05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【旅2017・スペイン】(13)バルセロナ・タパスツアーと夜のサグラダ・ファミリア~その2・タパスと夜景~  

前回の記事「タパスツアー」その1に一部写真の内容に誤認がありましたので、書き直しました。ついでに少し写真を追加。
そして、今回の記事、自動保存設定にしていたのに、なぜか上手く保存されずに記事がぶっ飛んでしまいました。しょんぼり。
気を取り直して、再度書きます……


さて、ついにタパスの時間がやって来ました!
タパスの皿
ツアーでは3つのお店を、その時々でセレクトして連れていってくださいます。
タパスのお店では、こんなふうにカウンターのところにタパスが並んでいて、自分で取りに行くというシステムのところも多くあります。日本の串屋と同じで、爪楊枝や皿の数が課金システムになっているみたいです。飲み物は別に注文。
タパスの店
こちらのお店は青い扉が印象的なカジュアルなお店。ガイドブックに載っているところではなくても、ぶらっと入ってもそんなに当たり外れはないと思うのですが、こうして連れて行ってもらえると色んなタイプのお店に出会えてよいですね。

そう言えば、これまで行った国の中で、どこで何を食べても美味しいと思ったのはフランスでしたが、よく考えたら、パリは素通り、ほとんど海辺の田舎町にいたし(素材が美味しい)、後半の南フランスでは現地の日本人ガイドさんをお願いしていたので外れなく美味しいものにありつけていただけかも知れません。
ちなみに日本人ガイドさん、ちょびっと贅沢ですが、母と一緒だったので言語の不自由なく説明してもらえるからサンタフェで初めてお願いするようになってから、嵌まりました。ものすごく楽。それに親切で、何でも聞けるし、特にレストランとか困らなくて助かります。それで、今回の旅でも、一人きりだったのに南スペインでお願いしちゃったら、本当に楽しかったです(^^)/

それはともかく、スペインのご飯、総じて美味しいというのか、抵抗なく受け付けるというものばかりでした。カジュアルなお店も多くて取っつきやすい。それにスペインの方々は親切で、イタリア人ほどやかましくないので居心地がいいと感じる日本人観光客は多いのでは。(でも、やかましいの、嫌いじゃない^^; だって、イタリア語が分からなくなったら関西弁でしゃべっていても、大概困らない……テンポが似てるのかな?←ほんまか?)

プライベートツアーでなくても、今回のような日本人ガイドさんのツアー(オプショナルツアー)はネットでも色々と探し当てることが出来ます。日本人ツアーはあんまり、って人もいますが、やっぱりガイドブックで自分の力だけで回るのは限界がありますよね。もちろん、それも旅の醍醐味なのですが、若くて時間がある旅行ならまだしも、年取ってもう二度と来そうにないし、時間は効率よく使いたい、なんて時には重宝します。ガイドさんはたいてい現地在住の人なので、色々土地の情報も聞けるし。私は今回、ツアーの翌日にその1で教えてもらった石鹸屋さんに行ってお土産を買い、市の博物館にも行ってみました(^^)/
(書き直したら、余談が長くなった……)
ビールを注ぐ
こちらのお店では、お兄さんが見事なビール注ぎの技を披露してくださいました。
タパス
ちょっと写真がボケていますが、トップの写真にあるようにこちらのお店に並んでいる、パンの上に具を載せてあるのは、フィンガータパスでピンチョスといいます。ちなみにタパスとは、タパ=小皿の複数形。小さいコロッケみたいなのは、本当にコロッケ。ポテトと挽肉のコロッケはトマトソースもよく合います。
タパスの店2
2軒目に連れて行ってくださったのは、ちょっとお洒落な雰囲気のお店。お店の外のテーブル席は大人気で既にいっぱい。でもお店の中もなかなかお洒落ですよ。
ワインの壁
ワインのディスプレイも見事ですね。ツアー料金には各お店で飲み物も1杯ずつ含まれているので、こちらではシャンパンを頂きました。小エビのフリットも美味しかったですが、こちらの豚が何とも美味。
豚
そして最後に連れて行っていただいたお店は、生ハムが売りのお店。
タパスの店3
南スペインでも生ハムを注文しましたが、そこでもやっぱりお皿にめいっぱい生ハムが並んでいて、これを食べきるのは無理!って量でした。どうですか、この生ハムの迫力。
生ハムの皿
こちらでは、パン・コン・トマテの食べ方を伝授いただきました。焼いたパンやバゲットに、まず生のニンニクをがりがりとこすりつけ、更にトマトもこすりつけます。そしてオリーブオイルを好みで垂らして食べます。これと生ハムでもうご馳走ですね。
パンコントマテ
付け合わせには、ちょっとあっさり目のポテトサラダ。こちらもパンに載せて食べましょう(o^^o)
タパスの皿2
壁にはこんなふうに、生ハムの原型が。
壁にかかった肉

そして、夏の長い日が傾き、ようやく辺りが暗くなってきました。サグラダ・ファミリアまでは少し距離があるので、タパスを楽しんだボルン地区からはタクシー移動です。タクシーを降りたら、いきなりこの幻想的な景色が。
夜のサグラダファミリア
こうして夜に見ると、ちょっと蟻塚みたいですね。
夜のサグラダファミリア2
でも何だか分からないけれど、やたらと写真を撮ってしまうのです。ただ、撮っても撮っても、後から見たら同じような写真なんですけれど。例のごとく、池の反対側から見てみます。そして例のごとく、全部は入りません。あまり後ろに下がる空間もなく、あんまり下がったら池が写らず、広角レンズでもあればよかったのですが。でも、なかなか写りはよいですよね。
夜の逆さサグラダファミリア
仕方が無いから、正位のサグラダ・ファミリアと逆位のサグラダ・ファミリアを別々に撮って並べてみましょう。
なんか、タロット占いみたい。サグラダ・ファミリアの正位と逆位にはどんな意味があるのかな。
夜のサグラダファミリア5
夜のサグラダファミリア3池に映る
あれ? ちょっとズレちゃった。どうでしょう、この逆さサグラダ・ファミリアのくっきり度。ガイドのKさん曰わく、夜と早朝は静かで鳥が池で遊んだりもしないので、池の面が凪いでいて、特にクリアな姿が映るのだそうです。
夜のサグラダ・ファミリア2
いつまでも見ていて飽きませんが、これでタパスツアーはおしまいです(o^^o)
帰りはホテルまでタクシーでホテルまで送迎つき。無事に楽しい行程を終えました。Kさん、楽しいツアー、ありがとうございました。あ、こんなところで言っても聞こえませんね。それでは、もしこれを読んで興味を持ってくださった人がいたら、バルセロナに行くときにはこのツアーを利用してみてください(^^)/

ここでひとつお断り。旅記事と言えば、やっぱり美味しいグルメ情報も書いておいてほしいですよね。しかし、このスペイン旅行、美味しい記事はこの後、ロンダのご飯のみ(@_@) なぜなら、この後、私のお腹が壊れちゃったのですね。
原因には思い切り心当たりがあります。連日、体温以上の気温。暑くて観光中に、スタンドバーやカフェに入って、美味しくて冷たい野菜ジュースなどをやたら飲んでいたのですね。野菜ジュースやフルーツジュースは、氷や水がくせ者。水は硬水だし、合わない人はあわないですよね。しかもお腹があまり強くない人には危険性大。
そこで、お勧めなのは、旅行1週間前からのビオフェルミン予防投与。もちろん旅行中も続けるといいですね。私、今回の旅ではちょっと油断していました。やはりしっかり用心してかかったほうがよさそう。

さて、この翌日。
教えていただいた石鹸屋さんでお土産の石鹸を買い込み、市歴史博物館に行ってみました。
ヨーロッパの古い街の多くは、地下に古い時代の街があって、時代が変わると、その上に新しい街が築かれてきています。だから家の地下を掘ったら遺跡、という状態(で、時々ゴミ捨て場に利用されていたりする)。
で、古い町に行ったら、とりあえず地下に潜ってみたくなるのですね。これまでに潜った中で感動したのはマルタの地下遺跡。ローマでも幾つかの教会の地下に潜ってみたらエトルリアの遺跡、なんてところがあります。噂では、いまどきは、ローマの地下遺跡の発掘も進んでいるとか。規模でびっくりしたのはナポリの地下遺跡。普通の家みたいなところを入って行ったら、そこは地下遺跡なのですね。大きな規模になると、遺跡が地下の貯水槽になっていたりしますし、ナポリの場合は、戦争中の防空壕に使われていたとか(ムッソリーニに対する落書きもあった)。
で、こちらの市歴史博物館も地下遺跡がありますよ、とKさんに教えていただいたので、行かない手はない。
バルセロナ地下遺跡
地上階には展示物も色々ありますが、やはり地下1階のローマ時代の遺跡は圧巻ですね。結構広い空間です。
バルセロナ地下遺跡2
このあたりは浴場だったかな。色んな温度の浴槽があったそうです。排水路なども道の脇にちゃんと作られていたので、やはりローマというのはすごい文明だったのですね。
バルセロナ地下遺跡4
ワイン製造工場、オイル製造工場などもあって、豊かな生活が感じられます。
バルセロナ地下遺跡3
モザイクや壁画も残っていました。なんだかポンペイみたいです。
バルセロナ地下遺跡5
博物館の中では、バルセロナの歴史を映像で見ることができます。言葉が不要の良くできた映像で、結構見入ってしまいます。
壁画
博物館の出口は、なんとあの「王の広場」のコロンブスがイサベルに謁見するために上ったと思われる階段のところ。
えっと、ついでに、トイレ事情。実はお腹の具合のよくなかった私は、お手洗いにお世話になりましたが、こちらの博物館も綺麗なおトイレでした。あ、写真も撮ってみるんだったな。
お時間がありましたら、是非、歩くだけでも楽しい博物館ですから、訪れてみてください。あ、ガウディで忙しいですよね……色んな旅の楽しみ方がありそうです。

さて、予告編ふたつ。
実は、バルセロナから行ける近郊の観光地、モンセラットが抜けているのですね。
モンセラット
写真を見ていただいて、あ、いかにも大海が好きそうだ、と思われたかもしれません。そう、こちらは、石紀行でご案内予定です。何しろ、ガウディよりも先に計画に入れたところですから(なのに、石に夢中で、黒いマリア様には会えなかった……)。
そして、次回からは、スペインの旅は南スペインに移ります。南スペインは時間が限られる中、行きたいところを挙げて、旅行会社に無理に予定を組んでいただきました。どうしても見たいもの、結構距離が離れていたのを無理矢理……その最初がメスキータです。これを見るためだけに立ち寄ったコルドバ。どうぞお楽しみに!
メスキータnew-long
関連記事
スポンサーサイト

Category: スペインの旅2017

tb 0 : cm 4   

コメント


こんばんは!

やっぱり彩洋さんは旅上手です。
観光ツアーではまず訪れないポイントもしっかりと押さえていらっしゃって、ガウディ―で一杯一杯だったサキ達のツアーとは一味も二味も違いますね。
美しいゴシック建築の教会、裏町(下町?旧市街?)のたたずまい、とても興味深いです。もう一度行くことがあったら立ち寄ってみたいスポットですね。
でも、考えてみればあの短時間の訪問では、ああいう風に回らないとガウディ―すら見ることができなかったようにも思います。
自由時間にはサキ達もけっこうブラブラ町の中を散策しては居るんですけれど、ママさんのリクエストでスーパーや市場を覗いていることが多かったです。
やっぱり、異国の町を満喫するには、そこにゆっくりと滞在する・・・そうするべきなのかもしれないですね。
プラス、少なくとも英語が喋れること、かな?

あ、タパス!美味しいですよね。そして見た目も美しい。そして肉、魚介、野菜、少しずついろんなものが食べられる。
小食気味のサキにはありがたいメニューだったです。
お酒の肴みたいな感じで、楽しかったですよ。
ワインも美味しかったですけれど、カヴァのファンになりました。
彩洋さんはもっともっとディープなバルを巡っておられるようで、なおのこと羨ましいです!

サグラダファミリアのライトアップ、思っていた通り、綺麗ですね。
逆さファミリア、見事です!!!
見たかったのですが、やっぱり夜間の治安を理由にお勧めはしないと言われて断念しました。
ホテルの近くのカサミラとカサパトリョには希望者だけ集まって連れて行ってもらったんですけど・・・。
場所によるのかもしれないですね。

出た!巨石のモンセラット!ここは行ってないんです。
あ、ロンダも行ってらっしゃるんですね。ヨゾラに会えたのでしょうか?
http://debriscircus.blog.fc2.com/blog-entry-509.html
ここももう一度行きたい町です。
そしてコルドバのメスキータも・・・。
これだけ素晴らしい旅行記を書いていただけたら、サキのスペイン旅行記なんて書かなくてもいいような気がしてきました。
楽しみに待っています。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2018/06/11 20:03 [edit]


最近は日本のバルでもスペイン風なお店があったりしますが、タパスってやばいですよね。一個一個が小さいから、油断してもりもり注文しちゃって。それだけでお腹いっぱい、みたいな大惨事も(笑)
このツアーみたいに三軒も連れて行ってくれると、いろんな味や雰囲気が味わえて、文字通りおいしそうです。
ピンチョスもパン・コン・トマテも、食欲そそられるなぁ。

そして夜のサグラダ・ファミリア。
神秘的というか、なんかちょっと怖いっす。ぐにょって動き出しそうで。やっぱりガウディは生物系だなぁ、と再認識。
でも逆さサグラダ・ファミリアは、おっしゃる通り、夜の方がいい感じです。全体が写っていない写真も、綺麗じゃないですか。

地下遺跡かぁ。なんかロマン感じるな~。
先日NHKで、ローマ時代の地下の石切り場を紹介する番組をやってて、ちらっと見たんですけど、ほんと、ヨーロッパって街の上に街を積み重ねちゃうんんですよね。日本だとそうはならないから、ほんとうに不思議。

私はヨーロッパでも中国でも、お腹を壊したことはなくて、運が良かったなぁと思うんですけど、やはり水と氷はあぶないんですね。今度行くことがあったら、気を付けよう。せっかく出かけているのに、その土地の美味しいものが食べられないのは悔しいですからね。

そして、さすが大海彩洋さん、巨石紀行もあるんですね。
記事のアップ、楽しみにしていますね。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2018/06/12 23:31 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、またまたコメントのお返事が遅くなって済みません。
忙しかったのに1週間に2回も宴会が入っていて、ちょっと悪酔いもしちゃって、危なかったです。うう、もう年だなぁ。楽しかったのに(;_;) ぱんぱんな1週間が過ぎ、来週休みを取るためにまた働かなくちゃです。休むためにも体力が要る…
と、毎回言い訳している場合じゃありませんでした。

いやいや、前にも書きましたが、サキさんたちの旅、ツアーとは言え、その巡り巡った箇所を考えたら、すごい充実のツアーじゃありませんか。なかなかそこまで充実したものはありませんよ。ちゃんとポイントを外さずに押えておられますし。いや、それはやっぱりツアーのすごさですよね。
今私はグランドサークルを予定しているのですが、初体験のツアー旅行です。あまりにも広いアメリカ、自力ではどうしても無理そうなので。調べていたら、ツアーでもなかなか思うところを全部回ってくれなくて、選択が難しいですよね。

私の場合は、バルセロナ滞在日数に多少余裕があったのと(一応、お仕事にも参加したので)、夏という事が味方していた様に思います。以前は11月とかシーズンオフに旅行することが多かったのですが、夏は旅行代金高いけれど、夜遅くまで明るいから旅にはいいですよね。活動時間が長くなるし。おかげで、ガウディ以外も見る時間があったのですが、でも、ミロもピカソもダリも素通りしていますし^^;
スーパーや市場に行くってのも旅の醍醐味ですよ! ママさんのお気持ち分かるわぁ。私も、スーパーは一応行ってみて、ものの値段を確認したりしています。

私の場合、タパスにしても、しっかりとご飯を食べたのはほんとに数回だったのですよ。だから、きっとサキさんたちの方がスペイン料理を堪能されたのでは、と思います。なんてっても、スペインに行って、一度もパエリアを食べずに帰ってきた私。ご飯レポートはサキさんにお任せしたいわぁ。
カヴァですね。あ~、思えばお酒もあまり飲まなかったなぁ。なんか中途半端な食事事情。そんなわけで、タパスツアーは唯一のしっかり食べた、(お腹が調子いいときの)食事でした。

そうか、やっぱり夜の治安は微妙なのでしょうね。私はたまに短い時間一人歩きがあったのですが、脇目も振らずにホテルに直行していました。一度フラメンコを見に行ったときに、あのテロのあった通りを友人たちと一緒に歩いて帰ってきたのですが、あの通りは怖い感じはしなかったんですけれど……他はタクシー移動でした。
サキさんたちも、ホテルがサグラダ・ファミリアに近かったkら、そちらの夜景を見に連れて行ってもらえたかも知れないですね。
このタパスツアーを選んだ理由は、実は、バルにも行ってみたかったというのもあったのですが、ライトアップを見に連れて行ってくれるというので申し込んだのです。うん。ほんとに昼間よりももっと妖しい雰囲気でよかったですよ(^^)/
サキさんはお若いから、また次の機会があるかも! しかも次は完成したサグラダ・ファミリアかもしれませんね。

モンセラットは、実は、タラゴナからバルセロナ入りする途中で立ち寄ったのです。つまりコロニア・グエルの後ですね。何しろ、私の中でのこの時の旅のメインの目的は、アルハンブラ宮殿とモンセラットとサグラダ・ファミリア(順番通り)。ガウディよりも上位におりました。いやもう、大興奮の大海、完全に時間を忘れて山の上に吸い付けられてケーブルカーに乗っちゃって、黒いマリアさまにまみえることなく……^^;
石紀行の記事になりますが、スペイン紀行が終わったらアップしようと思いますので、お楽しみに!

ロンダも記事書きますね。あ、そうか、改めてヨゾラのお話を読み返しました。これを拝読したのは私のスペイン旅行が決定する前だったので、ロンダのイメージが何もなかったのですが、改めて拝読するとあの印象的な風景に物語が溶け込みました。こうして風景を実際に観た後では印象も変わるのですね。面白い。
メスキータ、これは時点(サグラダ・ファミリアの次)。でも行ってみたら、昔から憧れていた頭の中のスペインに出会えたような気がして感動でした。次回、お楽しみに!

> これだけ素晴らしい旅行記を書いていただけたら、サキのスペイン旅行記なんて書かなくてもいいような気がしてきました。
え~、いやいや、全然サキさんのチラ見せの旅行記からすると、しっかり読みたくなりますよ。
機会があったら、また是非書いてください!
私の場合、話があちこちに飛んで、まとまりがつかない雑談になりがちで……でも、楽しんでいただけたなら嬉しいです。
引き続き、よろしくお願いします。
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2018/06/17 00:33 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

TOM-Fさん、コメントの返信、またまた遅くなっていて済みません。
寄る年波に勝てず、しかも先週は2回も飲み会用事(1回はコンサート付)があったために、何だか必死に仕事して、必死に遊びに行って、なんてやってたら、土曜日本日はダウンしておりました。もう無理は利かないなぁ~(遠い目)

そうそう、そう言えば、スペイン料理の店って、日本で何軒か行った記憶がありますが、その時はタパスとか意識していませんでした。なんかパエリア食べてサングリア飲んで、って記憶しか……(^^) タパスって、傾向的には高知の皿鉢料理と同じなのかなぁ。皿鉢料理はでかい皿の上にいっぱい並んでるから、ちょっと違うか。
スタンスは串料理店に近いかなぁ、と思ったりしていたのですが。
どれだけ食べたかちゃんとかぞえなくても、串ならぬ爪楊枝の数でわかるっちゃわかるけれど、確かにあれもこれも試したくなるので、危険ですね^^; こちらのツアーでは、ガイドさんお勧めをじっくり楽しめたので、とてもよいものにありつけたと思います。パン・コン・トマテ、いや、これは単純で美味でしたよ。このニンニクを半分に切ったのを豪快にこすりつけるのが何とも。まぁ、簡単に言うと、ガーリックトーストのトマト味なんですけれどね、外れはないですよね。

> そして夜のサグラダ・ファミリア。
> 神秘的というか、なんかちょっと怖いっす。ぐにょって動き出しそうで。やっぱりガウディは生物系だなぁ、と再認識。
あはは(o^^o) 実は私も、写真選びながら、ちょっと気持ち悪い~と思っていたのでした。実際に行って見ていたときは、感動していたのですが、こうして写真を見ていたら、蟻塚みたいで、なんかもにょもにょ出てきそうで。動き出しそうとか、分かる気がします。もしかしたら、ガウディもその辺を目指していたのかも知れませんが……曲線が多いとそう思えるのかしら。
確かに、妙な生き物がいっぱい周辺に彫刻されていましたからね……
逆さサグラダ・ファミリアも御覧頂きありがとうございます。本当に水が鏡のようでしたね。素敵な世界を堪能できました。これは一見の価値ありです。やっぱり、サグラダ・ファミリアは半端ない存在感でしたね。なんか、本当に、見くびっていました。実際に見て「見る前は期待してなかったのに、ごめんなさい! ほんと、すげ~」と思ったのはピサの斜塔以来。夜の景色は教会ということを忘れてしまいそうな、圧倒的に迫ってくる感じで……確かに動くこともあるかも?

日本の場合は、基本的に木造建築ですものね。上に都市を築くってことはないですよね~そんなことしたら、木が腐ったら地盤沈下するし。何より、すぐ燃えるし。
ローマのある教会に行くと、ローマ時代の教会の下にエトルリア文明の名残がちゃんと見れるようになっていて、初めて見たときはすごく感動しました。それ以来、何かと地下に潜りたがっております。ナポリの地下遺跡は観光地として見れるようになっているので、もしもいく機会がありましたら……あの規模にはびびります。貯水槽として使われていたり、防空壕として使われていたり、本当に歴史と共に生きてきたのですね。もともとは古代の街なのに。ただ、入り口がかなりヤバい?下町の中なので、入り口にたどり着くまで相当身の危険を感じつつ、なのですけれど。石紀行でご案内した大谷石採掘場に降りていくとき、ナポリを思い出していました。

ううう。もともとお腹あんまり強くないんですよ。それでも、以前はイタリア放浪しながらも困ることなんて無かったのに……いつの間にかオリーブオイルも身体に合わなくなって。氷と水、本当にくせもの。弱いのになんであんなに飲んじゃったんだろ。日本の喫茶店と同じじゃないのになぁ。暑かったんです。ほんっとに。毎日、体温……くすん。
これがアジアの国だったら用心しただろうに、油断しちゃって。パエリア~(結局一度もパエリアを食べずに帰ってきた)

> そして、さすが大海彩洋さん、巨石紀行もあるんですね。
はい! ありますよ! しかも2つ(^^)
ひとつはモンセラット、もうひとつは、割と最近世界遺産になったというアンテケラという遺跡群です。
でもまずは、それ以外のスペインをお楽しみくださいませ。いよいよ南イタリア。心から「無理して行って良かった~」です。
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2018/06/17 01:05 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/801-3552d27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)