10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【イラストに物語を】亡き少女に捧げるレクイエム 

matamoya-angel.jpg
(イラスト:limeさん。著作権はlimeさんにあります。無断転用・転載はお断りいたします)

小説ブログ「DOOR」のlimeさんのお題・『またもや天使』にチャレンジしようと思ったのですが、皆さんがあまりにも素敵な掌編を書かれているのに、なぜかふざけたものしか思い浮かばなくて……考えても考えても笑いの方へ持っていきたくなってしまうので、これはもう、大阪人のDNAということで諦めました。
この脳内作品を文字にするかどうか悩んだのですが、limeさんにもお許しを頂いたので、さっそくoomi笑劇場へ……
あぁ、ほんとに、limeさん、ごめんなさい!!
(ぜったい怒られる……limeさんが怒らなくても、limeさんファンに怒られる……)
えっと、お口直しには、他のみなさまの素敵な掌編をお読みくださいね!(こそこそ)

・「続きを読む」以下もお楽しみください。


【亡き少女に捧げるレクイエム】


「おはようございます。Matamoyaテレビアナウンサーのミカエルです。本日の『日曜芸術館』は人気人形作家のガブリエル先生をお迎えして、先生の新しい作品を皆さんとご一緒に鑑賞したいと思います。先生、今回は蝋人形ですね。いつもの作風とは違いますが、聞くところによると、最近、愛するお孫さんを亡くされたとか」
 憔悴した姿を取り繕うこともなく、ガブリエルはうなずいた。
「彼女はまさに私の天使でした。あの子は外見が美しいだけではなかった。誰に対しても優しく、私のこともいつも心にかけていてくれました。そんな彼女をまるで生きている時のように蘇らせるのは蝋人形しかないと、そう思ったのです。私は深い悲しみを乗り越えるためにこの人形の製作に取りかかり、ようやく完成を見たのですが、見るごとに彼女の在りし日を思い出してしまって……」
 ガブリエルが言葉を詰まらせると、アナウンサーのミカエルも、そしてスタジオ中のスタッフや観覧席の視聴者も、涙を禁じ得なかった。
「皆さん、言葉は要りませんね。ご覧ください、この美しい少女を。人形とは思えない、お孫さんの魂の宿った姿を」
 少女の蝋人形は、まるで息をしているようだった。金の髪は虹色に光って見え、頬は微かに紅をまとい、唇は今にも言葉をこぼれさせそうだった。背景には、ガブリエルの作った人形を引き立てるように、緑の葉を繁らせた木のセット、そして天国で微笑む彼女を包む光のライトアップ。

 そこへどこからともなく、一羽の蝶が紛れ込んできて、ガブリエルの人形の側に近づいていった。天使となって天国に召された少女に生き写しの人形。その人形に、吸い寄せられるように近づいていく蝶。
 蝶がまるで何かを訴えるように羽をはためかせると、皆がその美しい光景に息をのんだ。
 やがて蝶は、ガブリエルがその人だと分かったかのように、まっすぐに彼の元へ近づいてきた。
「あぁ、蝶は魂を乗せているといいますもの。きっとお孫さんの魂が、先生に会いたくてこの世に舞い戻ってこられたのですわ」
 視聴者の一人の言葉に、スタジオは涙に包まれた。

 もしもここに、魂の声を聴く者があったなら、蝶に魂を乗せた少女の言葉を、彼女の死にうちひしがれて嘆くガブリエルに伝えることができただろうに……

 このエロじじい~!!
 まったく、おちおち死んでられないわ!
 なにが悲しみを乗り越えるためよ!
 ほんっとに、見張っとかないと、何をするか分かんないんだから!
 あんた、わざと羽根つけて、服脱げかけにして、ちらっと谷間見えるようにしたんでしょ!
 あ~、やらし~! ありえないっつ~の!
 鱗粉、ばたばたしてやる~!!
 あんたが、こっち来るときは、えんまっちに頼んで、絶対厳しく取り調べてもらうんだからねっ!


イマドキ女史の天使ちゃん、閻魔大王を捕まえて「えんまっち」ってタメ口。このお色気で閻魔大王もたじたじでしょうね。でもなぜ天使に閻魔大王? とか細かいことは気にしないでくださいね!(いや、細かくないぞ)
マジギレしてるんだけれど、やることは「鱗粉ばたばた」程度でたいしたことない辺りもご愛敬(なんせ、蝶ですものね。あ、もっと呪い系とかにできたかも?)
ガブリエル先生、人形作家、得意分野はお色気系、だったりして。
でもって、実は、言いたいこと言い合いつつの、仲良しジジ・マゴだったのかも。

実はこの絵を見たとき、蝶だけは別次元にいるような気がしたのです。ぽわんとしてるし。
で、木と天使はセットと人形、蝶だけがリアル(なのか、幻なのか。胡蝶の夢、ですものね)。
蝋人形は時々どきっとするくらい本物っぽいときがあるし、江戸川乱歩の話にもそんなのがあったような。
そして、蝶は死者の魂を乗せて天国へ連れて行ってくれると言います。
う~む、それなのにどうしてふざけちゃったんだろ……疲れてるのかなぁ。
limeさん、ほんっと、ごめんなさい!

……でも、ちょっと楽しかった(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト

Category: イラストに物語を

tb 0 : cm 10   

コメント


もう、楽しすぎるw

タイトルだけ見たら、きっと悲しいお話・・・だとおもえるのにw
やっぱりこういうところが関西人ですね!大好きですw

もう、蝋人形にしか見えないですね天使。実は私も描きながら、後ろの背景ってセットっぽい……って思ってたんです。見破られたか!

ガブリエル先生ッたらとんだエロ爺なんだからw
でもそのせいで肩出しワンピなのですね。会場の人、誰も突っ込まないのが逆におかしい(笑)
もう、蝶の暴露で全部分かっちゃいましたね(でも誰にも聞こえない?)
悲しい設定なのにコメディにしてしまう大海さんの腕がすごい!
いやあ、本当に楽しませてもらいました。
本当にありがとう~~!

みんな、読んで読んで( *´艸`)

lime #GCA3nAmE | URL | 2017/02/07 07:33 [edit]


やられた~

これはやられました~。
タイトルから、オープニングから、演出から・・・どこが笑劇場?と思って読んでました。
テレビ局の名前に片鱗は見えますが、まさかこうくるとはなぁ。

魂の声がとてもいいです。
この今風(なのか?)のため口、たまりません。
周到な準備の後のこの半端ない落とし方、やっぱり関西人の血なんでしょうか?
サキは仲良しジジ・マゴだった、に一票。
そして彩洋さん、ちゃんと休養を取ってくださいネ。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2017/02/07 19:03 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

わぁ、limeさん、ほんっと、すみません!!
でも、なぜか考えれば考えるほど笑いの方向へしか考えられなくなっていて……何があったの、私、って感じでした。でもきっと、現実のなにかを笑い飛ばしたいという表れでしょう!(なんか適当なくくり方だけど)
これはほとんど、吉本新喜劇の世界ですね。罪も悪意もない、いい加減笑いで。本当はこの先に、「笑って笑って、最後は泣きで落とす」藤山寛美さん風にしたかったのですが……そこはちょっと力不足でした。
大阪人の笑いって、貧乏とか生活上の苦しいことだけでなく、死とか人生・怖いところなんかも、笑い飛ばしちゃえってのがありますよね。そういうパワーが「死んでも死にきれんわ」ってのに表れてたらいいなぁと思っていて。

確かに会場の人たち、誰も突っ込んでない^^;
でも絶対、心の中では思っているはず。このじいさん……って。
あぁでも、やっぱり実は喧嘩ばっかりしているものの仲良しなジジ・マゴだったんでしょうね。
ちょっとイタい感じの仲良しだけれど、それもまぁ現実っぽいところかも。
セットっぽい感じ、そうそう、この絵を見ていて思ったのですが、ファンタジーになるか、現実ならセットだなって。

limeさんに怒られなくて良かった^^;
楽しんで読んでいただけたなら、ほんとに良かったです!
素敵なイラストと、コメント、ありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2017/02/08 06:41 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、ありがとうございます。そうそう、関西人の悪のりが出てしましました。
もしかして関西人にしか許してもらえない笑いかも、とちょっとびびってます……アップしたものの、ほんとにふざけすぎだよ!って怒られないかと。サキさんもlimeさんも、関西在住の方には大丈夫だったんだとちょっとホットしました。
あ、テレビ局の名前、気がついて頂けましたか。そうそう、ここはサキさんにならって「またもや」で遊ばせて頂きました。

少女の魂の声、本当は関西弁にしようと思ったのですが、それはやっぱりマズいかと思って、一応普通?にしました。言いたいこと言いつつも実は仲良しジジマゴ、ってのにも反応していただき、ありがとうございます。
そうそう、関西人の血、大阪の保育園では「ボケとツッコミ」の歌まで歌われているそうで、その時からもう鍛えられているのですね。
しんどいのも、悲しいのも笑い飛ばして、このパワーでどこまでもはびこりたい関西人、でした??
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2017/02/08 06:49 [edit]


あはは~

執筆、お疲れ様でした。

あ~、悲喜劇かぁ。その発想はなかったです。
いやコレ絶対に重い話だな、心して読まないと……と、まあ途中までは思ったんですけどね。
なんかTV局の名前がアレだし、天使の名前がぞろぞろ出てくるし、なんかおかしいなと思ったら、ラストのタメ口孫娘にやられました。

ほんと、関西人にはこういう「お笑い」のDNAがありますからね、どんなにしんどくても、お笑いパワーではびこっていきたいですよね(イミフな同意)

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2017/02/08 18:53 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

いえ、これはTOM-Fさんのご推察どおり、全くの喜劇なのです^^; そうそう、TV局の名前がアレだし、天使の名前がぞろぞろ出し、そもっそも可笑しい話なのです。いやほんと、済みません。きっとふざけたやろ~だ、と思っている人もたくさんいるんだろうなぁ~とちょっと反省。
ま、でも、吉本新喜劇風な展開ですから、きっと関西人には理解してもらえるのだろうと勝手に思っています。いえ、もちろん、関西人でなくても、許してくれる人はいっぱいいるだろうと信じて!
しかも、また続編を思いついちゃった(^_^;)
いや~、こういうのって、思いついたらどんどん進んじゃう感じなんですね。困ったものだ。DNAが……まずいことに。
たぶん疲れているのですね。だから、お笑いの力を借りて、頑張って生きていきたいと思います。

でも、このため口孫娘、かなり気に入ったかも!
ちょっと続編書いてみよっかな!
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2017/02/09 23:37 [edit]


すごいわ~~w(^0^;)w

流石です!!!
このイラストから、そんなお話が生まれるなんて!!
そして、このどんでん返し方!!!
並の人じゃ思いつきませんよ(^∀^;)\
私も関西人のDNAは持ってるはずなんだけどな~
やっぱ、関東で育っちゃったのがダメだったか~~

鱗粉、ばたばたしてやる~!!
が、めっちゃ可愛かったです(^^*)v-238
続編も楽しみにしてますね~~♪

かじぺた #- | URL | 2017/02/10 02:11 [edit]


ぷぷぷ^^ ハマっ子にはえんまっちがバカウケ^^

笑劇場のつもりで読んでいったのに、いつまでたってもシリアス・・・?
これは美しい・・・と思いきや^^

このどんでん返しが面白すぎます。さすがです。
ギャップ的には関西弁バージョンも見たい気もするのだけれども、どうなんだろう・・・?

けなげな「鱗粉ばたばた」の第二弾が楽しみです^^

けい #- | URL | 2017/02/11 07:43 [edit]


かじぺたさん、ありがとうございます(^^)

わわ。かじぺたさんもありがとうございます(*^_^*)
いや、実は、もしかして皆さんからおしかりを受けるかと心配していました。でも、悲しいこともこの孫娘のパワーで乗り切ってもらえたらと?? 元気印娘、ですね。
皆さんご期待の?ちょっと脱げかけの服がかなり話題になっていたので、ここに注目していたら、こんな事に。
それに、蝶がちょっとぽわっと浮いているように見えたのですね。
その途端になぜか、蝶が自分を見ているようなイメージになって……気がついたらしゃべってた(蝶が)^^;

あ、かじぺたさんも関西のDNAありですね!
いや、どこで育っても、そのDNAはどこかで芽を出すに違いありません!
それに、まぁ、お笑い好きなひとはだれでもどこかにDNAがあるのですよね。うんうん。笑うことで免疫が上がってがんも克服って話もありますし(ちょっと言いすぎか)。

鱗粉ばたばたが受けていて嬉しいです(*^_^*)
でもこれ、実はモスラのイメージだった^^;
大きさ、だいぶ違うけど。
続編、というほどの内容もないけれど、もしかしたら書くかも。
コメントありがとうございました!!

彩洋→かじぺたさん #nLQskDKw | URL | 2017/02/11 09:47 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

えへへ。いつまで経ってもシリアス、なわけなかったですね^^;
書いていたら、名前とかシチュエーションとか、あれこれこだわり始めたら長くなっちゃったんですね。ほんとは以前の般若面の話くらい短くしたかったのですが、あの場面よりもアイテムが多いので、アイテムの説明が必要になっちゃったのですね。
最初に思いついたのは、このお嬢ちゃんのタメ口語りだったのです。

あ、しかも、どうして分かっちゃったんだろう?
そうなんですよ、実は最初関西弁だったんです。でもそこまでやっちゃいかんかな、と江戸っ子? 浜っこ? ちょっと違う土地柄になってしまったですたい。あれ?
それはともかく、あれ? やっぱり続編ができることになってるなぁ^^;
でももう蝶々じゃないですが、オチまで脳内でできちゃうと、自分で満足しちゃうという。
そのうち気が向いたら書いちゃいます。
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2017/02/11 10:11 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/763-1f68be3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)