07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・小説】さりげない小道具~物書きブログテーマ(4)~ 

花束
(花も素敵な小道具になりますね)
本当はlimeさんのネタ(あちゃ~って思ったこと)に追従しようと思ったけれど、あちゃ~が多すぎてまとまらなかったので、ちょっと別の話題を。
【物語を遊ぼう】4. 『京都殺人案内』:小道具の使い方で一度触れたテーマなのですが、今回もう一度触れてみることにしました。再掲みたいになっていて、すみません(..)

お話の中で小道具を使うってのは、その人物や場所のイメージをくっきりさせるのに役立ちますね。
前回の記事で触れた、『京都殺人案内』の音川音次郎刑事がいつも折り畳み傘を持ち歩いているのは、本当にさりげなくてカッコいいのです。その理由はある回で語られましたが、その後は何の説明もなく、でもどんなに回が重ねられても彼は傘を持ち歩いている。それを見咎めた視聴者さんが「なんでだろ?」と思われても説明はない。
そのおかげか、うちのブログの検索ワードで、時々「京都殺人案内、折り畳み傘」ってので来ていただいているようなのです。何でこの人、いつも傘を持ち歩いてるのよ? って思われたんでしょうね。

あんなふうに小道具を使いたいわぁ、といつも思うのですけれど、なかなかうまくいきません。
あの傘の事情を知ると、音川さんの人間味が理解できるし、それに知っている者には見るたびに「よしよし」と思わせて悦に入る?という効果も出していて。

大きく考えると、服装や外観というのも、ひとつの小道具ですね。例えば、怪盗ルパンやシャーロック・ホームズ、金田一耕助など名探偵には何某かの服装・外観の特徴があります。これがその人物を構成する一要素としてお話の中で生かされている。
ヒーローものや魔法使いものでは変身グッズがそれにあたるのかな。『ひみつのアッ子ちゃん』のコンパクトなどは、もう定番中の定番。あれが無いと始まらないし、魔女たちの箒もそうですよね。妖怪ウォッチが流行ったのは、やっぱりあの小道具ですか。
あるいは特殊能力も小道具の一つかも。エスパーたちの登場するお話ではその特殊能力で人物が浮かび上がります。「アムロ、いきま~す!」みたいな。
落語では『はてなの茶碗』がウマい話だなぁと何回聴いても面白いんだけれど……あれは小道具が主役。

私の理想は、小道具はやっぱり小道具だから、大きな顔をしていていはだめ。こっそり、端っこの方でちらちらと見え隠れしていて、お話の中で何の要にもならないけれど、でもやっぱり気になって惹きつけられるもの。さりげなくその人物やシーンに寄り添っている、そしてその人の人となりを説明している。
水戸黄門の印籠は小道具中の小道具だけれど、ちょっと厳つすぎる小道具。変身道具と同じように、ちょっと多くを語りすぎる。

前回も書きましたが、うちの場合は、ジョルジョ・ヴォルテラ(大和竹流)の指輪がその小道具かもしれません。
この指輪が彼の人物像を説明もしていて(ある家系の後継者)、他の人物たちとの関係に障害になっていたりする。家を継ぎたくないと思っているなら捨てればいいのに、どうしても捨てられないシガラミであり、絶ち切れない家族や国への想いの象徴でもある。何かあると、これがふっと顔を出してくる。そういう感じ。

でもやっぱり、音川さんの折り畳み傘には届かないなぁ。傘って、そういう意味では結構いいアイテムかもしれません。ある時にはなくちゃ困るけれど、普段は無用の長物。それだけに、何かの瞬間だけふいっと表れていい仕事をしてくれる。
「小道具」ですからね、主張してはだめで、こそっとそこに在る感じ。あぁ、難しい。

時々、本当に小道具が上手く使われていて「くぅ~」と唸らせられるお話があるけれど、書くほうとしてはまだまだ精進が必要ですね。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 6   

コメント


小道具ですか

こんばんは。

考えたことなかったなあ。小道具ですか。
私の小説だと、蝶子のフルート? いや、そりゃ小道具じゃない。商売道具だ。
ああ、「樋水龍神縁起」の青龍の勾玉とかかしら? あ、「Infante 323 黄金の枷」の黄金の腕輪は? まあ、登場人物の八割くらいがしているものを小道具とはいわないか。
ああ、23のギターラは小道具って言えるかも。

というようなことを、今ごろこのコメントで考えている時点で、私は小道具にとっても無頓着らしいということがわかりました。

シャーロック・ホームズがおもむろに阿片吸ったりしているのって、読んだのが日本にいた学生の頃だったので「ええ〜」って思いましたけれど、あれって彼がいかにエキセントリックかってことを上手く伝えていたのかも。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2015/12/20 03:21 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

たまには自分でもテーマを出してみようと思ったけれど、外しちゃいました^^;
ちょっとイマイチなテーマだったなぁ。
うん、小道具の分類?って難しいなぁと書きながら思いました。そうそう、よく考えたら、ヒーローや魔法使いの変身道具(ベルトとか、時計とか、コンパクトとか)は小道具とは言え、それがなかったらお話にならないので、商売道具に近いですよね。うちの慎一もピアノが無かったらお話にならないので、あれは小道具とは言え大道具に近い^^; いや、大きさの問題じゃなくて商売道具は「大道具」(舞台の場合の大道具・小道具と違って、実際の大きさじゃなくて存在の大きさで分類すると)になるのかもなぁ。だから蝶子のフルートも大道具!(小さいけれど)
これ書きながら、夕さんちの黄金の枷(腕輪)はどうなんだろうって考えてたんですよ。でもあれも「大道具」に近いですよね。あれがなくちゃお話にならない。
日本のある漫画で二人の同じ名前の女の子が事情があって初対面で同居することになって、そこで二人がお揃いのマグカップを買うんだけれど、ああいうのが小道具って言うんだろうなぁ。別になくてもいいけれど、あることでさりげなく何かを伝えるもの。

> ああ、23のギターラは小道具って言えるかも。
そうそう、そういうやつですよね。うん、確かにあれはそうだ。
いや、小道具って無頓着なんですよ。だから小道具なんだろうな~。でも、音川さんの折り畳み傘を見るたびに、ちょっと悔しい大海なのでした。

> シャーロック・ホームズがおもむろに阿片吸ったりしているのって、読んだのが日本にいた学生の頃だったので「ええ〜」って思いましたけれど、あれって彼がいかにエキセントリックかってことを上手く伝えていたのかも。
そうそう、私も初めて読んだときはちょっとぎょっとしましたけれど、時代もあるし、お国柄もあるし、世界って広いなぁと思っていました。明智小五郎が吸ってるのを読んでいたらぶっ飛んじゃうけれど、ホームズならしょうがないかって感じで。でもあれを読んで以来、ドラマのちょっとかっこいい系のホームズには違和感があって、新しい映画で格闘家でイカれたホームズを描いていたのを観て、よし、と納得したのでした。
初めて自分でテーマを出して、転んじゃった大海です。コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2015/12/20 08:13 [edit]


そうかあ

これもいいブログテーマですね^^
テーマが増えてうれしい~。
そうか、小道具と言ったら、落語家の扇子のようなものだと思ってたけど、例えば特殊能力でもアリというのなら、範囲が広がりますよね。
必殺仕事人の三味線のバチとか弦とか簪とかも浮かんで来たけど、あれはもはや凶器か・・・。

折り畳み傘をそのストーリーとは関係なく持ってるって言うのも、粋でいいですね。本人を連想させるもの・・・。絵画で言うアトリビュートですね。

そう言えば、まだまだその辺の余裕が無くて、キャラに小道具を持たせるまでに至っていないのに気付きました。
その辺がさりげなく粋に描けるようになったら、いいなあ^^

あ、そうそう。秘密のアッこちゃんのコンパクトとか、セーラームーンのバトンとか。こっちのアイテムは、女の子には堪らない小道具ですよね。
ホビー関連の企業にも、有難い商品ですしね^^(今は何がはやってるんだろう・妖怪のウォッチ?)

lime #GCA3nAmE | URL | 2015/12/20 09:45 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

いや、本当はlimeさんの「あちゃ~」に続こうと思ったのですが、本当に「あちゃ~」だらけで収拾がつきませんでした。もう少し考えて次の回で話題を拾いたいと思います。
はい、皆さんが直球でいい話題を提供してくださる中で、なんとちまちまと小道具かよ、なのですけれど、いつも上手く使えたらいいなぁなんて思っているのです。京都殺人案内を見るたびに、なんか悔しいぞと(いや、音川さん、大好きなんですけれど)。で、今回書きながら、小道具といえば、必ずしも物でなくてもいいはず、と思い至り、特殊能力でもありだ、ということにしました(?)。limeさんちのキャラさんたちはこの特殊能力の小道具、いっぱい持っていますものね。
あ、落語家の扇子かぁ。確かに。しかもあの扇子は何にでも化けるんですよね。お箸になったり……

> 必殺仕事人の三味線のバチとか弦とか簪とかも浮かんで来たけど、あれはもはや凶器か・・・。
あはは。そうそう、それこそ商売道具なので、ここでは「大道具」の分類かしら。
でも考えてみれば、ミステリーとか探偵小説における凶器って、小道具の一つですよね。ま、主張しすぎているので、中道具ぐらいの分類になるかもしれませんが(って、そんな分類ないよ(^^))。ただ、凶器によって物語が大きく変わるというのか、イメージを牽引するというのか、そういう意味でも重要なアイテムのような気がします。
あ、でも、小道具って主張しないって話をしていたんだった。

> 折り畳み傘をそのストーリーとは関係なく持ってるって言うのも、粋でいいですね。本人を連想させるもの・・・。絵画で言うアトリビュートですね。
あ、そうか、そうですね。うんうん、ストーリーと関係ないってのがミソかもしれません。物語の主軸には何の影響もないけれど、そのキャラを表すときにそれがあったら何となく腑に落ちるって感じのもの、そういう分類かもしれません。さすがlimeさん、いいところついてくださいました。
大道具→それが中心となってストーリーが展開するもの
中道具→それが中心というわけではないけれど、それが無ければ物語が展開しないもの
小道具→ストーリーには何の影響もなく、あってもなくても話は進むけれど、あることで何かが心に触れるもの
こんな分類かな?
この辺りの粋さ、上手く出せたら本当にカッコいいですよね。でも「さりげなく」ってのがなかなか難しいなぁと思います。

> あ、そうそう。秘密のアッこちゃんのコンパクトとか、セーラームーンのバトンとか。こっちのアイテムは、女の子には堪らない小道具ですよね。
> ホビー関連の企業にも、有難い商品ですしね^^(今は何がはやってるんだろう・妖怪のウォッチ?)
そうなんですよ。この辺りのものは、絶対にヒーロー・魔法ものなどでは必須のアイテムですが、その裏にはおもちゃ関係の売り上げの問題が大きく絡んでいますよね。いや、これが経済の一部を支えていると言っても過言ではない……某ネズミ王国も、やっぱりキャラグッズの売り上げがものを言っていますしね。
やっぱり小道具(一部「大道具」)って侮れませんね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2015/12/20 11:18 [edit]


遅いレスすみません。

小道具ですか。使いこなすの相当難しいです。というか、使えませんね。
サキが思いつくのは刑事コロンボのヨレヨレコートや葉巻、そしてオンボロ車(あ、これは大道具?)、さらには“うちのかみさん”もこれにあたるのかも・・・。
これらをコロンボが絶妙に利用して事件の解決に進んでいく、いかにもヘッポコ刑事ですもの。「うちのかみさんがね・・・」とか、上手いなぁと思って観ています。
あ、ポアロのホットチョコレート、杖、帽子、ひげなんかもそうでしょう。そして潔癖症・・・は小道具ではないですね。
そうですね、たしかに大きな顔をして出てくることは無いですが、遠慮気味にさりげなく、でも個性的に。
彩洋さんのところでサキが思いつくのは貴石ですね。京の風物詩なんかも上手く使われていますが、これもそれに該当するのでしょうか。
確かに難しいです。サキでは精進どころではありません。基礎から勉強ですね。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2015/12/20 19:44 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

え。全然遅くないですよ! すみません、気を使っていただいて……私の方こそ、いつももっと遅いレスですもの。気が向いた時に、お暇なときに、そして書きたいなって時に書いてくださいませね。もちろん、お忙しい時はお気になさらずに!

さて、そうなんですよ、小道具。いつも上手く使えたらいいなぁと私も思っているのですが、なかなかうまく使えません。
特徴あるキャラたちの持ち物ならば、きっと読む人の印象にも残る使い方ができるのでしょうけれど、そういう印象の強いキャラってなかなか生み出せませんよね。きっと小道具というのは、上手に使ったらその人物を印象付けることができるんだろうなぁ。キャラの書き分けにもつながるものかもしれませんね。

そうそう、決まり文句もまた、小道具の一つかも。物語の中で、そのシーンや人物をさりげなく輝かせるものなら、物でも言葉でも性質でも、小道具って呼んでいいのかもしれませんね。コロンボや金田一なんかは、そのちょっと微妙な小道具たちと(必ずしもプラスの小道具じゃないけれど)、推理力とのギャップに魅力が生まれているし、一度見たら(読んだら)誰も彼らのことを忘れない。
こうした色んなアイテムをキャラにくっつけていって、その人物が遠慮気味に個性的に輝く……やっぱり難しいですね。

サキさんちでは……そうですね、小道具というよりも結構大きなものがたくさん登場していますね。乗り物系(潜水艇やトロッコや)が印象的です。そうしたものが物語の中で上手く生きているので、とてもかっこいいなぁと思っています。だって、単なる交通手段を越えて存在感をしっかりと持っているのですもの。それらも登場人物の一部のような気がするくらい。
うちの貴石たち……そうですね、うん、あれは小道具でいいのかなぁ。ちょっと存在感強いですけれど。だって、売り主の存在感が強すぎて^^;
何はともあれ、魅力的なシーンや人物を輝かせる小道具たち。上手く使えるようになりたいですね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2015/12/20 22:02 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/681-921062a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)