05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・花】我が家の桜とお馴染みの桜2018 

毎年恒例の『今年の桜』です。またまた例のごとく、山のように写真を撮って、選ぶのに難渋するという憂き目に遭っていますが、今回はちょっとテーマもありましたので、そのキィとなる写真を始めにお見せしたいと思います。
まずは、今年の目玉? 「如月の望月の桜」ですよ(^^)/
我が家の桜10
フラッシュはたいていません。庭に多少の外灯はあるのですが、かなり暗め。でも結構綺麗に撮れました。月をもっとアップにしたかったけれど、月をアップにすると、ぶれちゃうんですよね。というわけで、こんな感じで。
「如月の望月」というと、西行法師の歌。「願わくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ」という有名な歌ですが、如月って2月ですよね。2月の桜? いやいや、旧暦ですので、現代の暦に当てはめてみると、3月始め~4月始め。でも、西行の時代は平安時代で、この頃にソメイヨシノはないんですよね。当時の桜と言えば山桜かな? 山桜だったら時期はもっと遅くなります。早咲きの桜があったのかな。
とりあえず、現代、桜の代名詞・ソメイヨシノと如月の望月のコラボは、なかなか上手くそろわない事の方が多いので(そもそも「望月」が月に一度ですものね、当たり前だけど)、少し早めに桜が咲いてくれた今年は上手くコラボしてくれました。
特にうちのしだれは、例年なら4月の2週目くらいなので、今年は本当に早かった。3月の末、桜と月、堪能いたしました。
さくら3
もうひとつは、自分では「発見」と思ったのですが、題して『桜花火』。
私が毎年、花見散歩に行く公園では、桜の木が立っている場所を少し上から見ることができるのですが、上から見た桜がこんなふうに、たくさんの花火が開いたみたいに見えたのです。
実は、昨年まではもう少し花が「ぼんぼり」みたいだった思うのですよね。少し木が年取ってきたのでしょうか。花数が減って、花火型になったのかも……
公園の桜ー朝2
この公園は、山の西側斜面にあるので、朝陽が遅いのですね。日が当たる前に公園に入ったので、少し暗い中から撮影がスタート、日が差してくるまでゆっくり散歩を楽しみました。
10年くらい毎年、同じところに桜を見に行っていると、その景色の変化に気がつきますね。ニュースで取り上げられていたように、日本で多くのソメイヨシノが植えられてから半世紀、そろそろ木の寿命の時が来ている。
一昨年くらい前くらいから、徐々に木に枯れた枝が目立つようになっていたのですが、こうして「朝まだき」の中で枯れかけた木を見ると、墓標のように見えて、ちょっとしんみりしちゃいました。
猫さん1
でも、そんなことはお構いなしに、猫さんたちは元気に木の根元を走り回っています。
山桜1
そして、山桜ですね。毎年書いているような気がしますが、山桜、好きなんですよ。ソメイヨシノもいいのですが、山を見上げたときに、ぽっと紅く火が灯ったみたいに見えるんですよね。花じゃなくて、この新緑の赤の色なのですが。
ユキヤナギ
桜が早いと、もうひとつ嬉しいのが、ユキヤナギとのコラボ。入学式頃にサクラが咲く例年の状況だと、ユキヤナギはもう終わりかけ。でも、桜が早いと、ユキヤナギも満開で、白とピンクが美しく咲き揃います。
公園の桜ー朝9
花はすこしまばらになっているのですが、こうして朝のすがすがしい空気の中で見上げてみたら、なかなか見事な景色が。
公園の桜6
子供たちが忘れていったボールも、ちょっといい感じです。

では、『続きを読む』から、例のごとく撮りすぎて選ぶのに難儀する桜の花たちを御覧ください(^^)/
まずは、公園の桜から。
ほぼ撮った順番なのですが、ちょっとした場所の違いで、光の届き方が色々で、太陽が昇る前のちょっと暗めの雰囲気から、日が昇って全体に明るくなったときの雰囲気の違いも出ていたらいいなぁ。
公園の桜2
そう言えば、事情があって20代の若者たちに桜をモチーフにした絵を描いてもらったのですが、そのうちの一人が、花よりも枝が気になると言って、枝を強調したサクラの木を描いてくれていました。
この時間帯に写真を撮ると、幹や枝が黒々として、確かに目を引きます。
公園の桜3
中には、多分時間差で植えられた木が、まだまだ若さを強調していて、こちらは花のつき具合が見事。
公園の桜4
太陽が昇ってくる方向にカメラを向けると、こうしてちょっと「太陽待ち」の雰囲気が。
公園の桜5
同じ場所辺りから、反対方向を見ると、すでに太陽の気配を受けて華やかな雰囲気。
太陽が昇ってくるのを、桜の花びらの向こうに待ってみます。
さくら8
さくら7
さくら2
桜4
光を背景にすると、花びらが透けてみるのが綺麗なのですが、こうしてアップしてみると、今ひとつだなぁ……
う~ん、素人カメラマンなので、許してください。
公園の桜8
この木も、ずいぶんと花が減ったような気がします。もっと白いぼんぼりみたいだったのですが。写真を撮りに行った日は、ほとんど満開、もしくは満開の1日前、といったところだったので、花は盛りだったはず。
というわけで、今年は「幹と枝」に注目しながら写真を撮ることになりました。
公園の桜9
青い空を背景にすると桜って綺麗なのですが、ちょっと水を背景にしてみようと思って撮ってみたら、いまひとつ水が上手く写っていませんでした。
以前、京都に住んでいたとき、哲学の道が散歩道だったのですが、桜が疎水に映り込んでいるのを見るのが楽しみでした。しかも、散った後がまた見事。水面がピンクに染まるんですよね。弘前城のお堀にの回りには少し低い枝振りに剪定された桜の木々があって(この低い剪定が良いのです。目線に花がたわわ……という感じになって)、ある年、花は終わっていたけれど、ものすごくピンクなお堀を楽しめたたこともありました。
空と桜もいいけれど、水と桜もベストカップルですね。
さくら1
最初の方に出した、桜花火のアップです。
さくら4
もう少し花が盛りだったときは、下の写真のようにぼんぼりふうに見えていたのですが、うん、やっぱり木って痩せていくんですね。うちのツツジもだいぶ小さくなりました。15年ほど前は見事だったんですが……同じ木だけれど、やはり毎年変わっていく。
桜2
桜6
でも、どうなっても、桜は毎年、目を楽しませてくれます。
公園の桜ー朝1
桜5
公園の桜ー朝3
ここ、釣り堀? もあるんですよ。いつも早朝にはおじさんたちが釣り道具を持って来ています。
公園の桜ー朝6
公園の桜ー朝8
公園の桜ー朝10
もう一枚、今度はベンチと桜花火。
さくら5
最後は、もう一度、猫さん。この公園で猫さんを見かけたのは今年が初めてでしたが、あちこちにねこの通り道があるみたいで、溝に潜ったり、思わぬところから顔を出したり。でも、かなり遠くからしか写真を撮ることができませんでしたので、人にはなれてないみたい。
猫さん2

さて、我が家のしだれ。今年は朝、昼、夜と時間と共に変わる光の加減を写真に収めてみようとしましたが……どうかな。
まずは、朝。
我が家の桜1
我が家の桜7
我が家の桜8
横から来る光は桜の色彩を際立たせますが、お昼になると、全体が明るくなって、白っぽく見えます。
我が家の桜9
そして、夕刻。今度はオレンジに染まる桜。
太陽が見えなくても、桜の色合いが変わるのが御覧いただけるでしょうか。
我が家の桜3
我が家の桜6
最後は夜。神秘的でちょっとミステリアスな桜です。
我が家の桜ー夜桜2
我が家の桜5
写真見て、改めて思いました。枯れ枝多いなぁ~。花が終わったら、整理しなくちゃ。自力でするのがけっこう大変な巨木になってるんだけど。

というわけで、今年の桜鑑賞会は終了です(*^_^*)
御覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

Category: ガーデニング・花

tb 0 : cm 12   

コメント


さくら~^^ 
貴重な「如月の望月の桜」に始まり、たくさんたくさん^^
見てない時間が重なる中(今後もこの時期の訪問予定はなく T^T)
たっぷりと楽しませていただきました!
ありがとうございました!

けい #- | URL | 2018/04/16 18:49 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

けいさん、いらっしゃいませ~
今年も桜劇場、ちょぴっとお裾分けに参りましたよ。
でも、なんか今年はちょっと花が貧弱だったような。あまりにも一気に暖かくなったから、桜も慌てたんですかね~
木が年老いてきているのもあるかも知れませんが。
でも、毎年見ていて10年以上経つと、同じ木でもいろんな表情になるんだなぁ、そして変わっていくんだなぁと思いました。うちの桜だけじゃなくて、余所様の公園の桜でも、しみじみ感じるものがありました。

けいさん、いっそ、お庭に桜を植えるとか……どうでしょう?
うちの桜ってでかくならない予定で狭い植え込みに植えたのに巨木化してきましたから、植える場所は要注意ですが、狭い日本と違って地面はたくさんありそう~いつかけいさんちにお邪魔に行くときは、お土産にさくらの苗木を、と思ったけど、きっと検疫に引っかかるな~う~む。
コメントありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2018/04/16 21:15 [edit]


さくら、さくら~(^^♪

私が通勤で使っている某タイガース電車の駅前にもソメイヨシノの古木が三本ありまして、毎年開花を楽しみにしているんですが、今年も豪華に咲いてくれました。
朝陽の中で見ても、昼間でも、夜に見ても、いいですねえ。うん、やはり花はサクラです。

西行法師も、この世の見納めにしたかったんだろうなぁ。実際、願いは叶ったみたいですしね。

『桜花火』面白いですね。たしかにこういう咲き方は見たことないなぁ。
ヤマザクラは、思いもかけずに見つけたときとか、ちょっと感動しますね。サクラ並木もいいけど、山のなかにぽつんと咲いているサクラもまた、風情がありますな。

そして、花筏。
私は見たことないんですけど、写真で見るとすごいですね。

今年もいっぱいのサクラの写真、楽しませていただきました。
サクラって、咲いても散っても、ほんとに感動させてくれますよね。この花に、この感性。日本に生まれて良かったなぁ(しみじみ)

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2018/04/17 19:05 [edit]


桜、桜

今年はポルトガルにいたので満開の桜を見ることはできませんでした。
彩洋さんのブログで堪能させていただきました。
ありがとうございました。
どれも素晴らしく綺麗なのですが、
夜の桜、そして月、ホウッと溜息が出てしまいますね。
そして桜花火、面白い!
けれど木が年を取って・・・と考えると少し複雑。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2018/04/17 21:48 [edit]


如月の望月と桜。まるで着物の柄のように美しい~。
今年も大海さんの撮った桜で花見が出来ました^^

桜の花って、本当に美しく撮るのが難しいんですが、時間の経過とともに変化する色合いも楽しませて下さって、とても贅沢な記事です(^^♪

私はこの時期、わざわざ花見はしないんですが、半月前南海戦に乗って、自作の小説の舞台となった淡輪の海に(はじめて)行ってきたんです。
その時ちょうど桜が満開で、春の海と桜を堪能できました。

そういえばソメイヨシノって、寿命が人間と同じくらいなんですよね。彼岸桜とかは千年は軽く生きるそうなのに。

樹齢を重ねると老いて痩せて行ってしまうのかな。何だかそんなところも、ちょっと親近感……ですね(*´ω`)

lime #GCA3nAmE | URL | 2018/04/19 09:43 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

TOM-Fさんにも馴染みの桜がありましたか。某阪神タイガース電車の駅ですか。うん、馴染みの桜って、やっぱり通勤路ですよね。私のお気に入りの桜の木は、いつも少し他のサクラの木より数日遅れて満開になる木だったのですが、去年くらいからちょっと枝が少なくなっているような気がしています。花木って、来年くらいのことを考えてもダメなんですよね。10年先の事を考えないと……未来予想図を作って、その未来に綺麗な花を見ることができるように考えなくちゃ、なんですね。
うちの桜も、先のことをと考えてちゃんと枝の整理をしなくちゃいけないのですが(しだれなので、割と寿命は長いかも)、なんかでかくなりすぎて、どうすることもできない感じで……植木屋さんに頼むかぁ…

桜のシーズンになると、桜の歌が話題になりますが、西行法師はやっぱりテッパンですね。
最近は長らく吉野に行っていませんが、何十年か前は奈良にしょっちゅう行ってて、吉野の山奥にも分け入っていました。西行法師が住んでいたらしいという場所はなんか不思議な空間でしたね。山奥なんだけれど、ちょっとだけ平地になっていて、庭っぽい広場付で贅沢な空間。清貧だけれど、時代を考えたら、普通の人もそんなに豪華な暮らしをしていなかっただろうし、ある意味贅沢なんでは……と思いました。
山桜はいいですよね。ふと山を見上げた時に、ぽっと紅く見えるのが気に入っています。

桜花火もご鑑賞いただきありがとうございました(*^_^*) これ、多分、花が少なくなってきて、ぼんぼり状態から上の方の花が減っちゃったんでしょうね。なんか微妙な景色だけれど、でも綺麗だからいいか。
GWによく青森に行っていますが、満開の桜が終わっていることも結構あって、そんな時でも弘前城にのお堀がピンクに染まっているのがほんと綺麗でした。やっぱり、桜は日本人の心の花ですね。
また1年後に、今度はどんな景色を見ることができるのかな。
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2018/04/22 00:52 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

あ~、そうでしたね。今年は桜が早かったので、丁度サキさんがポルトガルにいらっしゃるときにぶち当たっていたのですね。桜を見れなかったのは残念でしたが、今年はそれ以上の体験ができたということですから、差し引きゼロですね。
桜のいいところは、きっと花の色が淡いので、その時間の空の色を映して色合いが変わるところかも知れません。自己主張が最も控えめな色で、そしてもっとも自己主張している。

花の写真は、午前中に撮りなさいとよく言われますが、夕方はまた別の色合いになっていいですよね。
夜の写真は難しいですね。人間の視覚ってすごいなぁと思います。写真にすると事実がそのまんま写るから、多分写真の方が真実なのでしょうけれど、人間の脳が錯覚や調整を加えてくれるおかげで、目で見た景色はものすごく感動的で、逆にこの感動的な視覚の世界をどうやって写真に反映するのか、きっとそこが写真に求められるもの、なのかなぁ。プロの写真はそういう意味ですごいと思うのですよね。全く追いつきませんが、少しでも何かを捉えられていたらいいなぁ。

> そして桜花火、面白い!
> けれど木が年を取って・・・と考えると少し複雑。
そうなんですよね。まだまだ盛りの木も沢山あるのですが、私が10年近く通っている公園は、そろそろ年数が経ってきている木も沢山あって。ちょっと残念な気もするけれど、それもまたひとつの桜の姿なんですね。
枯れかけた古木に少し花がついているの、最近は嫌いじゃないかも。色んな姿、色んな時が、花にもあるのですね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2018/04/22 02:17 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

今年もliemさんにネット花見をお届けできて良かったです(*^_^*)
着物の柄。確かにそんな柄の着物ってありそう。いや、まさに、『夜桜お七』で坂本冬美が着ていたに違いない。
如月の望月って、言葉が何となく枕詞みたいなので、さらりと読み流しそうな、でも考えてみたら、弥生の望月よりも綺麗な響きですよね。本当に今年は見事な満月に桜という景色が楽しめて良かったです。天気も良かったし、あつらえたような空模様でしたね。いつもなら春休みが終わってほっと一息というタイミングで花見なのですが、今年はばたばたの中での花見だったので、いまひとつ味わっている余裕がなかったのですが、何とか早朝に時間を作って行ってきました。
桜っていくら見ていても飽きませんね。でも、ちょっと撮影に気合いが入り過ぎちゃってゆっくりぼんやりする時間が欲しかったなぁ。あ、ねこさんはしばらく追いかけてみましたが、何しろ猫の道は複雑で、なかなか密着できませんでした。

> 私はこの時期、わざわざ花見はしないんですが、半月前南海戦に乗って、自作の小説の舞台となった淡輪の海に(はじめて)行ってきたんです。
わぁ、これは素敵ですね。
うんうん、自分で書いておいて、実は行ったことがないところって、後で見に行ったりすると新しい発見があったりするんですよね。書いたとおりの部分もあるし、ちょっと違ったかぁと思うところもあるし。こういう旅、好きです。
でも、見てから表現を変えたり書き直そうとしても、実は見ていないときに書いた方がずっと上手く表現できていたりすることもあるってのが不思議なんですよね。書き直してみたら、あれ? 元の方が良かったかなぁ、みたいな。視覚情報って、情報量が必要以上に多くて、大事な部分をぼかしてしまうのかしら。もちろん、空気感は、現場に行かないと出ないんですけれど、それだけでは物語は成り立たない。
でも、旅は、短い旅でも長い旅でも素敵ですね。

> そういえばソメイヨシノって、寿命が人間と同じくらいなんですよね。彼岸桜とかは千年は軽く生きるそうなのに。
> 樹齢を重ねると老いて痩せて行ってしまうのかな。何だかそんなところも、ちょっと親近感……ですね(*´ω`)
そうなんですよ。昨今、戦後に植えられたソメイヨシノが枯れ始めているってニュースが多いですよね。そろそろ寿命なんですね。ソメイヨシノ以外の桜をもっと植えるべきなのかな。でも、なぜかソメイヨシノって惹かれるものがあるのですよね。
この度、枯れかけた木を沢山見ながら、しみじみ思いました。
コメントありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2018/04/22 03:45 [edit]


桜花火秀逸

 良いですね、桜花火。なるほど花塊もちょぃとへたれる(笑)と花火の様です。これは新発見。そして月夜にはかなく消えていくのですね。

miss.key #eRuZ.D2c | URL | 2018/04/22 15:30 [edit]


miss.keyさん、ありがとうございます(^^)

わ~い、桜花火、お褒めいただき光栄です(*^_^*)
多分、毎年同じところから桜を見下ろしているのですが(東屋みたいなのがあって少しのぼるようになっている場所があるのですが、その斜面にも桜があって、上から枝を見下ろせるのです)、去年は「あら!」って感動はなかったから、今年初めてそんな姿になっていたのでしょうか。だんだん剥げてくるんですね……
今年は、お気に入りだった木も何だか小さくなってきていて、ほんと、人も花木も同じ道をたどるのですね~
来年もまた違った姿を見せてくれるのでしょうね。
コメントありがとうございました!!

彩洋→miss.keyさん #nLQskDKw | URL | 2018/04/22 23:12 [edit]


早咲きの桜

河津桜はちょっとピンクが濃すぎて、その木の下で死にたい気分にはなれんかも。ソメイヨシノに似ていて、それよりちょこっと早く咲く桜として、今年はじめごろだったかに新種認定されたクマノザクラってのがあったり。……どうなんだろう?🌸

neko #lMBqkpAs | URL | 2018/05/09 12:43 [edit]


nekoさん、ありがとうございます(^^)

あ、nekoさん、リアルでもお久しぶりで済みません!
河津桜、去年、淡路島に見に行きました。あまりにも早く咲くので、気分がまだ桜じゃない時期に咲いちゃってて、ちょっとピークを越えておりましたが……うん、儚さと言うよりも「寒くても咲いてやるぜ、いえ~い」な根性を感じるかもしれませんね~
平安時代と言えば、「花」と言えばまず梅だったのではなかろうかと思ったりしたのですが(それは万葉集の時代?)、桜はやっぱり山桜なんでしょうね。いつの間にかソメイヨシノが桜の代名詞みたいになっていますが……
熊野桜ですか。なるほど、いわゆる山桜よりちょっとピンクが強め、でも河津桜ほどは主張してないって感じなんですね。うん、ありかも。
そろそろ日本全国でソメイヨシノの寿命が来ているといいますから、この際、もっと他の桜を植えてみる?
でも、やっぱり、どわっと咲くソメイヨシノの存在感には勝てないかなぁ。
コメントありがとうございました!!

彩洋→nekoさん #nLQskDKw | URL | 2018/05/10 00:22 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/794-c1fdc02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)