FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・2017-2018ご挨拶】行く年・来る年~ユズキさんとrurubu1001さんからの素敵なプレゼント~ 

夕陽
ご無沙汰しております。そうこうしている間に2017年最後の日になってしまいました。
この1年、何をしていたのか、毎日何かに追われていて、それなのにあまり実りなく流れていったなぁという感が強くて、その状況を反映するように家の中がぐちゃぐちゃに……よく「片付けられない女」なんて話題になっているけれど、まさにその世界に突入しつつあるのでは、と心配になっています(>_<)
毎日、通勤して、仕事して、帰ってきたら夜中だし、寝たらまた朝で、通勤して……睡眠時間の総時間がだいぶ減っているような。それなのに実りが感じられないって何だろう? この頃、細切れの時間を上手く使えなくなってきている様な気がします。お仕事は別ですが、色んな事に集中力がなくなってくてるのかなぁ。う~ん。
今、20年ぶりの転勤の話が出ていて、同じく20年ぶりに転勤を決意した、神奈川在住の半同業者の子とLINEでぐちゃぐちゃ言ってるうちに、会って話そうってことになって、仕事が終わった途端に「真ん中で待ち合わせ」、というわけで愛知の知多半島に行ってきました。ただ温泉に行って、食べてしゃべって帰ってきただけ^^; 泊まった部屋から夕陽も朝日もみえるって、とても素敵な場所でした。
朝陽
今年を振り返ってみると……やたらと出かけていたような気がします。ほとんどというのか、90%は仕事なのですが、毎週末、東京に行っていた月もあって、さすがにしんどかった……もう若くないので、そういう場合は月曜日をお休みにしたいんだけれど、月曜日からフル稼働で、目眩もなかなかよくなりません。ただ回って立ち上がれないほどのは、めったに起こらなくなっていて、浮遊感というのか、船酔いみたいなのに慣れてきもているので、やり過ごせているのかなぁ。ちょっと気持ち悪いけど。

今年の旅は……
残念ながら巨石紀行はちょっとお休みになっていますが(今年行ったのは、井伊谷の天白磐座遺跡だけかも。しかも出張のついでに)、代わりに大きな旅行がひとつありました。まだ全部は旅行記を書けていませんが、スペインの旅です。遠方の海外はものすごく久しぶりで、しんどいかなぁと思って行ったのですが、飛行機も意外に疲れず、前半の学会参加も、後半の自由旅行もめいっぱい活動してきました。
あ、でもお腹壊しちゃって結構大変だった……(>_<)

その、1ヶ月後にまさに同じ都市で起こったテロにはぞっとしましたが、その後でその都市で巻き起こっている独立の動きにもびっくり。もっとも、案内してくれた現地の日本人のガイドさんは、家々の窓の旗印を指して「あれは独立派の旗印」と歴史を話してくださっていたので、あ~こういうことか、と半分は納得。
旅日記はまた記事で続きをアップしていきますね。
全然関係ないけれど、私が昔、ソ連に行った翌年、ソ連は崩壊してしまいました。こどもの頃に台湾に行った翌年には国交断絶したし、アッシジに長居した翌年には大地震で聖堂が……うちの親は「また?」とか言ってます。いやいや、それ、私のせいじゃないから。
でも、来年もできたら海外旅行は行きたいなぁ。ウルルを見たい。もしくは、アンテロープキャニオン。

そして、仕事以外の大きな出来事は……
その楽器に触らなくなってから35年以上? 経っているのですが、うちに連れてきたアップライトのピアノが可哀想になってきて、ついに、三味線を習っている楽器屋さんでピアノをついでに習うようになりました。何十年も前に辞めたのに、昔やっていたというのは大きいですね。三味線の時よりは苦労が少ないです。
でも、ピアノの先生が妙に高いレベルを求めてくださるので、あれ? なんか妙に力が入ってるぞ? という。もちろん、この歳ですからそんなに指は動かないんですよ。一体、ピアニストの指って脳とどう繋がってるの? とか思っちゃう。だって、小指と薬指の神経は一緒のはず……
ただいま、ショパンのノクターン遺作20番 嬰ハ短調(『戦場のピアニスト』ですね)と格闘中。5年後にはベートーヴェンの『悲愴』をと高望みしています……この経験が慎一シリーズの続きを書くときに役立つといいなぁ~
三味線も頑張ろうっと。

とは言え、今年はかの大河ドラマ『おんな城主直虎』に完全にやられまくった1年でした。
もうひとつの私にとってトピックスだったドラマ『精霊の守り人』のチャグム皇太子役の小林颯くんがこども時代を演じた鶴に注目していたら、そのまま高橋一生さんの政次になり、あの屈折した人物像を見事に演じきられ、最期の回はタオル片手にずっと正座して観ましたよ。しかも、あの展開、予想できなかった場面。本当に、魂ぶつかり合う、柴崎コウさんとのお芝居に、日本中が泣きましたね。言葉では真逆のことを言いながら、目で演じる、というよりも、目さえも本当のことを言わずに、魂だけで感じさせる、大河ドラマ至上最高の(いや、これまで見たどんなドラマや映画のシーンよりも!かも)シーンだったんじゃないかと。
でもあれって、当初は「刺す予定じゃなかった」んですってね。直虎(おとわ)が経を唱えているのを聴きながら、最期にふっと微笑んで逝くということになっていたらしい。ほんとに、脚本家ってすごい。練りに練りまくって、あそこに持ち上げてしまった。
あれは、時代劇だからこそできたシーンなんだけれど、よくぞやってくれた、やられた!ってシーンで、これから何年もあれを超えるシーンには出会えないだろうなぁ~

そして、もうひとつの「やられた」は、寺田心くんが菅田将暉くんに替わった瞬間。何がって、えっと、兄弟だったっけ? くらいの似方でしたよね。あんな違和感ない成長シーン、これまで見たことなかったよ。そして、本来なら政次ロスで、後の3ヶ月間見れないよ~ってなるはずだったのですが、爽やかに虎松~万千代~直政となっていく時間を演じてくれて、最終回まで見切れましたよ。
『戦争と平和』ではアンドレイ公爵が亡くなったあとの第4巻を何ヶ月も読めなかったし、『銀河英雄伝説』ではヤン・ウェンリーが亡くなった残りの2巻分を読めなくて数ヶ月放置した私が、今回は録画を放置せずにほぼ時間差なく見切ったんですもの。
井伊の「直」と小野の「政」というのは和尚からのお手紙だったのですね。わたしゃてっきり直虎か万千代本人の意志でと踏んでいたのですが。でも、待っていた言葉だったので、嬉しかった。
思えば、まさか近藤氏の策略とは思わずに荷担していた鈴木氏が、「知らなかった、できることがあれば何でもする」と政次の死後に言ったとき、南渓和尚の「政次を生きて戻してくれないか」といった言葉にどんなけ泣いたか。そんな南渓和尚あっての井伊家、なんですよね。そして、井伊谷にはもちろん、にゃんけいがいなくちゃね!

でも、個人的にはカシラ=龍雲丸には、「先に死ぬな」なんて約束のために同時に死んじゃわないでいてもらって、広大な海に出て行って、井伊谷を愛した3人の分の魂も船に乗せて、生ききって欲しかったなぁ~。一緒に井戸なんか覗かなくていいから。

ポール・ブリッツさんが、泣きすぎて小説も記事も書けなくなったんじゃ?なんてコメントに書いてくださいましたが、いや、ある意味、その通りだと思いました。あのシーンを見せられると、自分の書くものがしょ~もなく思えちゃいましたもの。あ、そもそもしょう~もないか。
そういえば、最近「いい」と打ち込むと「井伊」になっちゃう^^;

そして生もの。食べ物じゃなくて、演奏会、などの話。
今年は、辻井伸行さんのピアノを2回も聴く機会がありました。1回はオーケストラバックにして、もう1回はピアノ単独で。どちらかと言えば辻井さんのピアノは、音が柔らかくて丸いので、オケがないほうが楽しめました。ショパンのバラードの1番が優しくて、泣けてきました。
来年もちまちまと演奏会には行きたいな。
そうそう、もちろん、今年も嵐くんたちを見に行ってきました。今年は札幌じゃなくて東京でしたが、隣のドームホテルに泊まったので楽々でした。近いっていいな。
相変わらず一点集中の大海は、約1名しか見ていないのですが、いや~、37歳、よく踊って歌ってるけれど、自分の出番?じゃない時は休憩しているのがいじらしい……アイドルだからね、3時間あまり頑張らんといかんのだけれど、今回は特に出ずっぱりなステージ構成で。いや、分かるよ、もう歳だから無理しなくていいからね。私はここぞというときだけ見せるキレッキレのダンスと、その美声で大満足です。
生じゃないけれど、映画『忍びの国』も良かったなぁ。

来年の生もののスタートは、NACSの舞台。なんと、「あの人」と一緒に行く予定なんですよ。え? あの人? もちろん、皆様もよくご存知の……(o^^o)
その次は玉置浩二氏(なぜ? 実は初めて聴きに行きます。オーケストラバックです)、そして久しぶりの大植英治氏*大フィル。どこかに佐渡裕さんも挟みたいと思っているのだけれど。

さて、最後になりましたが、ブログのお話
お休みがちになっているんですが、そんな私に、素敵なブロガーさんお二人から年末にびっくりプレゼントが飛び込んできました。
まずはこちら。
蓮と和子2
(こちらは、ユズキさんの30000Hit記念キリ番リクエストに応募したものです。絵の著作権はユズキさんにあります。無断転用は固くお断りします。)
夢の時間(とき)ユズキさんが描いてくださったのは、【奇跡を売る店】シリーズの主人公・蓮と、彼が引き取って育てている和子(にこ)。蓮は京都河原町木屋町にある探偵事務所の留守番探偵、かつ四条川端のオカマショウパブのホール係。和子は心臓に病気を抱える6歳児で、義理の父親となる蓮にはなかなか懐いてくれません。彼らが住んでいるのは、京都の西陣にあるお寺。いつもそこから四条河原町近くの保育園まで自転車で行くのです。そんなシーンをユズキさんが切り取ってくださいました!
ちょっとむっつりした和子が、まさに和子です。桜並木はきっと鴨川河川敷ですね。二人は別々のものを見ているようで、実はどこかで繋がっている。そんな世界を絵に起こして頂いて、本当に感激いたしました。それにこのアングルが素敵ですよね。足元から見上げた二人の背景に桜。春の京都の風と光が感じられます。
実は、これまで書いた部分では、和子と蓮が直接話しているシーンはほとんどなかったのですよ。それなのに、部分的な記述からユズキさんが色々とくみ取ってくださったのが、このシーン。イラストに起こすってことはすごいイマジネーションが必要で、でもぼんやりしたイメージじゃダメで、このディテールを描くところにすごいパワーと才能を感じます。ユズキさんのイラストは風景と人物が見事にひとつの世界を作り上げているんですね。イラストを描いて頂くのはとてもハードルが高かったので、本当に嬉しかった~(o^^o)

ユズキさん、本当にありがとうございました!!
このイラストから何か物語を起こしたいなぁと考えちゃってます。
あ、そうそう、ユズキさんのひよこトートバッグ、購入して愛用しています。ひよことたまごがむっちゃ可愛いいんですよ。詳しくは、ユズキさんのブログをご覧くださいませ。

そして、もうひとつのプレゼントは……
1001夜ショートショートrurubu1001さんが、第5回自分的小説ブログ大賞(2017)に拙作の【清明の雪】【天の川で恋をして】を選んでくださいました!
rurubu1001さんは短編を中心に1001話を目指してブログにアップしておられるブロガーさんですが、驚かされるのは、ひとつひとつの小説の最後に影響を受けた音楽や小説などを書き添えておられるんですよ。その幅広さと言ったらほんとにびっくりします。良い作品を書くためには、沢山良い作品に触れないと行けないんだなぁとしみじみ思うのです。そんなrurubu1001さんに選んで頂けたのは身に余る光栄です!
【清明の雪】は、初めてブログに発表した小説ですが、この取っつきにくい物語に優しいコメントをくださった皆様方が、今も長くお付き合いくださっていることを思うと、本当に大切な作品です。思えば私の京都愛をてんこ盛りにした作品でした。観光案内要素もみっちり織り込んでおります。この傾向は、今後は【奇跡を売る店】シリーズに受け継がれていくかな。
そう考えたら、離れた今も私の物語の舞台には京都がやっぱり一番合っているのかも。
rurubu1001さん、本当にありがとうございました!!

あら、カウントダウンが始まっちゃった!!
そして……
皆様、明けましておめでとうございます!
新しい年もよろしくお願いいたします。
わ~、光一くん! お誕生日おめでとう~!

今年の目標は……あれこれ降りかかってくる火の粉を上手く避ける! じゃなくて、頼まれた仕事をちゃんとこなしながらも、少し時間のやりくりを上手くこなせるようにして、転勤もどうするか決めなくちゃな。
そして、細切れの時間を使って小説も書きたいです。あ、今年はオリキャラオフ会、やりますね! 頭の中では、豪華客船に乗ることを楽しみにしている子猫がにゃあにゃあ言っているんですよ。
(「でも、おおみしゃん、このところ、しゃんしゃんにむちゅうなんだもん。ぼく、ぐれてやるもんね(=^..^=)」……あ、バレてた? いや、あの萌え死にしそうな可愛さときたら! そう言えば、昔、初めてインターネットのお気に入りHPに登録したのは、中国のパンダ幼稚園のHPだった。)

それから、放置している作品を全て(できれば)終わらせること。頭の中では既に終わっているから、始末に負えないけれど、やっぱりけじめはつけないとね。
でも、なかなか新しいのに取りかかる時間がないので、書き上がっている【雪原の星月夜】(【海に落ちる雨】の続編)の第1節をアップしていこうかなぁとも思ったり。ちょっと手を加えないといけない部分があるので、考慮中、ですが。

みなさま、これからもゆるりとお付き合いくださいませ!
関連記事
スポンサーサイト

Category: あれこれ

tb 0 : cm 16   

コメント


明けましておめでとうございます

大海さん、よかった~。
長い間スポンサー広告出てて、忙しすぎて倒れてるんじゃないかと……。
でも、忙しさに屈せず頑張っておられるのが分かって安心(……いや心配も半々)しました。
本当に、仕方ないけど忙しすぎますよね><

だけど、ちゃんと地に足の着いた日々を送られてて、凄いなあと思います。私は三分の二が、ふわふわしています(;'∀')

ブログ不在の日々が、この記事でしっかりと把握できました。こうやって理路整然と文章を書けるのがほんと、羨ましいです。
直虎も、ほとんど見たことが無いのですが、どれほど素晴らしい作品だったかが、毎回の記事でビシビシ伝わってきます。何か、すっかり見た気になってしまいました。

忙しい中でもちゃんと目標を持って、チャレンジされてるのも凄い。ピアノや三味線も、どうか頑張って続けて行ってくださいね。(ゆっくり休んでも欲しいんだけど、やっぱり趣味って生きる上で大事ですもん)あと、アイドルもね(*´ω`)

私もすっかり最近は例のヒップホップグループ(BTS)に心酔して、執筆が疎かに。いや、活躍を応援するだけで得られるエネルギーって、すごいですよね。人間って不思議。

そしてそして、大切な親戚のお兄ちゃんたち(違うって)の舞台、本当に楽しみです。テンション高めで大海さんを疲れさせてしまうかもしれないけど、よろしく^^←そしてはしゃいだあとは、たいてい倒れる。 体力欲しいです(;_;)

lime #GCA3nAmE | URL | 2018/01/01 15:15 [edit]


大海さーん^^ あけましておめでとうございます。

いあ1年て、色々ありますよね。しみじみ。
お互いスポンサー広告つながりもありましたかね(苦笑)
お元気そうで(?)何よりです。

イイことも大変なことも混ぜ交ぜで総合でイイことなんだと思っています。
大海さん、年明け早々にイイことあるのですかね。よろしくお伝えください^^

ところで、海のとき、【雪原の星月夜】は描いている途中とおっしゃっていましたが、書き上がっているとは。テンション上がります^^
クルーザーでのオフ会も楽しみにしています^^

大海さんの2018年にワクワクしてしまいますよ。
今年もよろしくお願いします^^

けい #- | URL | 2018/01/01 17:51 [edit]


明けましておめでとうございます

彩洋さん 、今日こそはのんびりとしたお正月を楽しまれていらっしゃるでしょうか。
広告のでたブログは、それは足しげく通うファンには悲しいけれど、でも、彩洋さんが健康でゆっくりと楽しめることはもっと重要ですから!

でも、お仕事だけが忙しかったのかと思いきや、実はそれ以外もしっかりと充実しておられたのですね。楽しいのはいいことですけれど、毎週東海道往復で月曜日出勤なんて、私には無理。なんかすごいなあ。きっと東京行きは遊びじゃなくてお仕事込みなんだろうな。ううう。

でも日曜日の夜はテレビの前に座らなくちゃいけなかったのですね。
評判は聞いているのですよ。ネットでは総集編のラストにやられたかたも多かったとの事、ファンをこれでもかと喜ばせる作りは嬉しいですよね。もともと歴史上では無名に近い人達を扱って、いきなり生涯忘れられない様な存在にしてしまう手腕は見事だったんだろうなあ。

さて、年末の二つのサプライズ、大変だった一年の大きなご褒美になりましたね。「清明の雪」は私の中でも彩洋さんの小説のベスト3に入る名作だと思うので、rurubu1001さんの決定には納得です。

そして、ユズキさんの蓮と和子は私のイメージともぴったりで嬉しくなりました。これで一本書いてくださるのですね。わ〜い。楽しみにしています。

新作の発表も楽しみにしていますね。

そしてオリキャラのオフ会! ことしの楽しみがまた増えました。
実は、「黄金の枷」の新キャラでクルーズ船の楽団員がいるんだけれど、乗せようかな。ブラックカードは持ってないけれど、スタッフで(笑)

それと……。今年一時帰国しようと思っているんですが、彩洋さん 、転勤かもしれないのですね。そうかー。神戸か大阪あたりに出没しようかと思っていたんだけれど、ええと、続報を伺ってから考えます。どっちにしても秋ですし。

今年もどうぞよろしくお願いします。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2018/01/01 19:59 [edit]


明けましておめでとうございます。
平成も三十年ですねぇ。歳をとるわけだ(しみじみ)

記事を拝見して、ご多忙なのに更にピアノに挑戦なさったり、旅行にも行かれたりと、あいかわらずのエネルギーに感心しました。あ、でも、眩暈の常態化は心配ですね。くれぐれもお大事に。
転勤のお話も気になります。職場が変わるというのは、それだけですごいストレスになりますからね。今より通勤が楽になるのならまだいいのですが、遠くに行かれるのだとすると、それだけで一苦労ですしね。

大海彩洋さんに比べると、私なんぞはほんとにダラダラと時間を使ってしまったなぁ、と海よりも深く反省。いかんいかん。
今年はいろんなことにしっかりと取り組んでいかないとなぁ、と思っております。三日経ったら忘れるけど(爆)

お忙しいことと思いますが、クルーズOFF会を楽しみにしています。でも、ご無理はなさらないようにお願いしますね。

八少女夕さんがご帰国されるようですし、またリアルOFF会したいですね。

今年もよろしくお願いします。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2018/01/02 11:50 [edit]


あけましておめでとうございます。

彩洋さんにヤキモキしているのはサキだけとは思わないんだけどなぁ。
あ、なにも責めているわけではないんですよ。
ご自分の意志で精いっぱいやっておられるわけですから、それを責めるなんて誰にもできません。それはそれで素晴らしいことだと思うんです。
どんどん実行される体力と精神力、それに伴う好奇心と向上心、とにかくサキにとって驚きと尊敬でいっぱいなんです。
ただ心配しているだけなんです。
どうか、何とかの不養生にだけはならないようにご自愛くださいね。
サキからのお願いです。

サキにとってもここ1年程の動きは大きなものがありました。
夢だと思っていた旅行(しかも海外)に行けたこと。
嬉しかったです。入念に準備しただけに特に・・・。
そして彩洋さんが後から彼の地を訪れてくださったことは、サキの喜びをさらに大きくしました。彩洋さんのレポートを読みながら、あれは夢じゃなかったんだと、再確認しています。
その後、彼の地でいろんな事件が起こって気をもんでいますが、彩洋さんとの共通の心配事を持てたように思えて勝手に連帯感まで感じてしまっています。
さらに「直虎」ですね。
良かったですね。サキはこの大河シリーズはそんなに見ることはないのですが、彩洋さんの影響で見始めて、当たりだったです。彩洋さんに感動を分けてもらったような気になっています。ありがとうございました。

それに、和子!素敵でしたよね!!!
大大好きなキャラクターなので、イラスト化されたらどうなるんだろうと思っていたのですが、サキにとってはイメージどおりでした。あの愛想の悪さが悪意ではないところ、よく描けていると思います。自転車をこぐ蓮も素敵ですよね。

彩洋さんの作品、読ませていただいてない方が多いのですが、少しづつでも読ませていただかなくちゃ、そんなふうに思っています。(これ、読む読む詐欺になってますね?)

ふりかかる火の粉や転勤の問題、彩洋さんの理想どおりいくことを願っています。

それから豪華客船にも乗れたら嬉しいですが、無理はなさらないでくださいね。

なにはともあれ、今年もよろしくお願いします。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2018/01/02 20:00 [edit]


彩洋さんの2017年は目まぐるしい中にも充実している様子が
うかがえました。
忙しい中にも、その中に心の潤いがあると次へ向かう力になりますよね。
健康にご留意されて、ご無理だけはなさらないでくださいね。

【清明の雪】がrurubu1001さんの自分的小説ブログ大賞(2017)
の一位に輝いたのは納得です!
ぎゅっ、っと一点にものすごい圧がかけられたような、
重力と吸引力を感じさせるお話しでしたから。

イラストも、下から見上げることで桜がわっとこちらに迫ってくるようで、
この一枚だけで世界観が想像できるようです。
まさにお二人の夢のコラボというか、お二人の感性のなせる技だと思いました!
わたしはこちらの話は未読ですが、2018年もこっそりこそこそカテゴリから
いろいろな作品を読ませていただきますね^^

今年もよろしくお願い申し上げます。

canaria #- | URL | 2018/01/02 22:02 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

はい、生きてました~^^; そうそう、他人様のところでスポンサー広告が出ているのを見ながらまさに他人事だったのですが、自分ちで出てるとちょっとびびっちゃいますね。でも、なんかもう疲れ果てて、更新する気合いがなくなってました……一旦そうなると、次に書くのが何だかおっかなくなるというのか、何を書いたらいいのか分からなくなってきたりして。
今もまだ完全復活ではないのですが、やる気は回復しつつあるので、またお付き合いくださいませ。

そうそう、2月にはご一緒に親戚の兄ちゃんたちに会いに行くんですものね~楽しみ~~~~~
兄ちゃんたちは、時々顔を見て、こちらも見せて(いや、向こうは見てないと思うけれど)、安否を確認しなくちゃ?
本公演はいつも楽しみですよね! うん!!
テンション高いの、全然OKですよ! 多分私もヘラヘラしてると思うし、一緒にヘラヘラきゃーきゃーしましょう!

実は私も結構ふわふわしているんですよ。でも、最近はある一定時間を通勤にとられるので(東京の人に言ったら怒られそうだなぁ~でも、最近まで18年くらい通勤時間10分だったので^^;)、その時間はぼ~っとできないので、強制的にアドレナリン必要時間になっているんですよね。そうこうしていると、何だか1日ずっと変に神経が興奮状態になっているみたいです。
で、夜中にぶきみ~にピアノ弾いたりして。
ピアノはある意味、精神安定剤みたいな気がします。なんと言っても、「上手くなることは絶対にあり得ない」から低いレベルで満足できるという。やっぱり人って、あんまり高いところを目指すと疲れるのかも。

limeさんのハートをわしづかみにしているヒップホップグループ、また応援報告を待っていますね。それにしても、limeさんの射程範囲もなかなか大きくって素敵です。いや活躍を応援するだけで得られるエネルギー、本当にそうなんですよね。私の場合は、その原点はやっぱり甲子園かも! あの巨大な飲み屋のような?甲子園球場で阪神を応援しているだけでパワーが充電される気がしていました。
楽しい時間って、脳にはきっと必要なんですよ! うん。

コメントありがとうございました!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2018/01/06 20:54 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

けいさん、そちらのお正月は夏なんですよね。なんか不思議だけれど、地球ワンダフル!
いいことも悪いこともひっくるめていいこと! そうですよね。人生万事塞翁が馬、いや、生きてるだけで丸儲け(って歌舞伎の台詞にあったなぁ)、そう思える自分たちの生きている場所に感謝しなくてはなりませんね。
スポンサー広告繋がりもできたし? これからもゆっくりマイペースで参りましょう!

今年の目標……そうですよね、豪華客船のオフ会、ミステリーツアーのご案内がまた行くと思いますので、その時は是非ご参加くださいませ! ねこが船から落ちないように気をつけなくちゃ!
夕さんのscribiamo! が終わってから、いつも通り、夏休みの一時でしょうか。水着もっていかなくちゃね!
ねこは泳げないけど……

【雪原の星月夜】は、まだ途中なんですよ。多分、3節~4節の長さになると思うのですが、第1節だけはできあがっているのです。ただ、書いたときから少し大きな設定変更をしたので、先にその件に関係した短編を書こうかなぁなんて考えていて。
けいさんも、ゆっくり充電して、また新たなストーリーの幕が開けるのをお待ちしています!
コメントありがとうございました!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2018/01/06 21:08 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

新年早々エンジン全開になりつつある夕さん……scribiamo! 今年も始まりましたね~。そんな夕さんを眩しく見つめながら、ゆる~く新年を迎えてしまった私です。その一番の問題は……掃除ができていないこと^^;
おかげでまるきり新年らしくない家で地味にお正月しています。

これでも、職場が移転してからの1年よりは仕事の日常業務のしんどさは改善しているのですが、そう思う間もなく、あれこれと余分な仕事、というのか、降りかかる火の粉、というのか、降りかかってきて、払えないままずるずると色んな会に顔を出さなければならなくなっておりました。
たまにはそれに遊びの用事もくっつけてみたのですが、そうなると、翌週からまた地獄のようで……多分、ワーカホリックに近いものはあるのかもしれませんが、なんだかさっさと帰れない子になっておりました。
確かにものすごく出かけた記憶はあるのですが、どちらかと言うと遊んだ記憶が乏しい……

あ、夕さんは『直虎』のネット情報を見てくださっていたのですね。私はあんまりネットはチェックしていなかったのですが、通常のドラマではなく大河であんなに盛り上がったのは珍しいのでは、と思ったり。もっとも、これまでにも多少話題になったのはあったでしょうし、私が全く興味がなかっただけかも。今回も私は最初の4回の子役で引っ張られた部分でしっかり絡め取られた口なのですが、あれは上手い展開だったなぁ~、一人の人物の物語であるようでいて、最期の3ヶ月は完全に次代の話になっていたし、それが違和感なく展開しておりまして。脚本、上手いなぁ。しかも、タイトル遊びもなかなか面白くて……総集編の最終話は私の大好きな映画『我が谷は緑なりき』からとってあって、ますますうれしがっておりました。
あ、また語り始めたら長くなるので、この程度にして。

夕さんちのレネとヤスミンのイラストも素敵でしたね~。二人の日常があんなふうに切り取られると、イラスト一枚で世界が急に広がっていくような気がしました。ユズキさん、さすがです。
『清明の雪』については、ほんとうに嬉しかったですね。うん、ブログを立ち上げたのはこれを発表するためでもあったのだし。夕さんが読んでくださってコメントをくださったときの喜びは今も覚えています。
そして! お待たせのオフ会、どんなミステリーツアーにするかなぁ~。「黄金の枷」にクルーズ船の楽団員がいるなんて! それはうってつけすぎますね。是非ともスタッフになって頂きましょう!

そして。一時帰国ですね。あ、私の転勤は、あったとしても関西エリアのごく狭い範囲です。しかも多分兵庫県内から出ることはなさそうだし、あったとしたら行き先は京都? って感じなので、問題なく関西に出没してください!
予定が決まったらお知らせくださいね。お母様がご一緒だと申し訳ないのでなんですが、よろしければ宿にして頂いても……あ、うち、ジャングルの中のゴミ箱みたいな家ですが^^;

コメントありがとうございました!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2018/01/06 22:29 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

お正月休みってあっという間ですね。いかがお過ごしでしたか。
TOM-Fさんの弾丸温泉旅行がまたあったりしないのかなぁ?
あ、でも新作が始まっていますものね。楽しみに読ませて頂きます。

我々の業界では、同じ職場にずっと勤めている人もいるのですが、どちらかと言うとあちこちに転勤する方が多くて、私ももともと京都からこちらに来たとき2年でもどる予定でした。それがなぜか20年。こうなるともうここでずっといるのかなぁと思ったりもしていたのですが、まぁ、年齢を重ねると色々ありますよね。まぁ、誰かに命令されるというわけでもないのですが、考えなくちゃなぁと。
でも引っ越す予定はないので、相変わらずTOM-Fさんと似たような生活圏のままです(o^^o)
それにどっちにしても、通勤時間は短くなりそうにありません……(>_<)

目眩に老眼、逆流性食道炎。何だか良くならないものばかり背負っていく。年をとるとお付き合いする相手がそういうものになっていきますが、まぁ、気長に付き合っていくしかないですね。
私のピアノはある意味精神安定剤かもしれません。というのも、絶対に上手くならないもの、なので、始めから自己満足。「ねばならない」要素が全くないので、好きなときに好きなようにしています。いや、こんなことしてる場合じゃないぞ、さっさと寝ないと!と思うこともしばしばですが。

豪華客船のオフ会も是非お楽しみに! そうそう、ねこOKの豪華客船ですが、海に落ちないのかな?
それはともかく、またまた何か楽しい企画を考えたいと思っています。でもあんまり練りすぎると、あとで墓穴を掘ったことに気がつくので、適当にゆるりと参加して頂けるようにと思っています。
リアルオフ会もまた楽しみですね~
コメントありがとうございました!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2018/01/06 22:51 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

わぁ、サキさんには本当にしかられてばかりですね(でも、なんか嬉しい……(o^^o))
仕事にとられる時間は全く仕方がないので、それをこなしてから、また自分の時間を作ろうと思うと無理があるんだけれど、う~ん、きっとどこまでも「あれしたい、これしたい」病が治らないのかもしれません(>_<)
まぁよく考えたら、ピアノは余計でしたね。でも、今一番リラックスしてる時間はもしかしたら、ピアノ弾いてるときかも~。三味線はある程度、どこかで披露しなくてはならない目的地があるのですが、ピアノは全くそんなことは考えなくていいので、なんかほわ~っとしてられるのかもしれません。う~ん、時間は考えなくちゃなぁ。
仕事もどこかを省くことができるような気もするのだけれど、一見しょうもないことでも、実際にはある程度の時間を費やするべき事ってのがあって、それをやっぱりせざるを得なかったり……しかもこの頃、なんか仕事の処理速度が遅くなっているような気がして、ちょっと自信が無くなってきています。若い人と同じようには行かなくて当然なのですが^^;

さて、サキさんの昨年は、素敵なものになりましたね。あ、海外旅行ひとつで言っているのではないのですが、旅行って、行っている時間の問題よりも、そこに向けて準備した期間や内容、自分の感情とか、そういう付属物の部分が大きいと思うのですよね。普段の生活の中では見ることもないものを見て感じる時間は特別ですものね。
そして、偶然とはいえ、サキさんと同じ場所を旅行することになった私のほうでも、特別な感覚がありました。あ、サキさんが行った場所だなとか、かの地でも思いましたもの。スペインというのは、今まで訪れたことがなかった国で、しかも去年行くことになったのは、私の選択ではなくて、もともとトルコであるはずだった会合がテロの影響でバルセロナに替わったので、まさに偶然。テロの影響で場所が変わった先でもテロなんてのは、本当に世の中、何がどうなるか分かりませんが、サキさんと一緒に思いを馳せる場所があるというのは、私にも特別なことでした。

あ、そして、『直虎』! いや~、サキさんが一緒に楽しんでくださって、ほんと、嬉しいです。大河って、一応史実に照らし合わせないといけないので、どこかあっさりと進んでしまう部分があるのですが、今回はあまり資料がない人物がメインだったために自由度が高かったんでしょうか。みっちり描き込まれていましたのものね。
そう言えば、私が今回と同じくらい嵌まった大河は『獅子の時代』だったのですが、あれも考えてみたら、オリジナルな人物が主人公だった。

ユズキさんの描いてくださった和子にも応援?いただきありがとうございます。あれ? 私じゃなくてユズキさんかぁ。でも、嬉しいイラストでした。あ、ユズキさんはサキさんのリクエストに格闘されているようですね。何だかできあがりが楽しみです。
和子と蓮の話(もともとこのシリーズの原点ですから)も書かなくちゃな~
そうそう、オフ会にもまたご参加くださいね。豪華客船、まずはねこが落ちないようにしておいてもらわないと……^^;

コメントありがとうございました!!
今年もよろしくお願いいたします。

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2018/01/07 00:03 [edit]


canariaさん、ありがとうございます(^^)

canariaさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
2017年はなんだか、すっとばたばた動き回っていた割には実りの少ない年でした。まぁそんな時もありますよね。それなのに、無理矢理にピアノを始めちゃったのですが、これも数年飛ばしていた調律をお願いしたときに、うん、ついでだから始めちゃえ!と。自分の首を絞めたような気もしますが、まぁ、いいか!
昨年、『浸蝕恋愛』を拝読して、あちこちに散りばめられた人と人の絡みの中にある深さに、あ、なんかこう書きたいって感覚がどこか似ているかも、と勝手に思ったりしていたのですが、不思議なことに自分を反映するとおっしゃるcanariaさんと、反映しないという私と……なのに、表現の方向性がどこか似ているような。う~ん、不思議だなぁ。なんて、勝手にあれこれ思いを巡らせていたのでした。

私の方の作品についても、丁寧に読んでくださって、しかも深いコメントを頂き、ありがとうございました。
うん、大事な作品ではあるのですが、人にあんまりもらえないような風体なので、こうして読んで頂けたこと、本当に感謝しています。いや、あれは改定して、いっそガイドブックにしちゃおうか、なんて思っていたりもします。となると、一度くらいは某高級料亭で食事をしなくちゃ、かしら? ううむ。

ユズキさんのイラストについてもコメントをありがと言うございます。って、まるで自分の手柄のようにしていますが、いやいや、本当に素敵なイラストをいただけて本当に嬉しいです。このアングルが見事ですよね。ユズキさんはまさか鴨川の土手のイメージを知っておられたのかとも思うくらい、まさに川っぺりから見上げた桜並木です。春にはこの物語を書かなくちゃな~
そうそう、この『奇跡を売る店』シリーズは、実は真シリーズの京都版なのです。だから随所で登場人物設定が被っています。蓮は真でもあるのですが(正確には、蓮の従弟の舟と足して2で割ったのが真)、書いているうちに全然違う感じになってきています。竹流も大原に住む外国人仏師として登場していますが、竹流よりもさらに清廉潔白なめんどくさ~い人物になっています^^; でもこのシリーズは、息抜きにオカマバーの楽しいメンバーに会いに来て頂くのが一番かも! 真シリーズと違って、深みはあるようなないような、なので、しかも関西弁炸裂で自由に楽しんでいただけたらいいなぁと。
あ、宣伝になっちゃった。

canariaさんの今年の目標を拝読して楽しみが増えています。
今年もよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございました!!

彩洋→canariaさん #nLQskDKw | URL | 2018/01/07 00:27 [edit]


遅くなって申し訳ありません!
あけましておめでとうございます。
こんなわたしですが今年もどうぞよろしくお願いいたします。

わたしも去年は直虎と守り人にやられまくった1年でした。
特に直虎は、明るく素直で歌うようにお経を読み常に井伊谷のことを考え行動していた彼女を
柴咲さんがとてもチャーミングに演じていらっしゃいましたね。
高橋一生氏とのすさまじいやりとりも色んな意味で名シーンで
あそこまで視聴者を信頼してくれる脚本もすごいと思います。
あと市原隼人氏とにゃんけい様にも心奪われておりました☆
おふたりがいなかったら魅力が半分以下になっていたと思います(言い過ぎ)にゃ~ん。
> ヤン・ウェンリーが亡くなった残りの2巻分を
ああ、わかります!
わたしも例のシーンを読んだときそのまま本をパタリと閉じてため息ついて読めなくなりましたもの…。

スペインや他のご旅行のお話、歴史はある日突然動くのではなく
ひたひたと着実に動いていくものなのかもなあと改めて思わされました。
貴重な経験をなさいましたね。
旅行記、楽しみにしてます☆お腹、お大事になさってくださいね。

最近、生の音楽演奏も聴きにいけてません~。
辻井さんのピアノもいつか聞いてみたいな。

今年もマコトに会いにきます!

ゆさ #- | URL | 2018/01/08 21:04 [edit]


ご挨拶が遅くなってしまい大変申しわけありません。
PCの調子がよくなくて、この文章を書くのにも一苦労。ええい、そんなことは気にせずですよ!

今年もよろしくお願いいたします。

この度は、私の勝手気ままな自分小説ブログ大賞受賞を快諾して下さり、まことにありがとうございます!

自分の好きな作家さんを応援できるほどうれしいことはありません。ここをのぞいたら、こんなにも大海さんファンがいらっしゃるし!みなさん、きっと私と同じ気持ちだ(ニヤリ)

私も去年は仕事に四苦八苦しておりまして、全然物語が書けず、「直虎」(全話、録画していた勝ち組!←勝手に思っている)に癒されたり、心を動かされたり。そうそう、総集編も見ごたえがありましたね。最後、未公開映像(誰かさんの笑顔)全開というか。

忙しいと、ついつい体調面に気が回らなくなってしまいます。
大海さんもお忙しいようで心配だわ。本当お体だけはご自愛くださいね!!

今年もよろしくお願いいたします。

rurubu1001 #- | URL | 2018/01/10 23:15 [edit]


ゆささん、ありがとうございます(^^)

ゆささん、こちらこそ、新年のご挨拶、そちらにまだ残せていなくて済みません!
記事はいつも楽しみに読ませて頂いているのに……(金太郎くん、改め染五郎くん、可愛いなぁ~)
改めてお伺いいたしますね。でもひとまずは、こちらのコメントありがとうございます。

ゆささんの直虎記事もしみじみしみじみ拝読しておりましたよ~
うんうん、そうなんですよね。やられまくった1年、まさにその通りでした。直虎見て、久しぶりに柴崎コウさんが吉宗をやっていた『大奥』の映画を見たくなって見たら、やっぱりむっちゃかっこよかった。
これだけ「史実はともかくとして(どうせ分からないんだし)ドラマとして楽しんでくれ!」と明確に見せられちゃったら、視聴者としてはついていくしかないですよね。きっと作り手の熱意みたいなものが画面から湧き出ているから、魅せられたんだろうなぁ。
タイトル遊びももうあそこまで徹底されちゃうと、脱帽ですよね。そうそう、ゆささんと同じく、私も大受けしたのが『本能寺が変』でした。そして、うん、市原隼人氏の腕! いや~、わざわざ強調して見せてくださるあたり、感動でした。私、テニスのナダル選手の腕が好きなのですが、それに続く見事さでした。
そして、にゃんけい。年月に合わせて、にゃんこが複数出てくるあたり、あくまでもねこブームに則ってくださって、私たちの心をくすぐりまくりましたね~。でも、ドラマに登場するねこさんたちって、ちゃんと抱っこされててすごいなぁ~。あ、そういうねこさんたちが猫優になるのか。
あぁ、もうあんなに盛り上がるドラマにはしばらく出会えないだろうなぁ。

そして、『守り人』も、ですよね。年末年始を挟んでドラマ放映中ですが、実はまだ今回のシリーズ、録画をためたままなのです。去年、10冊読み終えたので、多少の違いはあれ、筋立ては分かっているのに、見たらきっと苦しくなる部分もあるので(のめり込んで^^;)、まとめて見ようと最終回待ちです。今年もまだしばらくチャグムで楽しめそうだなぁ~
個人的にはタンダみたいなダンナが理想です。ご飯つくってくれる(*^_^*)(そこ?)

あ、でも、まさかの『銀英伝』で反応してくださるとは思いませんでした。そもそも、これまでに何かを読んで嫁に行きたい!と心から思った一番はヤン・ウェンリーだったのです。ほんとに、色んなものをほっぽり出してのめり込んだ記憶が……

このところ、まとまって何かをする時間がなかったり、あれこれ細かい用事が多くて物事が進みませんが、スペイン旅行記もまた引き続き書かせて頂きたいと思います。実は、写真がみんなJPEGじゃなくて、変換するのがめんどうになっていたりして(そもそもカメラを新しくして使い方がよく分かっていなかったのです)、でも先日、次回の「グエル公園」部分を変換したので、近日公開! です。お楽しみに!

> 最近、生の音楽演奏も聴きにいけてません~。
いやいや、ゆささんの活動範囲の広さは半端ではありませんから! これからも色んな記事、食べ物も旅行記も展覧会も歌舞伎もアニメも、みんな楽しみにしております。

> 今年もマコトに会いにきます!
ありがとうございます! 次回はマコトの歳時記・鬼遣らいの予定です(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございました!!

彩洋→ゆささん #- | URL | 2018/01/15 03:25 [edit]


rurubu1001さん、ありがとうございます(^^)

こちらこそ、コメントの返信もご挨拶も遅れておりました。
PCの調子が悪い! って大丈夫ですか。でも、そう言えば、私も、なぜかコメント管理ページで上手く返信が打ち込めなくて困っております。何回かやってると復活するのですが……
でも、そんなことは気にせず! 今年もよろしくお願いいたします。

そして、昨年は自分小説ブログ大賞受賞、ほんとうにありがとうございます!
記事にも書きましたが、あれを載せたくてブログを始めたので、本当に嬉しかったです。
何より、取っつきにくいことこの上ない作品を、よくぞ読んでくださったと、rurubu1001さんにも、そして読んでくださった皆さんにとっても感謝しております。あんなけ自分勝手な「あれもこれも好き!」を詰め込んだ作品なのに……あれを書いていて楽しかったのは、自分が京都を旅して、京都のお寺に泊まって、あこがれの某料亭でご飯を食べている気分になっていたからかもしれません。いや、やっぱり観光案内書に仕立て上げたくなってきています。

そして! おぉ、ここにも直虎にやられまくっていた人が!!
私も全話録画しましたよ~! 万が一にも仕事とかで見忘れたらあかん! というので。結果的にはほぼ毎回即刻見ておりましたが、今でも消せない数話がハードにそのまま残っております(もちろんかの「神回」も)。総集編も、最後まで手を抜きませんよね。視聴者の心を鷲掴みにして離さない、見事なプロデュース! 参りました!
今年はちょっとパワーがありません……実は龍馬研究会の幽霊部員の私、幕末は好きなのですが、1年間は結構しんどい(私がこれまでの大河で、今回の『直虎』以前に最高傑作と思っていたのは『獅子の時代』で……あぁ、あれをリアルタイムで見ていた私って……年齢がバレてるな)

今年も実り多き1年でありますように!
rurubu1001さんも色々とお忙しそうですが、お身体にお気を付けて、創作活動、お互いに頑張りましょうね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→rurubu1001さん #nLQskDKw | URL | 2018/01/15 03:42 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/786-90c134b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)