07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】6.フランス・カルナックの列石(2) 

プチトランで列石のそばに行ってみましょう。プチトランは列石を十分に見せつけてから、インフォーメーションセンターに連れて行ってくれます。
カルナック石1
プチトランの中から撮った写真。時々木立に遮られながらも、石はどこまでも並んでいます。
そしてインフォーメーションセンターへ。
インフォーメーションセンター
この建物だけが浮き立つように新しい。トイレは是非、ここでお済ませください。
歩き始めたら、途中にお手洗いはあるのですが、結構入るのに勇気がいる感じ。使いましたが……
途中に小さなお店があります。確かクレープを食べることができるお店です。小さな掘っ立て小屋みたいなお店ですが、ここにもお手洗いがあります。
カルナック石2
インフォーメーションの真ん前がもうこの景色です。
さて、列石の中を歩いてみましょう。歩き始める場所に人家があります。
人家には石を使った塀がありますが、その石はどう見ても列石を使ったもの。
カルナック石3
カルナック石3
列石は中に入れないのですが(時間が決まっていて、説明の時間に合わせて入れてくれるようですが)、すぐそばの道を歩くことができます。場所によっては石に触れることができる場所もあります。
カルナック石4
後はもう言葉は要りませんが、とりあえず、ここはメネックの列石。
カルナック石5
カルナック石6
少し芸術的、と思ったけど、やはり写真は上手ではありません……
カルナック石6
プチトランが横切ります。
カルナック石7
カルナック石8
さて、また次はケルマリオの列石です。(カルナック(3)に続く)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 4   

コメント


No title

やはり石には様々な形がありますねえ。調律された石よりもそれぞれの石に趣があってよいですね。この辺が今と昔の石の違いなんでしょうね。

1700記事突破いたしました!!いつもご愛読とコメント誠にありがとうございます!!何か小説のリクエストがありましたら、またどうぞ。多分、できるなら今ぐらいしかないので。グッゲンハイムシリーズを始めると暫くできなくなるので。これからもがんばります!!

LandM #- | URL | 2013/06/22 08:15 [edit]


LandMさん、ありがとうございます

そうですね…(^^)
石の顔、石のムードというのは、一つ一つ違っていて、妙に波長の合う石とそうでもないものがあって、不思議です。
小さいな石もいいのですのが、大きな石には地球の波動がそのまま入り込んでいるような気がするからかもしれません。
このカルナックの石たちも、本当に一つ一つ顔が違います。

1700記事!
すごいですね。
LandMさんのブログは字も大きくて(それを見習おうと思ってテンプレートを触り始めたのですが…私のは字が多い…)、読みやすくてとても好きです。
小説は今、中休みなんですね。前回の災害もの?そして今の恋愛ものも、直球勝負みたいで好きです。
まだグッゲンハイムシリーズには手を出せていないのですが、そちらも追いつきたいですね。
頑張ってください!
これからの楽しみにしています。

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/23 07:24 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/08/24 07:10 [edit]


鍵コメH様、ありがとうございます(^^)

連続コメント、2つ目、ありがとうございます(^^)
そう、日本の巨石と違って、人工的な匂いがしますよね。
絶対人の手が加わっていて、いったい何を目的でこんなに並べたんだ~~~と叫びたくなります。
お墓説もあるのですけれど、骨が見つかっていないとか。
私は、これは天の川を地上に下ろしたものではないかと思っているのです。この頃の天体観測能力は半端ないし、宇宙を見て、暦を読んでいた。天の川を写しとって、さらにカレンダーの役割をしていたものではないかと。春分の日とか秋分の日とか、影が一直線になるところがあるとも聞いています。ほんと、すごいですよね~
一方、日本の石は、どちらかといういと自然のまま。
自然の形のままで、磐座・神石としてあがめられているのです。「何とか神社」って書いてあって、祠も何もなくて、岩に注連縄だけかかっている神社って、日本には結構あるのですよ。
一方で天体観測、暦として使われた跡が残っているものも多い。
日本で岩の写真を撮ると、山の景色や木々が一緒に一体となって写っている。これが日本らしくて素晴らしいのです。
実はそんなに遠出をしなくても結構巨石ってあるんです。関東では栃木・群馬は無茶苦茶石が多い。茨城にもたくさんあります。明治神宮にも結構大きな石があるらしいとも……
ぜひ、近場の石を訪ねてみてください(^^)
コメント2つ目、ありがとうございました!

彩洋→鍵コメH様(2) #nLQskDKw | URL | 2014/08/24 15:32 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/61-74662ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)