10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】43.福島飯野町・UFOの里の巨石(4)~いつかまた・赤岩~ 

赤岩山前の巨石2
引き続き、福島県飯野町の巨石です。
前回、1日かけて飯野町の巨石巡りをしているとき、なぜかここで引き返してしまった赤岩に戻ってきました。この山を再訪するために戻ってきたと言っても過言ではない場所です。
『神社の鳥居手前に重ね餅のような巨石があり、鳥居より91段の石段を登りつめたところに観音堂、さらに43段登ったところに赤岩稲荷神社があります。』
この看板を読んだはずなのに、なぜか「さ、帰ろ」となってしまったのはどういうことか、今でもよく分かりませんが、リベンジ飯野町の闘志を持って5ヶ月ぶりの再訪となったのでした。
その時の顛末はこちらに→【石紀行】37.福島飯野町・UFOの里の巨石(2)~村を見守る石たち~
赤岩鳥居
でも今日はなんだか「お帰り」と言ってもらっているようで、鳥居の向こうの階段も明るく感じます。
赤岩山前の景色
鳥居を背に振り返るとこんな景色です。3月の南東北の景色はまだまだ冬の気配を引きずっていますが、畦に水仙が咲き始めていました。
赤岩・水仙
鳥居の先に見える階段を上り、途中にある観音堂(大悲閣)に手を合わせます。
大悲閣
このお堂の左方向にまだ階段が延びています。
大悲閣~稲荷神社
赤い鳥居の先に赤岩稲荷神社がありました。
赤岩稲荷
ところで、どこも「赤くない」ですよね。看板の説明によると、次のような伝説に基づく名前のようです。
『その昔、八幡太郎義家が木幡山(二本松市)から石を投げて、落ちたところがここ赤岩山だそうです。その石が、落下して岩に当ったときに大きな火花が出て、 あたり一面の岩が赤く輝いたことから「赤岩」と呼ぶようになったと言われています。この赤岩稲荷がある赤岩山一帯は、巨石が重なってできていると 言っても過言ではなく、地下深くは巨大な岩盤になっているのが確認できます。
昭和37年から43年まで、町道の維持管理に敷き砂利を生産するために、町営の砕石場が置かれました。連日、 岩を爆破して採石した場所が現在もむき出しになっており、岩盤の様子がよくわかります。』
稲荷大神
赤岩稲荷神社の拝殿です。本殿はやはりこの背部の岩場でしょう。ところが……
稲荷社の右手
拝殿の右手に回って見上げると、上がっていけなくはないのですが、道がちゃんとあるわけでもなく。
稲荷神社奥の岩
左手から見ても「山頂まで登れる」ようには見えず。少なくとも、冊子にあるような「積み重ねられた巨石」らしきものの姿もありません。せめて写真で見た景色を少しでも、と、神様に「はるばる2度目の訪問です。少しお邪魔させてください」とお願いして、山に登らせていただきました。
稲荷大神右手星つき
ちょうど星印の辺りです。
oinarisann.jpg
そこに至るのはちょっと難しいのですが、ちゃんとお参りのできる足場がありました。紙垂も新しそうで、きちんと手入れをされているのが分かります。2月にはお祭りがあると書かれていたので、今もここは大事にされているのだろうなと納得し、手を合わせます。
おいなりさんお社
奥の方の穴は狐さんの住処にもなりそうです。そっと覗いてみましたが、今は雨宿りする神様もいないようです。
稲荷大神奥の穴
さて、山頂に至る道はあるのでしょうか。拝殿の左手に戻ってきました。
稲荷大神左手
途中までは行けそうなので上がってみます。先の方の地面に丸っこいものが見えていて、近づいてみると……
地球が埋まっている?
見事な丸みを見せてくれる巨石の一部です。地面に埋もれている部分はいったいどうなっているのでしょうか。きっとまん丸で、地球が埋まっているに違いないと、名も無き巨石としばらく戯れます。
が、この先には道がありません。もしかして元々はあったのでしょうか。以前にここを訪れた方のブログや、冊子の写真にも「山頂近くの人為的に積み重ねられた巨石」が載っていましたが、斜面は決して緩やかではなく、足場も悪く、繁った木々で進むことはできませんでした。木々の先にメンヒル状の岩は見えているのですが、重なっているようには見えませんでした。これが精一杯の視界。
赤岩山山頂はどこ?
後から考えてみると、もしかして他に道があるのかもしれませんが、周囲を散策するだけの残り時間もなく、またまた名残惜しくこの地を去ることになったのでした。
『胎内くぐりができる巨石や、人為的に重ねたような石碑状の巨石が頂上付近にそびえ、赤岩の象徴と言えます。また、 稲荷神社のお仕えとも言える狐が住むには、格好の場所で、方々に狐の出入りする穴が確認できます。』
冊子の説明文に「なるほど!」と言えるすべてをなかなか見せてくれない赤岩山。今回は少しだけ奥まで覗かせてくださった赤岩の神様は、お前、まだまだだな、と再々訪を待っていて下っているのでしょうか。
もしかして地球
でも、今回、お気に入りの岩を見つけました。いえ、私にとっての赤岩山の象徴? きっと全部が見えたら「丸く収まる」けれど、埋もれた部分を見ることは簡単ではない、この地球の一部のような丸い岩。見えるようで見えない、分かるようで分からない、そんな巨石たちが魅力的に見えるのは、やはり地球から生まれ出て、雨も風も受け入れながら、土に埋もれても木々に埋もれても、そこでじっとその場所を見守ってくれているからなのですね。
狐たちがこの小さな丸い地球の上で遊んでいる姿なんかも想像しながら、赤岩を後にしました。
重なったお餅のような巨石まで戻ります。この巨石の脇には大きな桜の木があります。
サクラ咲け
いつか満開の桜を見に戻りたい、この木を見上げながらそう思うのでした。
もしかして、山頂への道をご存知の方、是非ご教示ください!


次回は、飯野町巨石の最終回、豊作岩・くじら岩・方位岩です。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 14   

コメント


巨石さん

はじめまして
不思議なものが大好きな者です(^^)

福島の巨石情報参考になりました!
ここに行ってみたいです。

巨石の画像をたくさんアップされていて楽しいです!

他の記事も拝ませていただきます~☆
またお邪魔いたします。


かなしろ #- | URL | 2017/01/01 21:48 [edit]


明けましておめでとうございます。

今年はこちらの巨石紀行で初詣氣分な私です。

旧年中は、お仕事があれほどお忙しいにも関わらず、濃厚な活動内容に唸らせていただきました。
それに、お逢いできて、ものすごく嬉しかったです。神戸がますます特別な街になりましたよ!
どうぞお体を大切に、ますますのご活躍をお祈りしています。

本年もどうぞよろしくお願いします。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/01/02 06:19 [edit]


明けましておめでとうございます。

石をケイ素のかたまりと見れば、この地球こそがひとつの巨石!

などとでかいことを考えたつもり(笑)

今年もよろしくお願いします。

ポール・ブリッツ #0MyT0dLg | URL | 2017/01/04 20:17 [edit]


こんばんは~。

明けましておめでとうございます。

写真の丸みのある巨石、確かに地面の下はどうなっているんでしょう?
サキは湧き出てくる地下水が、いったいいつ地面に染み込んで、どこをどのように流れてきたのかが気になるのとと同じくらい、大きな岩の埋もれている部分がどうなっているのかも気になります。
想像すると、夜も寝られなくなります。

今年もよろしくお願いします。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2017/01/05 22:22 [edit]


かなしろさん、ありがとうございます(^^)

かなしろさん、お返事が遅くなって済みません!
そして、初めまして。不思議なものが大好き! 分かります。
私も「だいたい誰も来てない山の中に入っていて、誰もいないことで悦に入っている」というような部分があります。もしかして、かなしろさんの「山」と同じかもしれません(*^_^*) 巨石を求めて歩いていると、神社などで大事にされている巨石もありますが、山の中に埋もれているものもいっぱいありまして、どうやってそこにたどり着いたらいいのか分からなかったり、地元の人も知らない、行ったことがないって事が多くて(かくいう私も地元のUSJには行ったことがありません^^;)、探すのに難儀したりしています。こちらのブログでは、できるだけ周囲の雰囲気もお伝えできたらなぁと思っています。
福島の飯野町は素敵なところでした。埼玉に数年住んでいたときから福島は大好きな場所で(酒を買いに行っていたのは内緒です)、その時に巨石巡りをしていたらとは思うのですが(その時は古墳大好きっ子でした)、遠くなると想いも募るのか(遠距離恋愛のほうが燃える?)東北にはちまちまと出かけています。
行くたびに美味しいものに巡り会えるのも嬉しい。是非とも、福島の巨石を見に行ってください。原発事故の影響でとても近づけないような場所にも素晴らしい巨石があるようですし、まだまだ不安を抱えておられる様々な事情も現地では見聞きするのですが、石たちはそんなこと関係なく、地球の歴史を刻んでいました。こうしてレポートさせていただくことで、何かお伝えできるものがあればなぁと思っています。

ブログを拝見したら、かなしろさんのパワスポ漫画計画という部分に思い切り反応していた大海です。いつか是非!!
実は仕事柄、お取り組みの発達障害のことはものすごく身近です。こちらからもちょこちょことお邪魔させていただきますね。また遊びにいらしてください。巨石とともにお待ちしております!!
コメントありがとうございました!!

彩洋→かなしろさん #nLQskDKw | URL | 2017/01/07 11:14 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

夕さん、ちょっと遅ればせながらですが、あけましておめでとうございます(*^_^*)
そうそう、巨石紀行で初詣、ありがとうございます! お賽銭もいらないし!?
考えてみれば、神社のようなちゃんとした形のものができる前から、自然の石に手を合わせていた日本人。これこそ祈りの原型ですよね。うん、今年も頑張って石巡りをするぞ!(記事が間に合わない^^;)

昨年はなかなか小説の記事をアップできなくて、自分でもあれこれ中途半端だったのですが、今年も地味に頑張りたいと思います。そして、なんと言ってもお会いできたこと、万葉の湯で語ったこと、楽しい思い出になりました。次回のご帰国の際には是非とも大阪観光、もしくは巨石巡りにご一緒に! そうそう、出雲には心の師匠(巨石の)が居られますので、ぜひともご一緒に出雲の巨石巡りを?? そう言えば、オリキャラオフ会も出雲であったなぁ~(あ、しまった!)
今年は頑張ります!
今後ともおつきあい、よろしくお願い申し上げます!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2017/01/07 11:24 [edit]


ポール・ブリッツさん、ありがとうございます(^^)

ポールさん、あけましておめでとうございます。
はい、おっしゃるとおり、石は地球ですからね~(*^_^*) 奈良の山添村の見事な地球儀のような巨石を見ると、うん、これが地球の一部であると納得ができちゃいます。地球は自分に模してたくさんの巨石を地表に産んでいるのかも(地球の子ども?)。
地球は大きな巨石。その巨石の上で今年も頑張りましょう!
今年もいきなりのscriviamo!でポールさんと夕さんのやりとりがかなり楽しみな大海です。
今年もよろしくお願いします!!

彩洋→ポール・ブリッツさん #nLQskDKw | URL | 2017/01/07 11:29 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、明けましておめでとうございます。
去年巡った巨石の記事の積み残しがたくさんで、写真を見ては「えらいこっちゃ」と思っております。でも、忘れかけていても、写真で色々思い出せるので、やっぱり写真っていいなぁと思ったりしています。
この埋もれた巨石の一部の丸さ、気になりますよね。こちらの赤岩では冊子にあるような写真の巨石(のメイン)には出会えなかったのですが、こちらの埋もれた巨石に私もドキドキしていました。なんとなく上に乗っちゃイケないような、不思議な雰囲気の巨石でしたよ。きっとまん丸いと思うのですが、意外に四角かったらびっくりしますよね^^; それはそれで楽しいけれど。
この山自体が巨石の上に土が載っているというような造りらしいです(お餅を重ねて上からきな粉を振りかけたような構造、と説明してありました)。>
> 湧き出てくる地下水が、いったいいつ地面に染み込んで、どこをどのように流れてきたのかが気になるのとと同じくらい…
これ分かります! それが気になって、京都の山奥まで源流を見に行って、今では毎年お参りしているんですよ。
何はともあれ、今年もいっぱい石たちをご紹介したいと思います。
今年もよろしくお願いします!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2017/01/07 11:41 [edit]


お久しぶりです。
しばらくぶりにコメントさせていただきます。
内容が内容なので、非公開コメントにしようかなとも思いましたが、このまま書きます。

うちから車で20分くらいのところで、そういえば遠足で行ったなぁ・・・という場所ですが、写真で見ると「こんなにいいところだっけ?」という感じですね。
この場所、本当にUFOが見える場所らしく、友人の何人かから目撃情報を聞いたことがあります。(ちなみに、自分は一度も見たことがないのですが。)

ところで、もしかしてわざとだったら申し訳ないのですが、この場所は福島市でして、「福島”市”飯野町」と呼んでいただけると、福島市民が喜びます。
(自分は、福島市民じゃないですけど、飯野の友達が気にしますので、ね。)

それにしても、本当に多趣味でうらやましいです。せめて、どこかに出かけるような趣味を持ちたいとは思うのですが、想像だけで終わってしまうような、そんな毎日です。


cambrouse #B6pUstus | URL | 2017/01/08 01:05 [edit]


cambraouseさん、ありがとうございます(^^)

わぁ、お久しぶりです。そしてコメントありがとうございます。
そうでしたか、車で20分、それは素敵なことです。巨石がいっぱいあるところから近いのはうらやましいです。福島の巨石たちはみんないい顔をしているように思います。この赤岩の解説に「お餅を重ねてきな粉を振りかけたような構造」と、あるネットの観光案内にありまして、いい表現だなぁと思いました。景色はどこも素晴らしくって、1年に2度も行っちゃいましたよ。

そして、UFO目撃談。何か不思議なものを引き寄せるパワーありそうです。このきれいな丸い山、横から見たらすっかりピラミッドに見える山って、遠くからも良いランドマークになりますよね。青森の岩木山が海からランドマークだったというのを聞いてなるほど、と思ったのですが、空からもやっぱりランドマークなんですね。
身近に見た方がいらっしゃるというのもすごい! うん、私も『Xファイル』の中でしから見てないな~

そして、表記についてのコメントもありがとうございました。
はい、ちゃんと飯野町は福島市と認識しておりますよ~(^^) 関西から遙々二度も行っておりますから。
飯野町は『巨石探訪』という冊子があるくらい巨石が多いので(飯野町巨石マップがすごい!)、他の福島市の巨石(そもそも福島市の他の地域も巨石が多いんですけれど)の記事と区別をするために、飯野町の巨石の記事だけ別タイトルにしていたのです。
【石紀行】のタイトルページを見ていただいたら分かりますように、最近は記事のタイトルに「県名(「県」は省略)」と「その場所が分かる地名」を短く書くようにしております(最初の方は統一しておりませんでしたが)。たとえば「高知足摺岬」「兵庫高砂」という感じです。本当は「高知県土佐清水市足摺岬」「福島県福島市飯野町」と書くべきなのかもしれませんが、それではタイトルが長くなりすぎるので……。でも、まだ記事の整理もできていないので、今はまだちょっとごっちゃなのも悪いですね。でも決して、飯野町だけこう書いているわけではありませんでしたm(_ _)m
う~ん、でも飯野町のお友達が気にされるのでしたら、なんか申し訳ないです。
記事のタイトルは可能な限り短めにしておきたいので(2行以上になると見にくいので)、文章の中にもう少しちゃんと書き込むとか、何か工夫をしますね。
そのうち石紀行は別ブログに引っ越ししようかとも考えているので、またその時にでも(あぁ、時間が欲しい)。
ご指摘ありがとうございました(^^)

お出かけはなかなか大変ですよね。私も、実は休日は引きこもりな事も多いです。もう面倒くさくって。だから、予定を決めて「えいっ!」って玄関を出ないといけません。幸い、石を見るとテンションが一気にマックスになるので、玄関さえ出てしまえば目的地に気持ちはトリップできるのですけれど……^^;
以前は古墳でテンションが上がっていましたが、それがいつの間にか巨石に……UFOではありませんが、なんだか分からないものに惹かれるのかもしれません~
cambrouseさんもぜひぜひお出かけを!
コメントありがとうございました!!

彩洋→cambrouseさん #nLQskDKw | URL | 2017/01/08 01:50 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/01/09 23:43 [edit]


cambraouseさん、ありがとうございます(^^)

あ、そうか。そこでしたね! それは本当に失礼いたしました!!
逆に私の方も、ちゃんと文章を推敲しないままになっている部分もあって(一応一通りは見るのですが、推敲って本当に大きなところに気がつかないところもあって)、まぁ、それは逆にわたしのひどい文章を見れば気がついておられる事とは思いますが、逆に本当にお気を悪くされていると思います。こちらこそ、ほんと、済みません。
う~ん、そうかぁ、タイトルの話じゃなかったんですね。勘違いしてしまいました。
わたしはいつも言葉が足りなかったり、言葉を間違えて使っていることは多々あって、気がついていないことも多いです。ご指摘の文章は全く「福島駅から」もしくは「福島市の中心から」のつもりで書いていたに違いありません。遠方からだといつも駅からの距離が一番気になるところなので、アクセスのことを書くときに駅のことは一番気になるところで。
まぁ、わたしったら、「○月○日」と「次の水曜日」が同じ日だとは気がつかずにダブルブッキングしていることも多いので、勢いで文章を打っていると間違えちゃうのですね。ほんと、済みません。そしてご指摘ありがとうございました。
ほんと、てっきりタイトルの話だと思っていました。
いえいえ、細かいことって大事なので、お邪魔じゃなくて、ほんと、ありがとうございました。こういうご指摘はとても助かります。自分では気がつかないことって多いですから!
また何かお気づきになられましたら、お知らせくださいませ。何しろ、校正してくれる人って、読んでくださる方しか居ないので(自分で気がつけば一番良いのですが~)、ほんと、頼りなくって。
コメントありがとうございました!!

彩洋→cambrouseさん #nLQskDKw | URL | 2017/01/09 23:59 [edit]


赤岩山頂に行くルート

 花崗岩巨石を廻っているものです。赤岩山には2016年の12月に行きました。
 私は、稲荷の後ろの巨石に沿って、少し回り込むようにして直登。踏み跡はないけど、上がれます。巨石の上まで行くと、踏み跡があり山頂まで行けました。降りがてら見ると、稲荷裏の巨石の頂上から、稲荷社殿の右二石仏のある所へ、巨石側面沿いのルートがほのかにありますね。
 ということで、稲荷の右側から少し登れば上に行くと自然に踏み跡が出てくるので行けるはずです。
 皆さんとは別の観点ですが、花崗岩巨石の紹介もしていますのでホームページご笑覧頂ければ幸いです。

滝おやじ #- | URL | 2017/02/28 18:18 [edit]


滝おやじさん、ありがとうございます(^^)

滝おやじさん、初めまして! コメント、しかも赤岩山の頂上へのアプローチを教えていただき、ありがとうございます!!
といっても、実は私にとって滝おやじさんのお名前は初めましてではなくて、以前から存じ上げておりました。というのも、一昨年、昨年と福島に赴いた際に、滝おやじさんのHPの「論文」を参考にさせていただき、観察を楽しんでまいりました。だから、「師匠」と勝手に思っていたので、このたびコメントをいただいてい感動しております。
巨石を見に行くと、基本的に360度回ってみて、可能なら(神様に失礼でないなら)上ってみて、触れて感じることを前提にしておりますが、滝おやじさんの分析はなかなか俯瞰して見ることのできない立地の巨石の様子を確認することができて、本当に楽しく拝読させていただきました。
以前、六甲山系を歩く会に参加していたとき、地質学や植栽の先生がいっしょに来てくださっていたのですが、石の違う方面からの楽しみ方を教えていただき、山歩きが格段に楽しくなったということがありました。滝おやじさんのHPはちょうど先生といっしょに石を見るという感じで、本当に助けになりました。

関西からなので次に福島に行ける日がいつになるか分からないのですが、仙台あたりに出張の予定がまたあるに違いないので、その時また立ち寄ってみて、3度目の正直で山頂にトライしたいと思います!
またHPにお邪魔させていただきます。
コメント本当にありがとうございました!!

彩洋→滝おやじさん #nLQskDKw | URL | 2017/03/05 02:21 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/756-06289017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)