FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【旅2017・スペイン】(9)カサ・バトリョ~ガウディの建築を巡る・その5~ 

カサバトリョ外観5
ガウディの建築を巡る・最終回はカサ・バトリョです。繊維業を営む裕福なバトリョ家が増改築をガウディに依頼し、1階と2階を改築、6階と屋根裏が増築された邸宅です。テーマは海。カサ・ミラと同じく曲線が見事に外観を飾っています。
隣の建物と比べてみたら、その違いがはっきりと分かりますね。隣の建物も十分変わったデザインとも言えるような気がしますが、それでも線はまっすぐ。ガウディの建築との違いがよく分かります。
カサ・バトリョ外観2
でも、実はこの建物も、ガウディと同じモデルニスモ、すなわちアルテ・ホベン(=新しい芸術、アールヌーヴォー)の建築の担い手のひとり、ジュセップ・プッチ・イ・カダファルク氏が改装したカサ・アマトリェール。実は、ガウディの方がこの隣の建物を意識してカサ・バトリョを改装したみたいですよ。
しまった、行ったときは全く意識していませんでした。カダファルクさん、ごめんなさい。
気を取り直して、カサ・バトリョです。
バルコニーが奇妙な形をしていますね。別名「あくびの家」とか「骨の家」とか呼ばれているようです。
カサバトリョ外観3
骨にも見えるけれど、なんだか顔が並んでいるみたい。やっぱり鉄仮面軍団? 壁の文様は海面の揺らぎを表している、というコンセプトなんですね。
さて、こちらの建物、ガウディの建築物の中では最近、カサ・ミラを越える人気のようですよ。その理由は多分、ちょっぴりハイテクにあるのでは? って言ってもすごいハイテクではないのですが、観光内容に少し工夫があって面白いのです。
建物の中に入る=海の中に入って行く、というイメージで楽しみましょう。
カサ・バトリョ入り口2(light)
受付を済ませると、イヤホンガイドとスマホの様なものを渡されます。ちなみにこちらの入場料は22.5€(カサ・ミラは20.5€:2017年7月)。バルセロナの観光って本当に高くつきます。あ、でもこちらはイヤホンガイド+スマホもどき込みの値段です。
私が訪れたのは日曜日の夕方。人出はまずまず多かったけれど、長蛇の列と言うほどではありませんでした。しかも例のごとくファストパスを持っていた私は列を交わしてするすると。
妙ちくりんな花瓶みたいなのが並んだ入り口の脇の階段が面白いんですよ。
カサ・バトリョ階段1
これこそまさに怪獣の骨? じゃなくて、海の中だからさしずめ巨大なサメの骨と言ったところでしょうか。どうやらガウディは骨好きだったみたいですね。もちろん、例のごとく、自然の形態を模して作られたガウディワールドです。
カサ・バトリョ階段2
それでは、階段を上って「海の中へ」潜っていきましょう。
そうそう、この手すりも人間工学的に使いやすい形態になっているそうですよ。
(以下、写真が多いので記事を畳んでいます。海底に潜るよ~)
カサバトリョ部屋窓天井(light)
夕方と言っても屋外は全然明るいのですが、とは言え日が傾いていると部屋の中は暗くなりますね。ただでさえ、西欧の建物は内部は暗くて、後で写真を見ると薄暗いのですが……補正をしてみたら、全体に白っぽくなって、実際に目で見た陰影のイメージが変わってしまうのが難点。
これは部屋の中ですが、不思議な曲線で構成されています。天井はそんなに高くなくて、日本で言うと欄間に相当する部分(扉や仕切りの上)のステンドグラスも木の枠組みにはめ込まれて、写真よりもずっと柔らかいイメージです。
ところで、皆さん、イヤホンをつけて、スマホで写真を撮っているように見えますが、実はそうではないのです。
たとえばこの部屋の天井。時計草みたいなシャンデリアがありますが……
カサバトリョ天井
ここに受け取ったスマホのようなものをかざしてみると……・
カサバトリョ映像(天井)
実際の景色にこんな風に重ねて何かが見えるようになったり。
天井模様(トリミング)
こちらは天井にあるライトなのですが、このライトに亀の甲羅が重なって見えたと思ったら……
カサ・バトリョ映像2(light)
こんな風に、亀が泳ぎ始めたり。
子供たちも大人も一生懸命に映像をのぞき込んでいました。
カサバトリョ部屋シャンデリア
暗くなってしまった写真でも、ステンドグラスを通した光はいいですね。サグラダ・ファミリアのステンドグラスの大迫力を思いだすと地味だけれど、自分ちにステンドグラスがあるなんて考えると、えらい贅沢です。
カサバトリョ窓3(light)
それにしても、意外に一部屋分は狭いのですよ。しかもこの曲線。家具を置くとだいぶ狭く感じるような気がしますね。それをスマホもどきで見ると……
カサバトリョ映像(部屋)(トリミング)
ちゃんと当時の部屋の中をイメージできるようになっています。
この部屋が居間か応接室か、邸宅の中心部分になるのだと思いますが、天井のうねりとか、時計草シャンデリアとか、夜にここで寛いでいたら飲み込まれそうな……? 窓の形はやっぱりユニークですね。割れたら修理にお金がかかりそうだけれど……・
カサバトリョ窓1(light)
この窓を外から見ると、下の写真。
カサバトリョ外観4窓
隣の小部屋のステンドグラスは青系統で統一されています。
カサバトリョ窓4
こんな天井模様も。こちらはスマホをかざしてみたら、この真ん中からシャンデリアがぶら下がっているような画面が出てきます。ところで、これは何をイメージしているか分かりますか? ミルク天井? とでも言うのか、要するに水滴が落ちたときの水面の模様なんですね。
カサバトリョ天井2
暖炉は面白い形をしています。
カサバトリョ暖炉
ここにスマホをかざすと、キノコが重なって見えます。本当にキノコを模したような形になっていますが……・森の中のイメージなのでしょうか。あれ? 海がコンセプトじゃなかったっけ?
カサバトリョ映像(暖炉きのこ)(light)
建物の裏側、つまり公道に面してない側には、中庭というのか巨大なベランダというのか、があります。お天気のいい日にはここでくつろげるんですね。
カサバトリョ窓から中庭(light)
これはテレビ画面じゃなくて、窓からその中庭を見たところ。グエル公園みたいなモザイクのモニュメントに、アイアンで組まれたアーチがあって、当時は薔薇でも植えられていたのかもしれませんね。
カサバトリョ中庭
こちらの中庭から建物を見上げます。屋上の壁面には綺麗なモザイクが見えています。
カサバトリョ中庭から見上げる(light)
もうひとつの見所は、屋上です。カサ・ミラの屋上を見る前だったのですが、こちらはそんなに「なんじゃこれ?」感はなくて、ちょっと面白いモニュメント程度の感想。煙突の形態としてはこれはありかな、ですね(やっぱりカサ・ミラの屋上は面白いというのか、いや、へんちくりんで見ているうちに笑っちゃうみたいな……)。
カサバトリョ屋上2
カサ・ミラのようなアパートの屋上ではないので、それほど広い空間ではありませんが、ちょっとムーミン谷に来たような気分になりませんか?
カサバトリョ屋上
屋根裏はやはり例の「恐竜の背骨」のアレンジです。こちらは白いので、圧迫感とかコワい感はなくて、良さそうです。
カサバトリョ廊下
さて、建物の吹き抜けを降りていくときに、またちょっとした見所があります。
写真が暗めで分かりにくいと思いますが、この吹き抜けは青いタイルが貼られています。
カサバトリョ吹き抜け2
上の方まで同じ色調に見えますよね。
カサバトリョ吹き抜け1
でもアップにしてみると、下の方のタイルの青の色は薄いのです。
カサバトリョ吹き抜け3(light)
そして、上の方は、ちょっと分かりにくいのですが、濃い青のタイルなのです。
これを下から見上げると、下から上まで同じ色調の青に見えます。つまり、上の方が光が多いので、同じ色の青だと、下の光が届きにくい部分に比べて白っぽくなってしまうのですね。で上は濃い色に、下の方は暗くなっちゃうのでほとんど白に近い薄い青にしてあるのです。
これはすごいなぁと思いました。
建物って、壁の色や床の色でイメージがずいぶん変わりますが、光の影響を計算して空間を演出するって面白いですね。
そう言えば、この辺りの歩道の敷石(タイル)、ここまでガウディ模様になっているってのが徹底していてすごい。
歩道の敷石
これで、ガウディシリーズは終了です。ガウディの残したもの、なかなか見ごたえがありました。でもなんと言ってもやはりサグラダ・ファミリですね。聞くと見るでは大違い。あの空間に身を置くことができた時間はちょっと特別なものでした。
カサ・バトリョ外観1

さて、次回はガウディのライバルの建造物を2箇所、ご紹介。ひとつ目はカタルーニャ音楽堂です。
関連記事
スポンサーサイト

Category: スペインの旅2017

tb 0 : cm 6   

コメント


前回は山で、今回は海……!
確かに、前回はアースカラーな印象が強かったですが
今回は寒色系で構成されていて、まさに海の中をのぞいているよう……
全体的に流線的なところも波を思わせますね!

こう、芸術性最優先と思いきや、骨の手すりなども人工工学的なあれに
則って作られていて、奇抜なデザインと機能性とが融和しているのが本当に
すごい。

なんか、このシリーズを拝見していてつくづく思うのは、
一人の頭の中からどうやったらこんなイメージが浮かぶのかと……
なんだか自分が知っているあらゆるカテゴリーにない造形物ばかりで、
ひたすら「すごい」しか言葉が思い浮かばないんですよね。
皆さんみたいに、知識もないので、うまく言葉が紡げないのですが、
感嘆の溜息が出まくりです。
旅行に興味はあれどフットワークが重い自分にとって、
こうして彩洋さんのレンズを通して遠い海外の造形物を拝見できることは、
本当に楽しいです。

canaria #- | URL | 2018/02/13 11:43 [edit]


またすごい建物が出てきましたね。
バルコニー、たしかに悪役系鉄仮面って感じですね。あるいは頭蓋骨? まじ、シュールやわぁ。

外観もですが、中もすごい。ぐねぐねなんですね。階段とか、踏み幅がぐちゃぐちゃで、つまずきまくりそうだし(笑) 掴む手摺もぐにゃぐにゃだし(笑)

で、なにがハイテクなのだろうとわくわくしてたら……
え、AR(拡張現実)だとっ! 初音ミクは……いないか(爆)

シリーズの記事を通して拝見して、ガウディの建築って住宅には向かないかなぁ、と感じました。
部屋の形もそうですけど、芸術的すぎて、この家では落ち着いて過ごせそうにないかな。
ホテルや美術館や教会みたいな建築物なら、よさそうですけど。

いずれにせよ、建築工事もたいへんそうだから、建設業者泣かせだろうな。日本だと、請け負ってくれないかも(笑)

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2018/02/13 20:10 [edit]


こんばんは。

パトリョも素敵な建物でした。
既存の建物を改装したと聞いたときは驚きましたが、なんというか不思議な雰囲気に出来上がっていますね。
バルコニーは・・・サキのイメージでは、何か原始生物の頭蓋骨みたいに見えますね。鉄仮面というもの有りですが、やはりこれは髑髏っぽい・・・。
そうそう、チケットを購入するとき、どこから来た?って感じで聞かれたんですけど、タブレットの原語を設定する為だったんですね。ちゃんと日本語のものを貸してもらって楽しく見学しました。
カサ・ミラよりもこぢんまりとしていますが細部までデザインに拘りがあって、お伽の国のような雰囲気も合って、タブレットとにらめっこしながら楽しく過ごしました。
・・・と言いたいところですが、サキはあちこち余計なところを好奇心で触ってしまって、タブレットに変な画面が表示されて動かなくなっちゃったんですよね。慌てて係員に治してくれるように依頼したのですが、事情を説明するのに身振り手振りと片言英語で汗だくでした。ドキドキしましたよ。でもわかってもらえたときは嬉しかったな。
写真もたくさん撮りましたが、タブレットと合わせて撮る、なんて思いつきませんでした。さすが彩洋さん。

面白くて美しい建物ですが実用的にはどうなんでしょうね。
確かに使いづらいかも・・・でも建築家ってみんなそんなところがありますから、しょうがないと思いますね。
安藤忠雄さんの建物も使い心地の観点から言えば、ろくなものはないですから・・・。
やっぱり芸術作品、なんですね。

そうそう最後の方の歩道の敷石、先がこれと同じデザインのネクタイを買ってました。ネクタイなんてそんなに付けないのにね。

音楽堂も楽しみにしています。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2018/02/14 22:38 [edit]


canariaさん、ありがとうございます(^^)

カサ・バトリョにもようこそ!
こちらはただ見るだけじゃなくて楽しむように設定されていて、淡々と見て回る観光中にはちょっと違うテンションになります。確かに名所旧跡の観光って、いくつも回っているとどこがどうだったか後で思い出せないことがあるのですが、こういう観光方法があると印象に残りますね。
でも、canariaさんがおっしゃるとおり、ここは色合いやコンセプトがはっきりしていて、特別な観光方法がなくても印象に残りそうな気がしました。ガウディらしい曲線のうねりが生きている建物ですね。

仰るとおり、どこからこれだけ引き出しが、と思うのですけれど、きっとガウディ的には普通に頭の中に収まっている世界なんでしょうね。狭い日本の建築では、この階段、もう少し緩やかな傾斜がいいなぁとか思ってもなかなか実現しないこともありますが、ある程度の許された環境があって、頭の中の理想をぶつける場所があれば、天才の能力は思い切り活かされることになるんでしょうね。あ、何より大事なのはパトロン、かも。

canariaさんは旅行はあまり行かれないのでしょうか。私も以前ほどはフットワークが軽くなくて、最近は習い事がなかったら、休みの日は引きこもりに近い様な生活になっております。スペインは久しぶりの海外旅行だったので、ちょっと気合いを入れてみました。行ってみたら楽しいのですけれど……お腹壊して大変でした^^;
私の下手な写真で楽しんでいただけたのなら、何よりです!
まだまだいくつもの名所をアップしていきますので、ガウディ以外のスペインも楽しみにしておいてくださいね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→canariaさん #nLQskDKw | URL | 2018/02/18 23:37 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

はい、こちらで最終回のガウディ大会、どの側面から見てもガウディはガウディって話でしたね。
カサ・バトリョは近年、カサ・ミラをしのぐ人気観光スポットみたいです。でも、この2つの建物、それぞれ集合住宅と個人の邸宅という違いがあって、別の楽しさがあるので、両方見比べてみて欲しいですね~
あ、ハイテクって誇大広告でしたね。3Dマッピングとかしてるんじゃないかと期待させて、ただのスマホ画面にカメとかキノコとか出てくるだけ^^; ほんとだ、初音ミクくらい出してくれてもよかったかも。立体ホログラムとかで。

手すり、ぐにゃぐにゃですが^^; でも、掴みにくいってことはなかったですよ。一応、人間の身体を考えて、使いやすくなっているんだとか。ただ、デザイン的にはどうなんでしょうね~。とくにあのバルコニー見てると、顔の骨、もしくは鉄仮面ですよね。ほんとに、どうして骨系なのかしら。
部屋の形はどのくらい、改築前の部屋割りを維持しているのか分からないのですが、いずれにしても、こちらの住宅、ひとつひとつの部屋は意外に狭いですよね。古い建物って柱が多いからそうなるのかしら。
そうそう、TOM-Fさんの仰るとおり、なんか落ち着かないですよね。この天井、いや、確かに美術館とかだったらいいけれど、じっと見てたら波に飲み込まれそうで。ちょっと遊びに行くのはいいけれど、夜とか、ちょっと嫌かも……何か色んなものに見えちゃいそうで。
やっぱり家はオーソドックスな形と色合いが落ち着くような気がします。
次回は、ガウディのライバルの建造物。でもこっちはこっちで、あーるぬーぼ~って感じでちょっと疲れるかも??
またお楽しみくださいませ。

コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2018/02/19 01:14 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさんもこちらの建物を楽しまれたのですね~。しかも、さすがサキさん、例のスマホ(タブレット?)、興味津々であれこれ触って楽しまれたんですね。私は機械類が本当に苦手で、いまだもってスマホの使い方もよく分かっていませんし、なんか触るのがおっくうで……最初は楽しかったのですが、途中からちょっと面倒くさくなっていました。落ち着いて観光したいわ、みたいな。
でも解説があるのはいいですよね。イヤホンガイドって良いなぁと思います。色々考えて作られているように思います。ちょっと聞くと、あぁなるほどってことが色々分かっていいですものね。

でも、トラブル発生に対して、対処してもらうように頑張ってコミュニケーションを取られたのですね。こういうのって思い出になりますよね。そうそう、私もすごい昔、まだチケットレスなんてのがなかった頃、列車の中で帰りの航空券を落としてしまったことがあります。その時はすごい田舎の町にいったときで英語は通じないし、イタリア語の単語くらいしか分からなくて、身振り手振りとお絵かきで、翌日チケットが返ってきました。今でもその時のことは鮮明に思い出せます。あまりトラブルはあって欲しくないけれど、人々の温かさに触れる機会になりますよね。

バルコニー、印象的な建物の外観について、一役かっているようですよね。原始生物の頭蓋骨ですね。うん、なるほど。なんだか目の分ぶんっぽいんですよね。これも分かります。
スマホと一緒に写真に撮るというのは、アイデアとしてはよかったのですが、同じ画面に納めるというのはかなり困難でした。現実とスマホ画面の両方にピントは合わないし、結局、画面は画面、現実は現実の画面に納めるしかなかったので。そう思うと人間お目ってすごいですね。

現実に住むのは……うん、本当に。使いづらいという前に、私はちょっと夜寝れなさそう、と思ってしまいました。家はシンプルな方がいいや~。
サキさんのおっしゃるとおり、芸術作品であって鑑賞対象ですよね。
おや、先さんはネクタイを買われたのですか。歩道の敷石と同じのがあったのですね。この敷石、ちょっといいなぁと思いました。こういう地味な場所にデザインがあるのはいいんですけれどね~
次回は音楽堂と、そしてscriviamo!です(^^)
またまたサキさんと同じ場所に行っているという、本当に縁を感じますよね。次回もサキさんの思い出が上手く蘇るような記事になりますように。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2018/02/19 06:21 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/789-00b2831e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)