07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・バトン】オリキャラ日常バトン、いただきました! 

Scribo ergo sumの八少女夕さんがされていた『オリキャラの日常を妄想するバトン』、戴いてきちゃいました。
うちの指定キャラは、やっぱりメインキャラ2人と、最近どこにでも顔を出すあのねこ、でしょうか。


いつも何時起床だと思いますか?
 かなり早起き。というよりも眠りが浅いので、朝と言わず夜中と言わず目が覚めちゃう。
竹流 前の日の仕事の状況によるので、かなりバラバラ。真が起きて(走りに)出ていくので起きる、という感じ。普段からナポレオン並みの睡眠時間の人だけれど、仕事に没頭するともっとひどい。
マコト 結構早起き。特に『半にゃライダー』放映の日の朝は早いよ!

朝起きて、まず最初にすることは?
 北海道にいた頃は馬の世話と犬の散歩。犬は散歩というよりも牧場内を一緒に走るだけ(常に5~6匹いた)。同居中はジョギング。……なんだ、結局、走ってるのか。
竹流 真のために朝ごはんを作る、かな? 女性と一緒のときは、とりあえず歯の浮くような言葉を一言。
マコト 顔を洗う。おしっこ。タケルのねこまんま。

髪型など毎朝どうセットしているのでしょうか?
 適当。
竹流 えっと、普通に櫛(ブラシ)でといているかな? でも普段は結構適当かも。TPOに応じてはばしっと……
マコト セット、ってなに?

私服、どんな感じなんでしょう?
 放っておくとかなりセンスが悪いので(全く頓着しないから)、妹と同居人が気を遣っている。大体ジーンズにシャツなどシンプル。だけど、仕事の状況によってはもう少しちゃんとした格好。
竹流 ローマにも銀座にも、名は知られていないけれど腕のいいお抱えのテイラーを持っている。
マコト ちゃとら。

煙草は吸う派?吸わない派?
 吸います。ヘビーまではいかないけれど。でも同居してからは自制(怒られるから)。もともとすごく好きというわけではないみたいで、北海道に帰るとあまり吸わない。
竹流 基本的に吸わない。レストランのオーナーですから、舌が大事。でも、ヴォルテラ家の大好きな女中が巻く葉巻は嗜む。
マコト ? 

お酒は飲みますか?飲みませんか?また、お酒には強いですか?弱いですか?
 仕事柄、飲まされることが多いけれど、基本は飲まない。かなり弱い。
竹流 ほぼ、うわばみ。ザルとすれば、枠だけ(網目さえにも引っかからない)。洋酒はどれだけ飲んでも、酔うことはないので、普段と変わらないからつまらない。ちょっと酔わせたいときは、日本酒を一斗樽でお持ちください。無防備で楽しい人になります(真のじいちゃんとは飲み友達という名前の親友)。
マコト お正月に間違えて飲んじゃって、大変なことににゃった~。にゃはは~

恋人とデートです!何着ていきます?
 え? え~っと、センスがないから……出かける時に妹か同居人に止められる。
竹流 相手に合わせると思うけれど、手は抜かない。
マコト ちゃとら。

恋人に愛の言葉!なんて言った?
 恋人にも嫁にもまともに愛の言葉なんて言ったことがないぞ。過保護な保護者に言った最上級の愛の言葉は「ずっとここにいてもいい。東京にも、ローマにも帰らないでずっとここに」……分かりにく~。それとも「返事なら9年も前にしたよ。あんたが聞くのが遅い」……もっと分かりにく~。
竹流 そりゃもう、あんなことやこんなことや……。と言いたいところだけれど、本命に対しては意外に初心。京都の隠し妻を落とした時も、言葉はなかった。でも、哲学の道ですっと手を繋いだり、ね。被保護者には……ありふれたたった一言を言わせるためだけに、私は『海に落ちる雨』全五節を書いた……
マコト にゃん!

甘党?それとも辛党?
 甘いものは食べないと思う。食べものの基準は「腐っていないかどうか」のレベル(いや、それが一番大事なんだけれど)。
竹流 甘いとか辛いとかで好みを分ける人ではない。それが美味いかどうか、だけ。
マコト おさかな!

寝るとき、どんな格好してるんでしょう?
 えっと、服装は結構普通。しましまパジャマは着ていないと思うけど、あったら着るかも。で、丸まって寝る(マコトじゃないよ)。『もののけ姫』のサンが寝てるシーン見て、おぉ、まさにあれだ、と。
竹流 以前は、如何にも貴族の坊ちゃまが着るような絹のガウン。でも今は、真のばーちゃんが縫った浴衣。女性と居る時は……ご想像通り。寝相もいいと思う。あ、腕枕なんかしてくれちゃう。
マコト ちゃとら。まるまる。ときどき、のびる。また、まるまる。

オリキャラさんはどんな匂いがするのでしょうか?また、香水なんかは使っているんでしょうか?
 設定の中に「無味無臭」というイメージあり。でも、北海道ではいつも馬小屋で馬とか犬とべたべたしていたので、臭かったかも。
竹流 よくぞ聞いてくださいました? この人のモデルの一人は光源氏なのです。だから源氏の君や薫と同じく、自ら香る……作中では「白檀の香り」と……(*^_^*)
マコト ねこのにおい。

オリキャラさんが寝言!なんて言った?
 眠りが浅いから、寝言いう前に目が覚めちゃう。もしあるとすると、「北斗、飛龍、昴……」←愛馬と愛犬の名前。
竹流 「……………」←内容が難しくて分からん……
マコト 「にゃ~ん(ひとぉ~つ)……、にゃにゃん(ごひゃくばい)……」

無防備に眠るオリキャラさんを発見しました。…どうする?
 男性でも女性でも、お好きにどうぞ。ただ……かなりの確率で、噛みます。
竹流 じっくりご鑑賞ください。あなたの審美眼をこれほどに満足させてくれる対象、あるいは被写体はないと思います。それ以上のことをなさる場合には、本人とよく相談してください。割とハードルは低いようです。
マコト お持ち帰りはご自由に。使用上の注意:ねこまんまにはうるさいので、お気を付け下さい。どうしても懐かない時は、『半にゃライダー』のお面、もしくはにゃんキャップを被らせてみてください。



「丸まって寝る」で思いだしたこと。
ジブリネタになりますが、この間、誰かと「どの作品が一番好き?」という話をしていて。

ひとつと言われたら困るけれど、2つなら絞れる。最初に映画館で観た衝撃が忘れられないし、やっぱり凄い作品と思うので『ナウシカ』(『名探偵ホームズ』(犬の)と2本立てだった……笑い過ぎた後に泣きすぎて、後ろの席の知らないお兄さんに「大丈夫ですか?」と確認された……)。そして、観た途端にぞわぞわした『もののけ姫』。

『もののけ姫』はですね……何となく、なんですけれど、私が真シリーズを書きながら感じている、表現したいと思っている世界感を別の形で描いてある、と思ったのです。あ、先を越された!と(いや、誰と闘う気やねん^^; 戦いを挑む相手じゃないって^_^;!)。
是も非もない、善も悪もない、神に対するイメージがそのまま描かれていて、自分の感じていることを見せてもらった感じだった。宮崎監督自身は、あれを作り終わった時、「自分が何を作ったのか、まだ総括していない(分からない)」と語っていましたが、何だか分かる気がしました。

サンを見ていると、どうも真に見えて……いや、丸まって寝ているところも含めて? 
じゃ、アシタカは竹流なのか? う~む。そうとも言えるかな。
でも私はあの物語が救われたのは、エボシの最後の一言だと思う。

なんて、どうでもいいおまけ話でした(*^_^*)
お付き合いいただき、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 10   

コメント


こんばんは

受け取っていただき、ありがとうございます。

あのお方は、朝っぱらから歯の浮くようなこと言っているのか、ぶれないなぁ(笑)
低いハードルを越えて寝込みを襲った人にも言ってくれるのかしら?

マコトの「ちゃとら」がいいなあ。そうだよね。他にはないよね。
縞しまパジャマは、あったら着る? キテ○ちゃんパジャマしかなかったら、それも着てくれるのかな?

噛むって、やっぱり胡蝶の夢で入れ違ったまま?
それとも、いわゆる「甘噛み」? (なんでこんなボキャブラリーが……)

一升瓶じゃなくて、一斗樽かあ。そういう人が、北海道オフ会に来ると、物入りだ。あ、幹事持ちだからいいのか、この場合は(笑)
今度は、酒豪のうわばみ合戦なんですよね、確か。(いつ決まったんだ)

「もののけ姫」で、彩洋さんの感じられたことわかるなあ。
あれって、ものすごく日本的な神の形ですよね。
そういえば、実はあの映画を観たのはわりと最近でして「樋水の神域もああいう感じなんだわ〜」なんてことを思いながら観たのでした。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2015/04/22 04:24 [edit]


ちゃとら

この ちゃとら がツボでにまにま。
うん、茶トラだもん。
このバトンはいろいろ萌えツボ多いですね!
普段考えなかったキャラの日常を想像して、作者自身がニマニマしそう。

真はやっぱり無造作ですよね。
おしゃれさせたらぜったいイケてるのに。
だから竹流が、やったげて><

どんなにおい?とか、いい質問です^^
真は無味無臭。それか、草の匂いしそう。日向の匂いも。干し草とか。(ハイジ?)
竹流はなんともいい香りがしそうですよね。白檀。本当言うとちゃんと匂ったことがないのですが、惚れる匂いだろうなあ。
わたしはものすごく匂いに敏感なので、酔ってしまうんですが、出入りの業者さんは顔を覚えていなくても、匂いで思い出します。(コロンの匂いが微妙に違う)
竹流、いちど匂わせてください(発言があぶない)

無防備に眠る彼らを発見したら。
真・・・噛みつかれちゃいそうだから、写メだけ撮らせてもらおう。
竹流も、撮らせてもらおう。
マコトはぎゅってさせてもらって、匂いをかがせてもらおう(猫に飢えているもので・・・)
たのしいバトンでした^^ 私も来週、やろう~。

lime #GCA3nAmE | URL | 2015/04/22 18:49 [edit]


北海道編には、にゃんキャップを持参させましょう。
なんかレギュラーになる予感? 寝言にも登場だなんて、嬉しいです~^^

まるまる。ときどき、のびる。が超かわいい。
真も伸びるのかな。びよ~んて・・・

ちょとちょと、お兄さん。ハードル低いのか。
どのくらい低いのかな~?
いやそれきいてどうするん・・・
すみません(><)

日常のチラ見、楽しいですね^^

けい #- | URL | 2015/04/22 18:57 [edit]


こんばんは。

ああ、真と竹流、そしてマコトのバトンですね。
2人のキャラはまだちゃんと読ませていただいたわけでは無いので、部分的にしか把握していないのですが、これが結構興味深くて楽しかったです。
煙草は吸うのですね。サキの物語では設定すら存在しないのでよくわかりませんが、何て言うか・・・雰囲気を出すためにはとてもよいアイテムなんだろうなぁ。そう感じます。物語の演出として加えると幅が拡がるような気はするのですが、サキは上手く使うことが出来ません。それで無かったことにしているんですけど。難しいなぁ。一度チャレンジして見ようかな。
そしてお酒、やっぱり竹流は底無しなんだ。シスカとのうわばみ対決、どうかなと思いますけど、何だか年期が違う雰囲気、口で負けちゃいそうですね。マコトは全然駄目みたいですね。我が輩の猫と同じです。
愛の言葉とか、場数を踏んだ感が漂いますね。やっぱりちゃんと読まなくちゃいけないかな・・・そう思いました。でも壮大な長編ですからね。覚悟が必要です。

あ、「ナウシカ」も「もののけ姫」も素敵ですよね。エボシの最後の一言ですか。なるほど・・・
サキはジブリばかりでは無く宮崎駿がかかわった作品全てに興味があります。
若い頃の、出来る範囲だけでも頑張った作品など、とても印象深いですね。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2015/04/22 22:18 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

楽しいバトンを見つけてくださってありがとうございます(^^)
こちらも楽しませていただきました。そうそう、作者が楽しめちゃうバトンですよね(^^)
でも、この人らはあんまり楽しいわけじゃなかったので、ちょっとマコトも引っ張り出してきました。
そうそう、あのお方は、朝っぱらから歯の浮くようなことを言います。その辺、思っている以上のことを口に出しているかもしれません。
> 低いハードルを越えて寝込みを襲った人にも言ってくれるのかしら?
うん。取りあえず、その辺は相手を選ばないはず! だって、そこはそもそもイタリア人ですから。でもね、逆に、本当に想う相手にはあんまり言わないんですよね。珠恵相手の時は、中学生みたいな不器用さでしたから、彼女もよくこんな男に耐えているものだと思います。

> マコトの「ちゃとら」がいいなあ。そうだよね。他にはないよね。
えへへ。一張羅ですよね。普段の私服も、デートの時も、寝る時も「ちゃとら」。
> 縞しまパジャマは、あったら着る? キテ○ちゃんパジャマしかなかったら、それも着てくれるのかな?
そうなんですよ。この人、その辺にあるもの適当に着て寝るので、しましまパジャマしかなかったら、それを着て寝ると思うんです。もちろん、キテ○ちゃんパジャマしかなかったら、「へんなねこだなぁ」くらいは思うかもしれないけれど、それを着るか着ないかという点では何の疑問も感じずに着て寝そう。だから、『雨』の中でも、竹流がいない時に洗濯物の一番上にあった彼のシャツ着て寝てました……(あ、これは萌えシーンだったかも^^;)
で、噛むのは、多分、本気で噛む……あ、マコトに入れ替わってるわけではないみたい^^; 竹流も噛まれたことがありまして(真、小学6年生、弁の立つ竹流にやり込められて、わけ分からず悔しかったので噛んじゃった)、甘噛みではなくかなり歯形が^^;
比喩としても、文字通りとしても、噛むのね(゜-゜)
そして一斗樽。高知県ではお祝いの時に一升瓶じゃなくて一斗樽を持って行くのが常識と聞いたので、うむ、ここは一升瓶じゃ迫力がないか、と。北海道はどっちにしても大変なことになりそうですね。うわばみ大競演で、あらゆる種類の酒が飲みつくされそう。で、幹事持ちでしたっけ! マコトにはそんな財力がないから、え~っと、イソポでも呼び出してカムイたちに手伝ってもらわないとダメかも。

「もののけ姫」を見た時、そうそう、これなんだよと思いました。本居宣長も書いていました。「かみ」とは奇しき力を持ったマレナルモノのことであって、善とか悪とかは関係ないって。そして善とか悪とかいうものは、あるいは生と死も、裏表にあるものなのですね。一方では成立しない……日本的でもあるし、多くの原始的な(というよりも根源的な)宗教の姿ですよね。
出雲にも、樋水にも、そして日本中のあらゆるところにあの神の気配があるのですね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2015/04/25 00:00 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

「ちゃとら」ににまにましていただいてありがとうございます(^^)
いや、真と竹流だけだと、何だかインパクトがなくて、あ、ここにちょうどいいのがいた、と。でもよく考えたら「ちゃとら」としか言いようがなくて^^; limeさんがいつか描かれていた猫耳少年みたく、着替えがあったらよかったのですが、マコトはやっぱり「おおきくなっても、ちゃとらはちゃとら」でした……
そうですね、こちらのバトン、物語の中でところどころで書いてはいるものの、読み流されちゃうような部分をあえてクローズアップしたみたいな、そんな面白いバトンでした。

でも、これを書いて思った……私の中ではこの真のいい加減さ(自然体といえば聞こえがいいけれど、基本アバウト)は普通なんだけれど、読んだ人はなんて自堕落な奴だと思うかも^^; だいたい、しましまパジャマ(あるいはキテ○パジャマでも)がそこにあったら疑問を感じずに着るんだよね、ほんとに。そう思うとちょっと情けない……「無造作」はいい表現だから、そういうことにしておこう! でも、竹流が家にキテ○とかキキとララとかのパジャマを置いておく可能性は無きにしも非ずだなぁ。意地悪だから……
> おしゃれさせたらぜったいイケてるのに。
> だから竹流が、やったげて><
うん……本当に! いや、これはちょっとツボですが、『変奏曲』でちゃんとした服を持っていないエドナンにボブが服を誂えてあげてたシーンを思いだしちゃいます。ああいう感じが何だかよくって、妄想の中のイタリア旅行では竹流がちょっといいレストランに行くのに真に服を誂えているシーンなどを思い描いていました。きっとそんな場面があったろうと。

匂いはね、そうです! 萌えどころですよね。バトンの回答にも書きましたが、そもそも竹流のモデルが某光る君だったので(某?)、これはもう身体から匂うんだよ!という設定にして、で、自分が大好きな白檀の匂い、というように決めていたのですね(『始章』の中で、NYで竹流、もといジョルジョの面倒を見てくれたレオが「君の身体からは不思議な匂いがするね。白檀かな…(云々)」ってシーンがあったのです)。白檀、お香にありますが、実はうちには白檀の木で彫った、掌に乗るくらいの大きさのガルーダ(ヒンズー教のヴィシュヌ神が乗ってくる鳥)がありまして、20年以上も前にインドネシアで買ったのですが、その頃はものすごくいい匂いがしていました。あのいかにも木から匂う白檀の香り、それがイメージなのです。と思っていたら、確か、山内練氏もそんなにおいが、とか書かれていたのを読んで、びっくりしたことが!
真は、存在が「無味無臭」なのです。自分が幽霊じゃないかと思っている節があるし……存在が薄いというのか(存在感がないというよりも、現実に存在しあぐねている)。だからにおいとかないイメージなのですね。あ、でも干し草の匂いはいいかも! でも結構馬小屋で寝てたから、臭いかも……(~_~;)
そうそう、私も匂いには酔ってしまいます。特に香水がだめで、朝のロッカーとか、辛いことがあります(>_<) 匂いソムリエ(「ネ」)にはなれません……
> 竹流、いちど匂わせてください(発言があぶない)
いや、いつでもどうぞ!!
そして、彼らの寝顔激写。はい、ぜひ、撮ってやってください(*^_^*) 真は起こさない方がいいかもしれませんね~噛むから。竹流は、えっと、起こしたら楽しいかも。美味しいもの、振舞ってくれそうだし。
マコトは……ははは^^; 起こして、一緒に『半にゃライダー』ごっこしてあげてください。

limeさんのバトンも、楽しみにしていますね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2015/04/25 00:54 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

> 北海道編には、にゃんキャップを持参させましょう。
わ~いい!! マコトがとっても喜びます(^^)
そうそう、にゃんキャップ、いったいどんなキャップ? ナオキがオフの時に被っているようだから、私服なのかしら? 耳だけ出るようになっているのかな~
ナオキと満沢は(±小和田)はもう完全にオフ会レギュラーですよ。あ、でも他の面々にもぜひオフ会には来ていただきたいですね。マコトはそれぞれの半にゃライダーの決め台詞を寝言で言っているようで。あ、ペーターの決め台詞が抜けてた。死して屍、拾うものにゃし……^^;

> まるまる。ときどき、のびる。が超かわいい。
> 真も伸びるのかな。びよ~んて・・・
ありがとうございます(^^) 可愛いですよね、猫の寝姿。丸まってるんだけど、時々伸びてたり。でもまた丸まってたり。マコトは基本的に、タケルの足元で丸まってると思うのですが、時々伸びて……むにゃむにゃしていたらタケルにつかまって……
真は、どうかなぁ。基本的に丸まって寝てるのですが、寒いと自然に誰かさんにくっついているらしい。これがまた無意識なのでたちが悪い。それとも無意識の意識? もっとたちが悪い^^;
そして、タケルのハードルの低さは、NYにいる時に培われたもののようです。もともと、育ちのせいかお堅い方だったのですけれど、NYで花開いたのね^^; いや、地がイタリア人なので、とりあえず女性は褒める! でも優先順位は、仕事(修復、トレジャーハンターもどき)>年寄りの友だち(腕に覚えあり)>女、なんですよね。でもハードルはかなり低い^^;

日常のちら見、ですね。でも、書きながら、私結構本編中に書いているなぁと。
いや、日常の描写は楽しいけれど、ドツボに嵌ることがあって、本筋とは関係がないなぁと思ったりしながら書いていたりしたのですね。だから進まないのか……^^;
細部にこだわると、本当にお話は進まない。でも神は細部に宿る、なのかな?
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2015/04/25 02:50 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

こういうバトンって、まだ読んでいない部分への期待も膨らませてくれるので、読んだ後により深く知るもよし、バトンで興味を持って本編に入るのもよし……ですね。こういうのって、あとがきみたいなもので、そこから作品への興味を示してもらえるのは嬉しい限りです(*^_^*)
あ、あとがきを先に読むなんてのは私の悪い癖なのですが、読むときには内容はもう忘れているので、あとがき読むのはその先品と読むかどうかを決めるためでもあるのですけれど……
サキさんに興味を持っていただくのはとても嬉しいです。あぁでも、本編はもう怒涛のようなので、ちょっとお恥ずかしいです。いえ、もう本当に覚悟がいるので、もうあまり気になさらず、短編や中編、番外で楽しんでいただくだけでも嬉しいです。

真が煙草を吸うのは、時代的にそれが自然かなという感じです。あの時代、大体の若者が吸っていたし、真のような職業の人間が吸わない方が不自然、と思ったりしたので。そのほうが昭和感がでますしね。それに、ある意味、小説の間繋ぎにはとてもいいアイテムだったりするのです^^;
一方で、竹流の方は意志をもって吸っていません。彼は論理的な人なので、自分の本来の仕事に差し障るようなことは敢えてしない、という感じ。
煙草の扱いはTPOかなぁと思いますが、えぇ、ぜひ、サキさんも挑戦してみてください!

一方、お酒の方は、竹流はうわばみです。シスカともぜひ飲みたいですね。あ、でも女性には基本無理強いしたりしないので、「好きに飲んだらいいよ、でも女の子なんだからほどほどにね」という立場でしょうか。この人、時々ただのうるさい保護者になりますから……。で、自分はうわばみ、と。ワインにはうるさいです。ブランディを好みます。でも、日本酒はお気に入り。気分のいい時、真のじいちゃんと一緒の時には飲む飲む。
マコトは……今年のお正月のご挨拶の時に飲んじゃってて、えらいことになってました^^; すぐばたんきゅ~してましたが。飲ませないようにしなくちゃ!

愛の言葉は……竹流は本当に、こんなにやり手の設定なのに、「本気になるとまともな告白ひとつできない」と彼の従兄が言っていますが、手がかかります。でも彼なりに理由はあるのですよ。本気になるということは、その人の一生を背負うことだと思っているので、自分の立場上それができるのかどうかは考えちゃうんでしょうね。
真は……ボキャブラリーの問題でしょうか。分かりにくいです^^; 精一杯なのですけれど。

> あ、「ナウシカ」も「もののけ姫」も素敵ですよね。エボシの最後の一言ですか。なるほど・・・
> サキはジブリばかりでは無く宮崎駿がかかわった作品全てに興味があります。
> 若い頃の、出来る範囲だけでも頑張った作品など、とても印象深いですね。
うん、未来少年コナンとかね、とても懐かしいです。あ、リアルで見ていたなんて、歳が~~^^;
どの作品も(すべてとは言いませんが)奥行きがあって素敵だと思っていますが、やっぱりその2つは群を抜いているかな~と。でも、この2つは入り込むにはこちらの気持ちの余裕も要求されるので、軽く流したいときには「ラピュタ」や「紅の豚」の方がいいなぁと思います。その両方ともがバランスとして必要なのかもしれませんね。
サキさんのお好きな世界に近いのかなぁ。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2015/04/25 10:31 [edit]


バトン、楽しく読ませていただきました。

竹流も真も「清明の雪」の部分しか知らないのですが(「海に落ちる雨」はじ~っくりと拝読中)、このバトンを読むと、大海彩洋さんのキャラへの愛情を感じます。とくに、竹流への愛が(笑)
この人、とにかくなにもかもが一流ですよね。なんか、好き嫌いと良し悪しが一致している、稀有な人物のような気がします。
そして、自ら芳香を発する……いいですね、いいです。私もそういうキャラを主人公に据えた作品を書いたので、妙に親近感が湧きます(もちろん人物のレベルは違いすぎますが)
マコトのちゃとらには、癒されました。

宮崎駿氏の作品って、最近になるほど難解になってきてませんか?
「ナウシカ」はわかり易かったですけど、「もののけ姫」は難しかったなぁ……。ゲーム馬鹿脳であれを理解するのは、ちょっときつかったです。あの救いのなさがトラウマになっていて、二回目を見る気になれないんですよねぇ、あの作品。

なんだか、北海道オフ会はウワバミの大集合になりそうですが、開催が楽しみです。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2015/04/28 18:00 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

こちらのバトンはなかなか面白かったですね。でもうちの場合は、なんか竹流と真では今ひとつ楽しさ面白みや目新しさがなかったので、マコトに登場してもらいました。
そうしたら、「私服」?
「ちゃとら」しか持ってないと思ったのですが、よく考えたらいつも単にすっぽんぽんだったか……
そうそう、確かにこのバトンはキャラへの愛を表出できますね。TOM-Fさんの詩織で、なーるほど、と思いました。いや、詩織ちゃん、久しぶりだったので何だか新鮮で楽しかったですよ(*^_^*)

うちの場合は……真があまりにも野生なので、あるがまま過ぎて、これだけ読んだ人がいたら「いったいどんないい加減でむさくるしい男なんだ」ってことに^^; この人の場合、単に「馬、犬、ヒト、猫……」って同列に並んでいるだけなんですけれど^^;
竹流のコンセプトは「こんなに何もかもがスマートでカッコよくて人間もできているはずなのに、何か残念」という感じなのですが、こうして外見や生活習慣を問われると、はい、もうパーフェクトですね。でも、頑固だし、過保護昂じて束縛男で「外敵を蹴散らす壁」とまで言われているし……放っておいても真は野生のパワーで生き残ると思うのですけれど(都会では難しくてもカムイミンタラでは……)。
「好き嫌いと良し悪しが一致している、稀有な人物」なんて、もったいない評を頂き、ありがとうございます(*^_^*) そうそう、誰がどう言おうと、光源氏? でも、あんまり貴族的じゃなくて、結構な未開の地にトレジャーハンターと入っていったりもしているので、時々熊のようになっていますが……意外に無頓着な面もあって(金持ちの無頓着だな……悔しいことに)、真の方がびっくりしている時もあります。
「自ら芳香を発する」といえば、あの物語のあの方、でしょうか。やっぱり光源氏に続け、ですよね! 匂宮は匂宮でいい奴ですけれどね。って、そんな話じゃないって。

> 宮崎駿氏の作品って、最近になるほど難解になってきてませんか?
> 「ナウシカ」はわかり易かったですけど、「もののけ姫」は難しかったなぁ……。ゲーム馬鹿脳であれを理解するのは、ちょっときつかったです。あの救いのなさがトラウマになっていて、二回目を見る気になれないんですよねぇ、あの作品。
あぁ、そうですね~。確かに白黒はっきりしない話ではありました。でも実は私、そういう話が大好きで、見事に自分の感覚に合っちゃったのかもしれません。なぜ「神殺し」なんかするんだろうとか、「神は救いじゃないのか」とか、そういうことはもう超越しちゃってる感じ。それが人であり、それが神である、この極めて原始的な感覚が自然で好きなんです。
多分、頭使って理解をしていなくて、感覚的なものなのかもしれませんね~

> なんだか、北海道オフ会はウワバミの大集合になりそうですが、開催が楽しみです。
はい、うわばみ対決! えっと、今回の幹事のマコトはおばかちゃんなので、気が利きません。したがって、酒は皆様の持ち寄りということにしましょう? 北海道のどの地を舞台にするか、それはちょっと検討して、またルールを作ってご案内したいと思います!今回は北海道の各地を旅行した後、どこかに集合するパターンにしようかな、と。
北海道はやっぱり夏がいいので、開催は夏にしようかと思っています! よろしくお願いします。
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2015/04/29 10:32 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/587-102ba3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)