10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【旅2017・スペイン】(4)コロニア・グエル教会~ガウディの建築を巡る・その1~ 

2017/8/17スペイン・バルセロナにおけるテロの犠牲者の方々のご冥福と、身体や心を傷つけられた方々の1日も早いご回復をお祈りいたします。
あのつい1ヶ月前には私も歩いた道です。人々が安心して歩けるはずの歩行者専用道路でした。
一体どこにこのようなテロ行為の根源があるのか、考えれば考えるほど根深い問題で、また恐ろしい事だと思えます。どこから何を始めればいいのでしょうか……
まさにバルセロナの景色をここにご紹介しようと思っていたところです。特にサグラダ・ファミリアは、予想していた以上に美しく感動的でした。せめて、心を込めて素晴らしい街の景色、建造物の数々をここにご紹介していきたいと思います。


「日本人観光客はガウディで忙しいからね」
これはバルセロナの夜のバルツアーで案内してくださった日本人ガイドさんのお言葉。
全くその通り、確かにガウディで忙しい!
実は行くまでは「ガウディ、何ほどのもの」と思っていました。サグラダ・ファミリアには興味はあるけれど、何が何でも観たいもの、というほどの勢いもなくて、むしろ私のスペインのイメージと言えばアルハンブラ宮殿!だったのですが……
観た後の感想は……「天才と何とかは紙一重って本当だ!」……あれ? ちょっと表現がおかしいですね。でも本当にそういう「一般人の脳の限界を超えたもの」を感じさせる宇宙でした。あれを頭にイメージしてそのまま形にするってのは本当に紙一重……

サグラダ・ファミリアのことは別の記事に書きますが、行く前まで一番楽しみにしていたガウディの建築は、実は今回ご紹介する『コロニア・グエル教会』でした。
行ってみて、確かに教会自体はとても良かったのですが……バルセロナに泊まっていたら、ちょっと行くのが手間で、あまり時間が無かったら、この教会を観るためだけにわざわざ行くのはちょっと大変、という感じでした。
私ですか? 大きな声では言えませんが、タラゴナからバルセロナ入りをする道すがら、コロニア・グエルとモンセラットに立ち寄りたかったので、時間を金で買っちゃいました。でもおかげさまで、良いものを見せていただきました。大人の旅行? 若いときにはできなかったやり方です。
コロニアグエル外観1
教会に直行したら、チケットはここには売っていないと言われました。チケットは、教会から歩いて1-2分ほどのインフォーメーションで買わなくてはいけません。私が行ったのは日曜日だったので11時からミサがあるということで、インフォーメーションも早じまい。ゆっくりと情報を手に入れる時間は無くてさっさと教会へ戻ります。
入り口から見ると、上のような教会の姿が目に入ります。ガイドブックによるとここは「教会の地下部分」らしいのですが…・・建築途中で放棄されたため、ここが地下部分になるのかどうかはよく分かりません。ただ、教会は斜面に建っているので、入り口が坂の上に作られる予定だったということみたいですね。
教会の換えの空間柱アップ
入り口から見ると、さらに掘り込まれた半地下みたいなのがあって、ここは前室になるはずだったのでしょうか。
教会の前の空間
家の庭に欲しい。あ、いや、こんなのがあったら、家の庭がこれで終わってしまうか。
ガウディの建築や公園などで見られる、特徴的な斜めの柱。力を分散させて崩れないようになっているということなんでしょうが、これが緻密な計算の上になっているのかというと……答えがサグラダ・ファミリアの博物館にあるのですが、え~そんなざっぱな話でいいの? なんですね。天才と何とかは、と私が思ったのはまさにその「ざっぱな力学」なんですが……
教会窓外から
入り口を通り過ぎて、この建物の奥へ行くと、いかにもガウディらしい廃品利用的自然形態の模倣な建物の気配が感じられます。とりあえず、中に入ってみましょう。
教会内部後ろから
初めて目にしたガウディの建造物。その印象は、やはり「あ~たしかに全然違うわ」でした。居心地がいいかどうかは人それぞれなんでしょうけれど、少なくとも天井ひとつとっても、教会と言われたら教会だけど、恐竜博物館と言われてもそうかもと思う、何とも面白い造形(ただし、ここは、もともと教会の建物の地下部分で、教会本堂に使うつもりではなかった部分)。
この天井の感じは他の建造物にもあるのですが、まるで恐竜の背骨ですよね。気になるのは手前の方の柱がコンクリートの剥き出し状で、途中なのか、これで完成なのか……建物自体が未完成というからには、まだ手を加えるつもりだった部分があるのでしょうか。
天井
天井をアップにしてみます。見て分かるように、何とも写真を撮りにくい空間なのです。といっても、写真はどれも空間の一部の切り取りなので、素人には難しいのですが、何というのか、ガウディの建築を一言で表すと「変容」ですよね。常に動いている空間と向き合っているような感じで、どうやって微分してやろうかと……(表現が既に変^^;)
コロニアグエル教会内部1
光の加減によって空間はまた色合いを変えます。サグラダ・ファミリアはあのすごい色彩に圧倒されるのですが、こちらは窓のガラスに色彩はあるものの、内部の他の色彩は本当にシンプル。それでもこの影の出来具合で見事に空間が色を変える。
教会の椅子
ガウディは家具のデザインもたくさんしているのですが、この椅子もまた面白いですね。階段の手すりなど、人間の身体の構造に気を配って作られたと言いますが……この椅子、座り心地がいいわけでは……まぁ、お説教中に寝たらだめだから、寝にくい構造になっているのかも?
祭壇脇の階段
祭壇部分はシンプルで、キラキラはあまりありません。その祭壇脇を上っていくと、少し高いところから空間を見ることができます。こちらは、聖歌隊などが立つところなのでしょうか。
教会内部祭壇側から2
この日は日曜日だったのですが、観光客はあまりいませんでした。ミサの都合もあって一般公開時間が短いからでしょうか。
ミサの準備
すでにオルガニストがミサの準備を始めています。名残惜しいですが、一般観光客はそろそろ退散です。
シンプルな祭壇
退散前に、教会の内部で最も色鮮やかな窓について、ご紹介するのを忘れてはいけませんね。
これ分かるかなぁ? 写真奥の窓は閉まっていて、手前の方は開いているのですが、蝶の羽根みたいに開く(閉じる)のです。
コロニアグエル教会窓
編み目が見えているのは窓の外側。これを建物の外から見ると……
教会の窓外からアップ
最後に、教会の脇から上の階に上ってみましょう。
教会の屋上
といっても、ただの広場です。先ほどの教会空間の真上。屋上ではなく、本来はここが教会の1階だったはずなんですね。さて、ガウディはここにどんな空間を演出するつもりだったのでしょうか。

コロニア・グエル教会があるのは、サンタ・コロマ・ダ・サルバリョ市で、ガウディのパトロンだったグエルが1890年にこの地に工業コロニーを作ったとされています。繊維工場を中心に、教会・学校・劇場などを含む従業員のための住宅街を作ったのですね。
1898年に教会建設の依頼を受けたガウディ、着工は1908年。「そんなざっぱな力学?」の模型を作るのに10年もかかった上に、作り始めて6年後にはサグラダ・ファミリアに専念して、こちらを放置しちゃったそうで。
今教会となっている部分は、もともと講堂になる予定だったそうですが、放置されたので仕方なくグエル氏はこれを教会に転用したのだとか。それでも、この教会をガウディの最高傑作とする建築家も多いそうで、何でも未完成の方が魅力的という事かもしれません。サグラダ・ファミリア然り、そしてミラノにあるミケランジェロのピエタも……でもミラノのピエタは、ミケランジェロにとっては「もうこれ以上彫れない」というところに来ていたといいますから、あれが石の最終的な「本来の姿」なのかもしれません。
そして、くだんのサグラダ・ファミリア。ついに完成の時が近づいていると言いますが(日本の○林建設が手がけたら、もうできあがってるな)、さて、どんな姿となり、どんな印象を私たちに与えてくれるのでしょうか。案外あの工事の器機がなくなったら、つまらない景色になるのかもしれませんね。
次回はそのサグラダ・ファミリアに参ります。そうは言っても、これは「観るべきものだ」としみじみ感じました。

街の中にある、当時を忍ばせる建築物がいくつも点在しており、インフォメーションで案内図をもらって、街巡りを楽しむこともできます(狭いのでそんなに時間はかかりません)。
コロニアグエルの村1
多くの建築を、ガウディの助手たちが手がけたと言うことで、ある意味、ガウディ派の村と言ってもいいかもしれません。
コロニアグエルの村2
関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 8   

コメント


あ〜、しみじみと思います。
若い頃は、わずかなお金でも惜しんでいましたが、今や最も貴重なのは時間。タクシー貸切でも、オプショナル・ツアーでも。

それに、「観光客が寄っていくものなんて、けっ」と、やせ我慢していると、大事なものを見逃したりもするんですよね。やはり、写真で見るのと、実際に見るのとは違います。その時間、その空間でしか見ることのできないものというのは確かにあります。多少駆け足でも、一期一会のチャンスをものにした彩洋さん 、正解だと思います。

私は、現代建築や現代アートは、基本的に苦手なのですが例外はあります。例えば、ピカソの「ゲルニカ」の迫力はすごかったです。まさにやられた、という感じで。このガウディも、実際に見たらきっと「例外」に入る建築なのだと思います。

日本の伝統的な建築は、引き算の美でできているから、西欧建築に時々ある足し算の産物に圧倒されるというか、落ち着かないと言うか、強烈な違和感とともに言葉を失うことがあるんですよね。ガウディの建築は究極の足し算と言う氣がします。

好き嫌いは別として、忘れられない空間になっていることは間違いないですよね。

次回はサクラダ・ファミリアなのかな。引き続き、楽しみにしています。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/09/10 03:37 [edit]


大海さん、お久しぶりです^^ 生きてます(キリリ)
レポート楽しんでいます(読み専?)
うちからヨーロッパ方面はとても遠くて恐らく訪問することはないと思うのでとても貴重です。

いあすごい・・・というありきたりな感想しか言えないのですが、建築は(も)結構好きなので隅々まで拝見させていただいています。
ガウディさんのせいで、「未完」に対する考えが変わりそうです。
次回も楽しみにしています^^

けい #- | URL | 2017/09/10 11:36 [edit]


こんにちは~。

サキも建築は乗り物と同じように興味を持っているのですが、ガウディは大好きですし、なんかこってりモリモリで凄い・・・という印象を持っています。よくぞここまで、と圧倒されます。
これはもう天才以外の何者でもないですね。
「ざっぱな力学」、素敵です。
サキも色々とガウディの作品を見ましたが、あの独特の感性には驚愕です。
こんな物を考えて、そして作っちゃうんだ。
実物を見て、その印象はなお一層大きくなりました。

この教会も、あ!ガウディだ!と感じる造りになっていますね。ステンドグラスや天井裏の梁や斜めの柱や、いやぁ・・・ガウディですね。
でもこれで未完成だとは、グエルさんも天才の我が儘に付き合わされて苦労されたんだろうと思います。上の階の何もない広場に、バルセロナのグエル公園の広場を連想してしまいました。こっちも未完成ですからね。
次はバルセロナ?彩洋さんの感想を楽しみにしています。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2017/09/10 15:07 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

そうなんですよね。この年になると、旅行の仕方が変わりますね。何しろ休みを取れる時間が限られているので、この時間内に最大限の目標をこなそうとしてしまいます。そうなると、特に遠方に出かけたときは、次に来る確約もないので、できるだけ頑張る……金で解決できることは解決する、というスタンスに^^; しかも、若い頃と違って、帰ってきて翌日から働くのはもう無理……結果的にどうしても1日休みを残したいし。
今回は思い切りタクシー貸し切りやっちゃいました。おかげで行きにくいところも行けたし、さらに無理な日程をオールクリアしたので、正解だったかなと思います。

私も、結構「誰も行きそうにないところ」に行くのが好きだったり、こだわったりしていますが、最近は夕さんと同じで、やっぱり観光客が集まるところってのはそれなりに意味があるんだなぁと思うようになりました。今回は、サグラダ・ファミリアにしてもアルハンブラ宮殿にしてもメスキータにしても、観ておくものだと思いました。あ、でも、しっかり誰も来そうにないアンテケラ(古墳!)もコースに入れていましたが。
もう少しゆっくりな旅もしたかったのですが、まぁ、今回は始めから学会のついで旅行だったので、強引さが必要だったのですね。暑すぎて水分ばかりとっててお腹壊してたけど、頑張ったかな~

ピカソの『ゲルニカ』は私も実物を見たいもののひとつです。夕さんと同じで私も現代○○はよくわからん、というスタンスなのですが、ガウディは……大好きかどうかはともかく、納得させるだけの迫力というのか説得力がある、そういう存在感だったと思います。あれこれ考えていてもねじ伏せられるような勢いで……その説得力が一番強いのはやっぱりサグラダ・ファミリアなんですね。
あ、でも、仰るとおり、思い切り足し算しまくってますね。そうそう、サグラダ・ファミリアには圧倒されたけれど、ずっと見てたら疲れるかも……所詮、わびさびな日本人……^^;

でも次回はサグラダ・ファミリアで語ります。引き続きお願いいたします(^^)
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2017/09/10 21:59 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

わお、けいさん、お久しぶりです!!
いやいや、お忙しそうだな~と思いつつ、スポンサーサイトを見つめておりました!
読み専でも、時々遊びに来てくださいませ! こちらもまたスポンサーサイトを眺めに行きますね!
(って、なんの予告?)
今回は久々に大きな旅行だったので(ここのところ、全く海外に行っていなくて…あ、先日学会で上海に行ったのが恐ろしく久しぶりだったけれど、あれはほぼ仕事だけで帰ってきた^^;)、真面目にレポートしています。振り返ってみたら、旅行前半の写真のほとんどがガウディ^^; しょうがないので、ひたすらガウディをレポートいたします。
でも、後半のアルハンブラ宮殿とメスキータもお楽しみに!

ガウディの未完……いや、でも、ガウディさん、ものすごく健康に気を遣っていたようで、完成まで生きているつもりだったかも! でも、路面電車に轢かれちゃったんだって。ううむ。どんなに健康に気をつけていても、注意を怠ってはいけませんね。
ただ、頭の中にはいっぱい構想があったんだろうなぁ。わかるわかる.構想がいっぱいだけれど、現実の建築の速度は上がりませんものね。←「書く書く詐欺の」を正当化しようとしてる。
次回のサグラダ・ファミリアもお楽しみに!
頑張ってレポートさせていただきます(^^)/
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2017/09/10 22:43 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさんは建築にも興味をお持ちなんですね~。なんか分かります。乗り物に通じるものもありますよね。
私はどちらかと言うと、神社仏閣系……でも建物よりも中の仏像に興味があった方なので、あんまり建物自体を楽しんでなかったかもなぁ~いや、人並みには楽しんでいるはずなんですが、そこに集中してなかったかも。人間が住んだり建てたものとしては、古墳や洞窟の時代まで遡ってしまうし……^^;
確かにガウディが作ったものは、てんこ盛り系ですね。今回有名どころは一通り見たと思うのですが、最後の方はちょぴっと食傷気味でした(いや、単に実際にお腹を壊していただけかも)。まさに「これでもか!」って感じでしたよね。ただ、さすがの大迫力で、あれこれ考えていたことをねじ伏せられるだけの説得力というのか、力技でやられた!って気がしました。何よりも、サグラダ・ファミリアには予想外に感動しました。これは確かに実物を見てみるもんだなぁと。あの豪快さをなかなか上手くレポートできそうにありませんが、次回からちょっと頑張ってみますね。

それにしても、ガウディの頭の中って、ほんと、どうなってたんでしょうね。というのか、世の中の天才の頭の中って、理屈じゃなくて直感で、作り出そうとするものの完成図ができあがっているんだろうな。
こちらを造りながら、サグラダ・ファミリアのイメージを頭の中に描いていたのでしょうか。次はこんな風にしたいとか、いつも頭の中にシュミレーションがあったのでしょうね。
そして、「グエルさんも天才の我が儘に付き合わされて苦労されたんだろうと思います。」ってサキさんのお言葉、本当にそうだったみたいですよ。最初は完成を待っていたようですが、ついに諦めて、できた部分を教会に転用したんですものね。
グエル公園も登場します。また引き続き楽しんでいただけたらと思います。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2017/09/10 23:39 [edit]


ガウディといえばサグラダ・ファミリアしか思い浮かばない、悲しいほど知識の薄い私ですが(><)、大海さんがこちらをぜひ見ておきたいと思われたのは、何となくわかるなあ。
変容、なるほど。建築物というより、なんだか緻密な昆虫の腹の中みたいな……。
こういう建築物の設計図って、どんなかんじなんでしょうね。
現代建築のように数字で埋め尽くされてるような製図があるようには思えないんだけど。(いや、あるわボケ!って叱られそうだけどw)
ちょっと微妙に真っ直ぐ立ってない柱とか不思議……。ちょっと、昆虫の巣が出来上がる神秘に似てる←やっぱりなぜか昆虫が浮かぶ……。

そうか、こういう場所はツアーには組み込まれていないんだあ。
旅慣れてる大海さんだからこその収穫ですね。
いっしょに楽しませてもらいました(*´ω`)

lime #GCA3nAmE | URL | 2017/09/13 11:12 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

> ガウディといえばサグラダ・ファミリアしか思い浮かばない
いやいや、大体そんなもんです。私も、えっと~「カサなんとかとかいう家とか、何とか公園とかあったけど、よくは知らん」という程度でした。行くことになったので、ガイドブックを見て、あ~そうそう、とか知ったかぶりしてました。
で、ガイドブックのガウディラインナップを見て、あ、この教会いいなぁ、あ、このトカゲを見なくちゃ! と、サグラダ・ファミリアよりも先に、このコロニア・グエルとグエル公園をチェックしておりました。
こちらはサグラダ・ファミリアと比べると、なんともこじんまりな教会なのですが、雰囲気はとても良かったです。教会というよりも、秘密の場所って感じかなぁ。そしてこの恐竜の背骨みたいな天井は、他のガウディの建物にもありまして、どうやら自然の造形を形取ったものが好きだったらしいです。
あ~でも、limeさんの『昆虫の腹の中』ってのは言い得て妙ですね。そうかもそうかも。こちらは空間そのものが広めだし、圧迫感はないけれど、カサ○○の屋根裏に同じような天井のところがあって、そこはまさに背骨のある蛇の腹の中みたいな感じです。

そして設計図ですね! そうそう、もうほんとに「ざっぱな力学」に基づいて作られたみたいで、いや、設計図はちゃんとあるんでしょうけれど、発想の原点はこれだ! みたいな模型があるのですが、それがまぁ、ほんとに……「え?」なんです。次回、ご紹介いたします!
でもほんと、サグラダ・ファミリアの工事現場を見る限り、どう見ても「積んでる」だけなんですけれど……う~ん。そういう意味ではまさにlimeさんのおっしゃる、昆虫の巣作りに似てるかも。どんどん継ぎ足していって、いつの間にか形になっている、みたいな。
柱がここまで明らかに斜めってのは面白いですよね。グエル公園にある柱もみんなこんな感じで、どうやらガウディはまっすぐが嫌いだったような? サグラダ・ファミリアも中心方向に向かって少し傾いているので、力が上手く分散されているんでしょうね~。

ツアーでどんなところに連れて行ってくれるのか、よく分からないのですが、最近はオプショナルツアーも充実しているので、金は積むことになるけれど、自分で好きなように組み合わせていくことはできるかも、です。
世界には沢山見所があるけれど、こういう光と造形の不思議な世界、limeさんのような芸術肌の人が見たら、きっとまた面白い見方をされるんだろうなぁ。今はあれこれ危なそうで、是非いってみてください!と気軽には言えないけれど、いつか機会があったら、この紙一重芸術は見る価値があると思うのです。
この後、本当は巨岩の中の教会があるモンセラットに寄ったのですが、今回は先にガウディをこれでもか!ってくらい、ご案内したいと思います。次回はサグラダ・ファミリア。お楽しみに~!
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2017/09/13 23:07 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/781-857d46b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)