09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

❄4 竹流 空の酒壜 弥勒菩薩 

 縁側の障子から明るすぎるほどの光が様々な影を伴って、閉じたままのまぶたの上で踊っていた。身体がまるで動かないが、金縛りのような嫌な感覚ではなく、ふわふわと気分は良かった。
 まだ夜中なのか、あるいはもう夜が明けようとしているのか、幻の中にいるのか、現実なのか、まるで分らなかった。
 目を閉じたままなのだから見ているはずはないのだが、瞼の上で光の揺れを感じる。襖が開いたようだった。
 真の身体の上に影が落ちる。
 その瞬間、真を取り囲んでいた光が大きく揺らぎ、走った。波が引くように、天井の隅へ、障子の隙間へ、床の間の柱の陰に、そして天井の龍へ、吸い込まれていく。
 影は何かを躊躇い、揺れながら真の上で大きくなる。畳に触れている皮膚から、囁くような軋みが伝わってきた。
 月の光はまだ真の身体に残っているのか、ぼんやりと温かい。肩に誰かの手が触れた。
 その時、真の身体に、血のように何かが流れ込んできた。
 これは何だろう。誰かの想いなのか、あるいは願いなのか、触れた温度は全てを伝えるようにも思え、満たされない何かを隠しているようにも思える。ずっと誰かを待っていたような気がしていた、その誰かが今、襖を開けて真のそばに歩み寄り、肩に手を触れている。その姿を見つめ心を見たいと願うが、流れ込んでくる感情はただ穏やかで優しく、躊躇うような気配がある。
 耳元でとぷん、と音がした。温かい影が酒壜を振っている。小さな溜息と、穏やかな呼吸、そして不意に身体が浮き上がった。鼓膜に心臓の音が震えている。鼻をくすぐるのは、よく知っている白檀のような香木の香りだ。その香りはしばらくの間、真の身体を包み込んでいた。
 これも脳が作り出した幻覚なのだろう。
 十一で東京に出てきてから何年間か、しばしば満員電車や学校でパニックになるというので、真は精神科医のところに通っていた。功の友人の精神科医は幸い辛抱強い人で、もちろんそれが精神科医というものかもしれないが、真が何も話さずに座っていても、急かしたり問い詰めたりはしなかった。学校はどう、とか、友達はいるの、とか、聞かれたくないようなことは聞かなかった。たまに絵を描いてみるか、と勧められたりもしたが、そもそも真は絵が苦手だったので、実のなる木の絵とか、家の絵とか、人の絵などは描けなかった。たまに気が向いた時だけ、馬の絵や星雲の絵を描いた。それが心理検査であることは何となく知っていたが、何の意味があるのかはよく分からなかった。
 功が何とか真の障害を理解しようとして、色々と努力をしてくれたことは分かっていた。精神科医のところに通うのは頭のおかしい人間だけだと思っていたが、功が科学的に分析できることならきちんと確認して、一緒に乗り越えていこうとしてくれていたのが分かっていたので、嫌だとは言えなかった。解離性障害や転換性障害という難しい言葉を丁寧に説明してもくれた。ただ、自分の症状が、そのような病気だとは確信が持てなかった。
 もっとも嫌だったばかりではなく、時には自分のほうから進んで診察を受けに行ったこともあった。このまま社会と折り合っていけないのは拙いということが、何となく分かっていたからで、妹と二人きりになってからは尚更、上手くパニックにならないで生きていく必要性を感じていたからだった。
 だが、竹流は功とは違う考えだった。理屈をきちんと説明しないと気が済まないという共通点はあったが、撫でるように隠すように真に優しくしようとする功や周りの大人たちのやり方に対しては、竹流はいつも辛辣な批判をしていた。お前は可哀想で特別な子どもではない、一人の人間として強くあれと真を叱りつけ、生きるための言葉や意志を与えてくれた。正直なところ逃げ出したくなるくらいのスパルタだったが、身体を鍛え、苦手な分野の勉強を克服し、そして好きな世界を広げる手伝いをしてくれた。
 愛情などではなかっただろう。ただ弱さを逃げ道にしている真に腹を立てていたのに違いない。だが結果的には、功は竹流を信頼し、息子の教育の一切を彼に委ねるまでになっていた。
 お前が妙なものが見えるというのは、大きな括りでは『錯覚』というものだ。怖いと思えば、暗闇ではシーツも幽霊に見える。お前は現実の人間が怖いと言って、頭の中に錯覚の住処を与えてしまっている。現実の世界と折り合えないことに逃げ道を探して安心しようとする。だから競争の中に放り込まれると、すぐに逃げ出そうとしてしまう。時には他人を出し抜いてでも前に出ようとする気概がない。他人への思いやりが深い、というだけではない。ただ傷つくのが怖いからだ。だが、努力もせず、傷つくこともなく、何かを手に入れたり、誰かを守ったりすることはできない。
 いちいち尤もなことを言われるので、時には腹が立つこともあったが、彼のもとから逃げ出し何もできないと思われ続けるのは悔しいと思っていた。見返したい気持ちや、認めてもらいたい気持ちがあったし、それに、真に本当のことを突き付けてくる大人は、彼の他にはいなかったのだ。
 そしていつのころからか、時々竹流は怖いくらいに優しい顔を見せるようになった。ただ相手を威嚇して牙を剥くことしかできない気の弱い野生の生き物のようだった真に、教育を施し、それが実っているという満足もあったのだろう。実際、真のほうも自分が彼のよき教え子であることを自覚していた。
 だが、乗り越えたと思った今でも時々、満員電車の中で冷や汗が出てくることがある。何かきっかけがあるわけでもないが、吐き戻しそうになる。
 一度、一緒に乗った満員電車の中で、手を握りしめられたことがあった。手掌に冷たい汗をかいているのは自分でも分かっていた。電車の窓からは西日が射していて、見上げた竹流の顔に橙の影を作っていた。
 まだ怖いか、と聞かれた。
 時々、と答えた。
 お前は、生きているものがひとつひとつ、とてつもなく重い感情を持っていることを肌身で知っている。だから、それがかたまって沢山いるという状態の中に放り込まれると、それが重い感情のつまった箱の中のように感じる。感情は重いのに、風船のように簡単に破裂する。耳元や遠くで破裂する音が、お前には自分の身体の中で起こっていることと区別がつかないのだろう。
 真にとっては意外な言葉だった。ずっと高いところから真を教え諭してきた相手が、真の傍に降りてきて、そして困惑しているのは彼自身のほうだとでもいうような言葉を投げかけてくる。優しく、不安な温かさが、その握りしめた指から伝わってきていた。
 縋ろうとして指に力を入れた途端、確かだと思っていた手が、すり抜けて行った。竹流の手だったのか、美沙子の手だったのか、あるいは真が手に入れるはずだった未来なのか。
 幻を消すように、ふわりと肩に掛布団が、まさに羽のように落ちてくる。
 真はまたいつものように布団に潜り込んで、胎児のように体を丸めた。


 翌朝、真が目を覚ましたとき、竹流の姿は布団の中にはなかった。真は手を延ばして羽織を取ると、浴衣の上にはおって縁側に出た。
 すでに若者たちが掃き清めた後なのか、庭の枯山水の川は綺麗な白い流線を描いている。
 右手の臼状の水盤が東からの光を受けて、鏡のように反射して広間の方へ丸い光を投げ掛けていた。木々の緑はまだ芽吹くことを躊躇っているようで、重なる枝の隙から、幾重にも光を滑り込ませている。
 縁側にはもう酒壜もかわらけもなかった。内緒で持ってきたのだから、住職が早々に片づけたのだろう。
 広間の障子は開け放たれていた。竹流が濡縁のすぐ傍に立ち、庭からの光を微妙に取り込んでいる広間の天井を見上げていた。真も天井を覗き込んだ。
 もちろん、龍は消えてなどいなかった。どう考えても、そう簡単に消えるような儚い気配はないのだ。
 竹流が真に気が付き、おはよう、と言った。
「よく眠れたか?」
「あんたは?」
 竹流が少しばかり不思議そうに真を見つめ、穏やかな声で答えた。
「夢を見ていたな」
「夢?」
「お前が広間で誰かと酒を飲んでて、俺が見に行ったらお前は飲み過ぎて眠っていて、こっちの部屋に連れてきた、それだけの夢だったけど」
 真は幾分混乱して竹流を見た。
「それ、冗談?」
「どういう意味だ?」竹流はしばらく考えているような顔をした。「本当に飲んでいたのか?」
「いや、多分夢だと思う」
 ちょっと気持ち悪いが、夢が重なるということはないわけではない。あるいは、寝る前に飲んだ酒が、幻覚を引き起こしたのかもしれない。
 あれが夢でも、ひどく切ない想いだけが、胸の真ん中あたりに残っていた。この想いにはどこにも行きつく先がないのだとして、それが辛いのか悲しいのか、それとももう願うことさえ無駄なのか、それどころか自分が何を求めているのか、よく分からなくなっていた。
 美沙子と付き合い結婚する、大学を続けて留学し宇宙に飛ぶという夢を叶える、そういう確かな未来と幸福という足枷を無くした途端、自由がかなり居心地の悪いものだと知ったようなものだ。誰の目にも羨ましいと映るような輝かしい未来は自分に似合わない、などと格好のいいことを考えているつもりでもない。だが、気が付くと、ただ自分自身の感情に振り回されているばかりだった。
 若者の一人に洗面所に案内してもらい、顔を洗った。水は冷たくて、整理できない頭の中を覚ますようだった。それから、また別の若者が朝食を運んできた。朝食を終えると住職が現れて、竹流と真を本堂へ案内した。竹流は住職の説明を聞きながら、修理しなければならない小さな仏像や仏具を確認していた。
 竹流は本堂の脇廊になっている畳の上で、いくつかの道具を広げて仕事に取り掛かった。真は側に突っ立っていたが、結局することもなくて、竹流の側に座った。
「お前、暇だったら散歩でもしてきたらどうだ? 少し下れば曼殊院や詩仙堂、それからちょっと歩かないとならないが銀閣寺もある」
「うん」
 返事は一応したものの、真は動かなかった。
 竹流は小さな木の仏像から丁寧に背板を外し、中の朽ち具合を確認し始めた。
「それ、どうなるんだ?」
 何か話しかけていないと気まずい気がした。もしも夜中に見た光景が夢ではなかったのなら、本当に彼の手が触れ、この身体を抱き上げられたのだとしたら、あの時流れ込んできた記憶の断片は、竹流自身の記憶なのだろうか。あの西日の中に浮かび上がった姿が、怖いほどに美しく思い起こされる。
「これは一木造りの仏像だからな、ひび割れを防ぐためにこうやって背面から内部をかき取ってある。そこに蓋をするのに背板という板を嵌め込んであるんだ。和尚の話では、建物のどこかを補修改築したときに出てきたらしい。下になっていた部分がだいぶ腐ったようになっているので、そこを腐食止めして、あとは像の前面にまで及んだ腐食をどうするかだな」
 仏像を確かめる指先、そこにつながる関節の優雅な屈曲に、真は震えた。
「十世紀から十二世紀になるとほとんどが寄木造りになるから、これは平安時代前期くらいまでの作品なんだろう。作風からは奈良というより平安のものだな。一木造りは、ひとつの木から一気に失敗なく彫り上げないといけないから、その鑿の運びに気迫があって、こうしていても気圧されそうなときがある。こんなに朽ちていてもな」
「弥勒菩薩?」
 声が上ずっているようではしたないと思ったが、竹流は気が付かなかったようだった。
「よくわかったな」
「灯妙寺のとよく似ている」
 北海道から孫のために出てきた真の祖父母が、今東京の白山にある灯妙寺に住んでいる。寺の住職は、真の祖父の剣道仲間で、彼らはそこの離れを借りていた。
「灯妙寺の弥勒菩薩も禅定印を結んでいたな。奈良時代までは半跏思惟像が主流だったが、その後はむしろ立像や座像が多い。もったいないな。この瞑想に耽る尊顔は、この世の物とは思えない。保存状態がよければ国宝級の出来栄えだ」
 竹流は背板の裏を確かめる。真も一緒に覗き込んだ。木そのものがかなり痛んでいるので分かりづらいが、何か文字が書かれている。
「何?」
「年号だな。室町時代のものだ」
 竹流は目を細めるようにして背板の文字を確認しながら、先を続けた。
「だが、日本人というのは、何故かこういう朽ちたムードを好むからな。そういうムードを残しながら、如何に修復するかが問題だ。まぁ、修復という言葉の意味合いも、それに対する世の中の期待も、時代とともに変わっている。だが、西洋の聖堂にしても宮殿にしても、やはり東洋の寺院だって、建てられた当初は金銀極彩色の絢爛たる姿だった。それは財力や権力を示すためだけではなくて、天国や極楽というのは類稀なる美しさである、という人間の憧憬の気持ちから出ている。本当はキラキラにしてやりたいんだけどな」
 竹流は背板の裏の文字を目で追い続けていた。後半は独り言のようだった。

関連記事
スポンサーサイト

Category: ❄清明の雪(京都ミステリー)

tb 0 : cm 6   

コメント


びっしりと丁寧に書き込まれた描写と文章が歴史ある京都にとてもマッチしていますね。

仏像のこと、勉強と研究されたのでしょうね。
とても詳しく書かれていてビックリです。

このお話はブログ初期の頃に公開されたとのことですが、執筆の時期も他の作品より早いのでしょうか?

今まで読ませてもらったものよりも、更に文章が良いように感じたものですので(あっ、前に読んだ分が悪いって訳ではないんですけど、スミマセン。汗)。

ヒロハル #- | URL | 2014/01/25 19:48 [edit]


ヒロハルさん、ありがとうございます(^^)

わぁ、もう、ほんと、すみません^^;
この頃、ブログの何たるかを知らず、縦書きのワードの文面を横書きで発表すること自体に違和感があって、もう兎に角、そのままアップしていたもので、びっしりになっているのですね。読みにくいとか、まるきり考えなくて……^^;
舞台となっているお寺は、モデルはありますが、私のそのころ感じていたイメージを膨らましたものです。舞台になっているお寺以外は実在のお寺です。ちゃんと勉強したわけではないので、小説を書くときにあとから結構勉強しましたけれど^^;
ただ、竹流が語っている薀蓄のあれこれは、私がいつも考えていることがかなり含まれています。
歴史学、好きなんです。特に民俗学との穴埋めをしながら、日本史を大きな流れでとらえられていた網野善彦先生にはまっておりました。

> このお話はブログ初期の頃に公開されたとのことですが、執筆の時期も他の作品より早いのでしょうか?
> 今まで読ませてもらったものよりも、更に文章が良いように感じたものですので(あっ、前に読んだ分が悪いって訳ではないんですけど、スミマセン。汗)。
しかも、またまたすみません^^;
私って、書く文章にムラがありすぎるんですよね。
今は、できるだけブログで読みやすいように、少し簡素に書くように心がけているのもあるかもしれません。『天の川』とか『奇跡を売る店』はその系統です。『死と乙女』はどちらかというと、文章への気合の入れ方は『清明の雪』に近いです。
えーっと、執筆時期は、『清明の雪』がこのブログで発表している中では最も古いです。
でも、多分「良い」と感じていただいたのは、推敲の回数によるのかもしれません。
このお話、始めはこの1.5倍くらいの長さがあったのです。視点も複数で。それを一旦半分にシェイプアップして、それから再度枝葉をくっつけて今の長さになっています。
それでも、何回推敲しても、まだまだ足りない気持ちでいます。
このくらいの長さだとまだコントロールがつくのですが、『海に落ちる雨』はもう、何が何だか状態です。それでも頭の中では一応収拾がついていたのですけれど、今アップしながらまだまだ迷っています。
果てがないですね……さらさらと素晴らしい文章を書かれる書き手さんが本当にうらやましいのですが、どうしてもあれこれ癖があって、後から気がつくことばかりです。
読みにくい点、いっぱいあると思うのですけれど、これからもよろしくお願いいたします m(__)m

彩洋→ヒロハルさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/26 13:46 [edit]


だんだん引き込まれてきました

こんばんわ。またお邪魔しました。
この物語も4章まで読み進めてきました。
最初は複雑すぎて、なかなか頭に入らなかったのですが、徐々に入ってきました。
真という人が少し分かってきました。
冒頭シーンは真の夢の中のできごとですか?
亡霊のような、いや生霊のようなものが彼を取り囲んでいるような幻想の世界ですね。
真はいずれ結婚するのですか? そのあと彼女に再会するのですね。

弥勒菩薩、有名ですよね。何かわくわくしてしまいます。
京都や奈良をはじめとして、仏像のことなど、歴史もしっかり調べていらっしゃるので安心して読めます。
京都の風景、もっと出してください。

さやか #QOvcH0So | URL | 2015/06/10 22:18 [edit]


さやかさん、ありがとうございます(^^)

こちらもまたありがとうございます。最近になって、ようやく読みやすく体裁を整えるということが、少しだけわかってきたのですけれど、この時はまだまだ我儘勝手にアップしていて、本当に読みにくい文章と字の詰まり方でごめんなさい……本当に「複雑すぎて」ですよね……
でも、それにもかかわらず、また訪ねてくださって嬉しいです(^^)
この物語は不思議がいっぱいかもしれません。真の夢なのか、現実の出来事なのか、わざと分からないように書いてあるのですが、どこからどこまでが現実の出来事なのか、夢なのか、あまり区別せずに読んでいただいた方がいいかもしれません。京都って、そんな町なんですよね。どこかの辻を曲がったら、もう魑魅魍魎が普通に歩いているかもしれない、そんな雰囲気を醸し出せたらいいなぁなんて、そう思いながら書いていました。
真は、子どもの頃の遊び相手がコロボックル、という不思議青年なので、彼の目に何が映っていても、現実に他人にも見えるかというとそうでもないかもしれません^^; 現実主義者の竹流も、少しずつ巻き込まれていっていますが……最後に二人が見る幻想?の世界をとっぷりお楽しみいただくためだけにこの話を書いたのです。ご用意したキラキラシーン、お楽しみいただけたら嬉しいです。
あ、でも、結構京都観光案内みたいな部分もあるので、その辺りもお楽しみいただけると思います(^^)
途中に、2人が京都の水の源を求めて、あるお寺を訪ねるのですが、そこは私の隠れ家的な場所です。毎年通っていますが、ある橋を渡ったら、もう現実の世界ではないような気がしています。いえ、幻想とかファンタジーとかそういうものでもありません。何というのか、「より現実」なのかも。世界は目に見えるものだけで構成されているのではないと、確かに感じることのできる場所です。
京都はホームグラウンドなので(だったので)自然に言葉が出てくるような気がします。一時寺巡りを趣味にしていた時期もあったので(今はもっと原始的な祈りの世界……巨石に嵌っていますが)、その頃に感じたことがこのお話にはいっぱいに詰まっています。
京都の風景は他の作品でもちらちらと出てくるかもしれませんので(『奇跡を売る店シリーズ』とか)これからもお楽しみいただければと思います(^^)
コメント、ありがとうございました!!

彩洋→さやかさん #nLQskDKw | URL | 2015/06/11 00:42 [edit]


こんにちは〜(o^∇^o)ノ
最新の更新の最終章をちらちら覗き見ばかりしていて
早くそこまで行き着きたい>< と躍起になっているcanariaです。
でもでも、そこまでに至る二人の心の軌跡を拝読しなければ
最終章に目を通せないジレンマ……、こう、キラキラシーンは目の前に
あるのにそのキラキラを最大限味わうためにおあずけをくらっている
犬のように、すっかり彩洋さんのファンになってしまったわたしです。

真は……
精神的に不安定な人なので、こういう夢かうつつかわからないのが
彼にとってのデフォルトというか現実なんじゃないかな〜って
違和感なく読み進められました。
心理学や精神医学に絡めながら綴られている心理描写もすごい秀逸です!
そして内的世界だけじゃなくて、京都という「現実の」外部世界の描写も緻密に織り込まれられているので、幽玄なんだけれどそれだけに終始してない、何とも味わい深い読後感があります。
こちらの小説がなぜ商業出版されていないのか不思議に感じるほどです……
真視点の竹流の指の描写、真の想いの一端が伺い知れるようでした。

あ、それから、前回の「野性」は「野生」のつもりでした、普通に打ち間違えてました(^^;) ややこしくしてしまってすみません///

canaria #- | URL | 2016/05/20 21:21 [edit]


canariaさん、ありがとうございます(^^)

おぉ、最新の更新まで覗き見してくださってありがとうございます! いや、この話は、行ったり来たりもしているので、どっちを先に読んでも結局は構わないって気もするのですけれど……ほんと、すみません。
【清明の雪】って、結構読みにくいんですよね。文字が多すぎて、いや、皆様、よく読んでくださった!と感謝カンゲキです。そして今読んでくださっているcanariaさんにもご迷惑をおかけしております……【清明の雪】を読まなくても【海に落ちる雨】は読める仕組みになっているのですけれど、読んでいると、最後の方に登場する『和尚さん』の生霊!の活躍が「なるほど!」と思っていただけるかというので、ちょっとだけ楽しみ度がアップするかも? 程度の事でして。

でも、【清明の雪】は気合を入れてラストシーンを作りましたので、もう二度とは書けない、こっぱずかしいほどの超キラキラシーンをお楽しみいただける……はず???
地味なお寺が舞台の話なので、出てくるのは物の怪とか妖怪遣いと噂される和尚さんとか、はみ出し者の小僧たちばかりですが、京都観光案内としてお読みいただけると、それはそれで結構楽しいかも? と勝手に思っています。華やかな話でもなく、とっつきも悪くて、ほんと、申し訳ないのですけれど、読んでくださって嬉しいです。
あ、遠慮なく、最終章の覗き見もしてください! 別にネタばれも何もありませんし、最後の竹流の台詞にしても、一応「キラキラだから内緒!」なんてかましてましたが、ふたを開けてみれば、何だ、そんなありふれた台詞? そんなに引っ張る必要あった?って感じですし……^^;

そして、真のことを色々と思いめぐらしてくださってありがとうございます!!
真は子どものときから「友達(=コロボックル)を紹介する」っておじちゃんに言ってビビらせてしまった経歴を持っていまして、今でも時々見えちゃうみたいです。いつもってわけでもないし、心霊探偵みたいにその能力を使って何かができるわけでもないのですけれど、見えても慣れっこ状態。気持ちが不安定なときは余計に感じるのかもしれませんね。
でも! このお寺、そもそも妖怪遣いの和尚さんのお寺ですから!(って、そんな括りでいいの?)

このお話は、決して本物の物の怪の出てくるファンタジーではなくて、真の視点からはそう見えている世界を描いているのですが、現実的に不自然ではないように、過剰にならないように、でもその「不思議なモノたち」に導かれて謎を解いていく、というイメージを形にしてみようと思いました。上手く言っているのかどうかよく分からないのですけれど、canariaさんに頂いたコメで、あ、そんなにダメダメでもなかったみたい、とほっとしています。
心理学とか精神医学の世界、結局は「分類」なんですよね。でも現実の心の問題は分類では割り切れない。真は自分が自分であることの証明義務を大人から押し付けられていて、それが苦しかったのだと思います。もちろん、その大人たちはみんな本当に彼を愛しているからそうしているのですけれど、その愛情ゆえに「自分はダメな子、はみ出している」と思っちゃってた。そこに竹流が現れて、まさに力技ですよね。「生き抜くためにはまず力を身につけろ!」って西洋的論理作戦で切り込んできた。取りあえず、蜜月には真は彼の言うことを聞いて頑張っていて、何とかなっていたのですが、今度は竹流の方が揺らいじゃった。
論理的にはあり得ない世界が、この京都にはあるのですよね。
二人の関係は、そうやって、相容れない何かが火花を散らしている感じになるのですが、年齢によって、時間経過によって色んな顔を見せるのです。でも最後まで、真はやっぱり「変わらない」し、竹流は「揺らぎまくり」なんですよ。それはこの二人の関係が、竹流が「問い」、真が「答え」の図式になっているからなのですが、答えは自分が答えであることを知らないし、問いには答えが見えませんから……
そんなややこしい人たちですが、これからもよろしくお願いします(*^_^*)
canariaさんがこうして深く読んでくださって、本当にうれしく思います。

> 真視点の竹流の指の描写、真の想いの一端が伺い知れるようでした。
あ。そんな細かなところまで! ありがとうございます!! うぅ。ちょっとエッチな感じを指先にひそめてみました……え? いや、指ってある意味エロチックですよね。それが仏像を修復しているならなおさらです。あ、決して不信心で邪なつもりではないのですけれど、真の目からすると・…・ですよね。
> あ、それから、前回の「野性」は「野生」のつもりでした、普通に打ち間違えてました(^^;)
こちらもすみません。野性の証明? 野生の証明? きっとちょっとした違い、なんですけれどね。
コメントありがとうございました!!
あ、私もダウンロードした物語、じわじわ読み進めさせていただいています(*^_^*)

彩洋→canariaさん #nLQskDKw | URL | 2016/05/21 10:40 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/7-f78c6c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)