08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・記念】ブログ3歳のお誕生日 

ブログのお誕生日は2週間以上も過ぎてしまったのですが(2013/1/14)、一応区切りなので、今更ですがご報告とお礼のための記事をアップします(何とか1月中に滑り込み)。
思えば去年、2周年の時はブログ2歳のお誕生日と100の質問なんてのをやって、えらく疲れたことを思い出しました。
バトンも結構やっていると、内容が似通って来るし、面白いバトンを探すのはバトン大臣・TOM-Fさんにお任せして、今回は地味~に語ってみようと思います。

でもその前に。
始めた頃は、これはいつまで続けられるのかしらと思ってもいたし、1年続いたらいい方かなって感じでしたが、一応3年続いたということは、やはり交流してくださる皆様方のおかげだなぁとしみじみ思っております。
ただ小説をアップしても、それだけでは何だかな~ってところを、やっぱり読んでいただいて色んなコメントを頂いて、時にはキャラ同士も交流いただいて、世界が広がっていくというのが嬉しいですよね。もちろん、中にはコメントはしないけれどそっと楽しんでいてくださる方もいらっしゃるかもしれず、時々その気配を感じるとやっぱり嬉しいなぁと思います。

以前から書いておりますが、私の書いているもの、特に小説は、あんまりブログ向きでもないし、人気ブログさんの書かれるとっつきが良くて、読みやすくて、内容も素敵で、なんて質の高いものでもないので、この3年間、訪問してくださる方がものすごく増えるということもなく(この先も増える見込みはなさそうですけれど)、とにかく続いているという状況ではあります。

でも、時々あちこちのブログさんのリンク先などを覗いてみると、長い間記事を更新されている気配がないブログさんも多くて、あぁ、続けるだけでも大変なんだなぁとしみじみ思ったりします。もちろん、実生活に余裕がないと更新は滞るのは当たり前で、そんな中で変わらずに続けておられる方々、そして自分のブログのだけのことではなく、あちこち訪問してコメントもしている・くださる方々の存在は、すごく大きいなぁと思うのです。

だから、ちょっと私も、3年経っても辺境の辺境のブログだけれど、そしてあちこちのブログさんのコメントや拍手やアクセスを見ると、うちと違っていいなぁなんて思うこともしょっちゅうあるけれど、もうそれはそれで仕方がないか、何より続いているだけでもえらいもんだ、と思っている今日この頃。

そんなこんなで、ここまで続けていられるのも、ひとえに訪問してくださる皆様のおかげです。ありがとうございます m(__)m
そして……どこまで続くか未知数ですが、これからも引き続きよろしくお願いいたします m(__)mm(__)m


さて、以下はちょっぴり宣伝も兼ねて。
このブログの目玉のひとつ・【石紀行】
巨石の魅力を、今まで全く石に興味なんてなかったわという人たちに無理やり押し付けるというコンセプトのコーナー、となっておりますが、この記事に一番満足しているのは私かも。というのも、このブログが無かった頃に訪れた石の記憶って、一部曖昧な部分もあるのですが、記事に載せるようになってからは、自分の書いた記事で記憶が簡単に蘇って、その場所をふと思い出すきっかけになっています。

でも本当は……アクセス困難な場所はともかく、身近な磐座をひとつでも皆様に訪れて欲しいなぁって思ったりもしています。きっと自分の町や隣の町にありますよ。巨石・磐座、そして古墳。その場所に立ってみて初めて感じる力は、書かれた言葉や平面的な写真では語り尽くせませんよね。地球を感じるひと時。それが石との対話なのかもしれません。
あ。古墳は私もともとの旅行テーマだったのですけれど(今も行きます)、すっかり巨石に押されちゃったなぁ……また時々記事にしたいと思います。

現在は福島県の巨石をご紹介している途中ですが、ブログ開始前に訪れていた巨石たち(初期の方はそういうものが多いです)の中にはまだご紹介できていないものもあります。しかし、写真を発掘するのも大変で(何しろネガのままってのもありますし)、こうなったら再訪して写真を撮りに行くしかないなぁなんて思ったりもしていて。
こうしてブログでご紹介するのも原動力になって、その後たくさんの石たちを訪れることになりましたので、記憶が曖昧になっているのもあるし(石は覚えていてもアクセスを忘れたり)、もしかして今の視点で昔訪れた石を見たら、また新しい印象を受けるかもしれないし……まだまだ記事が追いついておりませんが、この先もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。
鹿島大神宮・ペグマタイト
こちらは次回ご紹介予定の何とも不思議な岩……ちょっと暗くなっちゃって分かりにくいのですが、実物は白っぽい岩です。その正体は、次回を乞う御期待。
北山公園2
西宮の越木岩神社から北山公園の巨大磐座も改めてご紹介予定です。ちなみにこの岩もやはりボルダリング中の人々が……う~む、身ひとつで岩登りってのもほんと、すごい世界です。まず地面から体を浮かすのも大変そうですもの。

それにしても、巨石って写真にすると地味で、行くにはちょっと面倒な場所にあることが多くて、これを参考にしてどうこうしようなんて人はほとんどいないだろうし、皆さんはこんなのを読まされて面白いんだろうかと心配することもあるのですけれど……巨石にまるきり興味ないって人が読んでくださっても、読み応えのある記事になるように、これからも頑張ろうと思うのでした。
あ、でも、このところ検索キーワードを覗くと、ほとんどが巨石絡みなんですよ(九州方面と中津川が多い)。それはちょっと嬉しい(*^_^*)


そして、小説です。
【海に落ちる雨】
ついに最終節の半ばまで来ております。しかも大きな山場を越えて、後は壊れちゃった主人公が立ち直る(のかな?)過程のみ。そして、この長い長いお話は、ただあの人にこの一言を言わせるためだけに書いていたという最後の台詞まで、あと4章。終章があるので、正確にはあと5章なのですが、いずれにしてもあとちょっとですね。
このシリーズが最も「とっつきが悪い」原因を作っているのですが、本当にごく少数の付き合って下さる読者さんにはもう感謝も感謝、足を向けて眠れません……
最後にどんな風に感じていただけるか、それが今から楽しみのような、ちょっと怖いような。
相変わらず、誤解を招きそうな主人公二人の関係ですが(誤解? 理解?)、それについても足蹴にせずに温かく見守っていただいているようで、嬉しいです。たくさんの事件・人間関係が多重構造で起こっていて、でも実はそれぞれどこかでピタゴラスイッチ風に絡んでいて、そんな話を書いてみたいといういう謎のコンセプトで始まったこの物語。事件は収束するのか、それとも、新たなピタゴラに繋がっていくだけなのか……

というわけで、終章の名場面をひとつ、チラ見していただきましょう!

「お前は俺を殺す気か!」
 思わず大きな声を出していた。
 お前こそ、俺を殺す気か! そんな急に大きな声出したらびっくりするじゃないか。大体、そんなでかい図体でのしかかるなよ。潰れるじゃないか。俺はお前より、ずっとちっこいんだよ。俺だってこんなとこでくたばる気はないぞ。重いからどけって言ってんだよ、あり得ねぇよ。


一体何のシーン??と思われたでしょう。もう一言、聞いてみましょうか?

「お前」呆れたようにジョルジョは真に話しかけ、まだひっくり返ったままの真を助け起こした。「猿でももうちょっとましなことを考えるぞ。あんなとこによじ登れるとでも思ったのか。走っている裸馬に飛び乗れるくらいだから、お前の反射神経が猿並だってのは認めるけどな、馬の背中から落ちるのとは訳が違う。この下は城壁の断崖絶壁のようなもので、羽根でもついていない限りは、落ちたら間違いなく天国だ。このやかましいチビがあそこから落ちてくるよりもずっと悲惨だ。だいたい、普通、人間という種は、もうちょっと頭を使うものだ」

怒ったらくどい男だなぁ……いや、でもこのシーン、自分でも名場面のひとつ? と思っているのですけれど(バカバカしくて)、これだけでは何のことか分かりませんね(^^) サル扱いされている真……ぜひともお楽しみに!

小説のことではまだ中途に置いているものがいくつかあって、それを終わらせるまでは企画ものは手を出さないと決めているのですが(あ、八少女夕さんのscriviamo!には滑り込みたい)……何とか次のゾロ目にはリクエスト受付できるくらいにはなりたいと思っています。
えっと、白状しますと……(反省の意味を込めて)

 【死と乙女】
何しろ、原文の5倍くらいに膨れ上がっているので、ちょっと大変。何よりもクラシック音楽頭になっていないと書けないという代物にグレードアップしちゃったために、自分で自分の首を絞めている?という気もしますが、時間がある時にゆっくりと取り組みたい作品。いえ、頑張ります……
これはウィーンが舞台の、音楽学校に通う青年の青春物語。初恋と友情と、そんなお話、かな?

 【人喰い屋敷の少年】
あとちょっとなのに……あ~、頑張らねば。
少しレトロな昭和時代(いや、3丁目って時代じゃなくて、1970年代くらいでしょうか)の雰囲気をお楽しみくださいませ。

 【百鬼夜行に遅刻しました】
こちらが季節的に一番早めにアップ予定。あと2話……
キョウトに棲む鬼たちの物語。テーマが生死なので、ちょっと重い部分もありますが、小鬼のウゾくんと一緒に悩んでやってください。季節の花と共にお送りいたします。

 その他、連載ではありませんが、単発で気になっているものは、詩織のところに引き取ったミクのその後ですね。休止しているものがあと2作品ありますが、こちらはもともとだらだら作品なので、落ち着いたら再開。【海に落ちる雨】の連載が終わったら……かなぁ。手直ししながらの続き、なので。
おぉ、こうして挙げてみたら、大変なことになっていました。途中で忙しくなりすぎたりすると、集中力がなくなるんですよね。そんな自分を反省して、4周年にはすっきりしているようにしたいものです。

あ、これからもしもこちらを読んでくださろうという方がいらっしゃいましたら、この3作品を読みかけてくださると嬉しいです。これまでの部分も短いし、そんなに遠からず続きがアップされるはず(だ!)。


最後に企画もの。
今年もやりますよ! オリキャラオフ会
マコトが今からワクワクして夏休みのカレンダーを見ています。いつも一人ぼっちでおるすばんのマコトには、皆様とのひと時が嬉しくて仕方がないらいしいです。
いつの間にか夕さんから引き取らせていただいたこちらの企画(無理矢理もぎ取った?)。6月頃に公示予定です。オリキャラ持ちでなくても、本人参加もあり? なので、是非とも今年もご参加を!

この企画の最大のコンセプトは……「行ったことがなくても無理くり日本再発見!」ということで、その地域の観光大使になった気持ちで応援もするっていうところ、でしょうか。結構、地理の勉強にもなりますよね。松江浦河……次はどこに行こうかな。ね、マコト。
 にゃん!
 そう言えば、2月22日は何の日か知ってる?
 にゃんにゃんにゃん!
 さすがに知ってるね! さて、なんか企画するかな~、どうしようかな~
 にゃう~ん!!(訳:SHOCKに行くからって、さぼろうとかなしだよ!)


……これもそれも、皆さまがかまって下さるおかげです。
どうぞ4年目も、引き続き、よろしくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト

Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 18   

コメント


祝!3周年^^

ブログ3歳のお誕生日、おめでとうございます^^
大海さんは毎回辺境ブログとおっしゃってますが、存在感と中身の充実感はものすごいですから。
記事にも文章にも手を抜かない。巨石紀行ではもう、きっと普通に生きてたら知ることのない巨石たちに遭わせてくださいますし、三味線やその他もろもろ、触れたことのない分野に触れさせていただけて、すごく楽しいです。

きっと執筆時間もないほど仕事がお忙しいと思うのに、毎回読みに来てくださるし、丁寧なコメやコメ返にもいつも感謝してます^^

そして、いえいえやっぱり一番の魅力は真たちの物語ですよ。時々ふっと思い出すほど、マコトは・・・あ、マコトもだけど(笑) 真は私の中に住んじゃってますから。ちゃんと落とし前を付けて頂かねば(なんだ??)

最後、一体どんな風なラストを迎えるのか。竹流は一体どんな言葉を言うのか。興味は尽きませんが、今はまだ詮索せずにひたすら読ませていただきますね^^
コメントが遅くなることもあるかもしれませんが(最近めっきり寝落ちで><)、必ず読ませていただきますからね~~^^

最近は執筆速度が更に遅くなってきて、今年は私の方が継続が危ないのですが、新作が執筆できなくなったらとりあえず玉城の4コマでも上げ続けようかなんて(笑)

とにかく、のんびりまったりと、楽しく続けて行きましょう^^
これからも、よろしく♪

lime #GCA3nAmE | URL | 2016/02/01 19:37 [edit]


こんばんは~。

ブログ3周年おめでとうございます。
サキのブログは2011年10月に始めていますから4年と少し、おお!彩洋さんのブログより長いんですね。長くやっているだけの目立たないブログですが、サキも同じような気持ちですね。彩洋さん始め、かまってくださる方がいらっしゃるから続いている、そういうことは大いにあると思っています。誰も訪ねてこない、コメントも無い、ではそうそう続かないと思います。サキなんかすぐに心が折れてしまいそうですもの。皆さんには感謝です。
彩洋さんのブログには大長編が掲載されていますが、いまだに読み出す勇気ときっかけがありません。この作品を読み始めると、サキの作品の執筆が止まってしまうと思えるほど壮大な物語なんですもの。とりあえずは、ときどきUPされる読み切り短編や、新しく連載される作品など読ませていただきながら(和子とかウゾ君とか)緩々とお付き合いできればいいなぁ、と思っています。
紹介されている【海に落ちる雨】の台詞の断片だけでもキャラクターの作り込みの深さが垣間見えて面白そうなんですが・・・。
もちろん石のお話もです。
そして、おお!今年も「オリキャラオフ会」開催されるのですか!是非参加させていただきたい。誰を使おうか?いまから考えておきますね。楽しみが増えました。
4年目も彩洋さんが生み出される作品を楽しみにしています。
でも無理をなさらないでくださいね。体を壊されては何にもなりませんから。

どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:20000HIT企画へのリクエスト、ありがとうございました。
「キタハラとシスカがどんなふうに想いを実らせたのかってところ」ですよね。
サキも凄く気にはなっていたのですが、難しくて本文ではカットしてしまいました。でもふと考え始めると気になって気になって、他のお話が書けなくなってしまいました。で、ですね。他のお二人には悪いんですけれど、順番を入れ替えて彩洋さんのお題を先に書き始めています。
上手くいけば、このお題が一番最初の発表になると思いますが、崩壊してしまう可能性もとても大きいです。一行書いてはすぐ消している状態です。また記事の中でこの事情と進行状況をお知らせできるかと思いますので、どうなって出来上がっていくのか、あるいは崩壊していくのか、楽しみにお待ちください。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2016/02/01 19:39 [edit]


ブログ3歳のお誕生日、おめでとうございます^^
いあ、大海さんがこの3年でここに載せてきたものといったら凄いです。
一言では言い表せないですよ。充実のラインナップです。

そして私も大海さんの描くお話に魅了されてしまった一人です。
毎回、小説を楽しむと同時に、小説から生み出される映像と彩りに浸っております。
画を見せてくれる大海さんの表現にはいつも感動です。

それから、巨石の世界。このわくわくの新世界も教わりました。
Ausにも巨石の世界があって、見る目が変わりましたよ。
歴史はもともと好きだったのですが、大河に学ぶ日本史ならぬ、巨石に学ぶ日本史が非常に興味深いです。

それから、三味線ものも太鼓とつながりがあって面白いし、ガーデニングものが自分ではヒットだったりします。他にもたくさん。ちなみに、初コメはごんぎつねのお話の奴でした。なつかし^^

それから・・・って、書ききれないですよ~(^^;)
お仕事されながらというところが自分とリンクしていて、そこに妙な親近感が(笑)
でも、時々無理をされているのではというのが垣間見えますよ。
くれぐれもお体をお大事になさってくださいね。(最近はどう?)

それから(まだいくのか)
今年もお話が目白押しですね! 「海」がどう転がるのかホント楽しみです!
キャラオフ会! 今から気合い入っていますね。
そのころには新番組も軌道に乗っているのかな(あれ?)

それから・・・いあいあ、話は尽きませんがそろそろやめます(^^;)
これからもどうぞよろしくお願いします^^

けい #- | URL | 2016/02/01 21:10 [edit]


3周年、おめでとうございます

まずは、ブログ3周年、おめでとうございます。
とても精力的な活動をなさっていて、コンテンツも豊富だし、とても辺境ブログだなんて思えませんね。真の辺境、人外魔境は、どこぞのCafeを名乗るブログのようなもので(笑)

石紀行は、毎回おどろくことばかりです。
この日本に、こんなに巨石がごろごろしているとは。観光名所としてガイドブックに載っていないせいか、こうして紹介されるまで知らなかった場所がほとんどでした。
行ってみたいなぁと思うところは多いのですが、現実には足を運ぶ時間も余裕もないので、記事を拝見して行った気分にさてもらっています。読み逃げばかりで、すみません(平謝)

小説『海に落ちる雨』も、ものすごい力作というか本格的な作品で、内容も書きっぷりも見事の一言です。毎回、気合を入れて読ませていただいています。いよいよ終盤。これだけの物語がどう落着するのか、とても楽しみです。

そしてそして、もはや年中行事になりつつある、キャラのオフ会。
また開催していただけるんですね。嬉しいなぁ(完全他力本願)
行ったこともないのに、行ってきたふうに書くのは得意ですので、どこにでも参上させていただきますよ。

いろいろと楽しみながら、のんびりと活動していきたいですね。
これからもよろしくお願いします。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2016/02/02 00:30 [edit]


三周年おめでとうございます

こんばんは。

一年、あっという間でしたよね。
あの「100の質問」が一年も前のことなんて。
あれから、このブログの充実度は一年どころではない濃さだと思います。
お仕事を普通の方の三人分くらいなさって、三味線も、巨石歩きも、おっかけ(?)もやってのこの充実度ですから、どんな超人なんだろうといつも感心しきりです。
あ、真似はしません。死んじゃうもの。

【海に落ちる雨】の完結、それにたぶんご参加いただけるscriviamo! (これが最後かもしれませんよ!)と、目が離せませんし、それに最近読み逃げオンリーになっていますが、石紀行も楽しみです。

【死と乙女】は、たぶん【海に落ちる雨】が終わらないと手がつけられないでしょうね。どちらも、なんていうんだろう命削っているみたいに書かれている作品ですし。

他の作品も、それぞれに楽しみにしています。それに、オフ会。今年はどこかな。去年とこと今遊んでもらって味をしめたので、いじりやすい連中を投入するか、それとも皆さんが遠巻きになってしまう奴らにするか、今から楽しみです。

というわけで、彩洋さんとこのブログのますますのご発展をお祈りしてお祝いの言葉に代えさせていただきま〜す。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2016/02/02 06:24 [edit]


 三周年 おめでとうございます。
早い様で でも 見直すとしっかりと 其の年月分の小説が積み重なっているのですよね。
やはり 時間は侮れないです。

キャラのオフ会 また開催されるのですね すっかりと読む方専門になっていますが 楽しみにしています。
マコトの縦横無尽の活躍 楽しみだなぁーーー

そして 此れからも 宜しくです。

ウゾ #- | URL | 2016/02/02 21:33 [edit]


おめでとうございます~~m(≧∀≦)m

わあ!!3周年なんですね!!!
おめでとうございます~~~\(≧Д≦)/v-238
本当に、忙しい仕事で駆けずり回りながら
巨石を訪ね、紀行文を書いて
いくつもの長編を書きつつイベントものまで!!!!!
皆さん、コメントされてますけどホント!!超人ですね!!!

いや~~~(^0^;)\小説ブログの皆さんって
本当にマメだしどうやって時間を作ってるんだろう??
って不思議に思う方ばかりなんですけど
大海さんは、その中でもトップクラスですね!!!

なかなか、じっくりと小説を読んでコメントできず、ごめんなさいm(;m;)m
こんな私で申し訳ありませんけど
これからも末永~~~く
よろしくお願いいたしますm(^∀^*)mv-238

かじぺた #- | URL | 2016/02/03 01:44 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

limeさん、お祝いのお言葉をありがとうございます(*^_^*)
うぅ。でもやっぱり、時々ふっと我に返ると? なんか妙に辺境感がありまして……いつもコメントを下さる優しい人たちがいなかったら、このブログは閑散~としてるんだなぁとしみじみ思ったりするのです。当たり前なんですけれど。そう思えば思うほど、いつもコメントを下さるlimeさんたちは、本当に大事な存在なんだって、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

思えば小説も巨石も地味で、なかなか一般受けしませんが、この頃は少し開き直ってもいるので、石紀行に関しては、これでもか!って気持ちになりつつあります^^; いや、ここまでしつこく石の写真ばっかり撮っていると、何だか最近違う世界に入って行きそうな気配が……? でもこれからも本当によろしくお願いいたします。

そうそう、最近、私も寝落ちが激しくって、ポチとか拍手逃げになってしまう日も多くて、コメントやコメ返が遅くなったりしてすみません! 何だか帰ってきたらもうばたんきゅ~の状態で……平日の帰宅後はほとんど役に立ちません(;_:)
読み逃げにならないように遅ればせながらでもできる限りコメに伺いますので、見捨てないでくださいね! いや、本当は読んだときにコメを書きたいのに、考えているうちに・書いているうちに寝ちゃう(~_~;)
もちろん、limeさんもご無理なさらないでくださいね。読んでくださるだけでもほんとにありがたいのですから。

> そして、いえいえやっぱり一番の魅力は真たちの物語ですよ。時々ふっと思い出すほど、マコトは・・・あ、マコトもだけど(笑) 真は私の中に住んじゃってますから。ちゃんと落とし前を付けて頂かねば(なんだ??)
おぉ、ありがとうございます。私の方でも、今もやっぱりPCの壁紙は春樹とリクとの3ショット。ちょっと不思議な3人の距離感(別に知りあおうとするわけでもなく、でもなんとなく同類意識を覚えちゃっている感じ)、このイラストの中に漂ってるよ~と思いながら、1日に何回見ることか……(いや、単にPCを開く回数の問題?)
こうしてlimeさんが時々イラストにしてくださるので、私も真をビジュアル化して楽しめて、本当にハッピーです。ありがとうございます(*^_^*) 落とし前、つけさせていただきますね!(なんだろ?)
v-283 にゃん!
あ、君もね。

> 最後、一体どんな風なラストを迎えるのか。竹流は一体どんな言葉を言うのか。興味は尽きませんが、今はまだ詮索せずにひたすら読ませていただきますね^^
はい。そんな大した捻りがあるわけではないので(最大の捻りは、寺崎昂司が首謀者の一人だったって辺り、くらいですし)、あとはもう、物語の流れをお楽しみください。あ、捻りってわけじゃありませんが、最後のシーンは「え~?」って言われちゃうかもなぁ……だけど(..)
何はともあれ、竹流の最後の一言は、まぁ、よくもただこれだけのために引っ張ったね!と、呆れられる可能性大ですが、気持ちを察してやって、ちょっとほっとしていただけたらなぁと思っております(^^)

> 最近は執筆速度が更に遅くなってきて、今年は私の方が継続が危ないのですが、新作が執筆できなくなったらとりあえず玉城の4コマでも上げ続けようかなんて(笑)
玉城の4コマ漫画! それはまた素敵すぎる(^^) そちらも楽しみにしております。そうそう、玉城って、時々会いたくなる奴、ですよね。知り合いにいたら、何だかたまに連絡したくなる感じなんだろうなぁ。
limeさんもまた忙しいシーズンではないでしょうか? 寒くなって来たし、御身体お気をつけて下さいね! 
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします!!
お互いに仕事も、書くのも、あれこれ、頑張りましょうね!
コメントとお祝いの言葉、本当にありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/03 07:02 [edit]


三周年なのですね

大海さんの作品はやはり、しっかり落ち着いて読みたいものですから、なかなかついていけなくてごめんなさい。

まずはエッセイふうのものとか、マコトちゃん関連ストーリィなど読ませていただいています。

昔は私も同人誌などやったり、ワープロで書いて友達に読んでもらったりしていたのですけど、ブログはアップしておけば、読みたい人だけ来てくれて、迷惑かけなくていいかなって感じでした。

それでもやっぱり、見知らぬ方が読んで下さって交流が広がっていき、ご感想など下さると嬉しいですよね。
ブログってそういうものだったんだな、とやっとわかってきました。

大海さんがブログをはじめられて間もなく、limeさんつながりで知り合ったんでしたよね?
三周年、私も嬉しく思います。毎度遅ればせですが、おめでとうございます。

継続は力なり、ですよねぇ。
私のためにも(やめてしまわれると寂しいですから)、これからもがんぱって下さいね。

あかね #- | URL | 2016/02/03 17:16 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、お祝いのお言葉を頂き、ありがとうございます。お礼が遅くなっちゃってすみません(>_<)
そうかぁ、サキさんのブログは1歳お姉さん(お兄さん?)だったのですね。うん、サキさんは慎重派で、ゆっくりじっくり執筆派(そしてクオリティが高い)なのですよね。きっと長さとかはあんまり関係ないのかもしれませんね。更新のペースも人それぞれですし。でも、何より続けていられること、それが一番なのかもしれません。
うん、構ってくださる方々がいなかったら、きっとしょぼんとしてして、面倒くさくなってしまうんだろうなぁ。本当に本当に感謝してもしきれない感じです。
でも、このところ、サキさん、結構頑張っておられるような気がします! 更新のスピード、ちょっぴり?上がっておられますよね。でもクオリティは保たれているし。ちょっとコメが追いついていない時もありますが、ちゃんとまたコメに伺いますね! 彩洋ったら、来るの遅いよ!って大目に見ながら気長に待っていてくださいませ。

さて、うちの大長編……中身が大したことがない割に長いって気もするのですけれど、でも、熱に浮かされて書いたようなお話なので(あ、【清明の雪】の方は結構推敲した後なので、それほど無残ではありません、多分。もちろん、まだまだですけれど)、サキさんに粗いと言われちゃいそうです。
いえ、【海に落ちる雨】の方は本当にとんでもないお話なので、全く気になさらず、短くて読みやすそうなお話だけでもお付き合いくださいませね!  

> 紹介されている【海に落ちる雨】の台詞の断片だけでもキャラクターの作り込みの深さが垣間見えて面白そうなんですが・・・。
あ、そう言っていただけると嬉しいです! 実は結構、名台詞=迷台詞もありまして、そんな断片でも楽しんでいただけるのも嬉しいです。えっと、まるで新聞の名言コーナーみたいな感じで楽しんでくださいませ(うちのは勝手に名言、実は大したことない^^;)。
石の方も楽しんでいただけると何よりです。こちらはもう、コメントは気になさらず、写真を眺めていただけるだけでもいいなぁって思って書いております……

そして、オリキャラオフ会。今年もマコトと遊んでやってくださいませ。今からカレンダーを見てワクワクドキドキのマコト、今年は何と、ちょっと趣向を変えて、あの企画で……! 乞う御期待です(って、そんなもったいぶるほどのことでもないのに^^;)
夏休み前に公示いたしますね!

そしてサキさんの20000HIT企画。ほんとすみません。いや、これはもしかして禁則地へ踏み込んでいるのかしら、と思ったりもしていて、サキさんが本編でその辺りをさらりと流されたのは「ここは書けいないよ!」って意味だったんだろうと思っていたりもしたのですが、う~ん、ずっと気になっていたので、やっぱり知りたいなぁなんて思ったのでした。
書き始めてくださったのですね。そして夕さんとTOM-Fさんには申し訳ありませんが……いや、きっとお二方も気になっておられ流にちがいないから、一緒に楽しんでくださるはず。
でも、サキさんが納得される形になるのを待ちたいので、ゆっくりでいいんですよ。もちろん、崩壊もありです。私もよく崩壊していますから!

さて、何はともあれ4年目もよろしくお願いします。
コメント、本当にありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/04 00:43 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

けいさん、お祝いのお言葉、ありがとうございます!!
見返してみると、最初の1年がすごく頑張ったけれど、去年は少しゆっくりペースでした。でも、この頃は【海に落ちる雨】のラストスパート、頑張っているところですが、手直しするところが多すぎて(でもあの程度なのですけれど)、思ったより時間がかかっています。いつもコメントを頂き、励みになっています。引き続きよろしくお願いいたします!
いや、でも、けいさんのお話を読むたびに思うのですが、私ってなんてひねくれてるんだろ!って……けいさんの真っ直ぐと、私のゆがみまくり、ほんと、全然違うよ~と反省することも多くて、でも、この違いが面白いんだと思ったりもして、さらに、そんなひねくれたのを書いている私には、まぶしいけいワールド、必要なんだなあと思ったりする次第。
こちらも引き続き、楽しませてくださいね!

石紀行も読んでくださってありがとうございます。あ、こちらはもう、本当に私の忘備録的な側面も大きいので、あ、またでかい石か!って程度にお付き合いいただければ、ほんと、十分です(^^)
このところ、そろそろウルルに行ってみたいなぁなんて、計画も練っていたりして。海外旅行、もう何年行ってないんだろ。多分、パスポートの期限が切れているわぁ……でも計画を考えるだけでも楽しいですね。
もっとも、日本の巨石を巡るだけでも一生かかってもまわり切れん!状態です。その中で、海外の巨石で、ウルルとアイルランドだけは行っておきたいのですよね……また旅行の際にはあれこれ情報、ご提供くださいね!

おぉ、初コメ頂いたの、ごんぎつねでしたか! 懐かし過ぎる……(^_^)/~
ガーデニングも最近新しいものが無くて、でも、もうすぐ植えて2年目の梅の木が咲くかな~。っても、1メートルもないくらいの、まだ苗木です。桜は巨大化したけど、それでも10年以上経っているし、梅も気長に……またご紹介いたしますね!
うん、けいさんもお仕事しながら……時々「書く時間ない~」ってのが共通点ですよね。でも親しくしてくださるブログのお友だちの多くが仕事しながらってので、お互いに頑張ってるなぁって思えるのも素敵です。これからも、適度に時間をやりくりしながら、共に頑張りましょうね! あ、最近ですか……う~ん、仕事も結構忙し目で、あれこれ誓いを立てた分をやり切ろうと思ったり、ちょっと英語学習もね、再開したり、さぼり気味だったジムにも週1は行こうと決めたり、月2山登り(行ける時は巨石に、無理なときは六甲縦走?)を頑張ろうとしていたり。あれこれ、やり過ぎてるかなぁ。

はい、そして、オフ会ですね! 今年もまた、ちょっと毛色の違う企画を検討中。
マコトはカレンダーをいそいそと見ていますが、まだたくさんめくらないとその日がやって来ないので、ちょっとしょんぼりしています。でも今年は……どこかの旅行会社にパクリだと訴えられたりして^^; またぜひご参加くださいね!
はい、その頃には某新番組も……? どうでしょうか^^; 猫と狐はどっちが強いか! いやもういっそコラボ作品になっていたりして。
何はともあれ、これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませ。
コメント、本当にありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/04 01:30 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

TOM-Fさん、お祝いのお言葉を頂き、ありがとうございます!
いや~、精力的にやっていることと、辺境かどうかは別の問題、だったりしますよね、きっと(^^) 万人受けするものが何か、ってのがまるでわかっていないし、分かったとしてもそもそもそれに合う記事を書けないし、それは読んでくれる人が増えるに越したことはないけれど、もうそれも仕方ないし。
そう言えば、英語教材のキース・リチャーズのインタヴューで、彼がいいことを言っていました。「いいレコードを作って、これを好きになってくれる人が少しいればいい」……でも、メジャーな人が言っても、なんか私とは意味が違うけれど^^;
辺境には辺境の良さがありますよね! うん!(ということにしておきましょう!)

石紀行も、いつもありがとうございます(*^_^*)
いえ、これはもう、私が一番楽しんでいるので(記録に残すという意味で)、それを読んでくださるだけで、いや、写真を見てくださるだけで、ほんとにありがたいです。だって、「いったいこんなただのでかい石の写真を山のように載せて、何が面白いんだ」って言われてもおかしくないような、色彩に乏しい写真ですものね。それを流し読みしてくださるだけでもありがたい気持ちです。いや、もう、コメントなんて……書きようがありませんよね^^; 堂々と読み逃げなさってくださいませ!
でも、毎回驚いていただいているなんて、嬉しいです! これからも驚いていただけるような巨石たちをご紹介していきたいと思いますので、こっそりお付き合いくださいませ(^^)

【海に落ちる雨】、いつも読んでくださって、そして毎回コメントも下さって、ありがとうございます。本当に数えるほどの読者さんのおひとりになってくださって……何よりもの励みです。いや、このブログが続いているのは、この作品を読んでくださる方がいるおかげだと思っています。とっても感謝しております。
全くなんて話なんだ!って思われていると思いますが、でも、まぁあれはあんな話なので(いきなり開き直り?)……ラストに向けてひた走ります。最後までよろしくお願いいたします m(__)m
そうそう、フェアリーテイルズ…もラストスパートですよね! クライマックスで待ちぼうけの今、続きをサクサクお待ちしておりますよ!(と力を入れて応援する^^; とにかく待っているのであった)

今年のオリキャラオフ会は、この間、夏休みの旅行計画を考えている時に、あ、これいいかも!ってのを思いつきまして、またちょっと毛色の違う会になるかも? えぇ、もちろん、行ったことのないところでも、行ったふりして書く! これに尽きます! 今年もぜひお付き合いくださいませね! マコトが楽しみにしています。
と言うわけで、4年目も引き続きよろしくお願いします!!
コメントを頂き、本当にありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/04 02:20 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

夕さん、お祝いのお言葉ありがとうございます。
そうですね~、ほんと、この1年は記事のアップも時間がかかっていたことが多くて、ますますあっという間なイメージがあります。今年は勤勉にと誓ったので、ちょっと息切れしつつありますが、何とか1月を乗りきしました。うぅ、でもあんまり頑張ると確かに死んじゃうかも……(少なくとも崖から落ちないようにしなくちゃ!)
正月を挟んでの前後は仕事もちょっとバタバタで、今もまだ続いてはいるのですが……どこかで手を抜こうと思っても、結局後にしわ寄せがいくことが分かっているので、あんまり抜けないしなぁという感じです。うん、何とか5月まで乗り切ったら!(建物とシステムの引っ越しがあるのです……)

え? と、scriviamo! は最終回かもしれないのですか! あらら、えらいこっちゃ。とか言って来年もされている? でも、本当に大変ですよね。見ていてわかります。皆さんの攻撃も(あ、攻撃じゃないのか……でも攻撃に近い……)だんだん半端なくなってきている感じですし、それにこのスピードで打ち返しておられる夕さんを見ていると、かつてのナダルとフェデラーの試合のようで(あ、今なら錦織くんとジョコヴィチと言うべきか……)のようで……こちらにコメントを頂くのも気の毒な気がしております。今週末を乗り切ったら、ひとつまた山を越えるので(でも月末にまた山が……)、いよいよ書くかなぁ~

> 【死と乙女】は、たぶん【海に落ちる雨】が終わらないと手がつけられないでしょうね。どちらも、なんていうんだろう命削っているみたいに書かれている作品ですし。
ほんと、すみません! あれは元原稿があるので、すぐに終わるかと思ったら、本当に元作品の5倍以上に膨れ上がっているのです。どころか、なかったシーンの満載……でも、書いていて入り込める作品なので、またもう少しお待ちくださいね!
【海に落ちる雨】はとにかく終わらせたい! の一心です。これが終わったらちょっと一息つけるかなぁ。あともう少しになると、最後までアップしないと気持ち悪くなってきますよね。

それから、オフ会ですね! 勝手に強奪してマコトが幹事役をしておりますが、役不足ですみません。
今年はどこに行くか……実はちょっと毛色の変わった企画(っても、まだ3回目で変わった企画も何もないのですけれど)を考え中。っても大したことじゃないと思うのですけれど……お楽しみに!
そんなこんなで、これからもよろしくお願いいたします! 夕さん、お体に気を付けて、まずはscriviamo!を乗り切ってくださいね! 
コメント、本当にありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2016/02/04 07:25 [edit]


3周年おめでとうございます!!
お忙しい中、旅をされて解説つきレポも詳しくて、コンサートに三味線に小説に八面六臂どころか千手観音のようなご活躍、尊敬です~~+゚+。:.゚(*゚Д゚*).:。+゚ +゚

巨石群これからもどしどし紹介してください、すごく勉強になりますし旅先で見かけたら寄ってみたいですし
大海さんの魅力的なレポから「行ってみよう」ってなる人いるかもしれませんよ…!
わたしが訪ねた巨石で強烈に覚えているのは、月並みですが熊野の花窟神社かなあ、縁起からしてドラマチックな…。鬼ヶ城や獅子岩もよかったです。
神様やお祭やその土地ならではの風習から過去の人の思考をたどるのはわくわくしますね。世にロマンの種は尽きまじ。

100の質問なつかしいです、流行りましたね~。
カラヴァッジョめっちゃ好きです…3月の西洋美術館が楽しみ…竹宮恵子さんは先日自伝を出版なさいましたね。読みたい。

なかなかコメントできなくて申し訳ないですが、これからも楽しみに通わせていただきますのでー!
今後ともよろしくお願いします(^^)

p.s にゃんにゃんにゃんの日…(ΦωΦ)ソワァ
2月は猫の月ですね☆

ゆさ #- | URL | 2016/02/05 00:09 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

ウゾさん、お祝いのお言葉をありがとうございます!
御礼のコメ返が遅くなってすみません!!
3年くらいたつと、あれ? 何年だっけ? って感じになりますね。もっと長くやっていたような気もするし、いや、もっと短いような気もするし……でも確かに、カテゴリ欄を見ると、お、結構書いたなぁというのが分かります。こうして痕を見ると、しみじみ感じるものがあります。
最初の1年よりもだんだん更新はゆっくりになっていきますが、それでもだらだらながらも続けていられるのは、こうしてコメントをくださる皆様のおかげ……ありがとうございます m(__)m

オリキャラオフ会、そうですよね、ちょっと書くのが大変な面もあるのですけれど、全員と絡む必要はないし、今年の企画はもしかしてウゾさんもお好きな方向ではないかと思うので、よろしかったら参加のご検討を! っても、まだ先のことなのですけれど(^_^) いや、絶対例の御一行様に興味を持っていただけるのではないかと思っているのですよ!
マコトは単に、誰かに遊んでもらえるのが嬉しいだけみたいですけれど、すっかりやる気満々になっています。遊んでやってくださいね!

今年こそ、ウゾくんの物語に一応エンドマークを入れたいので、こちらもよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございました!! そして、こちらこそ、改めましてこれからもよろしくお願いいたします!!

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/05 06:16 [edit]


かじぺたさん、ありがとうございます(^^)

かじぺたさん、お祝いのお言葉、ありがとうございます!!
御礼のコメ返が遅くなってすみません!!
はい、いつの間にか3年が過ぎていました。それより長くやっていたような、そんなに長いとは思わなかったような……歳をとると、時々自分が何歳だったか分からなくなることがありますが(生年から引き算することがある^^;)、こちらもそんな感じで、あれ? 2013年からだから……今年何年だっけ? って感じです(危ない、痴呆の検査に引っかかるなぁ……100から7ずつ、引けるかしら?)
でも、ちょっと分からなくなるくらい、こうして続けていられたのも、こうしてご訪問くださる方がいるのと、暖かいコメントのおかげです。本当にありがとうございます!!

精力的と言えば、よほどかじぺたさんのほうがすごい!って思います(^^) だって、あの充実のラインナップ。旅行もだけれど、色んなことに興味津々の素敵な記事に、さらにお料理! うん、読み逃げになっていることも多いのですが、これからも私たちの目を楽しませてくださいね!

そして、小説の方は、本当に気になさらずに……雑記だけ流し読みしてくださるのもあり、巨石の写真だけ眺めてくださるのもあり(だって、この巨石の写真を撮るために、ちょっとばかり努力していますものね! 結構山を登ったり……時には道なき道を行ったり……)で、少しでも楽しんでいただけたらと思っています。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
アニキ達も、よろしく頼むぜ~(^^) 
v-283 にゃ、にゃん、にゃにゃ~ん!(エドアニキ、アーサーアニキ、また一緒に遊んでね!)
コメントありがとうございました!!

彩洋→かじぺたさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/05 07:01 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

あかねさん、お祝いのお言葉、ありがとうございます!!
コメ返が遅くなってすみません。寄る年波に勝てず……帰ってきたらばたんきゅ~~~で(>_<)

いや、私の方こそ、あかねさんの精力的なスピードにまるきりついていけていないのですが、そして、読み逃げ・拍手逃げをしていてコメを残さないままのことの方が多くて、ほんと、すみません!!
でも、あかねさんの世界感、ちょっとシニカルなあかねワールド、拝読してはにやっとしているのです。これからも楽しませてくださいね!
そして私の方は、もうほんとに気になさらずに……結構自己満足な世界なので、本当にちょっと気に入ってくださる人がいたらいいなぁなんて、そんな感じですので。
それに、マコトはうちの看板息子。マコトと遊んでくださるだけでも、本当にありがたいです。何しろ、ツンデレのくせに、構って病。ネコってそんなものですけれど(^^) また構ってやってくださいね!

> 昔は私も同人誌などやったり、ワープロで書いて友達に読んでもらったりしていたのですけど、ブログはアップしておけば、読みたい人だけ来てくれて、迷惑かけなくていいかなって感じでした。
あぁ、確かにそうですよね。読んでってなかなか言いにくいもので、時間もそれなりにとらせちゃうし。でもブログは、興味を感じてくださった人が読んでくださって、そして時には優しいコメをくださる、だからいいのかもしれませんね。それでも、全然誰も構ってくれなかったら、きっと寂しいだろうなぁ……コメのおかげで、あ、そうか、そういう風に感じてくださったんだと思うと、また次に繋がったりもして、それが新しい方向へ向かうきっかけにもなって。
もちろん、コメはなくてもすごいいっぱい拍手!とかでも嬉しいだろうけれど(そんな拍手をもらったことないので、分からない境地)。

あかねさんとのお付き合いも長くなりました。これからも細くてもなが~く、お付き合いくださいませ。
継続は力なり、ほんとそうですよね。地味にちょっとずつ、続けて行けたらなぁと思います。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします!!
コメントありがとうございました!!

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/05 07:15 [edit]


ゆささん、ありがとうございます(^^)

ゆささん、お祝いのお言葉を頂き、ありがとうございます!!
いやいやいや、ゆささんの行動力こそ、私には驚きです! 日本中を縦横無尽に遊びつくしておられると言えば、それはまさにゆささん。しかも押さえ所が渋い! 
ゆささんのレポートで、私も昔の歌舞伎熱が復活しそうですよ!(いやでも、それをやり出すともう身が持たないかも……でも、たまにはいいかなぁ……) ゆささんの旅解説ほどに芸術的でもないし、あんまり他人様に受けていないのですけれど、ちょぴっとでも楽しんでいただけているのなら有難いです!

> わたしが訪ねた巨石で強烈に覚えているのは、月並みですが熊野の花窟神社かなあ、縁起からしてドラマチックな…。鬼ヶ城や獅子岩もよかったです。
おぉ、熊野ですね。そうなんですよ。近畿の巨石って実はもうずいぶんと前に、普通に古墳と神社仏閣が好き~という時代に何気なく巡っていて、その頃の写真もないので(あるいは撮っていてもネガで残っているだけで)、すっかり記憶の奥なのですけれど……熊野もずいぶんと以前に行ったきり……また記事を起こすために再訪したいと思っています(^^)

> 神様やお祭やその土地ならではの風習から過去の人の思考をたどるのはわくわくしますね。世にロマンの種は尽きまじ。
うんうん。こういったあたり、ゆささんの記事からもあれこれ学ぶことが多いです。これからもますます楽しませてくださいませね。
カラヴァッジョは、実はうちの長い小説の片一方の主人公(修復師)の師匠のモデルの1人なのです。おかげで、何故かうちの本棚にはカラヴァッジョの生涯的な本が並んでいたりします。と言っても、その人が出てくるシーンはほんのちょびっとなのですけれど。ローマやマルタで作品を観ましたが、その空間に入っただけで深層を抉り出されるような気がしました(教会の演出のせいもあるけれど)。おぉ、そしてけーこたんの自伝ですか! それは読みたい。さっそくチェックしてみます(^^)

> なかなかコメントできなくて申し訳ないですが、これからも楽しみに通わせていただきますのでー!
いえいえいえ、こちらこそ、折々のご挨拶状態になっていますが、いつも記事を楽しみにさせていただいております。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
そうそう、にゃんにゃんにゃんの日。ゆささんちも何かお祝いがありそうな予感……ねこあつめにいっぱい猫さんが来てくれそうな? うちのマコトもこそこそとそわそわしているようなので何かお祝いを考えてやることにします(^^)
コメントありがとうございました!!

彩洋→ゆささん #nLQskDKw | URL | 2016/02/06 00:38 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/696-b8adda93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)