09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行番外編】フランス南西部・美しい村(2)ベナック城 

さて、少し考えさせられるお城へ行ってみたいと思います。
ベナック城です。

と言っても、何の城?って感じだと思うのですが、まずはご案内いたします。
これもフランサテムさんのガイドさんのお力をお借りして、見せていただいた世界。
お城の全景、とまではいきませんが、大体こんな感じ。中世風、いかつい城、要塞みたいなお城ですね。
ベナック城
敷地の中に教会があります。
おじいちゃん教会

中を覗いてみましょう。
台所だトイレ
これは実は台所。つまりダイニングですね。竈もしっかりある。
で、いつ敵が攻めてきても対応できるように、テーブルの横には剣が並んでいる。
落ち着いてご飯食べれませんね……

隣は、みなさん、想像しやすい空間ですよね。
いわゆるどっぽんですが、この城の下には川が流れているので、つまり下水道完備?
ちょっと落ち着く感じの空間でした^^;
って、並べるなって? ご尤もです。すみませんm(__)m

その下水道……いえいえ、美しい川が森や畑を縫うように流れています。
川の傍にはいくつも同じような中世の古いお城がある。
ながめ
けれども、今ではこうしたお城を『昔の姿のまま留める』ことは大変困難なことになっています。
富の配分はいつの世も不公平。だから世界中にはこんなお城の一つでも持って、改築して現代風にして住みやすく……と考えるような金持ちはいくらでもいるようです。
しかし、それはこの城の歴史的価値、この景観の中での存在意義を変えてしまうものになる。

実は裏に回ると、こんな感じなのです。
修理中
そう、地道に修理中です。
そしてこの城の主のおじいちゃんは城の隣に住んで、昔の姿を保ちつつ、補修はするけど改築はせず、『売れ』という声にも負けずに、心意気ひとつでこの城を守っているわけです。
ご自身は隣にある小さい家に住んでいる。
おじいちゃんの家
でももうかなりのご高齢とお聞きしました。おじいちゃんがいなくなったら、このお城は変わってしまうのでしょうか。それとも心意気を持った誰かが後を担ってくれるのでしょうか。

古いものを残すことはとても大切ですが、時は流れていく。
古いものを残すことは時には大きな負担になる。
金銭的にも、そして誰かの時間と人生を縛ったりもするかもしれない。
そうまでして残すべきなのか、そうまでして残すだけの余力が私たちにあるのかどうか。
レトロを愛する気持ちだけでは、どうすることもできない現実があるような気もする。

保存・保護、って言葉で言うのは簡単だけど、そこにかかる費用と人手を考えると、ちょっと唸ってしまいます。
残すって、なんなのだろう。
形あるものはいつかは壊れていくわけで……
修理しても修理しても、そのうち追いつかなくなっていくのかもしれない。

でもだから愛しいのかもしれませんね。
だから、おじいちゃんはせめて自分が生きているうちは、この城を精一杯愛したいと思っているのでしょうね。

おじいちゃんに乾杯

ジャンヌダルク
おかげで、このお城、映画監督には大人気のようです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 2   

コメント


ベナック城!!私のファンタジー作品でモデルにしたことがありますね。結構、イタリアやスペインやイギリスの街並みを参考にして、絵師に依頼をかけて描いていただいくときがありますね。修繕や保全はね、結構お金がかかりますからね。大変ですよね。

LandM #- | URL | 2013/07/27 17:55 [edit]


LandMさん、ありがとうございます(^^)

> ベナック城!!私のファンタジー作品でモデルにしたことがありますね。
おぉ、そうねんですね。沢山映画のポスターとかも貼ってありましたので、撮影にはよく使われていて、有名なんだろうと思っておりました。
確かに、いかにも中世、という感じでなかなか気合の入ったお城でした。
こじんまりとしていて、趣があるというのか。
一部修復中のところがあって、見ていると本当に過去と変わらない材料と手段を用いての修復が大変そうなのが分かります。ヨーロッパの古いお城は時々競売にかけられるようですが、このおじいちゃんのように根性の入った人は少なくなっているようで、金で買いたたかれることもあるようです。イギリスなどでは「この状態を維持できる(金がある)」ことを条件に売りに出すようですが……やはり形あるもの、いつかは滅び行く運命なのでしょうか。
だからどんどんホテルとかになっていくのでしょうね。
コメントありがとうございました(^^)

彩洋→LandMさん #nLQskDKw | URL | 2013/07/28 01:21 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/92-da732d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)