FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・音楽】2018秋の音楽活動~アファナシエフとウィーンフィルwithラン・ラン~ 

前回は夏までの音楽活動(といっても聴く方。弾く方はまたそのうち)をご報告しましたが、秋から冬にかけても、仕事やあれこれの隙間を使ってコンサートに頑張って通ってみました。
しかし、11月の「アシュケナージ指揮アイスランド交響楽団、ピアノ辻井伸行」はオフ会とダブっちゃって、姪にチケットを譲ったので、残念ながらうん十年ぶりにアシュケナージ氏のご尊顔を拝する機会を得ることは出来ませんでした。うん、またそのうち。

10/8 ヴァレリー・アファナシエフ ピアノリサイタル @シンフォニーホール
プログラム:ベートーヴェン ピアノソナタ『悲愴』・ 『月光』・ 『テンペスト』・ 『熱情』
(アンコールの記憶が……(>_<))

以前から書いていますように、私はそもそもベートーヴェンが好きなのですが、ピアノでオールベートーヴェンプログラムは初体験。今、お気に入りのベートーヴェンのピアノソナタ全集はクラウディオ・アラウで、通勤の帰りはいつもどっぷりベートーヴェンです(行きは道上洋三^^;)が、車の中でぼ~っと聴いているのとは訳が違う。生でベートーヴェン4曲ぶっ続けって、弾く方も大変だろうけれど、聴くのも大変そうだと腹を括って出かけたわけです。ここに『ワルトシュタイン』か『ハンマークラヴィーア』が入っていたら、もっとえらいこっちゃでしたけれど……

ヴァレリー(ワシリー)・アファナシエフは、かなり年配(1947生まれ)のロシアのピアニストで、私はアルバムを2枚持っているのですが、割とテンポがゆっくりで音が綺麗なので、勉強になるなぁなんて思っていたのです。しかも、そのうち1枚はソナタの1番、7番、17番(テンペスト)で、なんとピアノがベーゼンドルファーインペリアル。スタインウェイとはまた違って、音に濁りがまるでない、あのウィンナートーンがCDで聴けるという素敵な録音なんですよ。このアファナシエフ氏は詩人で文筆家でもあるのですね。
アフェナシエフ
さて、このコンサートが、私のベートーヴェンに対して持っていたイメージを思い切り裏付けしてくれるとは、行くまでは思ってもみなかったのです。ベートーヴェンは、人生としては、恋は実らないし甥っ子には悩まされるし耳は聞えなくなるしで大変だったわけですが、彼のフレーズは本当に美しい。他に表現は見当たらない、この実にありがちな「美しい」という言葉に輝きと意味を与えてくれる。けれど、決してアルファ波作曲家ではないのですよね。
それが、このコンサートでは、ずっと心地よくて、いい具合に交感神経と副交感神経が行き来する感じで、本当に楽しく過ごしました。そうよ、ジャじゃジャじゃ~ン!がベートーヴェンじゃないのよ。私がこの間惚れ込んだソンジンくんにしても、やっぱり若いピアノにストは技巧がすごくて勢いもあってぐいぐいと引っ張られるけれど、三味線の場合だと、ちょっとロックな若者の演奏はそれはそれでいいんだけれど、ずっとサワリがなっているような年の功の渋い三味線を聴くと、やっぱりこっちが好き、と思ってしまうことがよくあるのです。結果的にはそれぞれが別の魅力があるからいいのですけれど。
アファナシエフ氏のピアノ、さきほどテンポがゆっくりだと言いましたが、中でもスケールが本当に美しくて、ふわ~っと浮き上がるような心地がしました。

交感神経部門(?)で良かったのは『月光』の第3楽章でした。この第3楽章は常々「月光」じゃなくて「激昂」じゃないのか、と思っているのですが(高速走ってるときに音量上げてると、いつもここでびっくりする)、アフェナシエフのピアノはテンポがあまり強烈でないから疲れないんですよね。それなのに迫力は伝わってきて、なんというのか、重い音がしっかり届く感じでした。
副交感部門では、『テンペスト』の第3楽章。ちょっと泣きそうに美しかった。きらきらと水が光りながら流れるようでした。
私の大好きな『熱情』も、ちょっと別の側面を見た感じ。あの曲は緩徐楽章はともかくとして、基本的に交感神経興奮しまくりで、自分としては仕事がはかどる曲第1位なんですけれど、あぁ、こういう解釈もあるかぁと思いながらいい気分で聴いていました。

そして、私が今戦っている『悲愴』。ニックネームつきのベートーヴェンのピアノソナタの中では一番平易な曲だと思うのですけれど、弾きながら、この曲はたしかに第1楽章はなんかうちひしがれている気はするけれど、第2楽章は諦念というのか受け入れの段階で、第3楽章はもうそこから抜け出していく過程のような気がしていたのです。ある解説本に最後のスケールと和音は「悲愴な感じで終わる」的な事が書いてあって、いや、それは違う、これは悲痛な過去を断ち切り未来へつなげる音だ(三味線では1の糸を思い切り叩く気分)、と思っていたのですが、うん、それをちゃんと感じました。納得。

そうそう、ここのところ、辻井伸行、シャルル・リシャール=アムラン、チョ・ソンジン、フジ子・ヘミング、ラン・ランとピアノを立て続けに聴いてきましたが、どちらかと言えばピアノはピアノだけのコンサートがいいなぁと思いました。もちろん、オーケストラとの共演は悪くないのですが、どっぷりピアノに浸かりたいなぁ。いつかソンジンくんのピアノだけを聴きに行きたいと思うのでした。

「私はほとんど希望を失った。命を絶つまでにあと少しのところであった。私を引き留めたものはただ『芸術』である。自分が使命を自覚している仕事を成し遂げずに、この世を見捨ててはならないように思われたのだ」
(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン「ハイリゲンシュタットの遺書」)

11/16 フランツ・ウェルザー=メスト指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ピアノ:ラン・ラン @フェスティバルホール
ウィーンフィル300
プログラム:モーツァルト オペラ『魔笛』序曲
     モーツァルト ピアノ協奏曲第24番 ハ短調(ピアノ:ラン・ラン)
     ブラームス 交響曲第2番 ニ長調
アンコール:シューマン ダヴィッド同盟舞曲集op6より
     ヨハン・シュトラウスII世 南国のバラ
     エドゥアルト・シュトラウスI世 ポルカ「テープは切られた」

…泣くほど高かったチケット(;_;) 1ヶ月以上悩んで、でも、ウィーンフィルのブラ2とラン・ランのモーツァルトの誘惑に勝てなかったので、清水の舞台から飛び降りました(@_@)
この世界最高峰のオーケストラのひとつ、ウィーン・フィルですが、実はウィーン国立歌劇場に属していて、でも自主運営をしているというオケで、常任指揮者は置いていないんですね。でも過去には置いていたこともあって、マーラーもその一人だったという。
チケット、高かったけれど、ポスターの写真は誇大広告じゃなくて、本当に大所帯で来てくださっていました。まぁ、ウィーンに行くよりは安上がり、と思うことにします。

さて、実は私はこのコンサートに行って気がつきました。
大きな声で言いにくいのですが、私の中でいまいちブラームスの立ち位置がはっきりしないのです。頑張って聴いているのですけれど、そして、予備校に通っていた頃、オケ所属の友人が多かったので、ブラ1だのブラ2だの、当たり前のように会話に参加していたのに、いまいちブラームスの素晴らしさが分からないという不届き者です。いえ、素晴らしいのは分かっているのですけれど、私の中のどこに置こうか、という。
ブラームスと言えば? 3Bのひとり。ひげ。クララ・シューマンに捧げた無償の愛。ハンガリー舞曲……・このくらいしか思い浮かばない私を許して~なんです。あ、あと、ブルックナーと仲が悪かったとか。あ、でも、個人的に有り難いのは(?)、ベートーヴェンを崇拝していたことと、ドヴォルザークを支援してくれていたこと。

で、今改めてブラ2を聴きながら(ただし、カラヤン、ベルリンフィル)この記事を書いているのですが、うん、そうなんだ、彼の曲にはなんか破綻がないんですよね。美しいんだけどなぁ、なんだろ。ぐいぐいと迫ってくる系が好きな私としては、何か物足りないのかなぁ。わからん。だれか私にその素晴らしさを説いてください。
ただ、ウィーンフィルの演奏は素晴らしかった。音が繊細ですよね。この大人数なんですけれど、コンパクトで収まりのいい音に聞える。でも、やっぱり彼らはヨハン・シュトラウスを演奏し始めると、はじけますね。それともこれは聴く方の気持ちでしょうか。「南国のバラ」が始まった途端の高揚感。
おかげで、新年のウィーンからやってくる幾つかの小さいオーケストラのチケットを買っちゃった(o^^o) 

さて、初生ラン・ランですよ。ピアノ協奏曲24番はモーツァルトのピアノ曲の中では5本の指に入る好きな曲でもあるのですけれど、この曲って意外にオーケストラは大編成なのですよね。モーツァルトの曲はシンプルで、難易度としては難しい方には属さないのでしょうけれど、オーケストラをバックにして「ジャじゃジャじゃ~ン!」ってわけじゃないだけに、逆にオケと対話するには基礎体力が必要なんじゃないかと思うのですけれど、う~ん、ラン・ラン、あまりにもあっさりと弾かれちゃうので、すごさが分からないまま終わってしまって勿体なかった。でもラン・ランクラスになるとピアノだけのコンサートを日本で聴くチャンスはなかなかなさそう。

この人は、有名どころのコンクールでの優勝経歴がないんですよね(若手のためのコンクールでは出ていたみたいですが)。どこかの時点で、コンクールに勝つためではなく聴衆を楽しませるエンターテナーへ舵を切り替えちゃって(恩師の影響)、コンサートピアニストとして成功してしまったんですね(シカゴ交響楽団とのチャイコ1番で一晩にして世界が変わったと)。
さて、その彼のピアノを毎週聴いていた時期があったんですよ。それは→『おんな城主直虎』オープニング
そして、彼のテクニックのすごさはあるテレビ番組で披露されていますが、中でも有名な?オレンジ転がしながらショパンの黒鍵を弾くのはびっくり→ラン・ランのオレンジ転がし(オレンジ転がしシーンは3:40くらいから)
でももっと驚くのは、これが彼のオリジナルではなくて、なんと彼がバレンボイムに師事したときに教えられたんだと。やっぱり、バレンボイムはただ者じゃない……

演奏の後、小さな女の子が花束を持ってステージの前に来たんですよ。ラン・ランは花を受け取って、何か自分からもプレゼントを返そうとして辺りを見回し、ピアノ演奏の時に使っていた汗拭き(鍵盤をさらっと拭いたり)するハンカチを渡したんです。
あの女の子、きっと明日からピアノの練習、むっちゃがんばるだろうなぁ(o^^o)
花束パフォーマンスと言えば、以前、大植英治氏が(たしか大フィルを指揮してたとき)、もらったバラの花束から1本抜いて客席に投げたことがあって、いや~、やっぱり海外活動の長い人は違うわ~と思ったものでした。

何はともあれ、チケット高かったけれど、それに見合う贅沢なひとときでした。

なかのしま1

次回予告
2018/12月の冬の音楽活動をご報告します。
珍しく2つともソロはヴァイオリンでした。でも、ヴァイオリニストはよく知らなくて、すみません(>_<)
パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマ-フィルハーモニー管弦楽団
(なんと、ヤルヴィ氏も「おんな城主直虎」のオープニング音楽の指揮者!)
ダニエル・ハーディング指揮パリ管弦楽団
(札幌でこけて骨折して、車いすで登場したハーディング氏……)
関連記事
スポンサーサイト



Category: 音楽

tb 0 : cm 6   

コメント


こんばんは~。

いや本当に音楽って聴覚で感じるものだけに難しいですね。
それに経験が無いものですから、良いと思っても比較対象がほとんど存在しないんです。
ですから、あれこれ言うにはもっといろんな音を聞いて、経験を蓄えないと駄目なのかなぁと思っています。曲も耳に馴染ませたほうが楽しいですし・・・。
特に生の音ってちゃんと聞こえるんですよ。安物のデジタルオーディオとは違います。
彩洋さんの域に達することはとてもできないでしょうが、機会があればまた生音!これを聞きにいってみたいです。

あ、ラン・ランって「のだめカンタービレ」でのだめのピアノの吹き替えをやっていたピアニストですね。
興味深いピアニストだなぁという印象を持っていたのですが、フジコ・ヘミングの次は彼?なんて順序としてどうなんでしょう?
そして、花束のエピソード、いろいろあるんですね。コンサートには付きもののイベントなのかな?フジコ・ヘミングのも含め、それぞれに個性的で面白かったです。
参考にさせていただきますので、また書いてくださいね!

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2018/12/25 20:22 [edit]


ベートーヴェンって、根っこの部分は素朴で、優しくて暖かい、と思っています。
私は「田園」から彼の世界に入りましたので、とくにそういうふうに思うんですよね。
で、「月光」の第三楽章。
激昂か~、うん、なるほど。あの曲、第一楽章は青白い月の光を浴びて佇んでいて、第二楽章は月野原を散歩していてって感じなのに、第三楽章では馬車で月夜を疾走している感じですもんね。
「悲愴」のラストは、涙を振り払って顔を上げた瞬間って感じですね。第二楽章でだれかにそっと慰めてもらって、まだ前向きにはなれないけど、ここで立ち止まっていることはできないぞ、という決意みたいな。
解釈は人それぞれですけど、やっぱりベートーヴェンの音楽って、人間の心のドラマがありますよね。そこがいいところです。

そしてブラームス先生。
いや、彼はある意味で、すごいですよ。
ベートーヴェンのようなドラマもなく、ドヴォルザークのような一回聞いたら忘れられないメロディもなく、モーツァルトのような色気もない。なのに、曲は綺麗で、聴いていて心地はいい。で、結局は印象に残らないというか、心に刺さらないですけどね。味はないけど、絶対に二日酔いしない酒みたいな(ファンの皆さんすみません)
あ、でも一曲だけ、例外があります。弦楽六重奏曲第1番第2楽章。あれだけは大好きなんですよ。

なんか最近、コンサートの記事が多いなぁ。
私も何か聴きたいぞ……お金も時間もないけどな(爆)

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2018/12/27 22:14 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

そうですよね。芸術って、個人対個人だから、送り出す側と受け取る側の双方のキャッチボールですものね。その両者とも、自分の世界があって、それがたまたま何かの一瞬に触れ合う。それに、絵画や小説はともかく、舞台やコンサートなどの一期一会系のものは、双方にコンディションがあって、いつも必ずしもベストというわけじゃないし。
しかも、完璧な状態が必ずしも感動を誘うかというと、そうでもないんですよね。この間、フィギュアスケートを見ていて、最近の子供たちの勝負強さと技術には感心したけれど、今日、浅田真央さんのインタビューと過去の映像を見ていて、なんかうるうるしちゃって、こけたのに感動させる。ドラマがあるからなのかな。

世の中にはたくさんの演奏が溢れているので、全てを聴くことは出来ないし、しかも瞬間じゃなくてある程度の長さがあるので集中力がずっと持つわけでもないし、あれこれ忘れちゃうし……評論家じゃないから、好きなふうに感じて、自分の思うままに楽しめばいいのかなぁと。
コンサートは生の音を楽しみと言うだけじゃなくて、雰囲気とかも楽しいですよね。サキさんがこれからも楽しい時間をコンサートで経験されますように。

ピアノを聴くなら、是非この人のピアノを聴いてみてください、って言えるほどの耳が私にはないし、三味線の大会を聴いていても思うけれど、ある程度以上の技術を持った人の演奏なら、あとはもう好みの問題だなぁ、と。だから、気になった人の演奏を聴きに行ってみたらどうでしょうか。
フジ子・ヘミングもラン・ランも特異な経歴のピアニストなので、正統派ではないかもしれませんが、それはもう自分にとってどうかというだけのことで、なんでもありですよ。うん。この1年、割と色んなオケやピアニストのコンサートに行ってみて、それぞれ楽しめたので、興味の向くままに行くってのもいいなぁと。オケがいると値段が跳ね上がりますが、ピアノだけならそんなに高くないですしね。
ただ、ラン・ランがピアノオンリーで日本でコンサートを開くのはいつのことやら……って気はするので(オケと一緒なら時々ありそうですが)、あまりこだわらずに好きな曲目、作曲家の演奏がされるコンサートに行ってみるというのもありかも。

花束エピソードにしても、演奏外の部分でのあれこれ、ってのも結構あるんですよ。その辺も面白いですよ。それに、最近、男前な指揮者も増えていて、見目も楽しい。
この間たまたま隣になった女性は、ハーディング氏の追っかけをしていると言っていました。私もかつて、若杉弘さん(若くないし男前でもなかったけど)の追っかけしてましたから、気持ち分かるわ~と。気になる演奏家を追っかけるのも楽しいかも。
また、サキさんのレポートも楽しみにしています。コメントありがとうございました!!

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2018/12/29 19:38 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

そう言えば、この間聴きに行ったパリ管のコンサートは、実は久しぶりにマーラーを聴きたくて行ったのですが、前半はなんとベルクのヴァイオリン協奏曲。難解なヴァイオリンを聞かされた大阪の聴衆は「???」って感じだったようですが(ベルクについては、私は若杉さんでめいっぱい免疫あり。よくわからんけど^^;)、その同じパリ管の別の日のコンサートは、「田園」と「巨人」だったそうですよ(偶然隣に座ったひとりで来ていた女性がハーディング氏の追っかけで、教えてくださった)。そりゃ、なんと贅沢な!じゃないですか。

私のベートーヴェンとの出逢い、は何だったかなぁ? う~ん。うん十年前にピアノをやっていたときの「エリーゼのために」?(ありきたりだけれど、あれは名曲ですよね。あ、大作曲家に名曲は失礼か)。いやいや、たしかに学校の音楽の教科書には「田園」が出てくるんですよね。「運命」じゃなくて。あの頃、モーツァルトが面白くて(弾いていると、あの単純そうに見えるメロディの中にものすごく遊びがあって、しかも深い。時々「うわ~、ここ、気持ちいい」と思うンですよね)、音楽の授業で「モルダウ」と「新世界より」を聴いてから、すっかり国民楽派に嵌まった私。再びベートーヴェン熱に嵌まったのは、ロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」を読んでからでした。でも、小金を稼ぐようになってからは、若杉さんを追っかけていて、マーラーとオペラ三昧。いや、日本人キャストにこだわっていた若杉さんでしたから、チケットも安かったですしね。
そして、埼玉にいるときに、第九を歌いに行っていたのですよ。それで、あ~やっぱりすごいなぁと。

「月光」って、楽譜では第1楽章は3ページ、第2楽章は1ページ(繰り返しはあるけれど)、それなのに第3楽章は10ページもあるんですよね。なのに、第1楽章と第3楽章って演奏時間1分くらいしか変わらんという……(@_@) ほんとに、ね~。
「悲愴」の第1楽章の「次のページからallegroだからね!」にビビって、まだ第1楽章は1ページ目Graveの部分の譜読みしかできていないのですが、第3楽章はようやく、通して弾く体力が出てきました。簡単だという人も多い第2楽章は8度があるので、手が届かん(@_@) この第2楽章は、私には夜、孤独の中でひとり静かにたたずんでいるようなイメージです。そうそう、重症の病気の告知を受けた人が「驚愕・否定」→「諦念」→「受容」の過程を(理想的には)辿るみたいな(え?)。癌になったら、毎日この曲を弾いてみよう。ということは、弾けるようになっとかなくちゃ?
> 解釈は人それぞれですけど、やっぱりベートーヴェンの音楽って、人間の心のドラマがありますよね。そこがいいところです。
うんうん(o^^o)

ブラームス。あ~、そうなんですよ。綺麗なんですけれど、なんか残らないというのか。だから、自分の中に居場所がないんですよね。たしかに、ドヴォルザークの曲を聴いて、自分にあれほどのメロディメーカーの才能があったら、と言っていたとかね。
で、この間、「ブラームスを学び直す」という雑誌を読んでみたんですが、やっぱりわからん……^^; 
なるほど、絶対に二日酔いしない酒、ですか。分かったような! 
> あ、でも一曲だけ、例外があります。弦楽六重奏曲第1番第2楽章。あれだけは大好きなんですよ。
真面目に聞いたことがなかったので、聴いてみます!

> なんか最近、コンサートの記事が多いなぁ。
> 私も何か聴きたいぞ……お金も時間もないけどな(爆)
えへへ。この頃、久しぶりにクラシック熱に浸っているのです。若杉さんを追っかけてた時は、あまりあれこれ選んで聴いていた訳ではなかったので(しかも、大曲やオペラが多かったので)、今はあれこれ、食わず嫌いせずに聴いていて、楽しいです。チケット、高いのも、安いのもあるけれど、値段には値段の意味があって、でも安くてもいいコンサートもあって、面白いです。
来年は、初っぱなからヨハン・シュトラウス三昧(息子メインの、たまに父)です(o^^o)
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2018/12/29 20:45 [edit]


あけましておめでたうございます

 本年も世界中を駆け回る忙しい日々を送るのでありましょうなぁ。ご苦労様です。お体にお気をつけいただき、宜しくお願いします。

miss.key #eRuZ.D2c | URL | 2019/01/01 14:00 [edit]


miss.keyさん、ありがとうございます(^^)

miss.keyさん、あけましておめでとうございます。。
今年はどうかなぁ。きっと嵐の5x20イベントで日本中を駆け回って……いられるくらいチケット当たったらいいなぁ。
お互いに、充実した1年となるよう、1日1日頑張りましょう! 今年もよろしくお願いいたします。

彩洋→miss.keyさん #nLQskDKw | URL | 2019/01/03 15:00 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/825-e71f7efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)