10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

2017年9月のつぶやきコーナー★冬が来る前にもう風邪…… 

<Twitter代わりのつぶやきとお知らせのコーナー>
2017スペインの旅、レポート中
【旅2017・スペイン】(4)コロニア・グエル教会~ガウディの建築を巡る・その1~ 



2017/9/24風邪引いちゃった……
鶴亡き後の井伊谷のこととか、ピアノや三味線のこととか、スペインのこととか、マコトのこととか(あ、真に怒られるな。先に猫かよ!って)、いっぱい書きたいことは溜まっているのに、現実が追いつかず、いえ、現実に追いかけられて、うにゃうにゃです。
昨日は岡山に仕事絡みで日帰りして、どこぞかで風邪をもらったらしく、頭ものども痛いし、なんかすっごくだるいのに、今日は仕事に追われて原稿を書いております……(しょぼん)
あ~でも、よく考えたら、今年も夜の須磨水族館で飲んだくれてたから、そのせいかも……今年の夜のイルカショーでは、イルカも眠かったのか、ジャンプの不発が多くて、それはそれで可愛いもんだと思って見ておりました。イルカにタッチもさせてもらったけど、一瞬だったので、やっぱりアザラシにタッチの方が触り応えがあります。
さらに、岡山で、ワイン好きの大先輩方と日本の稀少ワイン飲み比べなどをやっていたのも悪いのね……でも、やっぱり岡山のブドウはおいしいなぁ~。シャインマスカットに大粒のピオーネ。
今年はRSウィルスも夏から流行っていたりしたので、弱っているとウィルスに付け狙われるのかも……皆さまもお体お大事になさってくださいませ。
早くお仕事の原稿仕上げなくちゃ!


今月の古いつぶやきは、「続きを読む」にあります。




2017/9/17思い出のカラヤンとピアノお稽古日記
ピアノ4
台風が来た……明石海峡から吹き付ける風で家が壊れそうに……それよりも木が倒れないか心配。昨日は仕事絡みで東京に行っていたのですが、帰りの新幹線が、いかにも暗い雲の中に突っ込んで行くみたいな、残念なイメージでした。
被害が少ないといいのですが。

今日は持ち帰りの仕事をしているので、時々飽きると手を止めては、明日の演奏会の準備(三味線)とピアノのお稽古を交互にやって1日過ごしています。カメラの使い方が分からなくて撮った写真をそのまま使えず、JPEGに変換するのに手間がかかっているスペイン旅行の写真。サグラダ・ファミリアの部分をやっと変換し終わったので、来週からアップします。

ピアノは、クレメンティのソナチネop36-3を思い切り速く弾いてみたらどうなるか、試しにやってみたら……あはは(^^;) You Tubeってある意味残酷ですよね。プロではなくてアップしている人はきっとすごく上手い人たちなんですよね。それを聴いて、あんな風に弾けるものかと思ってやってみるけれど、やっぱり無理だわな~
でも、先月よりもちょっと指が動いてるかも? それに、回らないなりにむっちゃ速いスピードで弾いてから、自分にとってはノーマルスピード(もちろん本来のスピードよりは遅い^^;)に戻したら、ちょっと楽に弾けるような気がして。まぁ、お風呂で歌ったら、歌がうまくなった気がするとか、カラオケボックスで練習したら三味線が上手く弾けるようになった気がするのと同じ程度の錯覚ですが。
でも、ショパンのワルツ遺作イ短調は「ずん……ちゃっ……ちゃっ」から「ずん、ちゃっ、ちゃっ」程度にはなった!(と思う)

さっきからN響アワーを見ていたら、カラヤンが日本に来たのは11回、という話が出ていて。そうかぁ、11分の1に邂逅できたのはラッキーだったなぁと、当時誘ってくれた弓道部の先輩に感謝してました。チケット買うのに、すごい並んだ記憶があるけれど。しかも当時23000円のチケットなんて、ほんとによく買ったもんだ(貧乏大学生……そうか、貧血で倒れたのはそのせいか! ご飯よりも演奏会を優先した?)。
あれこれあるけれど、やっぱりすごいなぁ、抵抗できない圧倒的な何かを持っている、しかもやっぱりかっこいい、そんなカラヤン。
私が聴いたのは、多分最後から2番目の来日の時で、ラヴェルの『海』が強烈な思い出。……いちいち歳がバレる^^;
N響との共演はカラヤンの初来日(1954年)の時。当時「合わせる」ということに主眼を置いてた日本のオーケストラや指揮者。どうしても「縦のラインを合わせようとする」オケに業を煮やしたカラヤン、ついにメンバーを後ろ向かせて(指揮者が見えないように?)練習させたのだとか。
その時のメンバーが、「隣の気配を必死で伺いながら音を出し始めたとき、一拍目でなんとも言えない『音のにじみ』が生まれた」と語っていたとか。
そう言えば、ジャズだったか、何かのセッションをしている人の言葉に、「お互い好き勝手に演奏しているようだけれど、ぎりぎりまで自分の音を我慢して我慢して、そうしている時に一番最高の瞬間が生まれる」みたいなことを言ってたなぁ。単純な言葉にすると、相手の音を聴くってことだけど、それだけでもないみたい。
このところYou Tubeでよくクラシックを聴いていると、好きだなぁと思う演奏には「音の揺らぎ」がある。これは文章でいうところの『行間』みたいなものかな。どこかに「合わせられない」「割り切れない」部分があってこそ、音には深みが生まれる。物語も。
もちろん、揺らぎすぎたらいかんけどね^^;

震災直後のズビン・メータ指揮N響のベートーヴェンの第九をやってます。あ、福井敬さんだ!
埼玉で仕事してるとき、その市の体育館の開館記念に第九の合唱に参加したんですが、その時、実はこの歌詞は結構厳しいことを言ってるよなぁと思いながら歌ってました(怠け者は去れ、とか言ってる……え?言い過ぎ?)。そして改めてじっくり聴くと、長く歌い継がれる歌、演奏されて愛される曲には、それなりのちゃんとした理由があるのだと思うのです。
年末になると「また第九?」って思いがちだけれど、もしこの曲が単に「うれしいたのしい」というだけの歓喜の歌なら、こんなに愛されなかったんだろうな。地獄の底から這い上がってくるみたいな凄みがある……ベートーヴェンの苦難の行き着く先、だったのでしょうか。
私の思い出の第九は、大フィル・朝比奈隆最後の演奏……かと思ってチケットを取ったら、コンサートの前日に朝比奈さんが亡くなって、急遽追悼演奏会になった、あの日の第九。指揮は私が追っかけていた大好きな若杉弘さんだった。

でも、やっぱり私はベートーヴェンのロマンチシズムを愛しているのでした。

2017/9/10『はらのむし』
腹の虫
『scribo ergo sum』の八少女夕さんちにコメントを書きに伺った際に、「モンスターと言えば」という話になり、九州国立博物館の「腹の虫」をご紹介したら、うちにあるストラップの写真をアップして、とリクエストを頂きましたので、早速アップします!
なんのこっちゃ、ですよね。
これは『針聞書』という安土桃山時代の書(夕さん、江戸時代じゃなかった)に登場する虫たちで、そもそもこの本の内容は鍼灸の教科書だったみたいです。その中に、身体の中には63種類の虫がいるって事が書かれていて(夕さん、100はサバ読みすぎだった…・・済みません)、この虫たちがものすごくユーモラスで、なぜか九州博物館のマスコット扱い。
私は1匹(赤い方)を三味線ケースにくっつけています。
この赤いのは『脾臓の虫3』(1と2もいる)。これに筋を捕まれると、めまいを起こして頭を打つというもの。木香・大黄で退治できるそうです。白い方も脾臓にいる虫で『脾積(ひしゃく)』。甘いものが好きで歌を歌うらしい! へその周りに針を打つといいそうです。

しかし! 確認のために九州博物館のHPを見たら、えらいことになってた!
なんと、『はらのむし体操』なるものが! 他の虫たちの情報も踏まえて、こちらをご訪問ください!
九博『はらのむし』

2017/9/9『京都殺人案内』とピアノお稽古日記
仕事柄、学校の夏休み期間は修羅場になるのですが、去年に引き続き今年もしんどかったぁ~
そして、日常業務のせいでやり残した仕事の片付けに奔走する9月となりました。
おかげで目が疲れ過ぎて、仕事以外でPCの画面を見るのがしんどくなっている今日この頃です。

家にいる時間、疲れ果てて、皆様のブログ訪問しながら(コメが遅くなっていてすみません)、なぜか録画したJ:COM配信の『京都殺人案内』を見続けているのですが、これがまた面白い。内容が、ちょっと古めかしかったり、ちょっと懐かしい京都の風景が見られて。もともと、私が京都の大学に行こうと決めた理由がまさにこの『京都殺人案内』でした。私のあこがれは音川洋子になることでしたから!(音川刑事の娘、バツイチ)
内容が古いものは、色々粗も多いのですが、この作品のいいところは、犯人はすぐに分かるのですが、音川刑事(藤田まこと)がその人の事情を掘り下げていくところ。そして、改めて見直して泣けるのは、文句ばかり言っているような、ついでに常に出張の土産を要求する、一見のところダメ課長と、部下だけどほぼタメ口の音川刑事の関係性。上層部の言うことを聞かずに事件を捜査する音川刑事に、表向きは問題を起こすなと苦言を呈しつつ、音川刑事が去って行ってから、聞えないところで「お前ひとりを辞めさすかいな(辞めるときは一緒や)」と言っている秋山課長。最近、少しこういう上司像を描かれることは多いけれど、この時代のものとしてはなかなかじゃありませんか。
そして、何度も書いていますが、何話になっても折りたたみ傘を持ち歩いている姿に感動するのです。

さて、だらだらの休日。ここのところピアノがストレス発散です。えぇ、三味線と同じで、そのうち逆にストレスに悩むかもしれないんですが(なんで上手くならないんだ!と思い始めてしまう)、今は小学生以下のレベルで満足しているからか(訂正:小学生以下でも恐ろしい人材がいるこの世界)、指が動かなくても「ま、いいか!」で楽しんでいます。8月から2ヶ月目になりますが、相変わらず、右手の小指と薬指ってこんなに使ってなかったっけ?の状態です。
しかし、You Tubeなるものがあるのは、ある意味おそろしいですね~。私がただいまおさらい中の、クレメンティのソナチネ。8月にop.36-1を終了して、9月はop.36-3……You Tube見たら、小学生以下の子どもがすごいスピードで弾いてる~ちょっともう笑えるくらいで(あ、悪い意味じゃないです。つまり、先週火曜日の阪神・広島戦の7対8のルーズベルトゲーム、最後の5対6をひっくり返した直後の再度ひっくり返された瞬間、負けたけど大笑いしちゃった、みたいな……純粋に試合が面白かったんです)。
真面目に指ならし練習と、ソナチネとかソナタとかだけやっていると飽きるから、少し小曲も一緒にすることになって、なぜかショパンのワルツ遺作イ短調と格闘しています。いや、音符は何とか追えるけれど、それだけじゃね……
それでも次はノクターン遺作20番 嬰ハ短調を目指してみようと志だけは高く……
しかし……ショパンの楽譜を開いて、♭5コとか、♯5コとか見ただけで目眩がするんですよね……こりゃいかん。
「発表会を目指して頑張りましょうね!」と言われたけれど、え? まさかの妙に上手い小学生たちに混じってやるのは……しかももう頭が悪くて覚えられないんですよね。河内音頭も覚えられないし。
でも、5年後にベートーヴェンの『熱情』かショパンのバラードの楽譜を開いて、ちょっとやってみようかと思えるくらいになっていたらいいなぁ(いや、弾けそうにはないけど、その気になれそうな位になってたらいいな~)。
……ピアノはショパンと言うけれど、私はやっぱりベートーヴェンが好きかも。いや、みんなそれぞれいいんだけれど、ベートーヴェンのロマンチシズムは私のツボなんです。しかも、『熱情』と『悲愴』を聞いたら、仕事やる気になる^^;  ピアノ曲じゃないけれど『英雄』も。
関連記事
スポンサーサイト

Category: つぶやき

tb 0 : cm 10   

コメント


ひえ〜

さっそく見せてくださり、ありがとうございます!

そして、なんなんだ、この不思議ワールドは。
そうか、虫がいるのを退治するイメージで、薬草を投与したり鍼を打ったりするわけなのですね。「そんなのいるわけないだろ」というわけでもなく、実際にサナダ虫とかいますしねぇ。

閻魔様に報告に行く虫とか、なんかすごいなあ。胆石のものすごい痛みとか、虫が暴れていると考えるとわかりやすかったのかなあ。

そして、このストラップ。けっこう大きいもののような。かわいいけれど、お腹にはいて欲しくないです。

それはそうと、彩洋さん のピアノ、ものすごい進歩じゃないですか。お忙しいお仕事の合間に、こんなに練習なさるなんて、すごすぎる。上達すると、やる氣倍増しますよね〜。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/09/10 18:23 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

是非とも、今度はこいつらを酒のネタのしてやってください? だめか……でも九州だけに、焼酎には合いそう。
閻魔大王にチクる虫は、庚申の日に寝ている間に身体から抜け出して閻魔大王のところに行くそうで、だから庚申の日は寝ないで宴会をする、という風習があったんだとか(このネタを『奇跡を売る店』で使ったなぁ)。
そうそう、解説が足りませんでしたが、身体の中にこんな連中が住んでいるから病気になるので、やっつけるにはどうしたらいいか、という部分が「医学」だったのですね。
確かに疳の虫って、今でも言いますものね。

はい、このストラップ、結構大きいです。赤いのは手のひらの上に載せたらぴったりサイズです(指先から手首まで)。何か知らなかったら、結構可愛いと思うだけかも。瓶詰めのフィギュアもありますよ(^^)/

ピアノは、いや、全然進歩はしていません。ワルツの遺作なんて、ずん……ちゃっ……ちゃっ、な感じで、まぁ絶対に踊れませんね。ま、曲想的に踊る曲じゃないけれど。ソナチネは、昔にやったことのある曲なので、結構覚えているもんなんですね。
だから練習量は……ま、確かに今は三味線よりも少し長いかも……? 
でも、やっぱりシャープやフラットが5コも並んでると、和音なんかもうわけ分かんないや。う~ん、ボケ防止にいいかもって話ですよね.ほんと決して人前で弾けるようなものではありませんから、ただの自己満足です^^;
ま、楽しいし、ストレス解消だからいいや!
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2017/09/11 00:59 [edit]


すごくお忙しそうなのに、寸暇を惜しんでピアノの練習をなさるとか、頭が下がります。それでだらだらな休日とかって……ちょっと生活態度、見直さないとな(反省)
とはいえ、楽器の演奏なんて想像もつかないので、そこは聞き専門で。もし発表会に出演なさるのなら、ぜひ拝聴しにまいりますので、ご一報を。

なるほど、ベートーベンのロマンチシズムですか。なんか、ちょっとわかるような気がします。
ピアノ曲じゃないけど、ヴァイオリンのロマンス第2番とか聞くと、ベートーベンって甘い音楽で女性を口説いてたんじゃ……なんて思っちゃいます。
私はベートーベンのピアノ曲というと、真っ先にピアノコンチェルト第4番をイメージします。傑作の森、「熱情」「運命」繋がり、ですね。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2017/09/11 21:51 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

いやいや~、ほんとうはしなくちゃならないことがあるのに、ピアノに逃げていたのです。
だから、だらだらです^^; そして、今、追い込まれている^^;^^;
いえいえ、私も楽器の演奏って、得意でも何でもないのですよ~.でも一応かじってみたい性質なので、思わず三味線などにも手を出してしまいましたが……山あり谷あり、山、谷、山、谷、海底……みたいな。
始めちゃってから後悔する口ですが、でも楽しいうちはいいか!
でも聞くのも楽しいですよね。私は決して耳が肥えているわけでもないので、手前勝手に自由に聞いていますが、今でも色んな音楽との出会いをくれた若杉弘さん(指揮者さん)にはとても感謝しています。
あ~しかし、私のピアノは人前では弾けませんね~聞いた人の耳が腐るかも……^^;

ベートーヴェンって、あの音楽室に掛かっている写真のムツカシイ顔と『運命』のじゃじゃじゃじゃ~ん♫の部分だけが強調されていて、しかも第九ときたらただただ年末の風物詩になっていて……もっとロマンに溢れた曲がいっぱいあるのに、なんか損しているんじゃ無いかと思うんですよね。よく考えたら『エリーゼのために』の作曲者。確かに女を口説いてた!に違いありませんね。そもそも音楽家って恋多き種族ですから。
ベートーヴェンって、ピアノ曲はもちろんいいけど、TOM-Fさんもおっしゃるようにヴァイオリンもいんですよね。ロマンス第2番ですね、うんうん、弦が泣くみたいな旋律で、ほんとに同じ弦楽器なのに三味線にはないわぁ~(って、津軽は打楽器だという人もいるし)TOM-Fさんのピアノ協奏曲は第4番ですか。なんか玄人っぽいなぁ。私はすごく単純に、第5番好きです(仕事がはかどる……って、またそれ? いや、大好きなので、慎一ぼっちゃんのデビューはこの曲でした)。でも『熱情』を初めて聴いたとき(アシュケナージだったなぁ)の衝撃のほうがおっきかったかも。

ダイナミックでいてロマンチックなベートーヴェン。思い起こせば出会いは、カラヤン&ベルリンフィルの演奏で、あれで持って行かれた感じなのかな(一時、交響曲第7番……いわゆるベト7を覚えるほどに聴いていたことが……なんであんなに好きだったんだろ)。竹流もといジョルジョの話を『Eroica』ってタイトルにしたときも、『交響曲第7番』って題はないよな~と泣く泣く(嘘です^^; でも『Eroica』(第3番)を書きながら第7番を聴きまくっていたのは事実で)。5番も「じゃじゃじゃじゃ~ん}(第1楽章)しか音楽の時間に習わなかったけど、あの第2楽章はマーラー5番のアダージェットに並んで好きなところ。あ~でも、世界中の曲の中でも『運命』の冒頭ほどすごいフレーズはないかもなぁ。
久しぶりにカラヤン・ベルリンフィルを聴こうっと! あの重厚なベルベットのような音……(o^^o) いつ聴いても鳥肌が立つ。でも今日は気分はやっぱり第3番!

あ、すでにピアノの話じゃなくなってる。
そうそう、まずはショパンのワルツの遺作……たった1箇所の3連符+5連符であたふたしている私にノクターンはとおおおおおおお~いなぁ。

というわけで? コメントありがとうございました!!
いや、まず三味線のイベント頑張らねば! です。
でもその前に、仕事だ~~~!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2017/09/13 01:04 [edit]


お大事に

こんばんは
彩洋さんにこんなことを言うのは釈迦に説法ですけれど、休まないと治らないじゃないですか〜!

私は、土日もぶっ通しで働いたのが堪えたので、火曜日にバッチリ休みをもぎ取りましたよ。風邪もひいていないけれど。

この時期って、どういうわけか体調を崩しがちですよね。どうぞご無理をなさいませんよう。いろいろと書きたいこともたまっていらっしゃるようですが、どれからでも愉しみに読ませていただきますので!

とにかく今は、お大事に。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/09/28 05:05 [edit]


風邪、大丈夫ですか?
やっぱりこれだけお仕事がハードだと、抵抗力がふっと弱まっちゃったりするんでしょうね(;_;)
夜はなるべく早く寝てくださいね><

とはいえ、趣味の時間も充実させたいですよね。
忙しい合間にピアノを頑張っておられるのがすごい!一曲でも納得が行けるくらいに弾けたら気持ちいだろうなあ~(とおいめ)

私は最近某ヒップホップグループ(K-POP)にどっぷりハマって、来月京セラドームコンサートに行ってきます。ペンライト買って掛け声の練習中。←バカです

もうすぐNACSも公演の先行予約始まりますね。結構重そうだけど、モリらしい台本になりそうなので楽しみです^^

lime #GCA3nAmE | URL | 2017/09/28 10:14 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

夕さん、ご心配いただきありがとうございます^^;
最近、日本では睡眠負債なんてのがいわれるようになっていますが、要するに寝だめしてもダメって事のようですね。負債はたまり溜まって脳に影響するのだとか。といっても、脳にとって何が悪いのかいいのか。せめてボケすぎないようにはしなくちゃな~と思います。
あぁでも、週の真ん中に休みをもぎ取るのはいいですよね。ハッピーマンデーとやらができてから、何も有り難くない3連休があって・・・どちらかと言うと私は、週の真ん中が休みの方が嬉しいなぁと思っています。
うちは仕事の性質上、学校の長期休みは地獄のように忙しくて、今年はその上に夏休み直前にバルセロナ行きがあったので、ばたばたしたまま秋になって、今度は週末ごとの研究会やら会議やらでまたばたばた。ちょっと疲れました(@_@)
でもまぁ、何とか生きておりまする。
さいきん読み逃げ・拍手逃げになっていて済みません。でもいつも楽しく読ませて頂いていますよ~
夕さんもお体お気を付けくださいませね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2017/10/01 22:03 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

limeさん、なんとK-POPですかぁ~。いやぁ、本当にlimeさんの守備範囲の広さには驚きます。でも、ペンライト大事ですよね。ペンラ振ってるlimeさん・・・・・・想像してちょっとわくわく?してしまいました。。
それにNACSの本公演、楽しみですね~。久しぶりにわくわく気分になっております。やっぱりNACSの本公演の話が出ると気分が高揚しますね。ちょっとうにゃうにゃ気分の時にやって来た朗報(o^^o)

風邪はよくなったり悪くなったりなのですけれど、なんかすっかり治りにくくなっているのは歳だから??
睡眠時間も何とか休みの時には確保しているつもりですが、あれこれ気になって眠りも浅く。なにせ今日などは庭がジャングル過ぎて、一生懸命木を切っておりました。頭はがんがんするし、体力は無いし、ほんと、困りものです。
ピアノは~(^^;) え~っと、ほんと、力を抜くって難しいなぁ。全てを力を入れちゃってちゃ、曲になりません。当たり前のことなんだけれど、やってみて改めて気がついたように思います。多分、仕事も人生も小説も、みんな同じですね。

limeさんもお体に気をつけて。
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2017/10/02 00:01 [edit]


大海さん、お久しぶりです^^ コメで生存報告のけいです^^

いつも100%の大海さん、風邪に100%ならないようにお祈りしています。
私はお陰様で風邪なしで冬を越せました。
そして、春休みが終わる・・・(T^T) 速い・・・(T^T)

お体をお大事に^^ お互いね^^

けい #- | URL | 2017/10/05 08:20 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

けいさん、生存報告ありがとうございます(*^_^*)
私もコメで生存確認しております(^^;)
風邪は治ったのですが、何だか時々からだがダルいので、何だかぶり返さないか心配です。今日も朝から仕事に行こうと思ったら、目眩で起きれなくて(せっかくの休日なのに!)、だらだらです。しかも、世界体操をぼんやり見ていたら、ひねったり飛んだりのシーンの連続で余計に気持ち悪いことに……

あ。春休みなんですね。毎回季節が反対にびっくりしている大海です(^^;)
だから、そっちに行くときは、夏に行ったら冬なんだね。
これから暑くなっていくのですね。お互いに身体には気をつけましょう!
(って、年をとると健康の話題が増えるらしい……)
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2017/10/09 13:23 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/782-fbf2fba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)