくないけど)月曜日に出勤したら、美和が……。
あ、日曜日に桜が散ってしまったら、それでどっちかかはっきりするんだ。
あ、それはダメ。8日までは、両方にいてもらわないと!

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2015/04/05 04:24 [edit]


春の夢

満開の桜の下に立つと気が変になる・・・と言いますが(私はなると思ってる)そんな感じで、春の朝には不思議なチェンジが起こっても不思議じゃない気がします。
真が、マコトになるくらい・・・(爆)
いやそっちより、マコトが真になったほうがヤバい。仕事ができない!

それはともかく、この後の二人がどんな事件を起こすのかが楽しみです(笑)
猫になった真、もう夢なんだから思い切り竹流に甘えたり、竹流のオモチャになったりしてください(悲願)
いや、でもふらっと美人ネコと消えてしまう可能性もあるし。
発情期のメス猫にはご注意を!
続編希望(笑)

lime #GCA3nAmE | URL | 2015/04/05 08:55 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

あはは~。やっぱりそこに引っかかってくださいましたか。いや、別になくてもいい下りだったのですが、なんかインパクトが欲しくて宣伝入れちゃいました。半にゃらいだーシリーズ、何だかもうよく分からなくなっているので……次は日本に帰るとかいう話になっていたなぁと。
次は神社コンビかと思ったのですが、猫の名前がいけてませんね。どうせなら、ヒデとかにするんだった。
って、やっぱり「大国主水」気が付かれましたね。そうそう、大国主命と中村主水の合体みたいな……はい。きっと「かなり強い嫁と、姑にコテンパンにされている禰宜」です(#^.^#)

始めはもっと真が大慌てしている設定だったのですが、いや、待てよ、それはあんまり真っぽくないぞ?と思い、こんなことに……DNAがどうとか、納得してる場合じゃないぞ、そんな訳ないだろ!と書きながら突っ込んでおりました。この人、一応科学者になるはずだったのに^^;
でも私も思います。真になっちゃったマコトの方が問題。なんか、映画にありがちな展開ですよね。すっごいおバカでどうしたものやら……美和の反応は確かに怖いかも。
いえ、もうこれは夢幻のごとくなり、ということで(^^)
それに8日までは、ね。松江のその後、どうなっていくのやら。
いや、もう宴会に突入しましょう! 途中経過はどうでもいいや!(あぁ、ひどい……)
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2015/04/05 09:41 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

ループものに続くチェンジもの? ものすごくありがちなコメディになっておりますが、まぁ、春の陽気が見せた幻ということで(^^)
満開の桜の木の下、確かに、変になるかもしれませんね。おっちゃんがネクタイを頭に巻いて……って、それは単に酔っぱらいかぁ^^;
えぇ、そして、どちらかというよりもマコトになった真よりも、真になったマコトのほうが問題なのですね。真になったからと言って賢くなるわけではなく、幼稚園児のような知能です。えっと……美和がどう反応するか? あ、でももともと失踪人調査が売りの事務所なので、もしかしたらペット捜しでものすごい能力を発揮して、有名になるかも!
タケルも竹流も、あまり動じているようすはありませんが、彼らも入れ替わっているのでしょうか?
いや、細かいことはもうどうでもいいのです。えっと……これはお花見をしながらちょっと思いついたので書いてみただけで(やっぱり桜の下で気が変になったのかしら?)……

え、えっと……続編は多分、ない^^;^^;^^;
いや、もうこれは胡蝶の夢のマコト・真バージョンで、さらりと流してくださいませ(とか言いつつ、こそこそ続編を練っていたりして)。真のほうは結構「猫になったのをいいことに」何でもありになりそうですが、確かに美人猫にすぐたぶらかされますね。
なにしろリクと一緒で「こんなのもありか」って受け入れ面積がでかいので(……対応能力は低いくせに)。
あ、竹流がおもちゃにしようとしたら、多分、噛みます^^; 根っこは凶暴なのです^^;(DNAはヤマネコ)
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2015/04/05 09:52 [edit]


寝て起きたら違う生き物になっていたというとカフカを思い出しますが
後半で胡蝶の夢きた~!と小躍りしました(笑)。
胡蝶の夢は中国絵画や近世画家たちの間でよく画題になっていますね。
わたしも家猫と一緒にお花見したいご飯食べたい。
大国主水氏は某藤田氏似なのか気になって夜も眠れません(爆)。

あ、あと先日のコメントで真さんの年齢間違えてしまってすみませんでした!
何やってんだもうちゃんと確認しないから…ドビーは悪い子!!
ほんと気をつけます、そして後日ちゃんと読ませていただきますごめんなさい(;´∀`)。

桜のお写真、ステキです☆
いっこ上の記事も桜がいっぱいでどうしましょう~この世の天国!
ほんと見ても見ても撮っても撮っても飽きませんね。ずっと見ていられる。
散っちゃうのもったいないですが、散るのも美しいですよね^^

ゆさ #- | URL | 2015/04/05 23:44 [edit]


こんばんは。

……ま、いいか。ってこのシチュエーションメチャクチャ面白いです。
真は自然にマコトに馴染んでますね。違和感なく受け入れちゃってますよ。
そしてマコト、真になれてよかったね。
でもいったいこれはどういう事態が起こってるんだろう。
面白かったです。
サキも少しの間ならマコトになっていてもいいかも。
……魚、焼けたら起こせよ……ホラ!いい感じです。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2015/04/06 22:03 [edit]


ゆささん、ありがとうございます(^^)

はい(^^) 胡蝶の夢でした。桜の写真を撮りながら歩いていると、何となく春っぽい繋がりで思いだして、こんなお話になってしまいました。この題材は本当に薀蓄がありますよね。まさに夢幻のごとくなり、です。
お花見に行ったら、結構犬さん連れ率は高かったのですが(単に散歩しているだけ?)、さすがに猫を連れた人はいませんでした。当たり前のような、何だかちょっと寂しいような。
というわけで、猫連れお花見ということになったのですが……妙なところに連れていったら迷子になりそうですよね。マコトは怖がりなので、タケルの目の届く範囲でしか遊べない子だからいいのですけれど。
あ、でも真のほうは……ふらっと美人猫について行きそうです。
猫とお花見、とってもいい感じだと思うのですけれど……(^^)
でも今年は本当にあっという間に行き過ぎましたね。気候でこんなに違うんだなぁと……でも、やっぱり今日は最高の日だってのはちゃんと確保してくれるものなんですね。
今日見たら、もうすっかり公園の桜は半分くらい散っていました。寒の戻りで少しは残るのかしら……
写真を見てくださってありがとうございました。

真の年齢のことはお気になさらず! 人物紹介のところが『海に落ちる雨』の年齢になっているから悪いのです。大丈夫、ドビーは悪い子じゃありませんよ~(^^)
ものすご~くお暇なときにでもまた覗いてやってください。大好きな京都情報てんこ盛り?の物語ですので(『清明の雪』のことです……)、観光案内としてお楽しみくださいませ。
あ、くれぐれも、ものすご~くお暇なときに(^^)

> 大国主水氏は某藤田氏似なのか気になって夜も眠れません(爆)。
ふふふ(*^_^*) 思い起こせば、京都南座に必殺の舞台を見に行って、藤田まこと歌謡ショー『必殺を歌う』(多分そんなタイトル)で無茶苦茶盛り上がったこともあったなぁ。私の中の藤田まことさんの最高峰は『剣客商売』の小兵衛と『京都殺人案内』の音川さんなのですけれど……
えぇ、きっと芝居しに天国から降りてきてくださるに違いありません!
コメントありがとうございました!!

彩洋→ゆささん #nLQskDKw | URL | 2015/04/08 00:29 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、コメ返遅くなってしまってすみません(>_<)
しかもこんないい加減なお話にまでお付き合いくださって、ありがとうございます(*^_^*)
えっと、多分、真は(マコトも)「ま、いいか」ってのが多いんですよね。真って「しょうがないな」って受け入れることが多いのですが、適応能力は高いけれど、対処能力は低いって感じなのです……
でも、猫はちょっと嬉しいかも。睡眠習慣は草食動物系なので、睡眠時間が短めの人なんですけれど、こんなに猫って寝れるんだ!ってその部分で喜んでる感じです。
マコトが真になったのは、絶対に問題勃発ですよね。きっと美和ちゃん(事務所の秘書)が病院に連れて行くに違いない……
でもどちらもタケルもしくは竹流の「ねこまんま」を食べれることは変わらないので、結構満足な暮らしかもしれませんね(*^_^*)

> サキも少しの間ならマコトになっていてもいいかも。
> ……魚、焼けたら起こせよ……ホラ!いい感じです。
そうそう、少しの間なら、猫暮らし、いい感じですよね。できれば俺様系がいいですけれど。猫の俺様ぶりはもう、許せちゃいますから。「ほら、可愛いだろ。撫でてもいいぜ?」って。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2015/04/09 07:38 [edit]


わ、すみません!

さっき、拍手鍵コメに気が付きました!
ご訪問した時に何やらわくわくコラボが展開していることには気が付いていたのですけれど、時間がなくてまた後程、と思っていたら……おぉ、「半にゃライダー」に新たな展開を加えてくださっていたのですね。
しまった、気が付きませんでした。うちのは4でも5でもよかったのですが、お気を遣っていただいてありがとうございます!!
またじっくり拝読しに参りますね(*^_^*)
コメント、ご連絡ありがとうございました!!

彩洋→拍手鍵コメC様 #nLQskDKw | URL | 2015/04/09 07:43 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/581-e87b57f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)