FC2ブログ
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雪原の星月夜】(真シリーズ)登場人物紹介 

この頃少し小説のアップから遠のいていて、何ブログか分からなくなっていると反省。一体、いつになったら小説をアップするのだと思われているだろうなぁ(思ってもらえていたらいいなぁ)……あ、もちろん、そうそう待ってくださっている人はおらぬのですが。
それはともかく、自分でも少し小説気分を盛り上げようと思うので、【海に落ちる雨】の続き、【雪原の星月夜】をアップしようと思います。といっても、まだ途中なのですが、第1節は書き終えているので、これをちまちまアップしても1年はかかりそうですし、その間に続きが書けたらいいなぁ。

まずは久しぶりなので、登場人物紹介から。
人物紹介のロングバージョンについてはこちらで一度書いているので、ご参照ください。
【海に落ちる雨】登場人物紹介
【海に落ちる雨】を読んでいないわ、という方も、どんな人間たちが出ているのか、ちょっと覗いてみませんか(*^_^*) 

【雪原の星月夜】(今のところ、まだ仮題、なんだけれど。このシリーズ、タイトルは基本的に気象関係)では、【海に落ちる雨】からほぼ2年近く経っていて、状況は変わっていますし、何のことか分からない部分があっても、お話の中に答えが散りばめられているので、今回から途中参加可能です!
(あ、でも、ここから読んだら、なんて話だって思われるだろうなぁ……(;_;) 初っぱなから18禁に近いし。……いや、そもそもとんでもない話なので、もう今更ですね)
【海に落ちる雨】からどんな状況の変化があったかは、ここではあえて詳細は書かないことにしますが、ちらちらと片鱗が人物紹介中にあるかも?

この物語には、不思議な娘が出てきます。実は、本人は登場しないのですが、みなが彼女を探しているという。そして、以前にも少し書いたかも知れませんが、このお話、下敷きになった物語があるのです。
『阿寒に果つ』……古すぎて、誰も知らなかったりして(TOM-Fさんは知っていた……)
そして、主人公にとっても、自分の抜け落ちた記憶(逆行性健忘なんです)との対峙が待っています。人を探しながら、自分の過去を探していく、という物語なのかも。
クライマックスは、冬の襟裳岬で、主人公とあの人の「こんなところで何をしてる?」「そっちこそ」の会話かな?(え?)
美和ちゃんと仁の恋の行方、そして真の妻の登場(多分「え?」というタイプですね)、ついでに真が居候しているお寺の副住職(カッパ先生)と家出娘(幼稚園児のあかり。実は【奇跡を売る店】の和子(にこ)はここから派生しました)という、真にとって支えとなる人たちの存在も、お楽しみに(^^)

あ、始めにお断りを。このお話、思い切り昭和なんです。昭和と言っても『三丁目の~』ってほどの昔じゃなくて、昭和の後半、1980年頃。古き良き時代とは言いませんが、少し懐かしい時代にタイムスリップしてください。
えぇ、まだみんな、携帯もスマホも持っていません。




【雪原の星月夜】(相川真シリーズ)人物紹介

<レギュラー陣>
(この物語にあまり出てこないレギュラー陣も書いてあります。名前が時々登場するので…)
今回、主人公以外でメインで動くレギュラーは、北条仁と柏木美和、葛城昇、あたりかな。

相川 真 30歳、新宿の調査事務所所長。元家庭教師と同居していたが、あれこれあって同居を解消、現在は妻と白山にある灯妙寺の離れに住んでいる。19の時に崖から落ちて死にかかっていて、その時の記憶が一部抜け落ちている。今回の物語はその過去との対峙になるかも。
大和竹流 39歳、銀座のギャラリー・レストランのオーナー。美術品の修復師だったが手に大怪我を負い(【海に落ちる雨】)、現在は後進を育てている。本名はジョルジョ・ヴォルテラ(イタリア人)。真の元家庭教師。真との同居解消後、以前にも増して菩薩のように精神的ストイックな状況にあるようす。

柏木美和 24歳、某女子大大学院生、ジャーナリズムの勉強中。真の事務所の共同経営者(自称・秘書)。明るい元気娘だったが、今回は恋人の身辺問題で大波乱の幕開け。
北条 仁 40歳、真の事務所があるビルのオーナー。美和の恋人で、仁道組(ヤクザさん)次期組長……どころではない模様で、なにやら不穏な動きの中にいる。

高遠賢二 23歳、もともといいとこの坊ちゃんだったが父親を刺して少年院に入っていたことがある。真の事務所に出入りしていて、いつの間にか真が最も頼りにする存在に。自称、真の弟子。
宝田三郎 26歳、ヤクザ志望で仁の舎弟になりたがっているが、気が弱くて性格的に向かないと言われて断られ続け、今も真の調査事務所に勤めている。事務所の掃除担当? 天涯孤独だが、仲間想いの一面も。

葛城 昇 竹流のもと仲間で、ゲイバーの店長。同性愛者で、竹流のことをずっと想っていたが、現在はかなり危ない橋を渡っている模様。
イワン・東道 竹流もと仲間で、ボクシングジム会長。無愛想で厳つい男だが、竹流に深い恩義を感じていて、昇のことを弟のように思っている。

相川 舞 真の妻。過去に真の調査対象だったことがある不良娘(当時の言い方では「スケバン」ってやつですね)。世間的には悪妻と思われているが、実際のところは?(多分「良い妻」ではない)
室井涼子 竹流の恋人の一人だったが、今は関係を絶っている。一方、真にとっては初恋の相手であり、現在深い付き合いにある。ブティックを経営している。
東海林珠恵 竹流の妻といってもいい女、祇園の芸妓。

井出幸之助 新聞記者、真や美和にとっては飲み仲間。お調子者だが信念がある。
唐沢正顕 真の元上司。調査事務所を経営していたが、今は服役中。かなり危ないおっさん。
三上司朗 唐沢の部下、真の先輩。調査事務所の爆破事故で下半身不随となり車いす生活をしている。妻は看護師。

篁美沙子 真が高校~大学時代に付き合っていた彼女。ひとつ年上で、なかなかお似合いのカップルだったのに、若すぎて真がはっきりしなかったために、結局フラれた。
小松崎りぃさ 真が大学中退後、唐沢調査事務所に勤めていたときに付き合っていた女。精神的にかなり壊れていて、自殺している。

高瀬 大和家の執事。竹流が絶大な信頼を寄せている。
名瀬 真の事務所を下請けに使っている弁護士。少年事件で有名。
斎藤宗彦 相川功(真の伯父)の親友で、循環器内科医。真の主治医でもある。

『河本』/ 香月 もと内閣調査室長代理。前回の【海に落ちる雨】で失策があり、その地位を追われた。とは言え今も同様の下部機関の裏方。いかにもお役人だが、大学時代、真の父親・相川武史の後輩であり、慕っていた。
福嶋鋼三郎 もともと警察組織にいたようだが現在は裏社会のフィクサー的存在。【海に落ちる雨】で真の敵とも味方ともとれる行動をしているが、根は相当の悪人。自分の人生は先の戦争で終わったと思っている。
チェザーレ・ヴォルテラ 現ヴォルテラ家の当主。竹流の叔父。ヴァチカンに仕える家系のゴッドファーザー。 

*真の親戚関係
相川(富山)葉子 真の従妹(真が功に引き取られていたので、兄妹として育っている)。真の親友と結婚し、現在一女の母。ちょっと素っ頓狂なところのある不思議娘で、お兄ちゃんのお嫁さんになるのが夢だったけれど、「兄には竹流さんがいる」ので諦めたらしい?
富山享志 真の自称親友。某貿易会社の御曹司。天然ボケ系で「いい人」。彼が主人公の物語は【学園七不思議シリーズ】
相川 功 真の伯父、育ての親。脳外科医。失踪している。
相川武史 真の父親。某米国国家組織のスナイパー。息子とは親子の縁を切らざるを得ない状況にあり、滅多なことでは連絡を取り合うことはない。真は今も父親に対してはいい感情を抱いていない。
相川弘志 真の叔父。北海道・浦河で牧場を継いでいる。いかにも田舎のあんちゃん。妻はアイヌの女性。
相川長一郎 真の祖父。剛健で頑固なじいちゃん。兄弟で競走馬の牧場を経営している。
相川奏重 真の祖母。そのじいちゃんを密かに尻に敷く、たくましき女性。民謡歌手でもある。

<【雪原の星月夜】登場人物>
神路 月(昴) ティーン向けのカリスマ童話作家。モデルのような容姿で不思議な魅力がある。今回の物語は彼女の失踪から始まる。しかも、真の伯父・相川功と何らかの関係があるよう。
池内 暁 神路月の恋人。大東組の構成員でもある。真の事務所にまだ発刊されていない月の童話の本を送ってきた?
芝田音緒 神路月のマネージャーで、池内暁の従妹、かつ元恋人だった。大東組組長・大東松吉の孫でもある。月の失踪に関係しているのかどうか?
新庄龍和 大東組の若頭。かなりヤバい男。月を探しているよう。
古塚 警視庁・四課(当時)の刑事。本人もやくざみたいだが根っこは正義感が強く、もともと真の剣道の好敵手だった。

 まだまだ出てきますが、登場する度に追加していきます(^^)/


予告:【雪原の星月夜】 第1節

1.月の船
2.霧の港
3.プラネタリウム
4.君恋し
5.昴
6.暁闇
7.運命の輪
8.魂の帰る道



「天の海に 雲の波立ち 月の船 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ」
 竹流が耳元で囁くように歌う。震えるような吐息は、三十二音の言葉が語られる間に、天の海が凪いでいくように静かで穏やかなものに変わっていった。
「柿本人麻呂だったっけ」真は確かめ、自分の声が、うちに押し込んだ感情よりも遥かに穏やかであることに、不思議に安堵した。「日本の古代の人麻呂なんて名前の人が、宇宙を歌ってるってのは、やっぱり今考えても不思議な感じがする。宇宙は古代から変わりなくそこにあるのに、人はひとつの人生の中でどれほど大事なものを失っていくんだろう」
 十代の若者のようにセンチメンタルなことを言っていると考えて、真は自分で自分の言葉を貶める。それでも竹流の声は暖かく、柔らかく、真の汚れていないどこかを包み込むようだった。

「俺が、何であの店にそんな名前をつけたか、話したかな」
「いや」
「『天の海』、『月の船』、『星の林』……この歌を教えてくれたのは功さんだよ。日本の古代の歌人の歌だ、洒落てるだろうって。あの人が居なかったら、俺は深く人を信じることをやめてしまっていたかもしれないと、今でもそう思っている」
 竹流は今でも、真の伯父の功に心の底から感謝しているのだ。だから、功が息子として大事にしていた真のことを気に掛けているのだと、全ては功への恩義に報いるためだったと、そのように聞こえる言葉を、真は耳の中でしばらく持て余していた。そして、福嶋の事務所の奥にある彼の私室で手に取った、功の本の重さを思い出し、右の手をひとり、握りしめた。
 迷い苦しみながらも真を育ててくれた功の手は、いつも真の前に幾千万もの星々を映し出して見せてくれた。本の中にも、書斎の天井にも、不安で潰れそうになっていた心のうちにも、確かな軌跡を描いてくれた。
 功の『宇宙力学論』、あの本を福嶋のところに残してきたことを後悔した。意地を張るものでなかったのだ。本当なら頼み込んででも、あの本を受け取って来るべきだった。

 
またまた万葉集から歌を引っ張り出してきてテーマにしています。柿本人麻呂のこの歌、とても古代に詠まれた歌とは思えませんよね。いえ、そうではなく、古代から変わらず人々は宇宙を見てきたのですね。

・【清明の雪】のテーマとなった万葉集の歌は、
「旅びとの 宿りせむ野に 霜降らば 吾が子羽含め あま鶴群たづむら
でした。こちらは遣唐使の息子を想って母が詠んだ歌でした(^^)


こちらを週1でアップしながら、時々他の物語の始末もつけていきます。
まずは、マコトかな。それとも慎一かな。
あ、この度、もしかすると、竹流もマコトを飼うかも?(さみしいから? トニーは大和邸から離れそうにないし、半分野生化してるし)
関連記事
スポンサーサイト

Category: ☆登場人物紹介・断片

tb 0 : cm 10   

コメント


こんばんは。

ああ、なんだか「真打ち登場」って感じがします。
いや、蓮やマコトが前座というわけではないんですけれど、やはり彩洋さんの小説の神髄といったらこのシリーズかなあと。それに詩織の代も、もちろん好きなんですけれど、あの二人の登場には敵わないかなーと。

柿本人麻呂にこんなロマンティックな歌あったんですね。知りませんでした。SFや火星には湖があってなんてことを知るよしもなかった時代、人々はもっと浪漫に生きていたのかもしれませんね。やはり、そういう所にはリトルグレイとかモノリスとか出てきて欲しくないじゃないですか、想像でも。

登場人物にも前作との変化が見られます。さらっと書いてありますけれど「真の妻」って! それに、少し登場人物の年齢を誤解していたところがあって、ここで記憶違いを修正していただけたのはよかったかも。宝田とか、真より年上だとなんとなく思い込んでいました。

それにしても第一節で一年ですか! これまた壮大なストーリーになりそうですね。

「大道芸人たち Artistas callejeros」第二部も、全然書き終わっていなくて、でも、見切り発車でも出さないと永久に「連載するする詐欺」になるのでオープンにし出しましたけれど、人生には限りがあるので、無理矢理自分に締め切りを作るのって大切なのかなと切実に思います。

ともあれ、楽しみにしていた続き、間もなく読めそうでとても嬉しいです。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2018/07/30 04:09 [edit]


おお、【海に落ちる雨】の続きですか!
夕さんもおっしゃられているように、やはりこの二人が登場すると
わたしも「真打ち」って感じがします!
【海に落ちる雨】は、連載が終了しているものを追いかけるような
形になりましたが、今回はリアルタイムで連載に接することができるということで
それもとても嬉しいです₍₍(∩´ ᵕ `∩)⁾⁾

前作から二年ですか、確かに、さらっと「真の妻」って書かれていますが、
前々から気になっていた「悪妻」さんの存在がついに……!?
え、で、同時進行で、涼子さんと付き合っている……? だと……?
なるほどなるほど、序盤から波乱万丈な予感です。

あれから二年……
衝撃的のラストから、でも、二人の現実の時間は続いているのですね。
あれからどうなるのか想像もつかないですが、今回は一人の女性を
探し当てつつ真の失われた過去との対峙の物語になっていくのですね。

星に月に夜。
柿本人麻呂の歌から切り取った題名がなんとも美しいです。
うわー嬉しいなぁ、毎週二人に会えるなんて、楽しみです!

canaria #- | URL | 2018/07/30 13:01 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

こんばんは! さっそくありがとうございます。
このところ、小説アップから遠ざかっていて、自分でも何だかなぁだったのと、夕さんと同じで、もういつ何時何があっても可笑しくない歳になったので(!)、今のうちに書いた分はアップしとこうという、この年齢のものにしか分からない切迫感がありまして(たぶん、夕さんは同じ??)。本当に人生は短いですものね。

「真打ち」の「真」……いや、べつに韻を踏んでいるわけでも何でもないのですが、なんか嬉しい(^^)
蓮は前座というのには可哀相だけれど、マコトは明らかに前座ですね。(え?)
でも、そろそろ、真を手放した竹流がさみしがって、タケルと同じように、築地あたりの溝で茶トラの子猫を拾ってくるかも知れません……^^; 

でも、確かに、このシリーズの本編は「濃い」んですよね。書いているときの熱量が違うというのか、確かに中身も熱い。他の物語は、もう少し温度が低いのかも知れません。何が違うのかなぁ。
そもそも、人間関係が濃いんですよね。他のお話ではそこまで濃くないのに、この話だけ、なんか昭和的に濃い。きっと平成の世の中のさわやか路線好みの世代には受け入れられないんだろうなぁ。
でも、今回はあんまり二人でどうこうな話というだけでもないので(いや、読み終わってみたら「なんだ、また結局、ラブラブだっただけじゃん」って言われちゃうかもなぁ……)、彼らだけでなく、登場人物それぞれが抱えたいろんなものを少しずつ拾い上げていく話になっているかもしれません。それは前も一緒かなぁ。

> 柿本人麻呂にこんなロマンティックな歌あったんですね。
そうなんですよ。この歌を見つけたのは、何かの科学の読み物を読んでいたときだったので、あぁ、こりゃすごい。まさかの万葉集? ってので舞い上がりました。ってもう10年以上も前の話ですね。で、これは【海に落ちる雨】の続きに頂こうと思っておりました。もちろん、リトルグレイはいないはず! 
空を見たら、古代人も同じようなことを感じていたんだと思うと、なんか、柿本人麻呂が親戚のおじちゃんな気分ですよね。いや、百人一首の絵に描かれている人麻呂さんは烏帽子にひげのじいさんなんだけれど^^;

そして。はい、真の妻の登場です。だって、慎一が生まれなくちゃならないですしね。あの子、ぼ~っとしてるから、「本当に僕は愛し合った夫婦の息子なのかな」なんて悩まないだろうからいいのですが、そのあたりも含めてどうなんでしょうね、という夫婦です。愛って、こうでなくちゃならないって典型はないから、まぁいいのかなぁ。でも、真って世の中から滑り落ちる系なので、このくらい根性の入った、生命に固執するたくましい女でないと、釣り合いが取れないんですよね。だから、実は、真よりも慎一の方が100倍もたくましいし、長生き(ん?)。

でも、たぶん驚かれるのは、真の節操のなさです。なにがあって、こんなに壊れちゃったのかって思われるだろうなぁ。
冒頭シーンで、我リアル友もびびってましたから。なんでこんな冒頭になったんだっけか? なんか、もう当たり前に、【海に落ちる雨】を書き上げたとき、ふわっとこのシーンが浮かんだのですね。
……みなさんに引かれませんように(>_<)

というわけで、これからもよろしく御願いいたします(^^)
コメントありがとうございました!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2018/07/30 21:43 [edit]


canariaさん、ありがとうございます(^^)

わぁい、canariaさんもありがとうございます。そうかぁ、やっぱり真打ち、といっていただけますか。うんうん、真だし(ん?)夕さんへのコメ返にも書きましたが、きっと書いているときの体温が違うんだろうなぁ。何だか、人間関係が濃いのですね。そして、この感覚は平成っ子には分からないかも知れないと、ちょっと思うことがあります。いや、生まれた年代というよりも、感性が昭和か平成かってことなんだろうけれど。
昔のドラマとか見てても、人間関係濃いですよね。たとえば、金八先生とごくせんの違いを見ても分かるように。金八先生は頭の中で、中島みゆきの『世情』なんだけれど、ごくせんだと『No More Cry』とか『虹』とかって、なんて爽やかな歌。
そう考えたら、真の時代は絶対に昭和でなくちゃならないんですよね。あの、何だか熱病みたいな温度。携帯もスマホもなくて、待ち合わせしたのに会えなくてうだうだしちゃう感覚。濃くて深い人間関係の温度(絶対、最近の人には受け入れられないな。ライトで爽やかで楽しくて明るくて、ってのしか受け入れてもらえない現在)。

そうそう、今回はリアルタイムで読んで頂けるのですね(^^)
あ~、皆様をびびらせている「真の妻」ですが、まぁ、この先、遺伝子を子孫に受け継がないといけませんから、ね(^^)
実は真の妻の設定は結構二転三転したのですよ。でも、最終的に一番始めの設定=悪妻に戻りました。でも、夏目漱石の奥さんが悪妻だったかどうかって議論があるように、何が悪妻で何が良妻かっていうと、基準がわかんないし、真みたいなふわふわした人間には(この世の中に存在するという意味において常に危うい)、彼女くらい根性の入った女でないと、つりあわんのでした。

> え、で、同時進行で、涼子さんと付き合っている……? だと……?
> なるほどなるほど、序盤から波乱万丈な予感です。
いやいや、いやいや、涼子どころじゃないのですよ。もうね、きっと、初っぱなから皆さまをびびらせると思いますが、さら~っと流してくださいませ。でも、canariaさんはびびらないかも? う~ん、私が以前に、ケイと真が似ていると言った正体がここに表われているかも知れません。本当に、この人、危ないんですよ。危ないんだけれど、汚れたら汚れるほど透明になっていくのが怖い……19の秋に崖から落ちて死んだと思っているからなぁ。
渡辺淳一の『阿寒に果つ』を読んだとき、あ~これは、ちょっと分け分からんけど(18歳で死んじゃった画家)なんか美しい話だと思って、いつかこのパターンで書いてみたいと思ったのでした。でも、一応ハーフボイルド(ハードボイルドではない、半熟卵)ミステリーもどきなので、単純な恋愛物語にはできませんでしたけれども。

星月夜、というのは星が月のように明るい夜、ということなんですね。物語の中で、この明るい星々のイメージが北海道の雪原に浮かび上がってくれるとありがたいのですけれど。
とりあえず第1節では、壊れた真と菩薩化した竹流をお楽しみくださいませ。たぶん、ちょっといらっとされちゃうかも(>_<)
これからもよろしく御願いいたします。
コメントありがとうございました!!

彩洋→canariaさん #nLQskDKw | URL | 2018/07/30 22:26 [edit]


大海さん^^ お・ひ・さ・でぃーす^^ (いえ、キャラ変わっていませんて><)
二年越しですか。これは長いというのか早いというのか…
私はシリーズものを持っていないので、それが描けるというのは羨ましいです。

うんうん。登場人物のおさらい。
相関図がまたこの先、広がっていくのですね。
一人一人にあれこれあってここにつながる、みたいな展開がホント、イイですね。

二人で万葉歌のお話。それに関わる身内のお話。
そうして広がる大海さんのワールドはまたうんと濃そうで楽しみです。
週一ですと。ついて行けるよう頑張ります。
(いえ、忙しいわけではないので。寒いだけで -_-;)

けい #- | URL | 2018/07/31 22:08 [edit]


小説、お待ちしておりましたよ~、手ぐすね引いて。
第一節、タイトル見るだけで内容が楽しみだし、読みごたえありそうですので歓迎です。

さて人物紹介。
くは~、お、多い。「海に落ちる雨」のときも思ったんですが、これだけのキャラを動かすのって難しくないですか? 私は基本キャラが少ないので、ほんとうに驚いてしまいます。
で、やはり気になるのは、真のヨメの舞ですね。
出てきましたっけ、どこかで(すでに記憶喪失w)ずっと悪妻だと紹介されていますが、真がなんでそんな女性をヨメに? こりゃ、押しかけ系?

で、人麻呂。
この歌、見たことあります。天に星に月にって、お題でももらったんでしょうか。不思議な歌ですが、まあ、月は船でしょうね。

「阿寒に果つ」は、学生時代に読みました。
はい、タイトル買いです。でも当時の純情だった(笑うなw)私には、あのお話はショックでしたねぇ。あれ実話を元にしてるんですよ。それを知って、さらにびっくり。
あれを下敷きになさったということは……ムフフ。これは楽しみだなぁ。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2018/08/01 12:49 [edit]


こんばんは~。

こんなに熱い紹介記事を見せていただくとムラムラと来ますね。
登場人物も大勢で、それぞれがとても個性的です。それだけに人間関係も超複雑、それに展開も激しく情熱的、そして大人です(彩洋さんですからたぶんそのはずです)。
部分部分を紹介記事や番外、エンディング編、別バージョン(ハッピー版)を読ませていただいたりして、何となく流れはわかっているのですが、いかんせん壮大すぎるんだよなぁ~。
サキはやはり尻込みをしています。
【奇跡を売る店】は楽しく読ませていただいているので、【海に落ちる雨】もぜひ読ませていただきたいのですが、エネルギーが溜まらないままそのままになってしまっています。すみません。
そこへこの続編の【雪原の星月夜】がUPされるという予告記事。
ウムム・・・このお話から読み始めても大丈夫かなぁ?
真の妻の登場や、あかりの登場、とても興味があるんだけれど・・・。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2018/08/02 19:56 [edit]


けいさん、ありがとございます(^^)

けいさん、おはようございます(^^)
ほんとお久しぶりです~。なんだか、あまりの暑さに溶けそうで、こんな時こそ、けいさんの爽やか系のお話が懐かしいこの頃です。けいさんのデータぶっ飛び事件からの回復は、その後どうでしょうか。なんか気持ちがめげちゃうってのが大きな問題ですよね。

そして、こちらの記事にコメントをありがとうございます。えっと前回の連載終了から2年でしたか。う~む、もう連載終わってたときには書き終えていた部分だったのですが、全編完成してからアップしようと思っていたんですよ。でもこのままだと永遠にアップしなくなりそうなのと、まぁ、年も年だし、ってのが大きいのかも知れません。
確かにシリーズものだと、なんか懐かしさもあって、自分のちょっと嬉しいですよね。
あれ? けいさんの『夢叶』etcはしっかりシリーズものだと思っていましたよ。

うちのシリーズ、無駄に登場人物が多いですが、まぁ、主要人物は限られているので、あまり問題にならないのでは、と思っていたりします。こうして並べてみたら、結構色んなタイプの人間がいて、それなりに面白いなぁと自画自賛中?(うそです)
実際にひとりについてノート1冊の履歴書を書いたりはしませんが、レギュラー陣に関しては、かなりしっかり、小説中に出てこない話も含めて設定があったりします。もっとも、全く何も考えてないキャラもいますけれど^^;

何でこの人ら万葉集の話してるんでしょうね。なんか、一通り酸いも甘いも乗り越えちゃった関係なので、逆に話してることの意味が分からんという関係……どうでもいい話なんですけれど。
ただ、功とか武史とか、ひと世代前の人たちって、たとえば功は脳外科医だけれど、元工学部の学生で自分でプラネタリウム作ってたり、宇宙絡みなら文学も一通り読んでたりして、そういう幅のある人間って多かったと思うのですよね。最近はそういう人減ったのかなぁ。あまり表に出さないだけなのかも知れませんが。
今回、名前はすごく出てくるのに、本人が全く登場しないという人が数人いまして、それがちょいと書きにくい処でもあるのですが、目指せ『阿寒に果つ』です(^^)

今回もまた、濃~い話になりそうですが、飽きずにお付き合いくださいませ。
でもどうしてそうなっちゃうのかなぁ(>_<)
コメントありがとうございました!!
寒いオーストラリア、体温以上が普通になっている日本からするとちょっと羨ましい(;_;) でも、お風邪などお気をつけて(^^)/

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2018/08/04 11:17 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

TOM-Fさん、お待ちいいただいていて恐縮です(^^) いや~、もうね、見切り発車にしました。まだ第1節しか書き終えていないけれど、例のごとく、22万字くらいあるんですよ。もう、これアップするだけで年単位かかりそうなので、それなら見切り発車ありか、と。
【海に落ちる雨】ほどには長くからない予定ですが(多分3節分くらい)、ひとまず、第1節はProblem Listみたいなものですね。事件が起こって、あれやこれや「起」に相当するものがばらまかれている編。今回の章題もまた悩みながら、適当につけていますが、なんかあんまりセンスがないので、あちこちぱくりがあります^^;

登場人物、やっぱり多いですかね~。確かに、自分自身、小説読むとき、それ誰だっけ?って思ってしまう口なので(いや、一気に読まないから悪いのですが)、そういうとき人物紹介は役に立ちますよね。なので、一応作っておこうと。作者は何回も書いているので覚えてるけれど、読む人は絶対大変。
いえ、この数のキャラを動かすのって、あまり難しいと感じたことはないのです。きっと数は多いけれど、さして重要ではない人物もいる? ってことではないけれど、多分もう自分の中では親戚の人たちってイメージなのかも。

真の嫁^^; もちろん、初登場です! これまで片鱗も出てきていませんので、TOM-Fさんの記憶には何ら問題ありません!
もともと真って、薄幸系にふら~っといっちゃうところがあるんですよね。美沙子は私の中では普通に二重丸の相手だったのですが、あれこれあって別れちゃって、その後はりぃさも深雪も薄幸系。逆に美和ちゃんとくっついとけば良かったのに、なぜかそんな「正統な女子」とはくっつかないこの男。
正確には、できちゃった婚に近いんですよ(いや、正確には出来てなかったけれど、なんか勢いで)。ただ、生命力と生き抜く根性は並大抵ではないという子なので、そこには真も惹かれたのかも。あまりにも自分と正反対で^^; 設定のコンセプトには「夫がダメ男なら、私が替わって戦場に行くわ」ってタイプ。イメージの根底には『風と共に去りぬ』で大根(ニンジン?)かじってたシーンがあったりして。

お。さすが、TOM-Fさん、この歌知っておられましたか。なんか、言われなかったら万葉集だとは思いませんよね。
烏帽子にひげのじいさんなのに(って、しつこい)。
そして以前にも『阿寒に果つ』のことを(このお話の下敷きになっているってこと)書いた記憶があるのですが、その時にTOM-Fさんから「読みましたよ」ってコメントを頂いたような。そうそう、渡辺淳一の実体験が下敷きになっているんですよね、あの話。思えば私たちの少しお兄さんの時代(真もそうなんだけれど)、学生運動とかの世代で、みんな良くも悪くも熱かったんですよね。命に対しても。
似て非なる話になると思いますが(冬の阿寒湖は出てくる。タンチョウとか)、雰囲気はお借りしようと……って、他の誰も知らない話だったりして。
というわけで、またよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2018/08/04 11:42 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、おはようございます。あ、もうお昼だ! だらだらしてました。
紹介記事を読んで頂いてありがとうございます。そうなんですよね、妙に沢山人が出てくるんだけれど、まぁ、多いだけで、重要でない人物も混じっているので、適当に「だれだっけ、この人。人物紹介見ようっと。あ、そうか」程度の扱いにして頂いても問題ないという感じです。主人公たちの人生に絡んだとしても、結局のところ、この二人、性別の問題でくっつかなかったけれど「二人のため、世界はあるの~」とか「あなたの燃える手で私を抱きしめて~」の世界なので(いや、それは誤解をまねくか)、その他の人たちはみんな基本的にサテライトチームですし。
まぁ、みんな濃いようにも思いますが、昔のドラマ見ても思うけれど、あの頃のお話って基本的に人間関係濃いですよね。今みたいにあっさりじゃなくて、なんか昼ドラ系。最近韓国のドラマをチラ見しても思ったけれど、ちょっとそういうのも懐かしい(トウシューズに画鋲が入っていたり←チガウ^^;)。

> 部分部分を紹介記事や番外、エンディング編、別バージョン(ハッピー版)を読ませていただいたりして、何となく流れはわかっているのですが、いかんせん壮大すぎるんだよなぁ~。
うんうん、ありがとうございます。もうね、作者自身がハッピーエンドを求めたり、パラレル書くくらいだから、どんなけ?って感じですよね。それくらい、ぐちゃぐちゃな話なので、皆さんに受け入れてもらえるかどうか、ってことなのですが、嵌まると中毒ってのを目指して?(あれ? そんなコンセプトだっけ?)

【海に落ちる雨】は物語が展開しながら、結構二人の過去とか、生い立ちとか、独立した章として挟まれている部分もあったのですが、今回のお話は一つのまとまった話の予定です。人物関係は紹介にも書いてあるし、文中にあれこれ事情説明も書いているので、多分ここから読んでも何の問題も無いと思います。
多少、なんでこの人とこの人こんな関係なの~???ってことがあるかもしれませんが(根っこは【海に落ちる雨】の中にあったりして)、そこをさら~っと流して頂いたら、問題ないはず^^; 主として問題は主人公の真の危ない交友関係^^;の問題なので。
しかも、真の妻は初登場ですから、みなさん、初めましてです。あかりも。あ、あかりは和子より全然素直ですけれど(多分、蓮がかなりまともな分、和子のキャラを強くしていて、こちらでは主人公の方があれこれ強烈なので、周囲が少し大人しいキャラに? ってことはないか。う~ん)、ちょっと癒やしな人物も必要になっておりまして。思えば、あかりは和子よりもずっと早く生まれていたキャラなんですよね。そう考えたら、どんなけ長いことほってたんやら。

そんなこんなで、多少のことにひっかかりつつも読んで頂けたらとても嬉しいです(^^)
コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2018/08/04 12:03 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/807-0f4c2a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)