04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

2017/3月のつぶやきコーナー★3/13大河ドラマと大河ファンタジー 

<Twitter代わりのつぶやきとお知らせのコーナー>



2017/3/30つかれたにゃ……
帰ったら2時、6時には起きて6時半には家を出る……もう若くないから辛いです……(>_<)
コメントお返事、コメント回り、もう少しお待ちくださいませ(@_@) ここのところ、睡眠時間2-3時間でぶっ飛ばしています。
代わりに、メジロの写真。
メジロ1
上でハヤブサが舞ってるし(メジロを狙って?)、メジロはちょろちょろ動くし、鳥の写真撮るのって大変だなぁ。でも他にも結構いい感じで撮れたのがあるんですよ。でもベストはこれ?
メジロ補正2
目玉が2つとも写ってるの、なんか可愛い←疲れてます……
魚と鳥の正面からの顔ってちょっと間抜けな感じで可愛いですよね。


今月の古いつぶやきは、「続きを読む」にあります。




2017/3/23思わぬ贈り物
けいさんから頂いた本2
3連休に富山まで大先輩の退任祝賀会に行って帰ってきたら、郵便受けにエアメールが。エアメール?? なんか変なものを注文した覚えもないし?? と思ってよく見たら、なんと『憩』のけいさんが本を送ってくださったのです。なんとも不思議な物語2つ。絵本に「で?」ってツッコミながら拝読しました~
けいさんのお手紙によると「和子ちゃんに読んであげて」ということなので、いつか勝手にコラボで使わせて頂きたいと思います!
けいさん、PC大事件で大変なときに、ありがとうございました!!

もうひとつの驚きは、『scribo ergo sum』の八少女夕さんが、コメントで「お誕生日おめでとう!」のお言葉をくださったこと。
なんと、私自身が忘れていたに等しい誕生日にコメントをくださるなんて……そうか、3月生まれ率高しって話をしていたんだっけ。あれ? 
本当にありがとうございました!
皆様、あれこれあって、かなり遅れていますが、またコメントにお伺いいたしますね!

2017/3/13大河ドラマと大河ファンタジー
このところ、書類シーズンで(+最近画像担当にもなっていて)、仕事でPCを触っている時間が長くて、毎日夜中まで格闘していると、目が疲れちゃって、ちょっと目眩気味なので、ゆっくり記事を書いたりコメントを書いたりできていなくて済みません(;_;)
読み逃げになっておりますが、ちゃんと読ませて頂いておりますので、またそのうちゆっくりコメにまいりますね。

さて、今日の話題はダブル大河。
ファンタジーなるものは、ほとんど読まないし書かないといっている私ですが、このところちょっとNHKのドラマに嵌まっています。
実は出張先のホテルで、夜中の番組でシリーズ1のダイジェストを見ちゃって、始まったシリーズ2は録画して休日の楽しみにしています(あ、放送自体も土曜日だった)。PCよりテレビ画面の方がまだましなのですね……
それは上橋菜穂子さんの『守り人シリーズ』のドラマ化。で、さっそくAmazonでシリーズ全部、クロネコさんにご迷惑をおかけしつつ(ほんっと済みません!でも再配達を依頼したらちゃんとその日には受け取ってるんだけど。私としては再配達料金上乗せでもいいんだけどな)購入しましたよ。まだ、読んでないけど。
しかも、出てくる出てくる、NHKに好かれているらしい役者さんの数々……これがまたかなりツボっているんです。みんな顔がなかなか良くて(それっぽいという意味。最近、NACSメンバーもかなり好かれているような気がする)。

でもこれだけでは私も嵌まらなかったのですが、実は今年はまだ大河ドラマについて行っているのです。去年は洋ちゃんが出ていたにも関わらず途中で投げ出しちゃったのに、今年の『おんな城主直虎』はまだついていっている。えぇ、世間で言う、子役で1ヶ月引っ張られた作戦にまんまと嵌まった一人です。
その最初の私の一言「わ~、チャグムがいる~」(チャグムというのは『精霊の守り人』に出てくる新ヨゴ皇国の皇太子)

で、おとわ(直虎)と鶴丸(政次)と亀之丞(直親)の三角関係(一応、おとわと亀は許嫁、でも結果的におとわは出家したので、亀は別に嫁をもらって、今や四角?)を、幼少期からあんなにみっちり描かれたら、もうどこに嵌まるって、ちょっと不遇な鶴じゃないですか。え?幼少期は亀の方が不遇? いやいや、やっぱりあの家臣の立場ゆえのどこかに悲哀や卑屈感のある鶴が、もう私のど真ん中です。しかも、もしかして自分にもおとわといっしょになるチャンスが、と思った途端、(事情があって)逃亡生活をしていた亀が帰ってくるし。
幼少期を演じていたのが、シリーズ1でチャグム役もやっていた小林颯くん。美形じゃないんだけれどなぁ、ちょっといじけて拗ねた顔とか、いいんですよ。ひねくれているの私だけ?と思ったら、結構ツィッターでも鶴派が多いみたいで。

しかも、鶴の父ちゃんで井伊家の家臣ながらちょっとヒール役の小野政直を演じている役者さん(吹越満)が、『精霊の守り人』でも新ヨゴ皇国内で敵対する立場の聖導師見習い役で登場していて、ますますデジャヴ感(これって、狙ってるの? 「この人、こっちのテリトリーにいるけど信じちゃダメよ」印?)。
『おんな城主』では、直虎(次郎法師)がいるお寺のちょっと武闘派な?先輩僧侶・傑山(市原隼人)が異様にかっこよく、『精霊の守り人』では皇帝が皇太子を暗殺しようと放っている狩人の二人(モン=神尾佑・ジン=松田悟志)が渋くてかっこよくて、これはまた立場が違うけれど、主人公との距離感・立ち位置が何となく似ているので、どこかで被っています。

「大河」というのはやたらめったら登場人物が多いってのが特徴だけれど、白状すると、ファンタジーや海外ドラマのカタカナ名前も、歴史大河のよく似た名前の羅列(有名どころはともかくとして)も、実は覚えるの苦手で。でも役者さんの顔で区別しているのですね。平将門→加藤剛とか(古い!)
役者とムードで何となく被っている今年の大河2つ。NHKのドラマって、時々嵌まっちゃうなぁ。でも、完全な創作物語と違って、歴史大河の怖いところは、気に入った登場人物が出てきても、次の回には消えてて、気がついたら死んでたってことがよくあること。人生は多少いじれても、生死まではいじれないから仕方ないけど(今回も今川義元の扱いがそれだったな)。
え、っと、大陸に渡ってジンギスカンとかにはなってないし。

大河ドラマは最初の気力が2月まで持つかどうかで決まるんだけれど、今年は見そうだな。
『守り人』のほうは、小説も読んでみようと思っています。ファンタジーだけど、上橋菜穂子さんは文化人類学者でもあって、物語に出てくる国同士の関係や、その風土・気候・人種・社会の在り方などは現実の世界にとても近くて、さらに、不思議な力や神のような存在は出てくるのだけれど、あくまでも民俗的なニュアンスが強くて、何かを一網打尽にして解決するような魔法とかは出てこないので、私などでも取っつきやすい印象です。

小説から入るのと、ドラマから入るのではずいぶん違うと思うけれど、個人的にはそれぞれの面白さを楽しんだらいいんじゃない?って思うし、ドラマの方では主人公のバルサを演じる綾瀬はるかもなかなかいい感じで、特にくっつきそうでくっつかない関係(最後は連れ合いになるようですが)の薬草師のタンダ(東出昌大)との間合いがこれまたツボ。それにロケに使われていた青森の仏ヶ浦でまたツボっています。

って、知らない人にはなんの面白みもない記事を書いちゃった。
今日(あ、昨日か)はNHKスペシャルで福島の原発の12日間の膨大な音声記録を解析した番組を見て、唸っていました。あの混乱した現場で起っているあまりにも膨大な出来事に対処するには、人が少なすぎたんじゃないの、いや、人が対応できる範囲を越えた何かが起るようなものを抱えていく恐ろしさを感じるし、人類としてどうあるべきかという根本のところに立ち返るべきだろうって、改めて思いました。現場の疲弊と本社のやりとりがあまりにも温度差があるようで、ちょっと居たたまれない思いだったけど、これはやっぱり見ておかなくちゃと思っていました。しばらく考え込んじゃう。

2017/3/11大切な日
もう6年経つのですね……まるで昨日のことのようなのに。でも、6年経っても行方不明のままの人の数を思うと、「まだ」6年。その数以上に、帰らぬ人への思いに揺れ動きながら過ごしている人がいる。2016年3月11日の行方不明者数2561名、2017年今日の行方不明者2553名。身元不明のご遺体69名。小さな1の数字の重みを感じます。
遠くにいて思うだけの私ですが、忘れないようにしたいと思うのでした。
そして、この6年の間にもまた別の大きな災害がありました。明日は今自分がいる場所で起こってもおかしくない、そんな地球の地面の上に生きている私たち。一所懸命、生きていかなくちゃいけませんね。
今年もまた、福島に行きたいな。去年は滞在中マイコプラズマ肺炎を発症してしまって、味が分からなかった福島市内の旅館の美味しいご飯も心残りだし。今年は熊本にも行かなくちゃ。毎年行っていたのに、去年は忙しくて行けなかったんですもの。
その場所に行って感じてみること。それもまた私にとっては意味のある行いなのです。
関連記事
スポンサーサイト

Category: つぶやき

tb 0 : cm 24   

コメント


うん

関西人、しかも元神戸市民としては、震災の記憶は風化させちゃいけないとは思うんですが……悲しいかな、ルミナリエの時や、1.17や3.11のときくらいなんですよね。熊本も大変な災害だったし、ほんとうに忘れちゃいけないですよね。うん。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2017/03/11 18:19 [edit]


こんばんは。

今日、母と電話で話していたんですが、仮設住宅の記憶しかない子供もいるんですよね。私たちは「もう六年か」と忘れるくらい関係ない生活をしているけれど、人生のほとんどを震災の爪痕に苦しんでいる子供たち、心が痛みます。

苦しみ続けた人たちには平安と癒しと希望を持っていただきたいし、私たちは忘れないこと、それに追い討ちをかけるようなことを絶対にしないことが大切だと思います。

東日本だけでなく、他の被災地も……。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/03/12 05:33 [edit]


大河ドラマと大河ファンタジー

『おんな城主直虎』はもう付いていってないのですが、『守り人シリーズ』はアニメそしてシーズン1・シーズン2と、ずっと見ています。
『真田丸』は秋頃まではちゃんと付いていってたんですけれど、滅んでゆくシーンになってから挫折しました。家康の扱い方が大好きだったんですけれど・・・。

『精霊の守り人』の方なんですが、上橋菜穂子さんの原作はずっと前にに読んでいます。
そしてこのお話は、実はサキの仮想世界創作のお手本だったりします。つまり「シスカ」を書く動機の1つになっているのです。でも、文章から創造される世界の緻密さに驚いて、ここまで拘っていいんだぁ・・・なんて思ってしまったのが運のつきだったんですね。そんなに上手に書けるわけがないんです。書きながらどうしても比べてしまって悶々とする。そういう状態がずっと続いています。
このTVドラマは原作の設定をかなり忠実に再現していて、原作を読んでいると余計に面白いと感じます。良くやるよNHKという感じです。

サキは誰がどの役を演じているかにはほとんど拘りがありません。原作のイメージと合うかどうかだけなんです。綾瀬はるかがどんな人なのかよく分かっていないまま見始めているくらいですから(あ、今はある程度分かってますよ)。
タンダのキャラも上手く出ている方だと思います。でも相変わらずキャラの名前を憶えられない。

あ、そうです、長いことかかりますが2人は結ばれます。どっちが女房なのかわかんないカップルですね。ネタバレですがご存知のようなので。
ここん所、録画が溜まっていますので一気見をかけようと思ってます。

震災の記事や福島原発の番組についてはちょっと重すぎてまだコメントができません。お許しください。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2017/03/13 20:01 [edit]


「守り人」は、

「日本製のファンタジーなんか読むもんか! しかも児童文学のファンタジーなんか読むもんか! 戦士が主役のファンタジーなんか読むもんか!」とマナジリを吊り上げて拒否していたある日、

不意になにもかもどうでもよくなって図書館で借りて読んでみたら十ページで虜になった作品であります。

もうこれがまさに波乱万丈の歴史ドラマなんだよなあ……。

ぜひとも最終巻まで読んでください。

「獣の奏者」もおすすめ(^^)

ポール・ブリッツ #0MyT0dLg | URL | 2017/03/14 23:19 [edit]


守り人と直虎、わたしも見ております~。
どちらも俳優さんがみんなNHKでよく見る顔ぶれですよね(笑)
ドラマ守り人はあの世界をあそこまで再現した美術さんの仕事がすばらしくて
俳優さんの再現率も高くて原作ファンとしても大満足です。
ロケ地に青森の仏ヶ浦があったのですね~近くを通ったことがあります…また行きたい。。
直虎もだんだん重厚な空気になってきましたね。
小林くんはチャグムで知った役者さんですが演技力が高くて末恐ろしいなと…!
鶴が不憫で、高橋一生さんになってからも毎回ドキドキしながら見ています。
傑山もいいですね~常に次郎の側にいてアルソックしててかっこいい☆

上橋さんの物語は1冊がだいぶ分厚いですけどすごくすごくおすすめします!
守り人シリーズも、獣の奏者も、本屋大賞をとった鹿の王も!!
どれも異世界を舞台にしていて神話が生きていたりしますけど
主人公はいたって普通の人間で、働いたり食べたり寝たりしていて生活感があって
社会的な面や政治的な部分もしっかりしてて引き込まれます。
何より食べ物がおいしそうなんです!読んでるとお腹すくんです(笑)。
あんな風に力のある物語を描けたらいいなあと憧れています…遥かな道のりですが。。

ゆさ #- | URL | 2017/03/15 21:27 [edit]


こんばんは。

けっこういろいろな面白いものを逃して生きているなあと思いつつ指をくわえております。みんながハマっているファンタジーかぁ。面白いんだろうなあ。

大河ドラマもそうですけれど、だからといって録画して送ってもらってもこっちでは再生できないしとか、いろいろと苦渋があります。本も送料高いので、基本は資料のみです。あとは帰国した時に見て、すごく氣にいったら持ちかえりますけれど。

さて、日本では遅ればせながらですが、こっちではまだセーフですよね。
彩洋さん、お誕生日おめでとうございます。
ますますのご活躍と、それから、一番大切な健康を心よりお祈りさせていただきます。
楽しいことのたくさんある一年でありますように。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/03/18 02:20 [edit]


こんにちは~。
この時期は本当に、いつにも増してお忙しい事だと思います><
ドラマをゆっくり見る時間もなかなかないですよね。
録画したドラマ……私も洋ちゃんの朝ドラでもギブアップしましたもん( ;∀;)(あれは内容が酷かったせいもあるけど)

もう最近は大河どころかバラエティも見てないので、悲しいかなちっともわからないのですが(それでも徴収されるNHK料金w)
『守り人』、どんなのかな~と検索したら、何だかいい感じの漫画にもなってて。これは読んだらハマるんじゃないかという予感がむんむん。
最近、紀元前の九州を舞台にした歴史ファンタジーを読んでめちゃくちゃハマり、ファンタジーもいける!と、ちょっと嬉しくなったものですから^^
いつか機会が有ったら見てみたいと思います!
大河はやっぱり、見る時間無さそうなんですが……。

あ、全然余談ですが、アマゾンの新しいCM(ポニーの)、可愛いですよね(*´ω`*)

lime #GCA3nAmE | URL | 2017/03/18 11:10 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

確かに、神戸の方では記憶が曖昧になってきているかもしれませんね。私が神戸に来たのは震災後2年くらい経ったときでしたが、その時はまだ三宮の街はブルーシートがあちこちで見られていました。でも、今三宮を歩いてみても、そんな気配はどこにもありませんものね。東北には震災後何度か行きましたが、あの更地となった海辺の町や、福島の除染作業の痕をみるから、それと分かるものの、それを見なければただの綺麗な景色、なんですよね。毎年、この日に緊急特番をしてくれるというのはきっと意味があることだと思います。改めて考えるきっかけになっています。
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2017/03/18 13:48 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

あぁ、そうかぁ、仮設住宅の記憶しかない子ども……子どもの記憶って、覚えていないようでいて、その子の基本的な何かを作っているところがあるので、本当にそれを思うと切ないですね。でも、がれきの中から再出発した日本人、戦時中に子どもだった人たちが頑張ってきたんですから、きっと彼らも頑張ってくれると信じたいですね。日本中がそんなんだった時代と違って、すっかり豊か(一見)な現代で彼らだけって環境はまた違うものかもしれませんけれど……それでも逞しく、頑張って欲しいなと思ってしまいます。そういう意味では、この間、ニュースになっていた、いじめに遭っていた福島の子どもさんの何が何でも生き抜いてやるというのは、聞いている私たちの方が力をもらったような気持ちになりました。
きっと追い込んだ人間にもそれなりの後悔の時が、そして、頑張った人にはその分の見返りがきっとあるのです。世の中不公平だけれど、それはきっと平等なのです。……よね。
それにしても、本当に日本は災害国。歴史書を見ていても思います。そんな場所だけれど、やっぱりこの場所で生きていく。逞しく、そして助け合って。
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2017/03/20 09:02 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

ドラマって、見続けるのってやっぱり大変ですよね。何か理由がないと録画まではしないから、途中で挫折することもしばしば。特に大河ドラマは長いので、下手に録画したりなんかしたら、たまりにたまって大変なことになってしまいます。私は『平清盛』は録画をしてしまって大変な事になっちゃいました。でも、視聴率低くて残念だったけれど、あれ、後でまとめて観たらものすごく面白かったです。
大河ドラマって、実はどれもみんな面白くできているんですよね。でも長いと見るのは大変。小説もそうなのかなぁ。読んでもらうためにはきっとあれこれ工夫が必要なんだろうなぁ。現代ではやっぱりケータイ小説(スマホ小説?)のように短い時間で読めるものが求められているんだろうなぁ。

さて、『守り人シリーズ』ですが。
あぁ、そうなのですね。『シスカ』の世界も本当によく緻密にできていましたものね。サキさんの創作のお手本、というの、何だか分かる気がしました。こだわり、確かにサキさんの世界から感じることができます。そして、そんなに上手にかけるわけがないってサキさんの言葉もしみじみ分かります。比べても仕方ないけれど、追いつけないですよね。
私は先にドラマを見てしまったのですけれど、確かに良くできていると思いました。現代の映像技術って昔よりすごいけれど、あまりにもCGがかっていると、嘘っぽさの方が勝ってしまってしらけちゃうことがあります。時々、『スタートレック』や『猿の惑星』の嘘くさい映像の方がリアルに見えたり。その辺り、上手い具合にリアルさと舞台っぽさがあって、見始めると世界にす~っと入っていけるような気がします。
NHKにはあれこれ問題もあるでしょうけれど、『NHKスペシャル』と『ダーウィンが来た!』をについてはいつも感心しています。
役者さんは、いかにもNHK好みの人たちなのですが、先にドラマから見ちゃった私は、すっかり小説を読んでも、特にタンダの東出昌大はなんとも嵌まっていますね。トロガイもすごいけど……(*^_^*)
人の名前覚えるのってすごく大変ですよね~
そして、小説を読んで、ドラマで見るよりもずっとタンダとバルサの感情がはっきり書かれているので、なんだ、ラブラブじゃん、と思ったのでした(^^) ドラマの方だと、「○○はこう思った」というト書きがないので、どのくらいの気持ちなのかはっきりわからなかったのもあるのですけれど(それはそれで美味しい(^^))、チャグムじゃないけれど、端から見ればみえみえ、って感じで。でもそういうの、好きなんですよ(*^_^*)
サキさんワールドを紐解くきっかけになりました。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2017/03/20 20:15 [edit]


ポール・ブリッツさん、ありがとうございます(^^)

お。辛口のポールさんにもこんなに絶賛されているとは……
ファンタジーというのは、その世界は基本的に作り物なわけですよね。だからその世界に入り込む時に、何か引っかかるところがあると、嘘くささに捕まってしまって白けちゃって、世界に入り込めなくなるんですよね。面白いのは分かるんだけれど、魔法使いとか、すごい力を持っている人が出てくると、ちょっと一歩引いて見てしまいます。ハリー・ポッターなどは、魔法使いだけれど、思い切り真正面から向かい合っているのと、登場人物たちの年齢とが相まって、魔法使いといっても残念で未熟な部分がたくさんあるから、読めてしまったんですね。『守り人』は突拍子もない力を持った人とかはいなくて、持っていたとしてもその背景が詳細に描き込まれているので、嘘くささがないんですね。歴史や社会的背景も、民族のぶつかり合いも、確かに面白いです。
ちょっと旅に出ている間に3冊読んじゃいました。先は長いですが、またまとまった時間が取れたら先を読みたいと思います。キャラたちがみんな魅力的ですね。他の作品に行き着くのはちょっと先になりそうですが、『鹿の王』も『獣の奏者』もぜひ読んでみたいと思います。
コメントありがとうございました!!

彩洋→ポール・ブリッツさん #nLQskDKw | URL | 2017/03/20 20:34 [edit]


ゆささん、ありがとうございます(^^)

ゆささんは大河ドラマ、皆勤賞ではありませんか? かなり毎年しっかりfollowされている印象があります。なんといっても、ゆささんは歴史物への愛着が並ではありませんものね(*^_^*)
そして、俳優陣はまさにNHK好み^^; 私が熱烈に再放送(DVD化でもいいけれど)を願っている『ダイヤモンドの恋』や朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』などにも出ていた吉田栄作なんて、一時、ほんとにNHKに好かれてるな~って思うくらいよく出ていましたし、最近はNACSメンバーも好かれているような気がしています。

ゆささんも仰るように、背景造りが本当に良くできていますよね。最近はアニメも実写もコンピューターで作り込まれているので、私なんか古い人間は時々、昔のドラマの嘘くさいセットが懐かしく思えます。でもあの嘘くささ、なんとも言えないんですよね。嘘くさいのにリアル。リアルって本物っぽいって事ではないんですよね。それが誰かの中でちゃんと世界になっていたらいいんだなぁと思います。
ロケ地もセットもよく考えられていて、原作には書かれていない部分も舞台設定として上手く作られていて、映像も小説もどちらもそれぞれとてもいいですね。ハリー・ポッターも、小説も映画もそれぞれ良くできていると思っていたのですが、こちらも、なかなかやるじゃん、NHK、ですよね。

直虎ですが、よく考えたらやっぱり戦国時代のお話なのですよね。お家のために皆が命のやりとりをしなければならなかった時代(それだけではなかったと思いますが)。生き死になしには語られることはできないのですけれど、あの子役で引っ張られた1ヶ月に騙されたなぁ~。
小林颯くん、いいですね。『守り人』のシリーズ1のラストの別れのシーンとか、不憫な鶴がおとわを慰めてるシーンとか、なんともきゅん、となるつかみ所を見事に演じてくれているように思います。子役と動物は反則、といつも思うのですけれど、結果的にやられちゃうなぁ。高橋一生さんもいいですね。いやあの「奥山殿を切ってしまった……」シーンは萌えちゃいましたよ。
> 傑山もいいですね~常に次郎の側にいてアルソックしててかっこいい☆
アルソック~(^^;) 確かに。

ただいま、『守り人シリーズ』を読み始めております。といっても、この連休に事情があって富山に行っていたので、結構読書時間が作れました。3冊まで読めたので、また先も楽しみです(*^_^*) 普段は車通勤なので本は読んでられないから、次にまとまって読めるのはいつになるか分かりませんが……
あ~、でも、食べたり寝たり働いたりっての、大事なの分かります。私もその辺りすごく気になるんですよ。ついでにトイレ行ったりもね(え?)。だから食事していない物語は何だか嘘っぽく思えちゃって。池波先生のファンも食事シーンにやたらと萌えていますが、うん、こちらの食事シーンもいいですね。私もタンダの山菜鍋、食べたいなぁ~
そう言えば私、むかし、池波先生の『仕掛人』シリーズを読んでいて、主人公たちがネギを焼いて食べながら飲むってシーンを読んだ途端、ネギが食べたくなって買いに走ったことがあります(^^) そんなシーン、私も書きたいなぁ~~~
コメントありがとうございました!!

彩洋→ゆささん #nLQskDKw | URL | 2017/03/20 23:19 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

そうそう、本って重いんですよね。日本国内なら宅配便は重さよりも大きさで値段が決まるって感じですが、やっぱり海外便は重さ、重要ですよね。いつかスイスに訪問するときはご希望の本を担いでいこうかな。まぁでも、本もネットで読める時代になりましたものね。この先はどうなるのやら。
そして、皆さんがおすすめのファンタジー、確かに、ファンタジーというよりも良くできた歴史x民俗学の本って感じです。これがまた、数ページ目でいきなり、主人公が30の女性って書かれていて、児童向けに書かれたはずの本の初っぱなとしてはまた大胆な年齢設定、というのでただならぬものを感じました。もちろん、子どもも出てくるのですけれど、これはやっぱり大人も嵌まるわけだと思いました。多分、夕さんも嫌いじゃないだろうな。物事の展開を見ると、ちゃんと地に足が付いているんですよ。突拍子もないご都合主義は何もなくて、ディテールに力があります。

大河ドラマは長いですね~。なんで挫折するかというと、長いからなんですよね。でも見出したら嵌まるときは嵌まる(^^) あれだけの人物が出てきて、あれだけの事件が起ると、どこかに惹かれる部分があるもんなんですね。今回は……う~ん、あまのじゃくですが、鶴がいなかったら見てないな。どうしても日本人って判官贔屓になるんですよね。あれ? ちょっと違うか。でも不憫な子に弱い。

そして……夕さん、まさかの誕生日祝いのお言葉ありがとうございます!!
まさか覚えていてくださったなんて、驚きと感動でうるうるです。
まぁでも、一体何歳になったのか、引き算しないと分からないという、この頃全くの無頓着で、時々病院の請求書に書かれた年齢を見て、あ、そんな年だったか!とびっくりしたり。でもまぁ、生まれてきたことに感謝する日、ですものね。
これからも引き続きよろしくお付き合いくださいませ。
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2017/03/20 23:47 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

limeさんもこの時期お忙しそうですね。ようやく春めいてきましたが、人の入れ替わりとかあれこれ、慌ただしいですが、limeさんもお身体に気をつけてくださいね。
ドラマ、そうなんですよ。私も録画までしてみることはあまりないのですけれど、どうしてもというときだけ録画します。けれど、気をつけないと見ないままたまっていっちゃうんですよね。大河ドラマはためたら大変です。一度『平清盛』の時にやっちゃって、視聴率が低かったし、どうなのかな~と思っていたら、むちゃくちゃ面白かった。つくづく、ドラマも小説もとっつきが大事だと思いました。ためてから見るのは大変でしたが、見出したら嵌まった、という感じで。
あ~、洋ちゃんの朝ドラ。確かに、私も朝ドラは観る余裕も流づける余裕もないなぁ、いつも。
今回の大河は録画していないので、日曜日を逃したときだけ、土曜日の再放送を予約しようと思っています。

お忙しいlimeさんですが、私も読み始めたばかりながら『守り人』おすすめです。ドラマから観た私としては、ドラマもおすすめです。何しろ、うら若い血気盛んな若者が主人公ではないという時点で、大人(おばちゃん?)にもアピールします。背景が本当によく描かれています。

> あ、全然余談ですが、アマゾンの新しいCM(ポニーの)、可愛いですよね(*´ω`*)
ポニーのCM、確かに可愛いですね(*^_^*)
動物と子どもは反則、という原則に則って、本当にずるいなぁという系統のCMを作っているアマゾンですが、最近は宅配会社との複雑な立場関係が……注文するときに配慮しなくちゃなぁ~と改めて思っています。
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2017/03/21 06:48 [edit]


うおうお~! 大海さん、ご紹介ありがとうございます。
無事に届いて良かった^^ その節は大変お世話になりました。

で? の物語ですが和子ちゃんには適当に解説してあげてください(^^;)
PC大事件で大変3月あと一週間チョイ乗り切る!のけいでした。

3月のお誕生日おめでとうございました~~!^^

けい #- | URL | 2017/03/23 05:43 [edit]


いやいや

こんばんは。

照れるなあ。って、けいさんの素晴らしいプレゼントと並べるほどの事じゃないと思うんですが(笑)けいさんのチョイス、表紙だけしかわからないけれど、素敵ですね。
彩洋さんったら、マコトじゃない真のお誕生日は絶対に忘れないのに、ご自分のは忘れちゃうんですね。
エスパーじゃないから、超能力で知ったわけではなくて、いつだったか教えていただいたんだと思いますよ。何年か前の記事で。ウゾさんと並んでいらっしゃるんですよね。私は山西先さんと並んでいるんですよ〜。あ、サキさんも三月生まれのお仲間ですね!
誕生日も「これからどんどん育つぞ〜」だった頃とは、祝い方も違ってきましたよね。なんかお互いにカウントダウンみたいになってきましたけれど、今のうちにたくさん楽しみましょうね。ではでは。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/03/23 06:45 [edit]


わあ

けいさんからの贈り物、かわいい~^^
なんと和子ちゃんへのプレゼントとは!粋だなあ~。
絵本ってストーリーより感覚的なものが多いけど、子供にとってはそういうのが楽しかったりするんでしょうね(*´ω`*)
そして、お誕生日だったのですね!おめでとうございます^^
うちも娘が3月だし、春樹が3月w
なんか、3月生まれって特別な感覚があります♪

lime #GCA3nAmE | URL | 2017/03/23 07:26 [edit]


思わぬ贈り物

あ、素敵な表紙ですね。
和子に読んであげる時を楽しみにしています。
あ、誰が読んであげるんだろう?

そして彩洋さん、お誕生日おめでとうございます。
遅ればせながらお祝い申し上げます。
サキと同じ月のお生まれだったんですね。以前にもお聞きしたかもしれないのですが、なかなか覚えていないんですよ。自分のも忘れてることがありますから。
その点夕さんはマメだなぁ・・・。

そして3月生まれの確率、高いかも・・・。
ちなみにサキは3月30日、学年単位ではほぼラストランナーです。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2017/03/23 19:47 [edit]


え!?
お誕生日!?
彩洋さん三月生まれでいらっしゃったのですね。
遅ればせながら(本当に……)お誕生日おめでとうございます!
絵本も、けいさんのお心遣いが感じられる素敵なチョイスですね!
今年も彩洋さんにとって創作にお仕事にと充実した一年になりますように
お祈りしております(*´-`*)

canaria #- | URL | 2017/03/26 11:58 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

けいさん、コメ返遅くなって済みません!!
ご本、本当にありがとうございました!! いや~、こういう本って難しいですね。というのか、行間が読めないのか、ん? それで、母ちゃん太陽はその後どういう役割に?とか。伝承物語って、日本語でも外国語でも奥深いものですね。短い中に何が詰まっているのか……時々よく分からないままだったりするけど^^;
和子もきっと「???」だろうけれど、蓮に何か聞くことはないだろうな。しかも石屋の婆さんに聞いたら、ものすごく適当に最もらしい勝手な解釈をしそうです。
でも、絵本はやっぱりいいですね。本当にありがとうございました。

その後PC事件どうですか? 多少は追いついたのでしょうか。
衝撃の重さが分かるだけに、簡単に頑張れって言えませんが、少しでも傷が浅くなっていることを願います。そして小説の方の復帰もね(*^_^*)
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2017/04/01 15:54 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

夕さん、ポルトの旅、いかがですか。もうすっかり実家に帰るようなお気持ちでしょうけれど、また新しい発見があって、何か形にされる日をお待ちしております。
すっかりコメ返が遅くなりましたが、とりあえず生きております^^; そして、そんなさなかのお誕生日は、後輩たちと食事に行ったものの、誕生日らしいことは何もなく、の「ただの1日」でした。そうして帰ったら、夕さんのコメント……わぁe-51(胸きゅん!)と感動。
実は今年はブログのお誕生日記事もスルーしてしまったので、夕さんの記事を拝読しながら、あ~自分のブログ愛が足りないと反省しておりました。
でも、確実に月日は流れていきますね。通常の時間の流れよりも、ブログの方は、濃厚なお付き合いを頂いているからか、まだ3年?とかまだ5年?とかいうこともあるのですが、それでもまだまだたくさんの思い出?が積み重なることを帰隊しているのでした。
3月生まれ率が高いのは何だか仲間が多いようで嬉しいです。
あ、でも夕さんと先さんが並んでおられるというのもまた、不思議なご縁ですね。
新年度も始まりました。切り替えて頑張りたいと思います。コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #dkOdgPWU | URL | 2017/04/01 18:08 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

limeさん、コメ返が遅くなって済みません!
そうなんですよ、ポストに謎の?エアメールは入っていたときは「???」と驚きましたが、開けてびっくり、とても嬉しかったです。でも和子にはかなり難しいかも? 誰かが解説しないといけないようですが、蓮はぜったい無理そうなので、凌雲に頼むしか内かな。舟はものすごくいい加減な事をいいそうだし、石屋の婆さんは曲解して教えそうだし。
あ、そうかぁ、感覚的なものが多い。なるほどです。確かに、「で?」とか思うのがおおいのも伝承のたぐいにはよくありますよね。深読みすべきか、読み流すべきか……でもそんな引っかかりが物語の面白みなのかもしれません(*^_^*)
あ、そうそう、娘さんはあの特別な日のお生まれでしたね。で、春樹も3月。春樹は確かに3月っぽいなぁ(ん?)。出会いと別れがあって、支え合う3月。 みんなで新しい季節を待ち望む時間を楽しめたらなぁと思います。
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2017/04/01 18:21 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、コメ返が遅くなって済みませんでした。
そして、サキさんもお誕生日を迎えられましたね。おめでとうございます! お互いに今年また新しい時間を刻んでいけることに感謝いたしましょう!
確かにサキさんもおっしゃるとおり、あ、3月だなと思うけれど、あまりにも日常が忙しいとそれどころじゃなくて忘れていることが多いですでも、祝ってもらう日じゃなくて、生まれたことに感謝する日だとも言えるので、支えてくれる周りの人にありがとうって言う日として覚えておかなくちゃ、ですね。

そして、このご本。そうなんですよ。問題は誰が読むか、ですよね。でももうこれは適任者は凌雲しかないように思います。きっと和子は「???」だと思うので、解説しなくちゃいけないわけですが、あとの人たちは曲解して、もしくはものすごく適当なことをいいそうです^^;
いつかまた登場するかな。今はパワーがないのですが、またそのうちに……!
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2017/04/01 18:51 [edit]


canariaさん、ありがとうございます(^^)

canariaさん、お祝いのお言葉、ありがとうございます!
はい、3月なんですよ。何だか職場でも結構3月生まれが多くて、何となく引き合っている3月生まれ? 年取ると、同学年の人よりも年を取るのが遅いので、ちょっと得した気分になります?(いや、ドングリのなんとか、ですけれど)
そしてけいさんからの思わぬプレゼントも、びっくりな嬉しい3月でした。
が、現実は厳しくて、ひたすら働いています(>_<)
あちこち不調になりながらもなんとか乗り越えて平和な時間を取り戻したいです!
あ、メッセージも残さないままですが、物語楽しく読ませて頂いております。canariaさんの仕掛けが難しくて、まだまだ何か見逃しているような気がしてもいるのですが、この先も楽しく読ませて頂きますね。執筆の方も頑張ってください!
コメントありがとうございました!!

彩洋→canariaさん #nLQskDKw | URL | 2017/04/01 19:02 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/766-46103ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)