10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

2017年11月のつぶやきコーナー★11/12ちょっと近況~『守り人』と『直虎』~ 

<Twitter代わりのつぶやきとお知らせのコーナー>
2017スペインの旅、レポート中




2017/11/6ちょっと近況
kamakiri.jpg
風邪を引いたり、あれこれ仕事絡みの頼まれごとで週末ごとに東京に行ったり、あれこれでご無沙汰しております。
最近よく風邪を引いているような気がするのですが、年々抵抗力がなくなっているというのか、風邪を引いたときの咳の出方が年寄り臭くなってきているというのか……2年前にマイコプラズマになった時、あ~お年寄りがこれで死んじゃうことがあるのも分かるわ~と思いましたが……最近はちょっとした風邪でも簡単にヨレヨレになります……
しかし、今年のインフルエンザの予防接種は、後で痛がゆくて、しかも、打った矢先からもう周囲で発症している人たちが。間に合ってない……

出張があると必然的に新幹線移動時間ができるんですが、以前ならこれでPCで何か書いていたり仕事の書類作ってたりしていたのが、電車の中でなくてもPC画面で目眩に襲われるために新幹線の中では無理! 老眼が進んだのかも……
でも本は何とか読めるので、読書タイムになっています。おかげで『守り人シリーズ』ようやっと読み切りました。最初の5巻分は一気に読んだのですが、息切れがしてしまって……11月末から最終話がTVドラマで開始になるので、先に何としても読み切ろうと思いまして。
最後の3巻分は元の主人公?女用心棒・バルサも出てくるけれど、国と国のぶつかり合いで、それぞれの事情があって、読みながら気圧されちゃっておりました。何よりも皇太子の自覚に目覚めていくチャグムが愛しくて、かわいそ~、でも頑張れ~というお母ちゃん視点で読んでおりました。
ファンタジー界ではきっと異質な年増女性が主人公の物語ではありましたが、もともとあんまりこの分野が得意ではない私が読み切れたのは、主人公の年齢によるところが大きかったかも。そこにチャグムがチビから成長していく課程がはまり込んで、最後は完全にチャグムの物語。うるうるしながら読んでおりました。
バルサとタンダ(よかった、ちゃんとバルサに「つれ合い」って呼んでもらえて)の物語では、優しい呪術師のタンダの前線(戦場)のシーンが痛々しくて、でもバルサの必死の探索と思い切った処置で落ちもついて、ほっと読み終えました。もっとも、世界はまだまだ大変そうですけれど。
チャグムが、戦争や災害から国民を守るには父を亡き者にしなければならないと苦しむシーン。
「父上を殺さなければならないなら……そのときは、人になど、たのまない」
わ~もう、泣きましたよ。何って、『直虎』の政次の死のシーンを思い出して? だって、あれもそういうシーンでした。他の誰にも手を触れさせない、自分しか引導を渡せないって……ううううう。

思わずページの端っこを折ってしまった言葉。
星読博士のシュガの独白。
「人生とはふしぎなものだ。ふだんは、多くの努力を繰り返し、果てしなく思える長い時を耐えながら、一歩一歩坂をのぼるようにして未来を築かねばならぬのに、ときに、こうして、一瞬でおのれの未来を大きく変える選択を迫られる。」
この年になると、しみじみ感じる。それにここのところ続いている天災も。……でも、分かっていても、それでもなかなか動けないんですけれど。
善も悪もなく、ただそれぞれの立場があるという視点から描かれた物語、読み応えがありました。
ナユグ(この世界と重なってあるもうひとつの世界)の春がこの世にもたらすものも、大きな天の視点と、その中で必死で蠢く小さな人の生業も、十分に書かれていて、愛されて読まれているのがよく分かりました。
さ、心置きなくTVドラマを楽しもうっと。

『おんな城主 直虎』も次世代の話になって、いきなり青春物語になりました。
この転換はなかなか良かったかも。政次の死で一気に闇に突き落とされた視聴者でしたが、思った以上にエキセントリックな、まるでアニメのやんちゃ主人公のような虎松改め万千代が、私の中では○です。しかも、子役の寺田心くんから菅田将暉さんへの移行があまりにも顔の作りのどこかが似ていてスムーズすぎ。
あとは、「井伊の当主として直の一字を、政次から政の一字をもらって、直政と名乗る」なんてシーンを待ち望むのであった(え?)。
え? 史実ですか? えぇ、どうでもよろしい。でも、小野家のお墓が大事にされているところを見ると、禍根を残さないために一族皆殺しが常であった時代においては、何か歴史に残してもらえなかった事情があるって、そういう視点から物語を起こした点に1票です。
それにしても、海老蔵さんの織田信長がもう存在感が半端なくて、いや、ほんと、「こ、こわい~(といいつつ、へらへら)」。信康と築山殿の悲劇にさしかかっている大河もあと数話ですね。今年は頑張って見たなぁ……

あれ? まるでNHKの宣伝してる人みたいになっちまった。何の関係もありません。

年末に向けて仕事がまだ立て込んでいますが、17日は真の誕生日、何か書けるかなぁ? あ~、でも19日と25日の講演の準備が(@_@) 目眩に負けずにガンバラナクチャ。
月末には三味線の滋賀の大会。ピアノも、ついにノクターン・遺作・嬰ハ短調に突入。まだソナチネのおさらい中なのにね。でも、8月には88鍵がものすごく長く感じたけれど(端から端までの距離、というのか、ピアノがでかいと感じた)、先週くらいに「あ、ちょっと小さく感じる」と思える瞬間があって……鍵盤の上の自分の守備範囲が広がったかも。残念ながら、ほんの一時でしたけれど^^; 
右手の薬指と小指……うう。何十年もあまり使わなかったから弱いんですよね。そもそもこの2本の指は神経が同じなのよ。いったいピアニストの指ってどうなってるンやら。使ってると、神経シナプスの構造が変化するんだろうけれど……もう今更伸びないな。しかも、ペダルが難しいよ~。左手に右手に足、そんな一気に沢山めんどうみれない……
やっぱりボケ防止と思って割り切ろう。

皆様、暦の上ではもう冬。お体、ご自愛ください。
暦と言えば……11月11日はポッキーの日だと思っていたら、チンアナゴの日とも言われているのですね。しまった、水族館、行っとくんだった。


今月の古いつぶやきは、「続きを読む」にあります。




関連記事
スポンサーサイト

Category: つぶやき

tb 0 : cm 9   

コメント


こんばんは。

お風邪から回復なさったばかりなのに、あいかわらずお忙しいご様子。どうかご自愛くださいませ〜。

そうなんですよ、もうね、氣合いや勢いみたいなものでは、簡単にはスルーできなくて病になってしまうので、ちゃんと休んでしっかり治すしかないんですよね。

あと、眩暈とかなんとなくグルグルするようなことも、体調によってはあるので、そういうときは本当に無理せずに、目を瞑るかグルグルしないことをするかなんですよね。私はこの間「なんか変」と思ったので、9時半にお風呂にはいって早く寝たら治りました。最近は、時々デジタルではなく紙の本を読んだりもしています。

日本の小説のお話と大河ドラマのお話については、わかる方にお譲りするとして、最後の話題に食らいついておきます。11月11日は聖マルティヌスの日ですよ!

今では特に大きなお祭りが、うちの近くであるわけではないのですが、収穫祭だったり、ツケの支払日だったり、冬の始まりだったり、過去のスイスやヨーロッパでは重要な日でした。そして、今でも偶然なのか、この日を基準に暖冬か普通の冬かを予想すると当たっていたりするんです。今年はおそらく普通の冬だと思います。つまり寒いはず(笑)

ともあれ、時節柄(?)お忙しくなるかと思いますが、何よりもご自身の健康を第一にしてくださいね!

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2017/11/13 06:40 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

夕さん、早速コメントありがとうございます。
風邪ですが、何だか良くならないんですよ。というのか、後を引きやすくなったといのか。弱った年寄り状態の昨今です。一度なると、残念スパイラルに嵌まるのでしょうか。ほんとに、若い頃は気合いで治すとか言ってましたね……今ではあり得ないです。
眩暈になるのは、大概生活状態が悪いときなので、何とかしたいとは思うけれど、なかなか上手くいっていません。平日の帰宅時間をあと1-2時間短くするだけでもずいぶん状況は改善すると思うのですが、まだ道半ばの状態です。年内は仕方がないかな~。たまには記事も書きたいし、実家の手伝いも少ししたいし、三味線の大会が~なんてどこまでも我が身を追い込んでいるのかも?
年末までには片付けたい仕事も多々あって、24時間何かを気にしているので、休みくらい疲れを取ったらいいのに、昨日ったら、何を血迷ったのか、例の『ダ・ヴィンチ・コード』に続く『天使と悪魔』・『インフェルノ』を観ちゃいました……あ~だめら。もう来週からゆっくり休日はないというのに。

11月11日って聖人の日だったのですね。そういえば、うちの超過保護男は4月23日の聖ジョルジョの日の生まれで、それにまつわってその名前を戴いた設定なのですが……実際にヨーロッパで聖○○の日に居合わせたことがないので、どんなお祭りしてるんだか、だったのです。そうか……何か特別なことを祝わなくても、何かちょっとした切り替えの日ってありますよね。
日本では、やっぱりこの時期は立冬の日ってことになるのかしら。

11月11日ですが、ついこの間、水族館宴会(水族館の大水槽の前で宴会)があって、チンアナゴを見に行こうとしたら、幼稚園の若者が「知ってる知ってる」と言って私たちを何回もただのアナゴのところに連れて行くので、結局時間内にチンアナゴを見に行けなくて、自分の中では話題のチンアナゴだったのです。11月11日に水族館に行ってたら、チンアナゴのステッカーでもくれてたりして、なんて思ったり。
何はともあれ、○○の日って、改めて聞くと面白いですね。そういえば、最近愛用している猫のダヤン(キャラクター)の手帳には、北欧の祭りの日とか、やたら書いてあるんだけれど、何の縁も所縁もない……
今年は勤続20年(今の職場に)になったので、3日間平日連続休みをくれるそうな。って、その前に普段から全く年休を消費していないので意味ないんだけれど(典型的な休み方を知らない日本人)、しかも下手に休んだら結局しわ寄せが自分に返ってくると言う……でも、実は夏至の日に巨石の隙間を登る太陽を見に行こうかしらと思ったりしている私です。夏至の日と言えば、巨石ファンにとってはお正月ですから!

今年もあっという間に過ぎていきそうですが、お互いに健康に過ぎしたいですね!(って、健康の話を始めたら年寄りって証拠らしい)。
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2017/11/13 08:53 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/11/13 11:35 [edit]


2017/11/6

あ~やっぱり仕事に趣味にめちゃめちゃ頑張ってらっしゃる。
こればっかりはサキがいくら言ってもしょうがないのですが、くれぐれもご自愛くださいませ。
なんとかの不養生、なんてことにはなりませんように。シャレにもなりませんよ!

あ、『守り人シリーズ』は楽しみにしています。
バルサとタンダが納まるべきところに納まる・・・良かったです。
原作本やこの実写版もいいのですが、TVアニメで放送されたシリーズ、これもまた素晴らしいんですよ。機会があったらぜひ・・・あ、これ以上彩洋さんの時間を取ってはいけませんね。(自粛)

『おんな城主 直虎』はまだちゃんと見てますよ。
去年今年とずっと注目しているキャラは家康ですね。

さて年末に向かってだんだんぜっぱつまってきますが、サキは世間に付き合わずマイペースで進んで行ければと思っています。
ついバタバタしてしまうんですけれどもね。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2017/11/13 19:40 [edit]


鍵コメN様、ありがとうございます(^^)

本当に、インフルエンザってただの風邪といわれていた時代からすると、最近はちょっと大仰に騒ぎすぎな感じもしなくはないのですが、タイプによっては我々の免疫が十分でないものもあり、悪化しやすいものもあるだけに、仕方がないかと思ったり。新型は言わずもがなですが、妙に勢いのある奴は困りますよね。
こちらは病原菌・ウィルスには事欠かない環境下におりまして、ただ、その割には世間の割合からすると、職場の人々の罹患率は低めのような気がします。気合い? じゃなくて、毎年強制的に行われる予防接種が多少は効をを奏しているのかもしれません。私も幸いインフルエンザにはもう長いことかかっておりませんが……何だか、風邪をよく引くんです。特に最近は咳がいつまでも残るので、何だか弱っているのかも知れません。
N様のところはご夫婦とも健康でいらっしゃって羨ましい……と思ったら、なるほど、医食同源、滋養強壮ってやつですね!
確かに、ネギ・ショウガは体を温めてくれてよいと言いますよね。そして発酵食品ですか。確かに最近、職場が遠くなってから食生活がみだれているかも……見直さなければなりませんね。

で、で、で。まさかのすてきなご提案! ほんとですか~~~
うわ~、一気にテンションが上がって、風邪がよくなりそうです。うわ~~~~しまちゃんに会いに行くツアー!!!!
防衛隊長と一緒に、護衛付きで見回り~~~~!
実は、今週から毎週末、①東京(研究会)・②埼玉(講演)・③東京(研究会+嵐のコンサート……え?)なのです。本当はもう1週後にも東京予定でったのですが、もうこりゃたまらん、になってきたので、3週で打ち止めにしました。でも今回は三味線の大会までの練習の合間を縫っての関東行きでスケジュールがタイトなので、また次の機会にご連絡してもいいですか~~~????
って、本気にしちゃっていいですか~~?
わわわ。しまちゃん~~~~~
ということで完全にテンションが突き抜けた大海でした。
コメント、ありがとうございました~~!!!

彩洋→鍵コメN様 #nLQskDKw | URL | 2017/11/13 21:31 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

ほんとに、サキさん、何だか毎日いろんなものに追われているように見えるのですが、実は私の心配は、ますます「やればできるはずだけれど、やろうとするまでに一段と時間がかかる」+「しかも実際に始めてみたら、思ったほどはかどらなくて、処理能力が減退している」と感じることが多くなっていることなのです。ただ若くないだけならいいのですが(いや、それも問題だけど)、なんかあれこれ悩むこの頃です。
仕事はますます「降りかかる火の粉を払えない」状態になっていますし(日常業務ならしょうがないのですが、プラスアルファが多すぎて)……頼まれたら「はい」って言っちゃうし(;_;) それなのに、通勤時間に1日のうち1/24時間以上の時間を取られるって、なんか残念すぎます。
来年は降りかかる火の粉を最低限にしたいと思うのですが、これもまた、いろんなご縁のたまものという部分もありまして、切り捨てられない。

そんな中、25日からの『守り人第3シーズン』は楽しみですね~
原作を読んでみて、TVドラマの方も、あ~ほんとうに上手いこと10冊分を組み込んで話を進めてるんだな、とよく分かりました。低視聴率なんて気にせず突っ切って欲しい。
時々思うんですが、視聴率が低いだけでけちょんけちょんに書く評論家とかいるけど(しかも、中身のない文章)、あんたらの仕事って、そういう大衆の流れに押し流されずに、本当によいものを探したり、よいところを見つけたりしてアピールすることじゃないん? と思ったりします。低視聴率を誇った大河の『獅子の時代』も『平清盛』もよくできた、よいドラマだった(断言)。

ま、それはともかく、最後の3冊を読んで、そこまでの物語よりもさらに深さが増したと思いました。あの部分、何がすごいって、どんどんチャグムの話になっていって、バルサが自然に少し歳をとっていっているように見えること。もちろんバルサは相変わらずかっこよくて強いんだけれど、でもやっぱり時間が流れてるんだなぁと思ったのです。そう思わせる物語の流れがすごい。
そして、全ての登場人物が無情な時の流れの中で、善悪とか単純な価値観ではなく、ひとつの時を共有している様子がほんとに一大スペクタクルだなぁと。そこに、タンダという、戦いの中では本当に無力な一人の人間の目を通して、戦争の不条理がきちんと書かれていて。チャグムが皇太子として大きくなっていく反面で、バルサとタンダの立ち位置は小さくなっていく(庶民という意味で)……でも深くなっていく、その感じがたまらないです。
こういうのを読んじゃうと、はぁ、自分は何を書いてるんだろって、がっかりします。って、比べるまでもないし、まぁ、書いたものの価値などなくてもアマチュアだからいいか。
アニメはまだ観ていないのですが、チャンスを作って観てみたいです。

そして! 『直虎』、観てますか~。うんうん。実は、しばし政次ロスとやらに陥っていた私は5話分ほど観ていなくて(あ、龍雲丸とのいきさつは観たけど、その後ですね。う~ん、あの下りはいささかびみょう~な部分でしたが、まぁ、いいか。龍雲丸の中で、とわの「昔の男」は、直親じゃなくて但馬様だったのね、と密かに満足していた私。)、で、次世代・虎松物語を録画で一気に見たら、面白かった。あ、こういう切り替え、物語的にはありだ!って感心した次第で。がらりと様相を変えて終盤に向かって突き進んでいますね。
そして、分かりますよ! 阿部サダヲ、ほんとに上手いですよね。私はあの「土下座で後ずさり」でやられました。上手すぎて腹立つ~と(変な感想^^; 昔、橋爪功の吉良上野介を見たときも、上手すぎて腹立つ~と思いました)。今回の信康に引導を渡すシーンも見事で。息子の顔を見ないんですよね。見ないまま涙を流さず表情で泣いてる。あの顔で、信康は悟っただろうな。自分は愛されているけれど、捨てられるんだって。『マルモのおきて』でもさんざん泣かされたけれど、見事な役者さんです。

あ、長々と語っちゃった。
サキさんもお身体に気をつけてお過ごしください。マイペース、大事ですよね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2017/11/13 22:14 [edit]


大海さん、やはり日々、無理が続いてしまってるんですよ~。(´;ω;`)
お仕事柄、ゆっくり休めないのは仕方ないけど、無理だけはしないようにしてくださいね。
私も胃痛やら、アレルギーとか出てしまって、職場のみんなに「元気か?」と肩をたたかれますw。耳の方もまた施術場所が開いて、再手術したりして。(あの手術、超絶痛いけど、なんか人間って、痛みに慣れるのね。もう怖くない)

何をするにも時間がかかったり、ボーっとしちゃったり、集中力なくなっちゃったり。つらいなあ。
心の方はすっごく若いんだけどなあ~(´▽`*)←大人げないだけ?

最近若い子に浮気しちゃったせいか、NACSの公演チケット、ことごとく落ちてしまってます( ;∀;)。今まで外れたことなかったのに~。やっぱりバレタ?(笑)
いや、NACSはもう身内のような感覚で(←向こうは思ってない)、ずっと愛してますから、今週のプレリクは当たりますように。(なるべく前の席がいい←ワガママめ)

lime #GCA3nAmE | URL | 2017/11/14 10:16 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/11/14 14:40 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/11/14 19:55 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/785-ddb92deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)