09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【迷探偵マコトの事件簿】(18) マコトの歳時記~風薫る5月~ 

霑ェ・ォ郢晄ァュ縺慕ケ晁肩・シ迢冂onvert_20130824193448_convert_20140414070547
(イラスト:limeさん)
本当は5月5日に間に合わせるつもりだったのに、少しだけ遅れてしまったけれど、5月のマコトをお届けします。
そう、マコトも男の子ですから、端午の節句にちょっぴりファンタジックな物語を(^^)

<登場人物>
マコト:茶トラのツンデレ仔猫。大きくなったらヒョウになるつもり。
タケル:ちょっぴりSだけど優しいマコトの飼い主。


【迷探偵マコトの事件簿】(18)マコトの歳時記~風薫る5月~

おそとの風が気持ちよくなってきた~
ぼくはねこのドアからベランダに出て、風のにおいをかいでみる。
海のにおいがするよ。
それにね、つきじの方からときどき、おさかなのにおいもするの。
ぼくはベランダの手すりのむこうをのぞきこんで、くんくん。
あれ?

ぼくはふと、せのびをして下の方をみおろしてみた。
タケルがね、ぼくが落っこちないように、でもちょっとだけ遠くが見えるように、ねこのタワーを置いてくれてるの。
そのてっぺんから見たら、したのほうで、何かひらひらしてる。
くろいのと、あかいのと、あおいの。

わ~!! タケル~~~!!!

ぼくはあわててねこタワーを飛び下りて、ねこのドアから家の中にもどる。
タケルはおべんきょうの本を読んでいるとこ。
ぼくはソファの下から、にゃあにゃあ呼んでみた。

あのね、タケル、あのね! おさかなが下のお空でおよいでる~~!!

タケルはふしぎそうにぼくを見た。
ぼくがうしろをふり返りながらベランダに行くと、タケルがついてくる。
ぼくはねこのタワーにのぼって、てっぺんでにゃあにゃあ。
「あぁ、あれはこいのぼりだ。そうか、おまえも男の子だったな」

こいのぼり?
それ、おいしいの?

それでね! タケルはぼくにもこいのぼりを買ってくれたの!
わ~、ぺっちゃんこのひらひら~。目がおっきい~!
くんくん。
……においはないね。
かぷっと。
……おいしくないね。

「食べるものじゃないよ。これは男の子が元気に大きく育つようにって、おまじないみたいなものだから。よし、これでいい」
マンションのベランダだから、ちょっと小さいめなんだって。
ねこにはちょうどいいよね。

くろいのと、あかいのと、あおいの。
3匹ならんでひらひら~
てっぺんでカラカラカラ~ってかざぐるまが回ってる!
わ~いい! ぼくのこいのぼり~!!
おっきくなるおまじない~!

「ちまきは食べられないから、そうだ、せいくらべをしようか」
……せいくらべってなに?

タケルは今度はおしごとのえのぐを持ってきて、まっ白いカベにお絵かきをはじめた。
ちゃいろと白。ちゃいろと白。ちゃいろと白。
わ、耳! それから小さいあたま、おせなか、おしっぽ!
……これ、ぼく?

それからタケルはぼくを絵のよこに並ばせて、しっぽの長さをはかった。
それから、しっぽの絵の上に、数字を書いた。
「これは今日の日付。少し大きくなったら横に並んでみる。そうしたら、どのくらい大きくなったか分かるだろう?」

ぼくは毎日、こいのぼりを見上げる。
低いお空で風にひらひら~
ときどきツキジのおさかなのにおい。

夜中になったら、ぼくはそうっと起きて、ベッドから飛び降りる。
ぼくはまだちっさいから、ベッドのすみっこのおふとんにつかまりながら、だけど。
それから、リビングのカベに行って、昨日のぼくと並んでみる。
しっぽをまっすぐに伸ばして。
う~っと伸びてみて、後ろをふり返ってみる。

わ。
ぼく、昨日のぼくより、1ミリくらいおっきくなってるよね!
ぼくはとってもまんぞく。
1日に1ミリ。3日で3ミリ。365日で365ミリ。
そうしたら、ぼく、ヒョウになれるね!

ぼくはねこのドアからこっそり外に出てみる。
<やぁ、マコト、今夜も来たね!>
大きいお父さんのコイがぼくに呼びかける。
うん、ぼく、来たよ!
大きいお父さんがぼくを背中にのっけてくれる。

しゅっぱつしんこう~!
ぼくは、お星さまがいっぱいのお空にまいあがる。
お母さんのコイと、子どものコイもいっしょにお空をさんぽ。
わぁ、おそらにも、地上にもお星さまがいっぱい!
お空から見たら、海もキラキラ光ってる! おさかなが光ってる!

あのね、お父さん、ぼく、今日1ミリだけおっきくなってたよ!
365日くらいしたら、ぼく、ヒョウになってると思うんだ。
ヒョウになったら、もうお父さんのおせなかに乗れないけど、ぼくね、おっきくなってヒョウになったら、タケルをおせなかに乗っけてあげて、いっぱい走るんだ。

お父さんは<がんばれ!>というように、大きくしっぽを動かした。
ぼくも1ミリだけおっきくなったしっぽをふってみた。
おそらには風のにおい。
海からは、まほうみたいにキラキラがのぼってくる。
おおきな風はまあるいちきゅうをぐるっと回って、またぼくのところにかえってくる。

ぼくはいつの間にかすやすや………
ねる子は育つから、ぼく、いっしょうけんめいお休みするね。

かぜかおる5月。
ぼくはちきゅうみたいにまあるくなって眠る。
ヒョウになって、タケルをのっけて、地平線のずっと向こうまで走っていく夢をみながら。




イラストはlimeさん(小説ブログ「DOOR」)に頂きました。著作権はlimeさんにあります。無断の転用はお断りいたします。

ちょっとファンタジーな物語をお送りしてみました。
というのも、なぜか頭の中で「せいくらべ」の歌詞がぐるぐるしていまして。
猫ってどうやって背比べするのかな? なんて間の抜けたことを考えていたら、こんな話に。
えぇ、何の捻りもありません^^; 
ちなみに、猫の大きさは「体高」(前肢 肩付近の高さ)、「体長」(横から見て胸から尻まで)、「全長」(横から見て頭部の先端から尾の先端までの長さ)で測るようですが、なんか尻尾を測ってるのが可愛い気がして。
よく考えたら、尻尾だけ測っても何の役にも立ちそうにありませんが、ま、どうせ、昨日と比べて1ミリ伸びてるとか言っている(しかも、ちょっと背伸びしてるし)マコトには、体格測定なんて何の意味もありませんが^^;

参考歌詞:「せいくらべ」「365歩のマーチ」??
歌の通りなら、「3歩進んで、2歩下がる」……(マコト、ショックで寝込みそう)

ちなみに「せいくらべ」の2番って、壮大な歌詞だったんですね。

童謡って時々、最後まで聞いたらすごい歌詞ってのがありますよね。「ぞうさん」も2番まで聞いたら、あぁ、これってすごい親子愛の歌だったのね、と思うし。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 迷探偵マコトの事件簿(猫)

tb 0 : cm 6   

コメント


むふふ

しっぽまでむにゅーーんと伸ばして背を測ってるマコトを想像。
かわいいなあああ。
でもしっぽは入らないよね(笑)

こいのぼりのお父さんとご家族とw、夜空の散歩。
楽しかっただろうなあ。
タケルのおまじないがかかったこいのぼりだから、最強です^^

一年経って、360センチ背が伸びたら、タケルを背中にのっけてあげてね。
でもきっと、ヒョウにはなれなくて、大きな茶トラ……なのだと思うけど(いや何とかしてあげようよ・笑)

lime #GCA3nAmE | URL | 2015/05/17 22:50 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

いや~、このおバカなマコトを書いていると、脳が休憩できることを感じます。何の捻りもないし、何のオチもないけれど、ただおバカっぷりが可愛いという、ただそれだけですしね(゜-゜)
尻尾の長さは体格の測定にはあんまり関係ないみたいですが、ま、多少の勘違いは許してやってください^^; きっと、ちょっとだけお尻の位置をずらして、いわゆる背伸びをしてはかっちまっているに違いありません。しかも、「3歩進んで2歩下がる」って知らないな~(#^.^#)
本当はこいのぼりのシーズンの前に書きたかったのですが、ちょびっと遅くなってしましました。でも来年まで持ち越すのはね……ということで、遅ればせながらの登場です。お空の散歩は全部マコトの夢かもしれませんが、楽しい夢を見ていたようですね。 おっきくなりおまじないのかかった鯉のぼりで、すっかり大きくなるつもりです。でも、やっぱりヒョウにはならないね~残念ながら。いや、でもピノキオちっくに女神さまが現れるかも……When you wish upon a star~♪ だし……
ヒョウになったら怖いだろうなぁ~逆に。えっと、そう言えば清水玲子さんの白ライオンの漫画にそんなのがありましたっけ? 犬だと思って育てていたらオオカミだったってのもあるし。でもヒョウと茶虎は間違えないな~。マコトは何でヒョウがいいんだろ? かっこよく見えたんでしょうね。どうせテレビで見て……
というわけで、6月は……ぴっちぴっち、ちゃっぷちゃっぷ……かな?
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2015/05/17 23:58 [edit]


マコトが歳時記になってる

こんばんは。

なんだかいままで氣がついていませんでした(笑)
歳時記だあ。

ああ、でも、鯉はかぷっといっても許すよ。それはおさかなだからね。
それに尻尾で計るんだ。なんかいくらでもズルができそうな計り方だけれどタケル的には細かい事はどうでもいいんでしょうね。壁に絵描いちゃっているし。(賃貸ではないっていいなあ)

一日一ミリから一年365ミリまでは、マコトにしては驚くべき正しい計算だけれど(お正月のときの数えからずいぶん賢くなったね)結論は意味不明に飛躍していてやっぱりマコトだ(笑)

鯉のお父さんが、あえて何もつっこまないのがいい感じです。

マコトの夢が叶いますように。あ、叶ったらヤバいのか、動物園行きになっちゃう。

詩織とミクのお話、雨の再開、ルカとコロボックル猫、(全部メチャクチャに省略していてすみません)それにオフ会の告知も楽しみにしていますね。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2015/05/18 00:06 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

あ、さすがに夕さんは目ざといですね~。はい、歳時記なんて姑息な手段に出てしまいました^^;
いや、もちろん毎月続くかどうかは分かりませんが。ネタのない時には季節ものが一番ですよね。本当は節分のを書きたかったのですが、ちょっとタイミングを外してしまったのでした。
もともとマコトのお話は(話なんて上等なものはないけれど)思いついたときに適当に書くスタンスでしたが、何だかここまで続いちゃうと、ちょっと引くに引けなくなって……^^; 

そうそう、タケルったら親バカぶりもいい加減にってくらい、実はデレデレなのかもしれませんね~。マコトのためなら壁に絵をかいちゃう^^; 賃貸じゃなく、持ち家でも壁に絵を描くのはちょっとどうかしらと思いますよ。あ、でもうちの父、襖にカエルの絵を描いていました……(漫画みたいな……いや、単に襖が破れたので買い換えるのがもったいなくて、蓮の花とカエルを描いた紙を貼ったら止まらなくなって、大作になったという……)
そして尻尾で測るいい加減さがマコトワールドのいいところですね(ということにしておこう)。タケルもなんといういい加減なことを……大らかというのか、アバウトすぎるというのか。でも、何だか尻尾で測るのが可愛いと思ったのでしょうか。

で、そうなんですよ。夕さん、きっちり私がどうしようかな~と思ったところで引っかかってくださいましたね。365を数えるかどうか……お正月の時にあの数え方だったから、ここで365を数えていいのか……
でも、まぁ、順番は要求されていないし、お題目のように365って数字だけ知っていたのかしらね。
うん、でも少しだけ、賢くなったかも! いや、確かに結論は意味不明ですけれど^^;^^;
鯉のお父さんが突っ込まないのは、多分、マコトの夢のワールドだからかな?

> 詩織とミクのお話、雨の再開、ルカとコロボックル猫、(全部メチャクチャに省略していてすみません)それにオフ会の告知も楽しみにしていますね。
はい。ありがとうございます! そうそう、夕さんがオフ会の告知をなさったのは期日のどれくらい前だったんだろうと確認したら、たった1ヶ月前だったのですね。8月に向けて6月だとちょっと早いかしら、と思ったけれど、告知だけならいいですよね。
ミクはちょっとだけお預かりしたサキさんちの大事なお嬢様ですから、いい結論を見つけてあげたいです。いや、実はもう頭の中では出来上がっているのですよ。う~む。
何はともあれ、あれこれお待ちいただいていて、ありがとうございます(*^_^*) いや、何よりも『死と乙女』ですよね。うむ。頑張ります。
コメント、ありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2015/05/18 01:01 [edit]


柱の傷はおととしの~♪

この歌、思い出しますね。
羽織の紐の丈、だなんて、今どきの子どもにだったら意味不明というか、なんで羽織なんか着てるん? お正月? とか疑問に思いそうですが。

こいのぼり? おいしいの?
あいかわらずマコトちゃんって可愛い。むぎゅっとしたくなっていやがられそうです。
タケルさんも優しいんですよね。

以前にこいのぼりをちらっと書いたことがあります。
不実な男に復讐するために、彼が子どものころにおじいちゃんに買ってもらったこいのぼりを切り刻む執念深い女。

我ながら、こいのぼりをそんな小道具に使うなんて、性格わるっ!! 
ですよね。

猫とこいのぼり、ああ、いいなぁ。

あかね #- | URL | 2015/05/25 10:25 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

うわ~、そのこいのぼりを切り刻む女って、むっちゃ怖いんですけれど!!
(って、いきなりそこに食いつく?)
なんか、恨みを込めて何かを切り刻んでいるって、いかにも鬼女ってかんじがしますよね。何というのか、あかねさんらしい題材の使い方だなぁと(ちくりと刺さる感じ)。それが鯉のぼりっていうのがまた斬新ですよ。

と、それはともかく。5月になると「屋根より高い~」よりも「柱の傷は~」のほうが何故か頭の中でぐるぐるします。いや、確かに、今の子どもには分かりづらい歌詞ですよね。でも、そういう今にないものが歌詞の中に残っているっていいですよね。
そして。マコトはおバカなので、何でも「食べれるか、食べれないか」程度の理解しかないはずなのですが、「おっきくなれる」と思うとちょっと嬉しいらしいです。タケルも、何だかねこ相手に親馬鹿状態になっていますよね。これはまぁ、ファンタジーなので^^; いいことにしましょう(*^_^*)
確かに、図柄として猫と鯉のぼりって絵になりますね。うん……描けないけど。
絵が描ける人が羨ましいですね~。別の表現方法があるって、いいなぁ。などと、このシリーズを書いている時はいつも思うのです(*^_^*)
コメントありがとうございました!!

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2015/05/27 03:43 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/596-133a6fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)