07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・音楽】中身を見てみるもんだ~確かに「羊と鋼の森」~ 

ハンマー
今日はいつもレッスンに行っているお店のイベントに行ってきました。
上の写真、何だか分かりますか? 
不要になった部品をストラップにしたものを、イベントの後にお土産としていただきました。
これがくっついていた部分を抜き取った中はこんなの。
ピアノ2
大海のレッスン? 三味線? うん、いい線ではあります。どちらも打楽器であり、弦楽器。あ、三味線は弦楽器だけれど、津軽が打楽器的要素を持ってるってことですね。
そして、こちらは基本は打楽器ながら、弦を持っている、という感じでしょうか。
2016年の本屋大賞と言えば『羊と鋼の森』、そして2017年の本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』(直木賞ダブル受賞)。そのどちらも、ピアノのお話でした。
そう、本日のイベントは「ピアノ構造論」、グランドピアノを分解してその中身を見せてくれるというものでした。
こちらの楽器屋さんにはレッスン室がいっぱいあって、ミュージカルも手がけているので、生徒さんは子供たちも大人もいっぱい。ピアノの他に、ギターやベース、ドラム、ヴァイオリン、歌、などメジャーなものの他、あまりなじみのない不思議な楽器まで……そして、このイベントも申し込み多数で1日3回とも満席。音楽のレッスンに通っている人たちだから、というのもあるけれど、みんなピアノの中身に興味津々、なのですね。

中身をじっくり見てみたら……太い弦(こちらは銅が周囲に巻いてある)から細い弦まで、並んでいる景色は、あ~確かに「羊と鋼の森だわ」と思いました。ダンパー(音を消す)の仕組み、それを外すと全部の弦が共鳴するところ、見ていて飽きませんね。
1枚目の写真は、ピアノのハンマー部分。白い部分は「羊」のフェルトでできていますが、これが触ってみたら想像以上に硬い。思えば何万回、何十万回、あるいはもっと、すごい勢いで叩かれているのですものね。
そして2枚目の写真は、鍵盤とハンマーの部分を抜き取ったところなのですが、その抜き取られた部分が下の写真。
ピアノ3
子供たちががんがん鍵盤を叩いて、調律師さんが「優しくね!」と慌てているシーンもありましたが、まぁ、子どもってほんと、ものを叩くのが好きですね(ん?)。
ピアノ
それにしても、こうして中身を見るのって楽しい。グランドピアノにじっくり近づいて見るチャンスもあまりないし、じっくり見ると本当に芸術だなぁと思います。
それに、こんなに響くんだと言うのも教えてもらいました。まず、小さい手回しオルゴールを普通に回して音を出す(擦れて小さい音)→次に写真の黄色矢印の部分(鍵盤板)にくっつけて音を出す(これでも結構響く)→最後に写真の青印の部分(反響板。分かりにくいけれど、弦やフレームの下全体に貼ってある)にくっつけて音を出す(すごく響く!)。
どんな楽器でもそうですが、音を響かせるための技術がいっぱい散りばめられているのですね。ついでにピアノの下に潜って演奏を聴く、なんてのもさせてもらいました。これがまたいい音で。
以前にどこかで書いたように思いますが、アシュケナージを聴きに行った時、以前のフェスティバルホールで、1番前の席で、丁度アシュケナージの脚の前くらいだったのですが(舞台が結構高くて、脚しか見えんかった)、あれはあれで正解だったんだなと改めて思いました。

さて、来月初め、大野くんの『忍びの国』の映画初日(ん?)にうちのピアノが久しぶりに健康診断=調律です。いえ、うちのはもちろんグランドじゃなくてアップライトですけれど、45年選手のYAMAHAです。中学生くらいまでは習っていたのですが……
あれこれあって、調律も4年くらい放っている……今や、おさるのジョージのぬいぐるみに占拠されていたりするし。
手入れをしたら、消音を考えて(そういうハンマーに変えてもらう事ができる)、三味線にくっつけてレッスンを受けようかなぁなんて思っています。バイエルまでは戻らなくていいだろうけれど、う~ん、ハノンとツェルニーの楽譜は捜しとこうっと。ソナタ、弾けるかなぁ……可愛らしく、ソナチネ? 

土日も最近は出張が多くて、1週間が長いです。
それに、ここんとこは、バルセロナ行きの計画でばたばたしてて(学会という名前の旅行)……
今日NHKで『睡眠負債』を見てかなり残念な気持ちになっている大海です。そろそろ寝よっと。だいたい5時半起きなきゃならないのがどうなのよ、ですけれど、日本人ももっとフレックスな働き方にしないと、だなぁ。
お休みなさい……ピアノの夢でも見ようっと!
関連記事
スポンサーサイト

Category: あれこれ

tb 0 : cm 8   

コメント


こんばんは~。

彩洋さんはいろんな事に果敢に挑まれるんだなぁ。
三味線だけでなく、ピアノも弾かれるんですね。
サキは楽器なんて全然ですから、凄く羨ましいです。

あ、このストラップ、素敵です。良いセンスですね。
でも、サキはパッと見たときから何となく予感がありました。
あ、なんだかピアノのハンマーみたいって思ったんですよ。
ピアノって本当に万能の楽器で、発明した人も凄いと思いますけど、この複雑な仕組みを弾きこなせる人!なんて凄いんだろう!!!
尊敬してしまいます。
このピアノの仕組みを見せていただくと、本当にそう思います。
だってこんなにたくさんの鍵盤、絶対に使えないですよ。
普通の人間なら・・・。
あの指の運び、どういう運動神経を持っていると叩くことが出来るんだろう?本当に不思議です。

あ、バルセロナに行かれる予定があるんですね。
サキの大好きな街ですから、楽しんできてください。
ガウディ建築も訪れられるのかな?

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2017/06/19 22:27 [edit]


本当に、グランドピアノの中身って芸術品ですよね。
小さなころ見て、うわあ~って思いました。(何だこの表現力の無さw)
私も小学生の時、ピアノを習てたんですが、ピアノを弾けるのは「もってるひと」なんだなあ~と、しみじみ思います。
感覚的にやっぱり、あるんでしょうね。音が感覚の中に入ってる人。
ピアノと一体になれる人。
私はもう、まったくダメで。他の楽器もやっぱり駄目でしたね……><
だから弾ける人はものすごく尊敬します。(フラッシュ暗算できる人と同じように)

そういえば、直木賞の発表の前に、蜂蜜と遠雷を買ってお風呂読書の友にしていたんですが、まだ最初の30Pくらいで止まったマンマです。
……お風呂で読むには分厚過ぎた><
恩田陸はあまり好きではないんですが、アマゾンレビューがものすごくよかったもので、気になって買ってみたんです。
……またいつか、お風呂以外の場所で、続きを読むことにします。^^;
あ、話がずれてしまった。
羊毛のハンマーのストラップ、いいですねえ~。
今までたくさんの音を奏でて来た部位ですもんね。音色が染み込んでそう^^

相変わらず、休む間も無いハードスケジュールのご様子。
体調だけには充分注意して、出張等も乗り切ってくださいね。健康第一です!
そして、出張合間にバルセロナ、楽しんできてください^^

lime #GCA3nAmE | URL | 2017/06/23 09:43 [edit]


そっか

こんばんは。

三味線を習っていらっしゃるところでしたね。
ううむ、いろいろなイベントがあるんだなあ。
お忙しくても好奇心豊かに出かけていく彩洋さん はすごいなあ。

確かに、コンサートなどに行けば演奏は聴けますけれど、中を見て仕組みを体験するなんて機会は滅多にないですよね。
ものすごく複雑な宇宙が広がっていて、よくこんなふうに発展させたなあと感心してしまうでしょうね。

ピアノは、弦楽器のように自分で調律はできないし、持ち運びも簡単ではないので、わりと手間のかかる楽器ですよね。ほっておくと、高価な物置きになってしまうのだけれど、やはり弾いてあげると楽器も喜ぶでしょうね。

私もブルグミュラーやバイエルあたりで挫折した口なので、もう二度とピアノには挑戦しないと思いますが、弾けたら本当に嬉しいでしょうね。っていうか、彩洋さん は三味線もちゃんと弾いていらっしゃる上だからすごいなあ。私は、定年までにギターをもう少しなんとかしようっと。

バルセロナ、楽しんでいらしてくださいね。
あ〜、ここのところ、あちこち、いろいろと物騒なので、どうぞお氣をつけて。
明日、ラマダンが明けるから、少しは心配が減るかしら。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/06/24 03:29 [edit]


なんか・・・

楽器を演奏する(稽古をしている)方が、多いような気がする。

大海彩洋さんといえば、三味線という印象でしたが、そうですかピアノも演奏なさるんですね。
あ、それで「死と乙女」は、ピアニストたちなんですね。いやあ演奏の描写が迫真だなぁとは思ったんですが、そういうことか。ROM(聞き専)な私とは、さすがに違いますなorz

ピアノも音を響かせるためにいろいろ研究や工夫をした結果、ああいう構造になったんでしょうね。外側から見ただけだと、ただの黒い大きな箱ですけど、内部にはこんなに複雑な仕掛けがしているんですね。ううむ、勉強になるなぁ。

バルセロナに行かれるんですね。お仕事とはいえ、ちょっと羨ましいなぁ。
睡眠負債、返済は計画的に(笑)

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2017/06/24 15:00 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、コメントのお返事が遅くなって申し訳ありません。
いえいえ、私って欲張りなんですね。こうやってあれれこれやってる時間なんてないのにな~と思いつつ、生涯の間にやっときたいことを最近片付けておきたくなっているのかも……(年を取りましたしね)
ピアノ、弾けるわけじゃないんですよね。でも、ずっとうちのピアノが可哀想で、そのうち弾いてやろうと思っているうちに時間が経っちゃって。以前に通っている楽器屋さんでしゃみせんのお稽古のついでに習おうかなと相談はしていたんですよね。
私も楽器がちゃんと弾けるわけではなくて、ほんと、下手の横好きですよ^^;

このストラップ、サキさんにはすぐに正体がバレましたか。
これをストラップにして配ってくださるのって、ほんと、センスがいいなぁと思いました。
そして、こうやってピアノの作りを改めて見せてもらって、ますますレッスン受けようって気持ちになっちゃいました。オーケストラと張り合うだけの音が出せるのも納得です。
ピアノって、長い歴史の中でどんどん進化していったんですね。もともとは室内で聴くような大きさの楽器。それがホールで聴かせる楽器になるまでの工夫のあとがいっぱい。
いえ、ピアノに限らず、どんなものでも、中身を知ってみると面白いものですね。

そうそう、サキさんの後を追いかけるみたいにスペインです。
私、結構な回数ヨーロッパには行っているのですが、ほとんどイタリアで、スペインは初めて。行くことになったからには、バルセロナだけではなくて、小学生の時から憧れていたアルハンブラ宮殿には行きたいなぁと思っています。
また旅のご報告、させていただきますね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2017/06/25 20:11 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

楽器の作りってほんとにおもしろいですね。音が鳴るってことのために、すごいエネルギーが注がれている。
その形や大きさ、音の出し方で本当に色々な音色が生まれて、その調和がまた感動を紡ぎ出していく。
ピアノってのはその中でも最高の芸術品のひとつですよね。
元を正せば、ハンマーで弦を叩くだけなのですが、あれだけの音を出すために作られた世界は、まさに宇宙ですね。ペダルなんて、音を響かせるのと小さくするのと、くらいの認識だったのですが、真ん中のペダルなんて、何のためにあるのか分かってなかったのが何だか申し訳ないような? あ~、これはすごい、弾きこなす人というのか、ここから音を引き出す人っていうのは、本当にすごい人たちなんだと改めて思いました。あ、それを聞き取る耳があるかどうか、というのはちょっと怪しいけど^^;

そうそう、私も中学まではピアノをやっていたのですが、うちの学校、大学に音楽部があって、中高時代から音楽部を目指している同級生が結構いて……それでも、演奏家としてやっていっている人ってほんとに滅多にいませんものね。何かに恵まれた人だけがその世界で生きている……ではそれ以外の、私みたいな人間が楽しみにしても音楽をする理由/目的って……なんだろうなぁ、やっぱりその世界を感じるときに、下手でも何でも、幸せなんだろうなぁ~と思うのでした。
そうそう、昔、モーツァルトのソナタを弾いていたとき、聴いていたのでは分からなかったこと……ばらけたみたいな音がしゅっと収束する瞬間の心地よさってのを感じたことがあったのですが、ああいうのって、きっとその道のプロの人たちは1曲の中で何回もあるんだろうなぁ~

そうそう『蜜蜂と遠雷』でしたね(拍手コメ、limeさんですか? 私も蜜蜂って分かってたつもりが、打ち込むときは蜂蜜になってた^^; くいしんぼう?)。うん、面白かったと言えば面白かったけれど、ちょっと冗長にも思えたので、途中ちょっと飛ばし読んじゃいました。音楽を文字にすると、作家って冗長になるなぁと、しみじみ思ったのですけれど……それってやっぱり耳や目から直接入ってくる芸術のアドバンテージを分かっているから、何とか文字で太刀打ちしようとしすぎちゃうからなのかなぁ。
コンクールの話では、ノンフィクションでは中村紘子さんの『チャイコフスキーコンクール』や、時々やっているショパンコンクールのドキュメンタリーなんかで嵌まる体験をしているので、こういう戦いって物語になるんだなぁとしみじみ思いました。
お風呂の共! たしかに分厚い!

> 羊毛のハンマーのストラップ、いいですねえ~。
> 今までたくさんの音を奏でて来た部位ですもんね。音色が染み込んでそう^^
おぉ、いい表現だなぁ。ハンマーにしみこんだ音色……ほんとに、聞えてきそうです。
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2017/06/25 21:10 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

はい、私が三味線を習っているところ、もともとはピアノ販売店だったのです。もちろん、今もピアノをメインで扱っているのですが、最近はピアノを家に持っているところも少なくなりましたよね。だからなのか、社長はピアノ以外の楽器全般にも範囲を広げて頑張っておられるのですが……子供たちのミュージカルについては赤字なんですって。ほぼボランティア状態で社長の持ち出し。オリジナル作品の作詞作曲はここの先生という……でも、希望者は多くて、卒業生には劇団四季に入った子も複数いて、NHKからも声がかかることもあるとか。一楽器屋さんとしてはすごいなぁと思います。
このイベントは、私の実家のある町の、町おこしイベントみたいなのの一環みたいです。今って、どこの地方都市も、人口減で活気がなくなっていっているらいしですね。だからなんとか元気に頑張ろうっていう試みもあれこれあるみたいで。でも面白かった~

楽器の中身って、三味線や笛、太鼓など、もっと単純なものでも、あれこれ工夫があって、色んな大きさ、高さ、音色を生み出していると思うんですが、ピアノはそのような楽器がいくつも絡み合っているみたいな楽器ですね。音色も音階も、驚くほどに多くて、よくもまぁ、こんなものを生み出したものだと。だいたい、自分で調律できない楽器って……ほんと宇宙です。
決して普段見かけない楽器でもないのですが、中身って、調律に来てくださっているときでもあんまり周りで騒いじゃダメって思って近づかないから、のぞき込むこともないしなぁ(だって、調律師さんって、ものすごい真剣なんで右もの。あ、当たり前か)。こうして改めて見てみると、感じ方・聴き方、そして弾く人にとっては弾き方も、変わってくるんだろうなぁと思いました。
あ、夕さん曰くの「高価な置物」……まさにうちのがそうなってました。それでちょっと反省して弾いてやろうと……この野望、結構無謀かもしれませんが、まぁ、中高年のピアノって番組もあるくらいだから、何とかなるかも?
そう言えば、ピアノを辞めた頃に弾いていたのは、ベートーヴェンやモーツァルトのソナタだったのですが、併せていつもポール・モーリアもやってたんですよ。ピアノの先生がポール・モーリアをすごく好きで……懐かしいなぁ~。

あ、最近やっぱり物騒ですよね。スペインは大丈夫かなぁと思ったのですが、帰りがパリ経由なのでちょっと不安。というのか、そもそもどんな確率にしてもぶち当たったら、もう仕方がないですよね……う~ん。祈るしかないか……
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2017/06/25 22:31 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

うむ? 楽器の練習をしている人といえば……夕さんのギター。私の三味線にしても、まぁまぁの歳になってからよくもまぁ始めたもんだなぁってところですよね。でも、なんか無心になれる瞬間がいいんですよね。実生活が疲れすぎているから、癒やしを求めているだけかもしれません。
TOM-Fさんなんか、絶対何かしてそうに思えるんですが……世代的にも。
あ、私、ピアノは全くもう弾けないと思います。最近確認したこともない。あまりにも時間が経ちすぎていて、ピアノは目の前にあるけれど、世間迷惑で弾こうとも思わないのですけれど……習い始めたらどうやって練習しようかなぁ。最近は消音にしてもらえるみたいで(結構お金がかかるけれど)、そのうちに試そうかなぁと。アップライトのピアノをグランドピアノタッチにすることもできるんですって。色々考えるなぁ。
とりあえず、中高年の手習いです。せめて右手と左手が上手く合うように弾けたらいいなぁ??

> あ、それで「死と乙女」は、ピアニストたちなんですね。いやあ演奏の描写が迫真だなぁとは思ったんですが、そういうことか。
えええ。ほんとですかぁ。いや、あれ、ほんとに勢いで書いていて、適当なんですけれど、そう言っていただけると嬉しいです。中山七里作品やら『蜜蜂と遠雷』を読んで思ったのですが、漫画だと演奏シーンってどど~んと感動的に1カットで訴えられるけれど、小説ってほんと不利だなって。書く方としては何とか感動を伝えたくて頑張ってしまって下手に冗長になってしまうんだけれど、あんまり頑張られると読む方はちょっとめんどうくさくなることもあるなぁと……過不足ない表現って難しい。

ピアノの宇宙、ちょっと作品のための参考になったらいいなぁ何て思って参加したのですけれど、見たらちょっと弾きたくなっちゃいましたよ。あの反響板の威力を見せられた(聞かされた)時に、は~こりゃ三味線などでは太刀打ちできんわけだわって思いました。オーケストラと張り合える楽器なんですね、やっぱり。もちろん、弾く人が弾いたらなんですけれど、そこにピアノをあそこまで進化させた職人さんたちの技が光っています。
でも、取り出された部分を見て、あ~電子ピアノを作った人は、ここだけでなんとか音を出そうと思ったんだろなぁと思いました。

> 睡眠負債、返済は計画的に(笑)
そういえば、一発では返せないけれど、1日1時間ずつでものばしたら違うんだって言ってました^^;
良質な眠りが必要ですね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2017/06/25 23:23 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/774-1b5b8d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)