FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・花とあれこれ】牡丹の季節と近況あれこれ 

牡丹91
一度書いた記事が、何かの拍子に消えちゃいました(>_<) あ~もうダメだ。でも久しぶりなので、書いておきたいから、ちょっと頑張って書いています。この不幸って、時々忘れた頃に降ってきますよね。ほんと、なんで学習しないんだろ。
先週末に須磨離宮公園に牡丹を見に行ってきました。うちの庭の牡丹が咲いていたので、行ってみたのですが、ピークはちょっと過ぎていました。今年はやっぱり花がみんな少しずつ早いですね。
牡丹5
それでも牡丹はやっぱりゴージャス。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」なわけですが、中国原産のこの花、日本の土壌には合わないらしくてなかなか根付かなくて、昔は稀少な花だったそうです。そこで、よく似ている芍薬の根っこに接ぎ木をしたら、なんと上手く育って、今では沢山の種類が作られて私たちの目を楽しませてくれるわけです。
牡丹4
でも、実は牡丹は「木」で、芍薬は「草」。冬になったら、芍薬は地上部分が枯れてしまって、翌年は地下の根っこから新しい芽が出てきます。一方、木である牡丹は、そのまま茎から新芽が出てきて花が咲きます。木なのに、草に接ぎ木されてるのかぁ。
接ぎ木と言えば、うちの庭の土壌ではアーモンドが上手く育たなくて、接ぎ木された元の根っこである桃のひこばえが伸びてきて、ちょっとしょんぼりです。今年、新たにアーモンドの苗を手に入れて再チャレンジ(いや、もう再々々チャレンジくらいなんだけれど)の予定。
牡丹3
牡丹の写真は、木全体を撮ったら、花がまばらなので、イマイチなんです。で、必然的に花のアップになるわけですが、こうして見たら、色だけじゃなくて花びらの数も形も本当に色々ですね。
牡丹1
この花なんて、おしべ軍団の中から、1枚花びらみたいなのが飛び出してるし。
芍薬と牡丹の違いというと、花の散り方も違います。牡丹は、ばーんと開ききってばさっと散っていく感じですが、芍薬は茶色くなるまでしがみついていますね。
牡丹2
それから葉っぱの形。牡丹はぎざぎざ感が強くて、芍薬は丸っこい感じです。それから、咲く季節。うちもまだ芍薬は蕾です。牡丹は4月、芍薬が咲くのはいつも5月になってからですね。
牡丹6
名前をいつも確認しているのですが、覚えていられない……でもこの白いのは紀子様のお名前がついていたような。
そうそう、手入れが悪いのに、いつも律儀に咲いてくれるうちの牡丹も載せておこうっと。うちのは太陽がどうのこうのというような名前だったような気がしますが……
うちの牡丹
うちの庭では、今は紫蘭とヒラドツツジがピークです。あ、モッコウバラも。
つつじ
このツツジはヒラドツツジではないのですが、一見サツキみたいだけれどツツジです。いや、正確に言うと、サツキもツツジなんですよね。ツツジの種類の中で、5月に咲くのがサツキというそうで。16年前に植えたときはものすごく大きな木だったのですが、だんだん小さくなってきました。木なんだから何年でも持ちそうに思っていましたが、やはり木としての寿命があるもんなのですね。百日紅は全然勢いが衰えませんけれど……(百日紅ってなかなか大きくならないらしいですが、ものすごい樹齢の木があるから、百年単位もちそう)
モッコウバラ黄2018
モッコウバラはトゲがないので、手入れがしやすいのはいいのですが、勢が強くて、切っても切ってもでかくなる……少し前から、白が勢いづいてきています。黄色は匂いがないのですが、白は匂いがあります。
モッコウバラ白2018
夜中に帰ってきて、車の扉を開けたら、ふわって闇の中に甘い香りがするのが何とも言えません。
さて、消しちゃったところまであと一歩。BGMは最近、この人のベートーヴェンが気に入っちゃって聴いているクラウディオ・アラウの『熱情』……いや、やっぱり熱情がなくちゃ、書き直しってできないですよね。

このところ、何だか同じように仕事をしていても、エネルギーの使い方が半端なくて、すごく消耗することが多くなっています。
それで、家に帰ったら疲れ果ててるし、休みになると、ちょっとした予定をこなすのに精一杯で、週末も結構な回数で仕事があるし、かといって平日に代休はないし、そうこうしていたら家の掃除ができていなくて、今年のGWは毎年恒例の青森行きを諦めました。で、庭掃除・手入れと家の掃除です。といいつつ、GW前半は、ピアノと三味線のお稽古に行って、昨日は健康維持のために山歩き、そして今日は朝から片付けたり洗濯したり。なんだ、あっという間に前半戦終了になっちゃいました。
六甲縦走路
六甲縦走路の某所に400段以上もある階段があるのですが、2年前は休憩2回くらいで登れたのに、昨日登ったら5回は休まないと登れなかったので、えらいこっちゃと思いました。この階段、傾斜がけっこうあって、後ろを振り返るのは怖いし、ちょっと風が吹いたら飛ばされそうになるので、前傾姿勢で登らないと危険な感じです。
この先に、縦走路の難所『馬の背』があるのですが、今回は階段登り切ったら、途中で海の方へ降りてみました。が! なんじゃこれ、な結構な坂道で(そういやすごく上ったわ)、下ると言うよりも滑るみたいな場所まであるし、足元は枯れ葉で危ないし、どきどきものでした。以前からよく山の中を歩き回っていたのですが、何度か滑ったり落っこちたりして、右足の腱を痛めて半年くらい普通に歩けないこともあったりして、冬になるとじっとしてても痛むこともあるので、もうこれ以上怪我をするわけにはいかないと……
で、なんでまた山に登ってるかというと、今年の夏にアメリカのグランドサークルに行ってみようかとしていて。でも、結構体力が要りそうだし、場所が場所だけに選択肢はツアーしかなさそうだし、足腰鍛えておこうと。
敦盛最期屏風
山を下りたら、近くに須磨寺があるので、寄ってみました。
そう言えば、学生の頃、平家物語には随分嵌まりましたし、視聴率はワーストを競っていたらしい大河ドラマの『平清盛』でも結構萌えて見ていましたが(個人的には良いドラマだったと思うのですよね。そろそろ視聴率で善し悪しを云々するのは止めたらいいのに)、こちらのお寺に行くのは初めて。GWということで、あれこれ公開されていて、ちょっとお得でした。
こちらは、1年に1度出されるという、平家物語の屏風。敦盛最期の場面で、熊谷直実が落ち延びようとする敦盛を呼び止めるところ。何度も読み聴きした話ですが、改めて副住職さんの語りで聴くと泣けてきました。
敦盛最期・庭
お寺の庭には、この立体場面が再現されています。
おばちゃんの集団の会話。「いや、美少年やのに、17歳やって~」「かわいそう~」……
首洗いの池
敦盛の首を洗ったという池と、首改めの際に義経が座っていたという松の木。
宝物館(といってもタダなのですが)では、敦盛が吹いていたという笛「青葉の笛」を見ることができます。
この宝物館の横に、石の人形館というのがあって、こんなふうに石を使った色々な場面が作られています。分かりやすいので、百人一首の歌人たち。
石で百人一首
平家物語の場面も色々あって、その中でちょっと面白いのがこの一ノ谷の場面。
前に立ったら、どどど~って馬が駆け下りてくるんです。
一ノ谷
そう言えば、以前、平家物語の語りがかっこよくて、三味線じゃなくて琵琶を習おうかと思っていた事があったなぁ。記憶力に自信がなくて、断念しましたが。

にゃんすきー
ブログのお話。
GW中に2つ、お話をアップ予定。
ひとつはサキさんの30000Hitリクエスト用のお話。サキさんがお話を書いてくださるのですが、その前に私が、以前からお約束していたミクin Romaを書くよって宣言しちゃったので、書く書く詐欺にならないように頑張っております。書きかけてはしっくりこなくて却下していたのは、誰視点にするか迷っていたからなのですが……この陣営の中では(うちだけ時間軸がズレてるのですが、気にしない)慎一はもうじいちゃんだし、ロレンツォは堅物過ぎるし、二代目真ははちゃめちゃな頑固オヤジだし……結局、詩織に再登場してもらうことにしました。それでちょっとしっくりきたかな。
もうひとつは、夕さんの12ヶ月シリーズのリクエスト(私がゲットした6月)への果たし状、じゃなくて、コラボお願いキャラの紹介物語(いや、1回きりの登場かもしれないけれど)です。テーマは夏至。
実は今年、夏至に某所の巨石に上る太陽を見に行こうともくろんでいるのです。え? まさか、ストーンヘンジではありませんよ。さすがにそこまでは行けませんが、なにしろ夏至と言えば巨石ファンの正月ですから、今の職場の勤続20年のご褒美・3日間の特別休暇(連続して取れ命令)をもぎ取って行く予定。実は、昨日まで、刑務所から逃げたという囚人が潜んでいたと言われている島なので、ドキドキしていましたが、本州に泳いで渡っていたとかなんとか。

そして、そろそろ、『海に落ちる雨』の続編を地味にアップしていこうかなと計画中でもあります。
いや、先に家を掃除しろ、という声が……(@_@)
上の猫の版画は、最近手に入れた、フジ子・ヘミング女史の『ニャンスキー』。ピアノが上達しますようにと、ピアノの上に飾りました。そんな私は、最近やっと少しショパンのノクターン20番がちょびっと形になってきました。いえ、もちろん「ちょびっと」ですよ。
関連記事
スポンサーサイト

Category: ガーデニング・花

tb 0 : cm 10   

コメント


おおー、さすが百花の王。美しい。
もう牡丹の季節なのですね。
こちらではまだだな。今は、藤とリラですね。林檎とニセアカシアが終わったところです。

日本はゴールデンウィークの終わりを待たずに夏に突入してしまったとか。
もう世界中で天候がおかしなことになっているようです。

こちらは四月に一度三十度までいったのに、今は「冷たいソフィー」にふさわしい寒波に襲われて現在薪ストーブを焚いております(笑)

そして、何よりも悲しい、消えちゃった事件。
私はブログの記事は、自動で下書き保存になる設定をしているので、「ああああ!」の時も、90パーセント助かったというラッキーもありますし、結局ほぼ全部消えた、もあります。
小説はコピペなのでさほど徒労感はありませんけれど、それ以外の記事は……。
喉元過ぎて忘れた頃に悲劇が起こるんですよね……。
お察し申し上げます。

さて、P&Rにつづき、果たし状と、どちらも私にはウルトラ楽しみな作品が立て続けに発表されるとのこと。こちらもラストスパートをかけなくちゃいけない五月分をなんとかして、じっくりと読ませていただきますね。
るんるん。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2018/05/03 05:53 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

> おおー、さすが百花の王。美しい。
はい、ゴージャスですよね。『源氏物語』で光源氏を牡丹に例えていたように思いますが、まさに百花の王。なぜかこの花はイメージ的に女性じゃなくて男性なのですよね。あ、女性の美しさを表す表現に使われていますけれど。
で、光源氏がモデルのひとりであるうちのあの人のイメージも牡丹だったので、今回も牡丹園でにまにましていたのは内緒です。実はその横に「蝶の庭」と称して地味にヒメジョオンとか咲いている場所があって、そこを見ながら、真はこっちだな、とか思っていたりして。
そちらでも藤が咲くのですね。こちらでも藤は今、山の中に行くとものすごく綺麗です。でも写真に撮ったら、まばらで、映えない^^; リラはいいですよね。私が小学校の時に乙女心をくすぐった小説は『リラの花咲く家』だったあなぁ。アカシアも好きな花木です。一度植えてみたら、でかくなりすぎて邪魔になったので、切っちゃったことがあります。
夕さんのお住まいの辺りでは、きっと春が一気に来るから、花も綺麗なんでしょうね~
こちらの天候は確かに暑いのですが、朝夕はまだ結構寒くて、ギャップのために肺炎とか気管支炎の人が多いような気がします。朝晩の気温の差って身体に来ますよね。かといって、ゆるめに暖房とかしたらすぐ暑くなるし、仕方ないので、着込んだり、脱いだり、の繰り返しです。
今日は、木が倒れそうなくらい、明石海峡から強風が吹き付けています。なので、山登りは断念。

消えちゃった事件(@_@)
自動で下書き保存設定ってのがよく分からなくて、とりあえず、何回か消えちゃってからはこまめに保存しているのですが、写真が多いと、夢中になってついつい保存を忘れたりしていて。あ~~~~なことになるのは、そんなにしょっちゅうじゃないのですけれど、う~む。これって忘れたころになっちゃうのがどうしようもないんですよね。
そうそう、小説なら、別に書いてあるのを移すから困らないんですけれど。
でも、書き直してみたら、なんかしょうもない記事書いていたなぁってことを思い知るという^^;

P&Rと果たし状、お待ちくださいね(*^_^*)
そうそう、canariaさんからのリクエスト、なかなか中身が濃そうでしたものね。どんな話になるのか楽しみにしています。
コメントありがとうございました!!
さ、書かなくちゃ!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2018/05/03 09:52 [edit]


大海彩洋さんの花記事、いつ見ても癒されます。
これからはいろんな花が咲く時期だし、楽しみですよね。
花の形もまちまちというかばらばらですけど、みんな綺麗ですね。

牡丹って、接ぎ木でしたか。しかも、木を草に接ぐとか、よく思いついたものですね。それでちゃんと成長して花を咲かすって、なんか植物ってすごいというか、怖いっす。

ブログの執筆、フォームにダイレクトになさってるんですね。
私はどうもあれが苦手で、ワープロに打ち込んでからコピペしています。もっとも、保存をわすれてが~んとなることもあるんですけどね(笑)

あ、クラウディオ・アラウ。
私が好きなベートーヴェンのピアノ協奏曲4番も、彼のピアノなんですよ。お年を召してからの録音だったようで、勢いとかはなくて一音一音噛みしめるような弾きっぷりなんですけど、それがまたあの曲に合っていまして。
で、なにをするにもたしかに「熱情」は必要ですよね。とくに大海彩洋さん、お仕事も大変だし、プライベートもいろいろ頑張っておられるし、使うエネルギーも半端ないでしょうね。いやほんとにすごいです。
健康のために山歩き、気分転換にもなるし、これからの季節はとくにいいですよね。

で、GW中に小説を二つも発表ですと!
サキさんコラボも、夕さんコラボも楽しみですが、さらっとすごい発表が。シリーズ続編ですか! これは今年の後半は、すごいことになりそうですね。
ご無理のない程度に、頑張ってくださいませ(^_^)

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2018/05/03 12:01 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

> 大海彩洋さんの花記事、いつ見ても癒されます。
わぁい、ありがとうございます。散歩というのか、山登りのために行くときには目的があった方が楽しいので、花のあるところを目指していくようにしているのですけれど、季節によっては何もないですね。岩のあるところに行きたいけれど、なかなか近場の岩は少なくて。でも今はいい季節です。
これからまたバラの季節ですし、そろそろ須磨離宮公園の年間パスポート買おうかなぁ。
もちろん、秋などに咲く野の花も良いですよね。うちの庭はもともとお茶を習っていたときに、茶花を随分植えていたので、今も地味な花が多いです。姿を消しちゃったのもあるけれど。

そうそう、牡丹って接ぎ木なのですね。ソメイヨシノと同じですね。でも、草に接ぎ木されている^^; なんか、プルートみたいだな。犬なのにネズミに飼われている……(え? チガウ?)
きっと草って根強いんですよね。芍薬は繁殖力も強いようですから。
> それでちゃんと成長して花を咲かすって、なんか植物ってすごいというか、怖いっす。
確かに……接ぎ木ってちょっと不思議。ある意味すごくアバウトな増殖方法ですものね。怖いって表現、なんか分かる気がします。

> ブログの執筆、フォームにダイレクトになさってるんですね。
さすがに小説は別に書いてコピペしているのですが、雑記なんかは写真も多いから、直接打ち込んでいるのですよね。う~ん、何か対策を考えないと、と思いながら、忘れた頃にやってくる不幸、なのですね……
それで急遽、ベートーヴェンにお出まし頂きました。『熱情』ソナタはやっぱりこういうときには良いですね。力が入ります。

あ、TOM-Fさんもクラウディオ・アラウ、お持ちですか。
ベートーヴェンのソナタ全集は2種類あるようなのですが、私が持っているのは1960年代の録音なのですよね。1990年代にも録音されているようですので、今度聞き比べてみようかなと思います。久しぶりに持っているショパンのピアノ曲集を見たら、私が今戦っているノクターンの20番もアラウ氏でした(このCDは色んな人が演奏しているのでした)。聴いてからちょっと弾き方が変わりました(*^_^*) 

> で、GW中に小説を二つも発表ですと!
いや~、きっと収拾が付かないことになりそうなので、多分書く書く詐欺、ではないけれど、遅れると思います。でも、とりあえずひとつは出しますね。サキさんが30000Hitの3作目を書いてくださるのにお困りだと思いますので(@_@)
といっても、特にscriviamo!的に切り返してくれってのではないので、お祝いの気持ちで。
夕さんちのほうは、単に、夏至物語で、ちょっと普段の石紀行を小説にしてみようというだけのものでして、あんまりオチはないのですが……以前冗談で言っていた巨石探偵を出してみようかと^^; 単にお遊びなので、きっと身も蓋もない^^;
某続編は、長い話の1節分なのですが、せっかく書き上がっているので、そろそろ~アップしていこうかなぁっと。
初っぱなからのけぞらないで読んで頂けると有り難い、ってとんでもないスタートなのですが……ま、このシリーズはそういうものですし、きっと皆様、諦めてくださるでしょう^^;

さて、まずはミクの手術を無事に終わらせないと……
TOM-FさんはGW、、どこかへお出かけあるのかな。またTON-Hさん、じゃなくて、TOM-Fさんの旅行記読みたいなぁ~~
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2018/05/03 20:59 [edit]


再登場

ブログの設定の話です。

管理画面で「環境設定」→「ブログの設定」→ずーっとしたの方の「投稿設定」を探します。
自動下書き保存という項目で「行う」に設定します。
まあ、ダメな時はダメですけれど、これで助かったという時もありますからお試しください。

関係ないですけれど、義母が50年くらい前に植えたオレンジの種、現在最大の鉢に入ってすごい大きさなんですけれど花が咲きません。これに接ぎ木をしてやると実がなるようになるらしいですが、「でもこんなに頑丈そうな木見たことない」といわれる頑丈さは犠牲になるかもと言われています。実をならせると植物って弱るんでしょうね。うーむ。

ではでは。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2018/05/04 01:28 [edit]


夕さん、再登場ありがとうございます(^^)

夕さん、ありがとうございます! 
ほんとだ、こんな項目があったのですね。さっそく「行う」に設定し直しました。
いつか役に立つに違いない。

実をならせると植物が弱る、っての本当だと思います。花も一緒ですよね。薔薇とか牡丹とか、特に花の綺麗なのは、ちゃんとお礼肥をしないと、翌年綺麗に咲かないといいますし。鉢植えだと栄養も足りなくなりがちなので、バランスもあるのかも知れませんね。まぁ、実がならなくても、柑橘類は縁起も良さそうだし(ほんとかな?)、緑を楽しむということで……
あ、そうか、頑丈な根っこがあるときっと接ぎ木って上手くいくのですね。
ふ~む。
再登場ありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2018/05/05 22:55 [edit]


雉が飛ぶ

 ケンケーンと啼いて飛び出しはい、お陀仏。私も何度か記事を飛ばしました。一番酷かったのはワード11枚分を保存しようとしてフリーズした事ですかねぇ。サルベージも効かず、思い起こしながら書き直し。別物になった気がする。以来、何かって言うと記録ボタンを押します。これで安心。実はHDが壊れてみんなパーになっていようとは、知らぬか仏のお富さん。。

miss.key #eRuZ.D2c | URL | 2018/05/06 10:12 [edit]


miss.keyさん、ありがとうございます(^^)

雉に記事(*^_^*)
そう言えば、子どもの頃は家の周りにも普通に雉が飛んでおりましたが、雉って飛ぶとき垂直に飛び上がるんですよね~。記事も飛び上がって、消え去っていく……何度もやっちまうんだけど、反省しませんね。
ワード11枚分ですかぁ。思い出しながら書き直して、できあがってみたら全く別物。やはり飛ぶ鳥跡を濁さず、じゃなくて、ゆく川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず、ですね。
やっちゃった当初は、しばしば保存牡丹、じゃなくてボタンを押すのですが、のど元過ぎれば熱さを忘れて、またやっちまう。ほんとに人間って浅はかですね。でも、自動保存のおかげで多少は救われるようになっているような気がします。
コメントありがとうございました!!

彩洋→miss.keyさん #nLQskDKw | URL | 2018/05/06 12:13 [edit]


石の人形面白いですな

成程、良く見れば昔昔の平安の衣装に見えなくもない。うん。更によーく見れば・・・コンクリート詰めにされた893屋さんに見えなくも・・・(汗

miss.key #eRuZ.D2c | URL | 2018/05/13 13:50 [edit]


miss.keyさん、ありがとうございます(^^)

> コンクリート詰めにされた893屋さんに見えなくも・・・(汗
う……た、確かに、見えなくもない……顔だけ突出してますものね。それって、最終的には顔も?(こ、こわい)

この『石の人形館』?ちょっと昭和なにおいがするんですよ。そう、なんかその怪しさ(妖しさ?)が平成じゃないムードがありまして。この一ノ谷のシーンで、前に人が立ったら、自動で明かりがついて、いきなり山の斜面を馬(もちろん、馬も乗ってる人も石でできている)が、ががが~って駆け下りてくるのが何とも……CGっぽさが全くなくて、その手作りの力作感が昭和なのイメージなのかも。
個人的には結構気に入りました(*^_^*)
コメントありがとうございました!!

彩洋→miss.keyさん #nLQskDKw | URL | 2018/05/13 22:00 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/795-f2b99705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)