09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【海に落ちる雨】あとがき(2)その逡巡は男同士だから? 

実は、過去にこの内容のことを書いておいたはずなのですが、一生懸命探したけれど、どのカテゴリに置いちゃったのか分からなくなっていて見つけられず、改めて書いておくことにしました。
【海に落ちる雨】というよりも、このマコトシリーズの、いや、猫の話じゃなくて、真シリーズの「恋愛要素」について。

このお話を書いている最中は、「なんちゃってミステリー」と「なんちゃってハードボイルド」の真ん中ぐらいのジャンルかなと思っていました。が、書き終わって、読み返してみたら……
なんだ、これ? 単にラブラブな恋愛小説やん。
自分でもちょっと狼狽えました。

もちろん、主人公の片割れの最後の言葉がその印象の原因かもしれません。この言葉を言わせるためだけに、これだけ長いお膳立てをしたというのも事実です。が、どこから切ってもこんなラブラブでいいのか? みたいな話に見えなくもないってのは予定外。
いや、そもそもこれは恋愛なのか?
一時、私が書いているもののジャンルはなんだろって悩んだことがあって、もしかしてBLの範疇に入るのかもとちょっとお勉強してみたところ、どうやらBLというのは、もっと恋愛を前面に押し出したものであるらしいと分かり、そこには入れないと感じました。いや、だって、BLの主人公が普通に女とも絡んでいちゃダメですよね。結婚もしてるし。

じゃ、主人公2人の関係はどう扱ったらいいのか……これは恋愛なのか?
八少女夕さんが、自分ちのキャラがこんなにお膳立てしてもあの一言が言えないなら、「キャラはあんただけじゃないんだよ」ってさっさと見限ると言っておられましたが、まさに男女の恋愛でこれだったら、絶対に私も見限る!
じゃ、この逡巡は、男同士だからなのか?

逆に言うと、何故、健全に男女で書けなかったのか、ってことなのですけれど。
いや、それはダメでしょ。と自分で納得しました。私が男女の恋愛ものを書くとハッピーエンドになるんです。つまり同じ立ち位置の子孫、ロレンツォ(竹流の曾孫)と詩織(真のやしゃ孫)は状況は同じはずなのですが、単にちょっと身分違いの国際結婚のシンデレラストーリーになっちゃってる。どういうわけか、切なさが出せなくなって、紆余曲折は多少あったとしても、すぐに丸く収まってしまうのです。
だって、男と女。くっつくか、くっつかないか、要するにそれだけのことだと気持ちよく割り切った話になっちゃう。まぁ、恋愛を前面に出すなら、くっつかない話はわざわざ書かないんですけれど(短編は別ですが)。
いや、決して不幸なラストに持って行きたいというわけではなくて。いや、確かに死が二人を分かつ、ってことになったけれど、それでもこれはそれなりにハッピーな話だったと思うし(貫いたってだけで十分に)。

もしも男女だったら、竹流だってさっさと決め台詞を言って、場合によってはローマに連れ帰り、もう嫁にして終わりって話だったと思う。真が断る可能性はあるけれど(現に珠恵は断ってるし)、それにしても白黒はっきりするはず。それに竹流だって、執着しなかったと思うのです。
でもここは、やっぱり竹流には性別の問題は大きかったと思われます。何しろ、口で何を言っていても、この人は基本のところがものすごく敬虔なのです。幼少の頃に沁みついちゃっていて、しかも自分を導いてくれた教皇・エウジェニオのことを心から愛していた。

それなのに、東洋の子猿(もしくはヤマネコ)に噛み付かれちゃって、熱病にかかってしまった。彼にしてみたら青天の霹靂、つまり完全に自分をコントロールできると思っていた身体的欲求の箍を外されちゃった。それは性的な欲求でもあるし、単純に支配欲でもあったのですね。あまりにも相手が「自然=じねん=あるがまま」なので、それを人間としての理性と知性で教え諭し、支配したいと思ってしまった。
そんな自分の「相手を押さえつけたい(支配欲)」があまりにも暗くて重いので、そして、恋とか愛とかいう抗しがたい熱情をそのまま認めるのはあり得ないので、この想いを、もっと高みに、つまり人間関係として崇高な愛に昇華したいと考えた。この思いを神が許容する範囲に押し込めようとしたのですね。
でも、そもそもその対象が、東洋の子猿、しかも同性だなんて、やっぱり駄目でしょう!……で、ずっと「ぐるぐる」。

真の方は? あんまり自分を出さない人ですが、裏表ありませんので単純です。どう単純かというと、相手が自分を守ってくれる「親鳥」だと思い込んでいるのです。この人の場合、そこが一番根源の問題なので、誰が自分の存在を支えているかというところで、全人的に頼ってしまっているのでしょう。全人的なので、身も心も、です。
で、これは恋愛か? それについては、本人も認めています。
「惚れてるさ、と真は思っていた。」って書いた記憶があります。恋愛と親を頼る気持ちの区別がついていない点はちょっと置いといて、何を捧げてもいいって感じ? 十分に「恋」です。
それなのに、竹流は「子の心、親は知らず」状態。
いや、竹流だって、自分が育てたって自負心があるからこそ、執着したのかもしれないし。

要するに言い訳です。私の1283277文字の言い訳。「これは恋愛小説じゃないと言いたいけれど、簡単に、何だ結局恋愛小説じゃないかって言われたくないけれど、でも結局ラブラブなんじゃないかと言われたら否定できないし、でも二人の関係としてはもうちょっと高みを目指してて、だからこそDNAの二重螺旋みたいに絡み合って、やがては子孫が結ばれて、でも心はもうちゃんと結ばれてて、でも世の中そんなに簡単じゃなくて、人間同士だから本当に複雑な想いが絡み合って……」という感じの言い訳。
人間関係が希薄になっていると言われるし、それが小説の題材にもなるこのごろに、こんな濃厚な人間関係を書いている私って……ま、いいか! 時代の流れには逆行しているけれど。

というわけで? これはやっぱり(私が書いたら)男女だったら成立しない関係なのでした。本当は男女だって、くっつきそうでくっつかないようで、でもくっついているような関係って、好きなんですけれど。
えぇ~っと、要するに……「ぐるぐる」上等!
え? そんな括りでいいのか? う~ん……ま、いいか!(マコト化)
関連記事
スポンサーサイト

Category: ☂海に落ちる雨 第5節

tb 0 : cm 8   

コメント


ううむ?

こんばんは。

どうなんでしょうね。
私の印象だと、男同士だからとか、男女だからとかじゃなくて「真と竹流」だからじゃないんでしょうか。

この作品の連載が始まるまでは、私は彩洋さんの解説(?)を鵜呑みにしていました。
「恋愛関係じゃなくて、疑似親子なんです」ってあれです。
連載の途中から首をひねり出しました。
「これでどうして彩洋さんは恋愛じゃないと言い張るんだろう、バリバリに恋愛だと思うんだけれど。私、読み違いしているのか???」って。

「あんただけじゃないんだよ」の続きですけれど、うちのキャラには「真と竹流」にあたるほど特別に扱われているキャラはいないという話です。これ、例えば、彩洋さんの所のムスタファが「俺にも、百万字と二十年くらいかけて作品書いて。そしたら最後にストレートに好きっていうからさ」と持ちかけてきたら、彩洋さん書くでしょうか。きっと書かないと思うんですけれど。真と竹流の話だからあの字数書いたんだと思うんですよ。

「奇跡を売る店」や「マコト」を生み出すくらいの愛ですものね。

男同士だからとか、ハッピーエンドがどうとかではなくて、おそらく、彩洋さんはあるがままの二人の話が書きたいんじゃないかなあと思います。こういう主題を読者に伝えるためのキャラクター、というのではなくて、先に「真と竹流」があっての物語だと感じます。この関係が疑似親子であろうが恋愛であろうが、そういうくくりそのものは、彩洋さんにはあまり意味がないのではないかと。まあ、どこをどう言い募っても、恋愛ストーリーに読めますけれど(笑)

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2016/06/07 04:31 [edit]


ふふ。こんなに早くこのお話をどう読んでいたかを暴露しなければならないなんて。
この物語をジャンルで言うのは私には簡単でした。ジャンル「愛」。そして、ジャンル「真と竹流」です。

恋愛は愛の傘下に含まれます。その他親子愛兄弟愛男女愛その他描き切れないほどにこの物語の中で語られた愛は「愛」なんです。愛は海で、海に落ちる雨はその他多数のなんとか愛なんです。愛はなんとか愛というふうに何とかと言い訳の付くものすべてを受け入れてくれるのです。だから、この物語のジャンルは「愛」。と読んでいました。
このあとがき2でも男同士とか(男女とか)のおまけの部分がついていますから、そこをざっくり無視して「愛」。これです。これが私が大海さんがこう読んでほしいと思っているだろうなあというところと違っていて申し訳ないなあと思った点です。

次に、ジャンル「真と竹流」ですが、もうこの二人、ジャンル作っちゃってます。
ここからどれだけの世界が広がっているのでしょう。
それは、番外とかいうレベルではなく、確実に「真と竹流」の息吹がかかっている。
あ、ジャンル「大海彩洋」でも良いかも。大海さん、ジャンル作っちゃってますぜ^^
コアなファン、居りますぜい^^
この先も、ジャンル「大海彩洋」を楽しみにしています^^ 
(あ、また勝手な方向に読んでしまうかもしれないのですが><)

けい #- | URL | 2016/06/07 16:26 [edit]


遅くなりました~

こんなに早くこのお話をどう読んでいたかを暴露しなければならないなんて。 ・・・って、あれ、これはけいさんのセリフだった。

この物語が恋愛ものなのかどうなのか!
これは一言で言ってしまうのは本当に難しいですが、一言で言ってしまうと「魂の結合の物語」じゃないかなあと。
え、そんなジャンルはない? そう、新ジャンルです。

実は私、書籍でBLを読むことは無いんです。(何もったいぶった言い方(笑))←だって、一見好きそうでしょ?
BL小説って、実はファンタジーだと思ってるんです。BL作家さん自身がそうおっしゃってましたし。
だからかな、漫画で読むことはあっても(おいおい)小説ではあまり読まない。でも、大海さんのはそう言うファンタジー性がないんですよね。
ありふれたリアル感というのでもないけど、なんかすごく胸に訴えて来るというか。
もともと竹流も真もオスでストレートで、そのまま出会わなかったらそのままだったろうし。でも真は生きていなかったかも><
魂の凹と凸が出会ってしまって、それがオス同士だったという事、それぞれのバックに本人たちの意思に関係なく大きな枷があったという事。
それがこの二人の悲劇であり試練なんですよね。
読者はその試練を、この2人がどうやって葛藤し、乗り越えるかを固唾をのんで見守るという・・・。
あれ、まったく恋愛ものでもBLでもないぞ?という感覚です。

恋愛ものと捉えたりBLだと捉えたりすると、またそれはそれで別の味わい方もできて、そのへんも小説の面白いところですよね。
とにかくこの野生の山猫と、完璧に見えてそうじゃない王子の人生を、見守っていきたいと思います。
しかし1283277文字かあ~~!(この先もまだまだあるよね)
本当にすごい><改めて敬意です!!
そんな長編、書いてみたい・・・。

lime #GCA3nAmE | URL | 2016/06/08 07:46 [edit]


あ~難しい

御作の相川真シリーズ、とくに「海に落ちる雨」が、恋愛カテゴリーなのか。と考えてみると、どうもちょっと恋愛とは違うような気がします。
それはべつに、異性だから恋愛で、同性だから恋愛じゃない、という分類ではなくて。相手が異性でも同性でも、恋愛なら、くっついたか離れたか、で話は終わる。
このお話って、真と竹流が、お互いに相手がどういう意義を持つ存在であるのか、を確認するためのプロセスなのかなと思います。
ふたつに分かれているものが、お互いを理解し合う過程、あるいは、受け入れていく過程。理解できず、受け入れられなければ、それこそ海に落ちる雨のように、消えていくしかない。
……というお話なのかな、と思います。
あ~でも、もっと深いだろうなぁ。やっぱ、アニメ&ゲーム脳の私には、難しすぎです(笑)

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2016/06/08 23:57 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

夕さん、こんなつぶやきのような記事にも力になるコメントをありがとうございました。
あ、そうか。今更、書いている自分がちょっと浅かったなと思っちゃいました。そうかぁ、私ったら、恋愛とか、疑似親子とか、何か名前をつけようと思っていたのですね。頂いたコメントを読ませていただいて、あ、そうだ、自分はそもそもそう言いたかったのに忘れていたなぁと思いだしたような気持ちです。
ちょっと嬉しい。
そうかぁ、「真と竹流」だからか。そうそう、そもそも、性別がどうとか、立ち位置がどうとか、というのは結果論でしかなかったですね。何を書いてきたのかというと、その背景があまりにもかけ離れたもの同士がどこまで受け入れられるのかという話で、生存所属を異にする者同士の魂の流通共鳴だった!(あれ? 新美南吉と同じものを目指している!?)


> 「これでどうして彩洋さんは恋愛じゃないと言い張るんだろう、バリバリに恋愛だと思うんだけれど。私、読み違いしているのか???」って。
いや、そうなんですよ。私も、書いている時は全然そんな意識はなかったのですが、読み返したときに「あれ? あれ? なんじゃ、これ?」だったのですよ。で、ついつい迷いが……いや、多分、夕さんは読み違いなんてされていませんね。私が書き違い? うん、ばりばり恋愛ですね。人間恋愛。
あるがままの二人は決して「いつまでも幸せに暮らしまた」ではないし、まるきり訣別のように別れるときもあったし、何とか気持ちが繋がろうとしてももう命の期限が迫っていたり。でも、ね、人と人の間って、綺麗ごとでもないし、汚れているばかりでもないし、まさしくcosi cosi、なんですよね。

夕さんはストーリーテラーですからね! キャラへの愛はもちろんあるのですが、どちらかというとその世界を描くためにどんなキャラがいるべきか、という方向から世界を作っておられるような気がします。その世界の設定とか、その世界を描くために必要なものは何か、という部分を大事にしておられるような気がします。そういう意味では『大道芸人たち』が唯一少し外れているかも(結果論かもしれませんが)、と思ったりしていて。
だから、きっと、好きなキャラはあの中から選ばれそうですよね。でも世界感は、というと、Pの街とか、奥出雲のインパクトが強くて。
ムスタファの20年分の話か~書いてみようかな~(って、4月1日に言うべきことだな)←もちろん、まっかっかっかの嘘です。

> 「奇跡を売る店」や「マコト」を生み出すくらいの愛ですものね。
ほんとですね。マコトなんて、真のおバカな部分を濃縮したらあのキャラか、と自分でも面白すぎるし(マコトは一生懸命だけど)、蓮は、真より始末に負えない、とこの頃、ちょっと思ったりもしています。それぞれの世界感が出ていたらいいなぁと思いつつも、やっぱり原型への愛は深いですね。

> まあ、どこをどう言い募っても、恋愛ストーリーに読めますけれど(笑)
やっぱり(^^) ま、いいか!(もう、最近はマコト化で全ていいような気がしてきた!)
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2016/06/11 11:20 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

けいさん風の読み方で、そんなふうに読んでいただいていたことを、こんなに早くに知ることができるなんて(^^)
> ジャンル「愛」。そして、ジャンル「真と竹流」です。
そうか。恋愛じゃなくて、愛。そして、「竹流と真」(*^_^*) ちょっと嬉しいジャンル分け。ありがとうございます。そう言っていただけると、これだけの文字を書いたかいがあるなぁ、としみじみ感じ入っております。
恋愛は愛の傘下、そんなちっさい場合分けしなくてもいいよ、っていうけいさんの器の大きい見方、ほんとだ、私もそこを目指していたと改めて頷いていた次第。この物語に出てくる色んな愛をたくさん感じ取っていただいて、なんともうれしいです。誰もがそれぞれの立場でそれぞれを思っている、そういうのがいいんですよね。
> 愛は海で、海に落ちる雨はその他多数のなんとか愛なんです。
この表現、すごいです。あ、そうそう、そうなのよ、そういうことを言いたかったのよ。そう思いながら頷いていました。けいさん、キャッチコピー、お上手だなぁ~。これ、本になるときにはいただこうっと!(いや、だから、ならないって!)

いや~、多分ですね、これを読み返したとき「あれれ? これって恋愛小説だったか?」と変な気分になったので、あとがきに書いてみたのです。でも、書いている時は「高みにある愛」を目指していたのですけれど……多分、性別は関係ないんですよね。でも男女の恋愛を書くと、結局、くっつかくっつかないかって話になっちゃって、で、私の場合、どうしてもくっつく方向へ~。やっぱり恋愛ものならハッピーエンドじゃないものをあえて読みたくないなぁと私自身も思うので、ついついその方向へ行っちゃうのですね。
でもこのお話について、けいさんのよみは、私がこう読んでほしいなぁと思うこととは全然離れてないです。大きな愛。この家系は(神の一家とやまねこ一家)、最終的には愛で結ばれて、というのか、包まれているんですね……

> 次に、ジャンル「真と竹流」ですが、もうこの二人、ジャンル作っちゃってます。
うん! 嬉しいお言葉、本当にありがとうございます!! ジャンル「大海彩洋」はちょっと恥ずかしいから、ここは「真と竹流」に表に立ってもらおうっと! そうそう、思えば他のお話にも彼らの息のかかったところがいっぱいありました!(マコトも、蓮も) そんな世界をいつも読んでくださってありがとうございます!!
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2016/06/11 12:08 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

> こんなに早くこのお話をどう読んでいたかを暴露しなければならないなんて。 ・・・って、あれ、これはけいさんのセリフだった。
うふふ。シンクロしてくださってありがとうございます!! 
「魂の結合」……limeさんもけいさんも、やっぱりキャッチコピー、上手いなぁ。本になったあかつきには……(だからないって!^^;)
でも、本当に、そんなふうに読んでいただいてとても嬉しいです。うん、結局そこなんですよね。ものすごくかけ離れた存在、自分とは正反対のものに惹かれるということはよくあることだけれど、それが憧れとかないものねだりで終わってしまうのではなくて、魂の中に欠けた部分があって、本能的にそれを埋めるものはその正反対の相手だと分かってしまった。分かってしまったからものすごい強い気持ちで求める一方で、その異質なものを自分の中に取り入れることに恐怖を感じる。そんな関係、なのかな。
それこそが、魂の結合、だったのかも。

> 実は私、書籍でBLを読むことは無いんです。(何もったいぶった言い方(笑))←だって、一見好きそうでしょ?
おおお~。一見好きそう!って(*^_^*) いや、そんな気もするけれど、う~ん、limeさんの好きな世界はBLとはちょっと違うような気がします。私もBLはファンタジーだと聞いたことがあります。確かに現実にはありえないほどの(いや、あるかもしれませんが)甘さですものね。女性は、男女の恋愛だと自分の身に置き換えると生々しいので、受けの男性に生々しさを消した自分を重ねているのだとか。そう考えると、あ~確かにファンタジーだと思いますよね。
そして、うちにはファンタジー性がない! そうそう、そうなんですよ。ファンタジー性ありません^^; なんでそうなっちゃうかなぁ。いや、これは神の一家とヤマネコの一家が恋をして結ばれて……う~ん??
limeさんが表現してくださったのは、あ、そうそう、そうなのよと頷くところがいっぱいで、う~、もしも本になったらあとがきを書いてもらおうと思った次第で(だから、ならないって! あ、でも表紙も描いてもらわないと……いや、だから、ならないって!)
恋愛ものとして読んでも面白いし、BLとして読んでもいいし、でも全然別の、もっと重い内容を抱えたものでもあるし、皆さんにそれぞれの楽しみ方をしてらえたらいいんだ!と納得しました(*^_^*)

> とにかくこの野生の山猫と、完璧に見えてそうじゃない王子の人生を、見守っていきたいと思います。
うひゃひゃ。これ、本の帯に書こうっと!(だから、本にならないって!)
あ。文字数は何の自慢にもなりません。そう、ちゃんと伝わるかどうか、長けりゃいいってものじゃありませんしね。俳句なんてたったの17文字。詠み手によるけれど、伝わるものはそれだけで伝わるんですよね。limeさんは、短めの中に、きゅって詰め込まれるから、それはそれですごいことだなぁと羨ましく思います。
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2016/06/11 13:57 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

う~、皆様のお言葉が、どれもうなずくことばかりで、おや、書いた私が一番ぶれてるじゃん、と思って反省しております^^; あ~、そうそう、そうなのよ、そういうことが言いたかったのよ!とコメントを拝読しながら頷いていた……
性別の問題ではないんだよね、そうだそうだ、そうだったよ、と今更のように納得したりして。そうなんですよ、同性の場合だと、私の場合、くっついたか離れたかで終わるんですよ。というよりも、恋愛なら、くっついて終わって欲しい、ドラマでもここまで見たんだからくっつけよ!と思ってしまう。あ~、でも、くっつきそうでくっつかない関係(でもほんとはくっついてる)ってのはものすごく好みです。でもその場合は恋愛ものじゃないんですよね。スタートレックヴォイジャーもXファイルも、テーマは別のところにあるし。

> このお話って、真と竹流が、お互いに相手がどういう意義を持つ存在であるのか、を確認するためのプロセスなのかなと思います。
> ふたつに分かれているものが、お互いを理解し合う過程、あるいは、受け入れていく過程。理解できず、受け入れられなければ、それこそ海に落ちる雨のように、消えていくしかない。
本当に、みなさん、表現が上手いなぁ、と感心してばかりです。いや、もう皆さんに本になったあかつきにはそれぞれ1節ずつあとがきを書いていただこう!(だから、本にならないよ!!)
神の一族とヤマネコ一族の邂逅と別れ……そしてそのうちいつかくっつく!(そういうことにしておこう、っと!) 詩織にも確かにヤマネコの血が流れていそうですし(切れると怖い、というのは、TOM-Fさんにご指摘いただきましたよね(^^))。

> あ~でも、もっと深いだろうなぁ。やっぱ、アニメ&ゲーム脳の私には、難しすぎです(笑)
ややや。TOM-Fさんのお話の方が、私にはちょぴっと難解です。いや、難解というのか、この奥に何が潜んでいるのか、考えてしまいます。あのエリザベート〇世、が今も気になって気になって。
エピローグ、楽しみにしています。
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2016/06/11 14:08 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/734-db2039c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)