10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・小説】2016年イグ・ノーベル賞『股のぞき』効果は小説にも生かされる? 

『イグ・ノーベル賞』2016、今年は立命館大学の東山教授と大阪大学の足立教授が受賞。
日本人の受賞は10年連続だそう。

皆さんご存じのように、この賞は「人を笑わせ、かつ考えさせてくれる研究に贈られる」、ノーベル賞のパロディ。授賞式のスピーチ(1分間)でも笑いを取らなければならないし、制限時間の1分を超えると8歳の子供が登場して「やめて! 私は退屈なの」とさっさとスピーチをやめるように促すのだとか。
受賞者にはアルミ製のメダルと、賞金10兆ドル(とはいえ、ジンバブエ・ドル紙幣で、現在は通貨としての価値は0)が贈られ、さらに授賞式に出席するのもすべて自腹というかなり気合いの入った?パロディ。
受賞者に日本人が多いのは、そもそも国民性として、馬鹿馬鹿しいこと、笑いに対するハードルが低いこと(昔から落語とかお笑い、好きですし)が関係しているのでは? とも。

それはともかく、今年受賞した東山先生と足立先生の研究論文は
「Perceived size and perceived distance of targets viewed from between the legs: Evidence for proprioceptive theory」(足の間から見た対象の知覚されたサイズと知覚された距離:自己受容理論の証拠)
というもの。
簡単に言うと「股のぞきをすると、遠近感がなくなって(奥行きがなくなる)、実際よりも遠くのものが近くにあるように感じる」ということを90人?の被検者により実証したということなのです。
この効果は、画面を逆さまにしただけでは得られず、「頭を逆さまにする」ということが関係しているのだとか。

これを見て、実際に股のぞきをしてみた人も多いことでしょう。
天橋立に行ったら絶対にやっていると思うのですけれど、いったいあんな面白い風習、誰が考えたんでしょう。思えば日本人は、昔からそんなふうに物事をひっくり返して見るのが好きなのかもしれません。もしくは、そもそも「あまのじゃく」なのかも? 判官贔屓だって、他の国で成功者以外が好かれるようなのって、あまりないのではないでしょうか。

で、天橋立までは簡単に行けないので、自分の家の中でやってみたのですが、う~ん、そのくらいの距離ではよく分かりませんでした^^;
でも、あることに気がついたのです。
股のぞきって、もしかすると小説の書き方に通じるものがあるのでは?

股のぞきをすると、まず両脚が「フレーム」の役割をします。つまり全体から、その部分を切り取るのですね。
これは写真と一緒かも。みんなが見ているかもしれない景色なのに、フレームがあることで、切り取り方の多様性が出てきて、写真家の個性につながっていく。物語を書くときも一緒で、多くの日常のあれこれ、もしくは妄想のあれこれから、ある部分を切り取って物語に構築する。そこにそれぞれの書き手独自の感性が表れるんですね。

遠近感がなくなる、もしくは遠くのものが近く見えたりする、というのも、物語の特性かもしれません。
実際に見えているそのままではなくて、その距離感を変えて、読者に「事件」を説明し、面白い展開を提示したり、時には読者を騙したりしながら、「出来事」との距離を変えていく。遠くにあるものを近づけて見せたり、時には近くのものを遠ざけたり。

そして何よりも、逆さまに見る、ということ自体が創作の中には含まれています。
「起承転結」の「転」、常に読者を驚かせる仕掛けを作る。そのためには物事を正位で見ているだけではダメで、逆位で見ることも必要。タロット占いでも、正位と逆位では意味が違っていますものね。そもそも、小説のスタートからして「意外な設定」「ギャップ」が大切なのですから。

そういうわけで、ちょっとお出かけしたときは、(周囲に恥ずかしくない範囲で)股のぞきをしてみて、いつもの景色の見方を変えてみましょうか。もしかすると、思いも寄らぬアイディアが生まれるかも??
関連記事
スポンサーサイト

Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 12   

コメント


イグノーベル賞、股のぞきでしたね。
写真で撮ると絶景には見えないとのことで、人体の不思議を感じましたΣ(°д°)
天橋立は何度か行ったことがあるのですが(実は家が近いのです)毎回雨でちゃんと絶景見たことないです(>_<)いつか晴れた日に行ってやる…(ಠ.ಠ)

小説考えてると頭が固まってしまって感想もらった時に、あ、そんな見方もあるのよか!って発見することがあります。これも股のぞきですかね??(*´ェ`*)ってか私もそろそろ何かお話作ってアップしたい…頑張れ私の想像力!

たおる #- | URL | 2016/09/25 21:50 [edit]


たおるさん、ありがとうございます(^^)

お。たおるさんはかの天橋立の近くにお住まいでしたか!
私が行ったのはもうずいぶん前なのですが、今回のこの賞のニュースを見て、また行きたくなりました。でもいったい誰が最初にあの景色を股のぞきで見ようと思ったのでしょうか。思えばすごい発想ですよね。でも確かにあの景色の中には、そうしたくなる何かがあるのかも~(^^)
空と海が逆転して、しかもあの優雅な曲線があってこその股のぞきなんでしょうね!

そうそう、普通に上下反対の写真を見てもそうは見えないというのだから、まさに人体の不思議?脳の不思議ですよね。
でも、見方を変える、見る方向を変えるって、煮詰まってしまった後では、なかなか思い切ってできないことかも…… そういうとき、頂いたコメントなんかで見方が変わることってありますよね。自分がそういうつもりではなく書いていたことも、他の人の目を通してみると、また違うものに見える。そしてそこからまた新しいものが生まれる。
それがブログの醍醐味かもしれませんね~
是非晴れた日に、地の利を生かして天橋立股のぞきを! たおるさんの新境地も生まれる? また楽しみにしています!
コメントありがとうございました!!

彩洋→たおるさん #nLQskDKw | URL | 2016/09/25 22:53 [edit]


あ〜、なるほど、彩洋さんのご意見に大賛同です!
このパロディの賞のことは存じ上げてなかったのですが、
こういう催しものを知ってる・知らない、というのも
それがもうすでに作者様の「フレーム」ですし、
小説なり漫画なり読むとその書き手様の「フレーム」
が見えてくるものですよね。
彩洋さんの作品でいうと、わたしがもってるフレームとは
比べ物にならない多様性と広さと深さを感じさせ、
毎回圧倒される感じです。
圧倒されながら、そして、例えば怖れ多くも彩洋さんの作品の
キャラクターと、自分の作品のキャラクターって部分的に
重なる所があるかな〜と感じていて(もちろん全部でなく部分的です〜///
不快になられたらごめんなさい><)、それでありながらフレームの種類はだいぶ違うような気もしますし、切り口もまた異なる感じがしています。
それは彩洋さんの作品を読み進めれば進めるほどそう感じるようになりました。
そもそもポテンシャルが彩洋さん半端なくて比較できない!
とはいえ、そういうところ(自分の未熟さ、彩洋さんの知識量の深さ)も
「個性」となって作品を作り上げていっているのかな〜と興味深いです。

canaria #- | URL | 2016/09/26 12:17 [edit]


canariaさん、ありがとうございます(^^)

あ~、これはもしかして有名な賞ではなかったのかも?? いや、すみません。大阪人、ついつい食いついてしまいまして^^; そうか、canariaさんのおっしゃるとおり、どういうものに反応するかというのもまたその人個人のフレーム、なのですね~。本当だ。ってことは、私ったら、やっぱり関西人なのかぁ。お笑い、外せないというような感じで。
確かに、小説はともかくとして、どこかに笑いを取ろうとしているかも知れません~
考えてみれば、小説や漫画、映画、何を見るか、という時点で、自分自身のフレームを使っているかも知れませんね。でも、そのフレームもたまには逆さまにすると、新しい発見があるのかもしれませんね。

以前、他の人の作品の一部(全く知らない作者の作品)から、勝手に続きを考えて書くというのを何人かでやったことがあるのですけれど、他の人の作品はみんなそれぞれ全然違うものになっていました。共通した部分を読んでも、どこに引っかかったかというので続きも変わってくるのですね。でもこれをやったあと、先読みするくせがついちゃって、ミステリーなどで自分と同じ考え方をする作者さんにぶつかって、私ならこの展開はこうだな~と思って読んでいたら、次々出てくる伏線が私の予測の範囲にはまって全部見えちゃって、かなりつまらなくなっちゃいました。ミステリーに先読みはしてはいけない、と思いました^^;

canariaさんのフレームも確かに独特ですよね。でも、そのフレームは色合いが面白くて、しかも辺縁が一部揺らめいていて、時折境界が不明瞭になるあたり、面白いと思います。それに間口よりも奥が深いというのも特徴かもなぁ~。それに、そのフレームの切り方は勇気がいるぞ、ってことをやっていっておられるような、そんな気もします。そうだな~、なんて言うのか、色の混ぜ方が独特な絵が描かれている。

みんな違ってみんないい、って事ですよね。
あ、うちのフレームは壊れてるのではないかと思います^^; 広いように見えて底が浅いのかも~。あるいはどこか唐沢(真が以前雇われていた調査事務所のうさんくさい所長)っぽいのかも。
唐沢っぽい=きっと何かあるに違いないと思う意味深な井戸の底に降りてみたら、何もなかった、という(^_^;)やつです。いやいや、私の知識なんてのは超張りぼてのぼてぼてです。サキさんやTOM-Fさんのメカ知識なんかを拝読すると、もう全然、ついて行けていない自分がおりますし・・・

え~~、私もですね~、いや、これは以前もコメントで書かせていただいたかも知れませんが、canariaさんちのケイとうちの真はかなり似通ったところがありまする! と思います。根っこがピュアなのか、それともとんでもなく身勝手なのか、書いていてもよく分からなくなることがあります。でもものすごく熱くてかっこいい主人公は、他の人の作品にお任せいて、私はこんなどうしようもないかもしれないのが好きかもなぁと思っています。でも、現実に横にいたら、ちょっと面倒くさいかも(^_^;)
あ、でも、そうなんですよね、にたところがあるけれど、切り取り方は違っているから、やっぱり違う人物になり、違う物語になるんですね。
たくさんの見せ方、見え方があって、他の人の書いたもの・ものの見方にはっとする一瞬、一言があって、物語ってやっぱり面白いですね。同じ対象を見ていても、フレームと逆さま術などを加えているうちに、色合いが違ってくる。楽しいなぁと思います(*^_^*)
これからもいろんなフレームを切り取り、いろんな色を混ぜていきたいですね。そして時には股のぞきで、自分の作品を別角度から見つめてみるのもいいかもしれないなぁ~と思ったりしておりました。
コメントありがとうございました!!

彩洋→canariaさん #nLQskDKw | URL | 2016/09/26 22:55 [edit]


こんばんは。

日本人は、大方の風潮としては「まじめにしろ」「トンデモ科学は許せん」だと思うのに、ふたを開けてみると10年続けて入賞? なんですって? 意外と面白いことを、大真面目に研究してしまう人が多いのかもしれませんね。
でも、世の中の大発見って、地動説の例を挙げるまでもなく、その当時の常識からみたらトンデモな発想からしか産まれないのだから、こりれは好ましいことなのかもしれませんね。

という話はともかく、股のぞきをしないまでも(ちょっと恥ずかしいし)、小説は作者が切り取ったフレームによって表現されるものだという考え方には納得です。

同じニュース、同じ事象、同じ人間関係などを観察していても、作者の数だけ別の物語があるんでしょうね。だから、例えば同じテーマで書いたり、同じキャラでコラボしても、全然違う物語になって、面白いんですよね。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2016/09/27 05:26 [edit]


名前だけは・・・

イグ・ノーベル賞、名前だけは以前から耳にしていましたが、股のぞきを研究するとか、ほんとうに面白いですよね。
こういうのは、クソ真面目にやるからこそ、意味があるんですよね。日本人がそういうユーモアの分野で世界に認められるというのも、本家のノーベル賞なみに嬉しいですね。

股のぞき、私も笠松公園のベンチの上で、やったクチです。
あれって、天地がひっくり返って、天橋立が空に浮かんでいるように見える、ってのがいいのだと思っていたんですが(俗物)

小説は作者が独自のフレームで切り取った世界だ、というのは、私も同感ですね。
皆さんの作品を読ませていただくと、世界って豊かなんだなぁと感心する事しきりです。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2016/09/27 19:28 [edit]


そうなのかあ~

こんな面白い賞があるというのは聞いたことがありますが、日本人がけっこう取っていたとは知りませんでした。
そして、ユニークというだけじゃなくて、なかなかちゃんとした考察に基づいた論文なんですね。
うん、日本人は得意そう^^

私はどうも三半規管が弱いのか、股覗きをするだけでくらくらしちゃうので、あまりやらないのですが(いや、ふつうそんなにしないかw)、確かに見え方の違いへの驚きは、芸術、文学、いろんなところに通ずるかもしれませんよね。
大海さんの、物事の遠近感という発想読んで、なるほどなあ~と思いました。
なにかに行き詰った時、視点をひっくり返してみる。
これは物書きには必要な機転なのかも。

ミステリーだけじゃなく、どんな物語にも、この発想は必要なのかもしれませんよね。
読者をハッとさせる瞬間をつくる。「あれっ」と思わせる。
そういえば、退屈だなあ~と思わせる小説には、これが無いのかも…。
創作者は、くるくる回って視点を変えながら、読者を楽しませる努力をしなきゃならないのだなあ~と、改めて感じました。
(眩暈起こしてる場合じゃないぞ~~><)←ほんと、最近眩暈、立ちくらみが多くて(;_;)

lime #GCA3nAmE | URL | 2016/09/28 07:05 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

確かに、日本人はユーモアを解さない民族だと世界から思われているかもしれませんね~。でもそれはもしかすると、コミュニケーション能力の問題で、本質的にはユーモアのセンスは悪くないのかも。まぁ、あんまり高尚なものとかブラックユーモアとかは苦手で、多少ウェットな(湿っぽい)、しかもかなりしょ~もない系のだじゃれとかが好きかもしれませんけど^^; でも、狂言だって落語だって、ユーモアの一表現ですものね。
大阪生まれの大阪育ちの私の、こどもの頃の師匠は藤山寛美さん。あの笑わせて笑わせて、最後に泣きに落とすのが好きなんですよ。で、初めて劇場に連れて行ってもらったとき(小学生?)笑いすぎて親に「恥ずかしすぎる」と言われまして。あ、全くの余談でした!

でもこの研究は別に笑わせようと思ってやったわけではなくて、元々なにやら知覚についての研究をされていて、その仲で書かれた論文だったようです。笑いを狙ったわけではなかったらしい……^^; 
でも、みんながハッピーになる、にやりとするような話って、いいですよね(*^_^*)
それにそう、夕さんのおっしゃるとおり、発想の転換から思わぬ発見があったり、思わぬ真実にたどり着いたりするんですね。物事を多角的にとらえる、裏側から見る、そんな中で新しい発見が!
物語もそうあるべきですが、なかなか視点を思い切って変えるのって難しいですよね。でも切り口を少し変える(フレームを変える)だけだと思ったら、意外にできちゃうのかもしれないなぁと思いました。
あぁ、でもそうかぁ、だからコラボって面白いんですね。自分のキャラを誰かが書いてくださったら、同じでいてどこか違う、しかもオリジナルの作者が気がつかなかった面白い面が見えたりして。
というわけで、これからも時々コラボを楽しみたいですね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2016/10/01 00:00 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

先日、ラジオで「おはようパーソナリティ道上洋三です」を聞いてたら、件の東山先生が登場。ちょうど職場に着いてしまったので、ほんのちょっとしか聞けなかったのですが(しかも電波の悪い駐車場にはいってしまった)、その中で聞いたことによると、別に笑いを取るためにした研究ではなかったようでした。そもそも知覚のなんたるかを研究している中でこの話が出てきたのだとか。文学部の先生なんですって。
でも知覚を研究するにあたって、あの天橋立の像を思い出して、その見え方の妙に興味を感じて大まじめに調べるってのは、ある意味ユーモアなんでしょうね。これってきっと研究者のセンスなんだろうな。そんな風に、ふいと見方を変えることができる、立ち位置にこだわらないってのが、発見につながるんですよね。
小説もきっと同じなんだろうな~。なかなか自分の立ち位置って変えられませんけれど……(^^;)
笑いを取ろうと思ったわけでもないのに、笑ってもらえて、賞までもらえて、ちゃんと1分間の受賞スピーチでも笑いをとって。これもみんなセンスかな。それにしても、この研究が面白いって、どうやってノミネートされたりするんだろう?? 

> あれって、天地がひっくり返って、天橋立が空に浮かんでいるように見える、ってのがいいのだと思っていたんですが(俗物)
いや、それはまさにTOM-Fさんのおっしゃるとおり、天橋立ですから、空と海がひっくり返って、海のはずの空に浮かぶひっくり返った天橋立を見るってことですよね(^^) そこに遠近感?とかを発見して知覚の問題を見いだしたというのが、発見、ですね。
日本三景ってほんとに、よく選んだものですね。

書き手によってフレームの切り方が変わってくる。他の人の作品を読んでいると、その違いが感じられて、自分では絶対できないなぁと思うときに、やっぱり面白いなぁと感じますよね。こうした多様性を楽しめるって、贅沢なことなんだなとしみじみ思いました。
この先も豊かな世界の様々な側面を皆さんの作品で楽しみたいです(^^)
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2016/10/01 00:28 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

去年も日本人が受賞したというのでニュースになっていたのですが、あんまり印象に残っていなかったのです。でもこの面白い賞の授賞式の様子はテレビでやっていて、なんて面白い賞があるんだ!と感心していたのです。特にスピーチが長いと女の子が出てきて周りをうろうろしてプレッシャーをかけているのを見て、いや、これは是非とも他の場面でもやってほしいものだと思ったりして(無駄に長いスピーチする人、いますよね、どこでも)。
で、今年は「股のぞき」なんて面白いテーマに対する賞だったので、思わず反応してしまいました。で、やってみたら、なんだかちょっと嵌まって(^^) で、あぁ、これは物書きにとっては含みの多い話だろうと思ったのですよね。
そうそう、決して受けを狙ってやった研究ではなくて、知覚についてのまじめな研究だったようです。でも結果的になぜか受けてしまった? あ、これはユーモアだけではだめで、ちゃんと「考えさせられる」ものでないと賞はもらえないみたいですよ。

あ~、股のぞきをすると、頭がくらくらするって分かります! 私も頭をひっくり返したりしたら、すぐにくら~っとなったり、気持ち悪くなったりします。三半規管、確かに弱い。昔、宇宙飛行士を目指していたのですが、無重力のところなんかでくるくるしたら絶対吐く!と思ってやめました(話を盛っています^^;)。
人間の知覚って面白いですね。これもまた脳の錯覚・思い込みの表れの1つなんですね~。同じものを見ているはずなのに、全然違うものみ見える。そういう見方ができるってことは、どんな分野でも大事なのかもしれませんね。イマジネーションが世界を救う!? 発想に行き詰まったら、吐き気をこらえて?股のぞきしてみますか!

私も、ちょっと暑いところとかに居ると、それだけで気持ち悪くなったりくら~っとしたりします。limeさんもお気をつけて!(あ~、私がこの間ぶっ倒れたのは、そのあたりのことがあったからかも)
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2016/10/01 01:36 [edit]


確かに角度を変えるというのは大切ですよね。
起承転結の転がどうなるかで、物語の引きが変わってきますからねえ。。。
色々な小説を書いてきましたけど、やはり転がある小説は好評でしたね。
視点を変えるというのは大切ですよね。
(*´ω`*)

LandM #- | URL | 2016/10/01 17:35 [edit]


LandMさん、ありがとうございます(^^)

行き詰まった時には、角度を変えてみる。書いている時って一生懸命になっちゃってるので、細工をしたり、読んでもらう人を引きつける技を入れたりってできていないときも多いですけれど、ふと一歩離れて見てみると別のものが見えてくるんですよね。きっと、そういうとき自然に「股のぞき」しているのかもしれませんね。これからは校正するときには股のぞき風でいこうかしら。
そうそう、起承転結は基本ですよね。仕事で文章を作るときでも、起承転結は意識しているんですが、やっぱり「転」で盛り上がりますよね。あんまりやり過ぎると下品になるのがくせ者ですけれど^^;
でも、改めて物語を作るって楽しいなぁと思いました。
コメントありがとうございました!!

彩洋→LandMさん #nLQskDKw | URL | 2016/10/01 22:18 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/744-16770f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)