09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・旅】会津の旅(1)行くも帰るも別れては~飯盛山・さざえ堂~ 

磐梯山
(磐梯山……やっぱり美しい。裾野の広い山は美しいですよね→富士山とか岩木山とか)
福島の石紀行もあとひとつを残すところとなりました(でも、実は3月に続きを画策中……)。その前に、今回は福島の旅でも石紀行は1回お休みして、会津の旅をお届けいたします。
実は今回の石紀行中、1日だけかなりの雨にあたり、山の中に入って行けなかったので、旅程を少しアレンジして宿泊予定の会津(東山温泉『向瀧』さん→【石紀行】40.福島郡山・鹿島大神宮~巨大なペグマタイト岩脈~と会津の昭和なお宿『向瀧』さん )の近くを観光することにしました。
今回はその前篇。さざえ堂(円通三匝堂)にご案内いたします。
さざえ堂4
不思議な外観ですよね。さざえ堂とはよく言ったものです。どこかの解説に「さざえの神様を祀っているわけではありません」って書いてあったなぁ。そりゃそうだ。
さざえ堂の詳しい解説は会津さざえ堂公式サイトさんにお願いするとして、さっそく行ってみましょう。

会津と言えば白虎隊。
実は、私にとって、白虎隊の悲劇はいまだに直視できないもののひとつです。すごい昔に、堀内孝雄さんの『愛しき日々』がテーマソングになった年末の時代劇もので画面が見えないくらい馬鹿泣きして以来、この話はダメだ、二度と見ない、と思ったのですが……だからもちろん、記念館にも入ったことがありません(泣く……)。でもさざえ堂は二度目。
さざえ堂は白虎隊の自刃の地、飯盛山に建っています。
まず「あれ?」と思った理由は……飯盛山に登るムービングウォークがある!
ムービングウォーク
お金はかかりますが、ありがたく使わせていただきました(^^)
登って少し歩いたらさざえ堂が見えます。
さざえ堂3
とは言え、記憶を確認しても、どうやら10年以上前のことらしく、あれ、こんなとこだったか? と周囲の様子に戸惑うばかりですが(整備されたのでしょうか?)、中に入ってみたらやっぱりさざえ堂。
さざえ堂1
入口の柱に巻き付く龍がちょっと生々しく、迫力があります……(@_@)
さざえ堂入口2
拝観料400円必要ですが、これも国の重要文化財を守るため、協力させていただきましょう。やっぱり中に入って歩いてみなければいけません。
さざえ堂のぼり始め
このさざえ堂も岩角山と同じように、もともとは三十三観音参りのための御堂だったのですね。今はもう観音様は外されていますが、遠く関西の三十三観音巡りを思い描きながらこのお堂を登って、そして降りて……
さざえ堂のぼる2
階段ではなくてスロープですね。滑り止めのように横木が渡されていますが、これがなかなかの傾斜なのですよ。さざえ堂は三層構造で、いわゆる平坦な部分はありません。
そして登る人と降りる人は別々の道を通るので、基本的に出会うことはありません。要するにDNA二重螺旋の中を歩いているみたいなもの。
さざえどう
最上部に上がったら、天井はこんな感じで古い千手札がいっぱい貼られています(今はダメですよ)。
さざえ堂てっぺん
その足元は太鼓橋のようになっていて、渡ったらすぐに降りるほうのスロープになります。
さざえ堂おりる
上層の方はこんなふうにちょっと狭くて傾斜もきつめに見えます(実際には幅が狭いからそう感じるだけかな)。ぼーっとしてこけたりしたら、下まで滑って行っちゃいそう。
ちなみに全く出会わないのかというと……
リタイアは可能
心柱の方に秘密の通路があって、ショートカットができます。でもショートカットして、上まで行かずに途中で降りても仕方がないし、せっかく降りてきたのにまた登るのも変だし……これって何のためかな? 避難路でしょうか。

さざえ堂の傍には、五穀豊穣の神様・宇賀神さまを祀るお堂・宇賀神堂があります。ここに、白虎隊十九士の霊像が安置されているのです。
白虎隊を祀る
手前の方に写真がありますね。
白虎隊霊前
説明によると、この方が自刃した二十人のうち、唯一蘇生した飯沼貞吉少年の晩年(改名されて飯沼貞雄氏)のお写真だそうです。
古い大河ドラマですが、私が一番嵌ったのは『獅子の時代』でした。会津と薩摩、其々立場の違う二人の男(架空の人物)が、反駁と友情を行き来しながら、そして新政府、いや日本の行く先を憂いながらも各々の立場で戦い続ける……かっこよかったなぁ、加藤剛さんも菅原文太さんも(私は嘉顕=加藤剛さんに嵌っておりました)。
嘉顕の死に際も結構非情で、銑次の方は生死が定かではない描き方だったものの、大塩平八郎のように死を暗示して消えてしまった。彼らは時代に揉まれて、それでもその時代を駆け抜け、生き抜いたのですね。
私の中の会津のイメージは、菅原文太さんの演じる銑次。体制に媚びることなく、常に弱者の側にいながら、なにくそと闘っていた……「ならぬことはならぬ」、まさにそれが会津気質。

話は戻って。
一人生き残った貞吉少年。その日の前日、家を出る時に、母より「今日この家の門を出たならば、おめおめと生きて再び帰るような卑怯な振る舞いをしてはなりません」と言われて出陣。しかし生き延びてしまった彼は長州藩士・楢崎頼三らに引き取られたらしいと言われます(会津と長州、どちらも大っぴらに名乗れない事情あり、だからか、其々の子孫に密かに伝えられていたとのこと)。その後、自殺を図ったりしたものの、頼三に「会津だ、長州だと言っている場合ではない。外国が押し寄せてくる今、日本はひとつになって強くならなければならない」と諭され勉学に励むようになり、76年の生涯を生き抜かれました。

会津気質からすれば、あの飯盛山を生き延びてしまったことは辛い想いとの闘いだったことでしょうが、生き延びたのは、人智を超えた大いなる自然(じねん)の力によるもの、そして寿命を全うし生き抜いたこともまた、その会津気質故だったと思うのです。
会津のほうでは生き延びてしまった彼を認めないような事もあったといいますが(時代もあります)、でもここにこうして写真を置いてあるということは、その生き方も今ではまた認められたということなのでしょう。

行く道と帰る道。通る道は同じではなく、一旦行けば、次は別の道を降りるしかない。
さざえ堂を登り、降りながら、地獄を生き延びた少年の人生に思いを馳せておりました。

『すぎし世は夢か現(うつつ)か白雲の 空にうかべる心地こそすれ』
(飯沼貞雄氏の詠んだ歌)

内容もだけれど、タイトルがすごいと思った小説、角田光代さんの「八日目の蝉」……八日目の蝉は、他の蝉が見ない景色を見る、という言葉が思い出されました。
こちら、サブタイトルは「逢坂の関」ですが、何だかここにぴったりと当てはまってしまいました。
後篇はそんな「ならぬものはならぬ」会津の土地にひっそりと根付く信仰、ころり観音を巡ります。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 10   

コメント


こんばんは。

あ!この建物、知っています。
テレビで見たことがあったと思うのですが、とてもビックリしました。
何にって、この発想にです。そしてデザインにです。
こんなものが日本にあるなんてビックリポン(失礼)です。
木造で、和風で、登り下りが別ループで、しかもスロープで、興味津々ですよ。
どうやって発想し、設計し、建設したんだろう?
三十三観音参りのための御堂といわれても、発想が面白いです。どんな人が考えたんだろう?
一度現物を見てみたいとは思っているのですが、ちょっと遠いですね。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2016/02/23 20:17 [edit]


こんばんは~(^0^*)ノ

さざえ堂、すごいところですね・・・・・・
そっか~~・・・・・
私も白虎隊は可哀想すぎてダメだ~(´Д⊂。・゜・。

この界隈の中学校、修学旅行に
以前は京都奈良に行っていましたが
今は東北に行っています。
私は行ったこと無いけど、次女と末っ子は
会津に行っています。
行ってみたいけど、遠いなあ~~・・・・・・

かじぺた #- | URL | 2016/02/24 01:05 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

あ、なんか、分かります。サキさんは絶対、こういうのお好きだろうなぁ~って感じます。
そうなんですよ。このさざえ堂の構造ってのをググったら、いくらでも解説は出てくるし、「あぁ、そうだよね、そういう形だよね」って思うのですが、何よりも何でこんな形に作ろうと思ったの? ですよね。そもそもが三十三観音めぐりなので、ひとふでがきで多くの参拝客がぶつからないようにお参りできるように、という単純な発想だったと言いますが(当時、この「遠くには参ることができないから、見立てて近所でお参りする」ってのは大流行りだったようですから。お伊勢参りや熊野詣もですよね)……それでもこの形の建物しなくても、って思いますよね。別に平面の直線でも良かったわけですし。でも、昔のことですから粋な大工さんがいて、面白いものを作ってやるって思ったのかな。
そして次に。今みたいにコンピューターが計算してくれて設計図を引くってのじゃなかったと思うので、職人の勘!ってのが頼りだったのでは、と想像します。イメージしたところで、実際作るのって実は大変だったんじゃないの? と思いますよね。
で、何よりも、登って降りてみると、やっぱり何だか不思議なんですよ。登りの天井は下りの床ってところもあるわけで、いや、何だか、ちょっと騙された感じの狐につままれ感?を味わうことができます(^^)
ほんと、ビックリポン、ですよね!
でも何よりも、この木造の味わいが……何とも言えないのです。

ぜったいに、サキさんにお勧め! でも、遠いですよね。分かります。実際に遠いです。会津ってほとんど新潟なんですよね。新幹線が北陸方向へ大阪から1本で繋がっても、やっぱり遠そうです。
でもいつか行くチャンスがあったら、その時のサキさんの感想が聞きたいです(^^)
コメントありがとうございました!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/24 05:20 [edit]


かじぺたさん、ありがとうございます(^^)

うんうん。可哀相すぎて、ほんと直視できませんよね。かじぺたさんもお仲間でしたか……(;_:)
いや、この話って、どこかで何とかならなかったの~??って悔しい気持ちにもなるから、かもしれません。もちろん、情報が伝わらない・混乱する、ってのは戦(戦争)って状況下ではやむを得ないにしても(時代もあるけれど、現代だっていい加減が情報が錯綜するし)、何とかして~って思ってしまう……いやもう、上手く言えませんが……直視できません(;_:)

かじぺたさんちのあたりから東北って、奈良京都よりも遠そうに感じますが、何だか東北好きの私としては嬉しい感じがします。いや、京都はもう、日本人はどこ??って感じになっていますから、東北、良いかもしれません。最近、日光東照宮に行った時、それでも外国の方はいっぱいいたけれど、日本人が観光地にいっぱいいるってのに妙にホッとしました(^^)
会津、確かに遠いです。でも東北自動車道にさえたどり着いたら……高速は便利な形に走っているので、意外にするんと行けちゃうんですけれどね……でも地図で見ていても確かに遠い……
でも、かじぺた家の行動力からすると、意外に行けちゃうかも! さざえ堂はきっと、かじぺたさんのお気に入りになると思います(^^) それにね、米が美味い!!!!!
あ、でもでも、まずは今年の秋こそ宇和島へ! 道後温泉にも行って、それから彼岸花の咲く四万十川めぐりも……いいですよ~(しかし、関西から見ても、愛媛県ってどうやって行こうかなぁ~と思うくらい遠い^^; 飛行機ですかね~)
コメントありがとうございました!!

彩洋→かじぺたさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/24 05:34 [edit]


さざえ堂、素晴らしい木造建築ですね。
門?の所の木彫り彫刻は世界屈指でしょうね。。
もう、今はこの建築も彫物も再現不能かもしれませんね。。。
白虎隊との兼ね合いとかは、アハー★無学なので解りませんが、いやいやこの建築はナカナカ。。。。
ウイキペディアよりも詳しいご解説で、ココ、いつか行って見たい所リストに入りましたよ💓
昔の建築の豪華絢爛さは凄いですね。。
近所に「ヤ」のお城のようなお宅がありますが、こんな比じゃないっすね。
階段もスロープだし、網がけにして飾りもん(多分、中は観音様とか?)してる辺りは、かなり安全性にも配慮していますね。
かならず「国宝」に指定されるでしょうね、イヤ、すべきでしょう❗

ぺるしゃ #- | URL | 2016/02/26 07:23 [edit]


ぺるしゃさん、ありがとうございます(^^)

こちら関西からも会津はかなり遠いですが、ぺるしゃさんのところからすると、ものすご~~く遠いですよね。地図で見ているだけで、どうやって行くんだ!みたいなところにあって(いや、飛行機で一気に飛んでください^^; 私、行けるところまでは地べたを這う系のタイプですが、さすがに九州に住んでいたら東北方面は……新幹線で酔いそう)

この建物は外観も面白いですが、中に入って歩いていると、理屈が分かっていても面白いです。色々と変遷もあった建物のようですし、そもそも白虎隊と何らかの関係があったものでもないのですが、飯盛山の中でインパクト最大の建造物ですよね。
日本にはほかにもさざえ堂という種類の建物があるそうですが、これだけ見事な三層構造はここだけだとか。
ぺるしゃさんの仰る通り、こういう建築などに使われている建て付けや彫刻などの多くの技術は、昭和の初期~にひとつピークがあったと、目黒雅叙園でも書いてありました。今では同じものを造ろうにも職人さんがいないと。そう考えると貴重ですが、この建物(こちらは1700年代の建築!)、本当に野ざらしで……外観だけ見ていると、よく地震で崩れなかったなぁと思ってしまう(@_@) でも、日本の建築は五重塔もですが、よく考え抜かれたバランスで建っているのですよね。
で、この建物。よく考えたら3周で16.5mを登ってしまうので、実はスロープも決してゆるくはないのです。写真ではそれほどにも見えませんが……この横わたしの滑り止め?が無かったら、雨の日なんか滑って登りにくそう。でも見るより体験したい、そんな場所です。そのうち老朽化して、いつでも登れなくなるってことはないかしら、と心配。
機会がありましたら、ぜひ訪ねてみてくださいませ!!
コメントありがとうございました!!

彩洋→ぺるしゃさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/27 07:45 [edit]


FF7には巻貝の家が有りました

 サザエ堂、昔行きましたね。上り詰めるとその儘降りてしまうんですよね。良くこんなもん考えたなぁと感心した覚えが。それにしてもボロボロ。壊れないかと心配です。
 ちなみにFF7の村に巻貝の形をしたい絵が有りました。なかなか良い感じでしたよ。もしかしたらこれを参考にたのかなと思っています。

miss.key #eRuZ.D2c | URL | 2016/02/27 14:01 [edit]


miss.keyさん、ありがとうございます(^^)

そうそう、上ったと思ったらすぐ降りなくちゃならないんですよね、ここ。せっかく上っても、上に落ち付く場所があるわけではなく、「さ、さっさと降りなさい」って言われているみたいな……もともとが三十三観音巡りのためのものだから、寛ぐってわけではなかったのですね。
ほんとに、よくもまぁこんなものを造ったものです。昨日偶然番組で取り上げられていて、それによると海外の二重螺旋階段の絵が入って来ていたのではないかということでした。しかし、海外の二重螺旋階段にヒントを得たのだとしても、二重螺旋そのものが建物になっていて窓までみんな斜めって、やっぱりすごいと思います。コンピューターもない時代に、大工の勘で作ったのかしら? 確かにボロボロ……壊れそうと言われたらそんな気もします。1796年ですって!
おぉ、わたし、FF7が何かわからなくてググっちゃいました^^; ファイナルファンタジー! 勉強になりました! そんなところにも登場していたのですね。
理屈が分かっていても歩いたらやっぱり不思議な建物です。
コメントありがとうございました!!

彩洋→miss.keyさん #nLQskDKw | URL | 2016/02/28 19:19 [edit]


幕末好きですから

会津にはもちろん行きました。
二度。
けっこう前なんですけど、斎藤一のお墓とか、近藤勇のお墓とかにも参ってきました。さざえ堂にも行きました。

先日、外国人で斎藤一が大好きという女性がいて、彼のお墓に来るのが夢だったというのをテレビでやっていました。
悲願かなって阿弥陀寺に行った彼女、感極まって泣いてましたよ。

会津のそういった史跡は、もはやなつかしいです。
新選組資料館みたいなのもできてるんですってね。
また行きたいなぁ。

これはネタなのかもしれませんが、タクシーの運転手さんから聞いた話です。

その方のお姉さんが結婚したいと言って男性を連れてきた。
ところが、彼は薩摩のひと。
親戚中に大反対されたとか。
昭和の時代にはまだそんなことがあったんですよ、とのお話でした。

白虎隊の陰に隠れてしまったような二本松少年隊っていうのもありますね。いつか二本松にも行ってみたいです。

あかね #- | URL | 2016/03/01 23:27 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

そうそう、あかねさんは幕末好きでいらっしゃいましたね。私も今回が多分2度目? でも結構強行軍なので、全てを行き尽くしたというわけではなくて……さすがにあかねさんは大事なところを押さえておられますね。
今回は相当な雨の中、テーマを決めて回ろうというのでころり観音にしたのですが、またゆっくり回りたいですね(^^) う~ん、新しくできているものとか、全く下調べもなく行ってしまったし。
外国人の方にも熱心なファンがいるというのは嬉しいですよね。
どちらかというと、距離のせいもあるけれど、幕末でも坂本龍馬に嵌っていた私は、四国方向には本当によく行ったのですけれど、さすがに東北方向は遠くて……
どの時代も、少年兵、少年隊というのは本当に悲しいですよね。自分で判断を下せない年の子を戦わせるんですものね。いや、いろいろ考えもあると思いますが、でもやっぱり白虎隊の話はいかんです。直視できません。

結婚の話、あり得ますね。社会学者によると、現代でも関東と関西の人が結婚するのも比較的低いんですって。そもそも、どこで躓くかというと、料理の味だとか。確かに私も2年ほど関東に住みましたが、噂には聞いていたけれど、思った以上に違うことに驚きました。でも蕎麦だけは負けたと思った。
うん。何はともあれ、また福島に行く時にはゆっくり回りたいところに行こうっと。
コメントありがとうございました!!

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2016/03/06 11:05 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/705-e10df81f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)